タグ:ケベックの基準 ( 1 ) タグの人気記事
「むち打ち症」のケベック診断基準を表にしてみた
1997年に、カイロプラクティックの世界規模の学会(World Chiropractic Congress)が東京で開催されたことがある。
WFC(World Federation of Chiropractic)が主催し、WHOが後援した記念碑的な学会となった。
私も大会準備委員会のメンバーとして協力した思い出深い学会だった。
そのときに学会誌の編集長も務めたので、特に印象に残っている。

この学会の特筆すべき発表は、ケベック専門者会議から唯一カイロプラクターとして参加したJ.David Cassidy,D.C.がメインの講演を行った発表にあった。
この講演発表は、世界の医療界の注目を集めるものだった。
この講演に先立つこと1995年に、"SPAIN"に発表されている。
この発表は、医学、カイロプラクティック、理学療法、疫学、工学の学問分野を代表する高名な臨床家、科学者のチームが4年間にわたって行った集中的調査研究の産物である。

その発表内容をまとめて表を作ってみた。
表にしてみると、むち打ち症の重症度のグレードが明確になり、その治療対応も分かりやすい指標となっていることが分かる。
参考のために、ここに紹介しておきたい。
納得できる分類や対応になっていることに気づかれると思う。

この発表が公開されるまでは、むち打ち症には「頸椎カラー」対応が一般的だったのである。
以来、頸椎カラーはむち打ち治療から影を潜めたように思う。

ケベックの分類では重症度をグレード0~Ⅳの5段階評価になっていて、そのグレードに応じて治療も経過日時で対応する指標が出されている。
むち打ち症の重症度と経過日時による対応、評価、再評価など基本的な手順を押さえておく分類だと思う。
グレードⅠ~Ⅲまで、「安心感を与えること」、「通常の生活に速やかに復帰させること」、「安静を4日以上とらせない」といった項目が常に優先させることが念頭におかれているべき、ということが注目される。
c0113928_14465487.jpg
c0113928_14471648.jpg

[PR]
by m_chiro | 2018-01-11 14:53 | 痛み考 | Trackback | Comments(0)



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索
タグ