人気ブログランキング | 話題のタグを見る
空がいた日々❷
空がいた日々❷

空は保護犬として「ちばわん」に保護され、「うちの子日記」のmikiさんが一時預かりで里親探しをしてくれました。
そこで私が里親を申し出て我が家にやってきたのです。

そのmikiさんとお母さんが、空に献花を送ってくださいました。
お花と共に、メッセージが添えられていました。

空、たくさん愛された19年間だったね。
きっと大満足で旅立ったよね。
ずっと幸せでいてくれてありがとう。

悪戯っ子で、甘えん坊で、可愛い
空ちゃんのこと忘れないよ。
あなたと過ごした日々は今でも私の
大切な宝物です。
空がいた日々❷_c0113928_15165216.jpg
mikiさん、お母さん、有難うございました。
いつも誕生日には、たくさんのクッキーや空の好物が送られてきて、
そのたびにニコニコ顔の空の写真を撮ったものです。

空がいた日々❷_c0113928_15430487.jpg
空、眼が輝いてたね!
桐子にもマロにも分けてやったもんね。
空がいた日々❷_c0113928_15463191.jpg
空、ホントに嬉しそうだったね!!



# by m_chiro | 2021-04-29 15:53 | わん・にゃん物語
空がいた日々❶
空がいた日々❶

  19年間、共に暮らした空(くう、19歳)が天寿を全うしての大往生。
    我が家の愛犬や愛猫たちが眠るペット霊園に、空も入った。
  何時も花が絶えない合同墓地。
葬儀の日にも、霧雨のなか次々と花を供えてお参りする人が続いていた。
空がいた日々❶_c0113928_14040856.jpg
        空のいた日々を回想して、写真をアップしておこう。
「想い出」だもの......
空にいたずらして、ネッカチーフを被せてみた。
ちょっとお気に入り目線。
空がいた日々❶_c0113928_13591963.jpg
空がいた日々❶_c0113928_14033893.jpg
先住犬の桐子と並んで、居間から外の様子を眺めていた。
何を見ていたんだろう。

今はもう桐子とも再会しただろうか....?
また、こうして2匹が並んで
天上から我々を見守っててくれているかも....。
そうであってほしい.....。




# by m_chiro | 2021-04-27 14:11 | わん・にゃん物語
空(愛犬19歳)逝く
空(くう、19歳)逝く。

4月24日、午後11時、19年連れ添った愛犬・空(くう)が静かに、静かに息を引き取った。

この10日間ほど食欲は旺盛ながら、下肢の衰えが著しく、歩行介助が必要な状態が続いていたのだが.....。
食事の時も、立っているとふらつくので体を支えてあげて介助が必要だった。
それでもガツガツと食べる。意欲は旺盛だった。
ところが次第に寝ている時間が長くなり、食事も寝て食べるようになっていった。
寝たきりにならないように、ときどき抱っこしてやると、また眠る。

22日(木)は暖かな陽射しで、また縁側で気持ちよさそうに昼寝。

ところが翌日は、あんなに食べていた食事も半分くらいで、もういいい!と。
そして24日(土)の朝は、まったく口にしなくなった。

ミルクが好きで飲んだので、ミルクを買い求めてスポイトで注入するように与えてみたが、飲み込めない。
口に含んだのに、鼻から出る始末。いよいよ、覚悟を決めるしかない。
人間で言えば100歳を超える長寿だろう。
20歳の誕生日を祝いたかったのだけど、静かに眠ったまま、その日の午後11時頃には弱かった寝息も感じられなくなった。
そのまま静かに、静かに息を引き取った。

20年近く、共に暮らし、楽しい思い出を沢山残してくれた。
感謝しながら、お通夜をした。

25日(日)は、朝からペット霊園に送る準備。
納棺しながら、いろんなことが思い出されて胸が熱くなった。
とにかく、マイペースを崩さない子で、その一生を自分の好きなように過ごしてくれた。
見事な長寿で、体が動かなくなっても淡々と過ごした。
またひとつ、大事な宝物がなくなってしまった!

空(愛犬19歳)逝く_c0113928_17311261.jpg
段ボール箱に納棺して、一晩中、電気、お香でお通やをした。
朝には花でかざり、庭に咲いた水仙や都忘れ、チュウリップ、おやつなども添えた。

空(愛犬19歳)逝く_c0113928_17342729.jpg
先住犬の桐子やバルはじめ、我が家の猫たちも眠る霊園に連れて行った。
墓地には冬でも花が途絶えることがない。いつもきれいな花が添えられている。
空(愛犬19歳)逝く_c0113928_17355900.jpg
葬儀場。ここで葬儀を行った。
空(愛犬19歳)逝く_c0113928_17403300.jpg
空(愛犬19歳)逝く_c0113928_17410448.jpg
空(愛犬19歳)逝く_c0113928_17415120.jpg

空、長い間たのしい日々をありがとう!!

この4月は、空の衰弱に併せて、わが家には不運が続いた。
チビまろは血尿が出て、膀胱炎と診断された。とことろが一向に回復しないので、レントゲンを撮ったら、膀胱に石が。
サイコロより少し大きめ、しかも2個。
手術を終えたら、今度は家内がケガを。
私はと言えば、PCメールデータが全部飛んでしまった。
mikiさん一家に、空の訃報をと思っても、アドレスが消えてる😢
やむなく、急いでブログの記事にした。
mikiさん、読んでくれるといいのだけど....。




# by m_chiro | 2021-04-25 17:56 | わん・にゃん物語
老犬・空とマロ、「ひなたぼっこ」する
老犬・空(19歳)とマロ(13歳)、「ひなたぼっこ」する
老犬・空とマロ、「ひなたぼっこ」する_c0113928_09135578.jpg
長かった冬。
部屋に閉じこもりがちだった老犬たち。
白鳥の北帰行の声と共に、お日様の顔を見ることが多くなってきたこの頃。

今日も春の陽射しが差し込んできて、縁側もポカポカ陽気になった。
最近、その老犬たちを縁側に連れてきて、「ひなたぼっこ」させる。

空は19歳が過ぎた。
人間で言えば100歳を超えているのだろう。
足腰の衰えが目立ち、視力はほとんど失われている。
歩くのは壁伝い。頻繁によろめいては崩れてしまう。
食欲だけは旺盛で、それが何よりの救いである。

マロは13歳だが、こちらは老境にはいったものの、いたって元気。
若い時はぴょんぴょん飛び跳ねていたが、今はそのジャンプ力も影を潜めた。

空を縁側の日向に連れて来たら、そのまま気持ちよさそうに爆睡しはじめた。
マロまでやってきて、空のそばに侍っていた。
可愛らしい光景だった。

老犬の「骨」のためにも、太陽の光を浴びるのは大切な時間である。


# by m_chiro | 2021-03-16 09:30 | わん・にゃん物語
爆笑のジェネレーション・ギャップ
見出し画像

爆笑のジェネレーション・ギャップ

今朝の読売新聞(2021.225)のコラム「編集手帳」で、独文学者・中野京子さんの投稿記事「冗談ではなく本当の話」を紹介していた。
昔話「桃太郎」の冒頭の一節から、「おじいさんは山へ柴(しば)かりに......」が、今の若者には通じにくくなっていると書いているのである。
柴かり」と言えば、背負子に薪用の柴を背負ったおじいさんのイメージ。ところが今の若者は、山のゴルフ場の芝をかることを連想しているらしい。

そう言えば、私にもこんな爆笑経験がある。
卒業をまじかに控えた高3女子が治療にみえた。よく頭痛を訴えて来院する子で、彼女はスイーツ大好きな子。チョコにアイス、甘いものは何でも大好きである。
あなたの頭痛は「チョコレート頭痛だろう!」と注意したことがあった。

その彼女、卒業式を控えてリハーサルが続いていた時のことだった。
卒業式では「君が代を斉唱するの?」と尋ねると、「しない」という。「じゃ、蛍のひかり?」。そうでもないらしい。
歌うのは、「仰げば尊しだよ!」という。
そして、おかしなことを言いだした。

「あの歌、なんで和菓子の恩なんて歌詞なのか?、意味わかんない!!」
私は唖然とした。
「あんたの頭の中の90%はスイーツのことか?.....和菓子に恩を感じるのはあんただけだろ!」
わが師の恩」は、今どきのスイーツ女子には「和菓子の恩」らしい。
大爆笑だった。


# by m_chiro | 2021-03-01 16:53 | 雑記



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです

by m_chiro
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル