腰痛、関連痛、神経根痛の生理学的定義 ❷体性関連痛
腰痛、関連痛、神経根痛の生理学的定義
❷体性関連痛

"PAIN"®誌147(2009)に掲載されたNikolai Bogduk(オーストラリア、Newcastle大学)博士の論文は、とても重要だと感じた。
以下は、そのタイトルとURLである。

"On the definitions and physiology of back pain, referred pain, and radicular pain."

(https://www.semanticscholar.org/paper/On-the-definitions-and-physiology-of-back-pain%2C-and-Bogduk/b4c9d97a2ba23d21cf8fd50e215d8da5544c7b9b)

要点をまとめて備忘録として残す。
3.体性関連痛(somatic referred pain):定義上の核心;腰椎の構造上における有害な刺激は背部痛に加えて関連痛を生じることがある。

痛みは下肢に拡がり、有害な刺激の部位を支配する神経以外の神経に支配されて いる領域で知覚される。

*痛みの根源が腰椎の体性組織にあるので、「体性関連痛」と呼ぶ。

*したがって「内臓関連痛(visceral referred pain)」、「神経根痛(radicular pain)」と区別する。

*「体性関連痛(somatic referred pain)」は神経根の刺激を伴わない。

*これは椎間板、椎間関節、仙腸関節などの脊椎構造内の神経終末の有害な刺激によってつくられる。

そのメカニズムは侵害受容性の収束である(下肢の領域に対して起こる脊髄2次ニューロンの求心性細胞への)

*原則的に、体性関連痛は同じ分節からの線維と部分的支配を共有する領域で知覚される。

*しかしながら、体性関連痛神経根の圧迫によるものではないために神経学的徴候はない。

体性関連痛は鈍い(dull)痛み、苦痛、時には広がる圧迫感として愁訴される。

*部位を限局することが難しく広範囲に及ぶ。

*落ち着いてしまうと、部位が固定される傾向があり、患者は患部の境界を分けることが難しいことが多いものの、その中心(コア)的部位を確実に識別すること   が出来るようになる。

*だが、そのパターンは患者間で一貫性がない(過去には疼痛パターンの分節マップが提示されたが、このパターンは皮膚節のものではない;図1)。

c0113928_10505447.png
*提示されたパターン図は下肢の部分的な神経支配に対応し、筋肉や関節のようでもある。

*さらに、体性関連痛は臀部および近位大腿部に最も集中する傾向があるが、足まで延びることもある。(このような分布は正常被験者の実験での椎間関節と椎間板への刺激で誘発される。椎間関節への麻酔により安定させることが出来る。)

*これらの実験と一致するようなデータでは、下肢に拡がる比較的固定された部位に関連した鈍い痛みが患者に発生したときは「体性関連痛」と認識すべきである。


# by m_chiro | 2018-11-19 11:02 | 痛み考 | Trackback | Comments(0)
腰痛、関連痛、神経根痛の生理学的定義 ❶侵害受容性腰痛
腰痛、関連痛、神経根痛の生理学的定義
侵害受容性腰痛

"PAIN"®誌147(2009)に掲載されたNikolai Bogduk(オーストラリア、Newcastle大学)博士の論文は、とても重要だと感じた。
以下は、そのタイトルとURLである。

"On the definitions and physiology of back pain, referred pain, and radicular pain."

(https://www.semanticscholar.org/paper/On-the-definitions-and-physiology-of-back-pain%2C-and-Bogduk/b4c9d97a2ba23d21cf8fd50e215d8da5544c7b9b)

要点をまとめて備忘録として残す。

1.Introduction
腰背部痛(back pain)、関連痛(referred pain)、神経根痛(radicular pain)、神経根症(radiculopathy)の定義が臨床家の間で混乱したままである。
IASP(国際疼痛学会)の努力が、臨床家に浸透しているとは言い難い現状がある。
したがって依然として混乱がある。
この混乱は継承され続けている。
それは医学教育においても、出版物や臨床上においても同様である。

2.侵害受容性要背部痛定義上、「腰背部の構造上に有害な刺激が加わったことによって引き起こされる痛み」でなければならない。
*有害な刺激とは何か。
*原初の研究では、背部の筋あるいは棘間靭帯の刺激とされていた。
*その後研究では、椎間関節、仙腸関節の拡張(造影剤の注射)、硬膜の機械的、化学的刺激、椎間板後面の刺激などが考慮されている。

*これらの実験研究により有害な刺激は腰背部痛を引き起こすとされており、それは「侵害受容性の腰背部痛」である。

# by m_chiro | 2018-11-17 10:39 | 痛み考 | Trackback | Comments(0)
踵の問題かな?
「最近、朝起きると左足の小趾側が痛くて歩けない」(40代女性)という患者さんがみえた。
歩き慣れてくると痛みが軽減するらしい。
加えて、
右肩(三角筋前部周辺)の痛みと左膝窩の痛みもある。
だが、思い当たるきっかけもない。

歩行をみると、少しかばうような歩行になっているが、たいした強い痛みが出ているわけでもなさそうである。
右肩の可動域は最大屈曲と外転で制限があるものの、他動的には可動できるが多少の痛みを伴っている。
下肢の可動域は股関節(左)に外転制限が顕著である。
左足関節の可動域は、踵骨固定に対して自動回内は30°±、自動化以外30°±、
つま先立ちをさせると、踵骨が歪曲する。
左アキレス腱に外側ヒールテンションがある。
左蝶形骨が上方に動きがあり、下方に制限がある。

最初に硬膜管のリリースを行う
①S3-尾骨/C6のリリース
②蝶形骨-後頭骨-尾骨のリリース/左踵骨の調整を行う
③上肢と下肢のクロスラインをリリース
 左長腓骨筋、前脛骨筋、腓腹筋外側/右肩甲下筋の膜繋がりをリリースして調整
④鎖骨上神経(C3)、肋間上腕神経(T2)、外側上腕皮神経(C5)から肩前部領域に対して皮膚内部のリリースを試みる。

再チェック
右肩可動域;最大屈曲/外転ができる
歩行:痛みがなくてもスムーズな歩行とは言い難い
左股間節可動域;外転範囲が広がる

⑤歩行運動認知法を行う;スムーズな歩行が阿可能になる

歩行リズムと股関節外転不全が気になったので、何か運動してるの聞いてみた。
すると、週に1度の割合でエクササイズジムで1時間ほどの運動を行っていると言う。
(運動内容;ランニングマシン、バイクマシン、上肢のモビリゼーション・ストレッチ)
「そう言われれば、運動した翌日が最も調子が悪くなっていたかも.....」と彼女の弁。

問題は「左踵骨」の歪曲にあるのかな?、と思えた症例だった。
# by m_chiro | 2018-10-22 15:19 | 症例 | Trackback | Comments(0)
関連痛のメカニズム❸

関連痛のメカニズム❸

異所性興奮と体性関連痛


これまでに述べたように、小殿筋トリガーポイント(TrP)は「坐骨神経痛」だ、と嘘をついていることがある。

これは筋筋膜性疼痛症候群(MPS)とされ、体性関連痛の範疇に入る病態である。


ところが、その体性関連痛のメカニズムとなると、その機序は決して明らかとはいえない。

筋膜痛や線維筋痛症のような筋肉に起因する病態には複雑な病態生理学があり、その研究解明は後れを取っているのが現状のようだ。


腰下肢痛は、カイロプラクティックの臨床の現場でもよく見られる症状である。

厄介なことに、痛みを訴えている部位が必ずしも治療部位とは限らないことが多く、この問題は本当にややこしい。


かつて腰下肢痛と言えば、すなわち神経の圧迫や絞扼と相場が決まっていた。

つまりは「根性痛」とみなしていたのである。

不思議なことに、圧迫された神経根部で「感覚神経だけが障害され運動神経には影響が及ばない」とされていることにも疑問を消し去ることはできないだろう。

それでも「後根神経節(DRG)の感受性は過敏である」を根拠に説明づけられている。


しかしながら、どう考えても侵害部位から逆行性に痛みが伝達される仕組みは理解できない。


だから根性痛は「異所性興奮」という神経損傷モデルで説明せざるを得ないのだろう。

こうした神経障害に伴う痛みには中枢性と末梢性があり、病態生理学的には「5つの基本的機序」(「痛み学―臨床のためのテキスト」409頁)が提示されている。


それによると、

1)痛みに感受性のあるニューロンへの直接の刺激、

2)損傷された神経の自発発火、

3)中枢神経系の感作と求心路遮断による神経系の再構築、

4)内因性の疼痛抑制系の破綻、

5)交感神経依存性疼痛

5つで、この基本的機序が単独あるいは複合して痛覚伝導系が障害されて発症するとしている。

多様な発症機序ではあるが、症状には類似点があるようだ。


それは次の3つの症状に要約されている。

① 灼けつくような、突き刺すような痛み、

② 発作性あるいは間欠性の痛み、

③ 感覚変容(触刺激に過敏、冷刺激に対する灼けつくような感覚、無感覚部痛)

3症状で、発汗過多、皮膚温の変化、萎縮性変化(爪、皮膚、筋、骨など萎縮)が見られることもある、とされている。


これらは病態モデルを使った動物実験でも明らかである。

あるいは広作動域ニューロンから下肢痛として脳に投射された痛みということもあり得るだろう。


広作動域ニューロンが感作あるいは反応性が亢進すると、非侵害性の刺激(温熱や触刺激)でも痛みが生じるようになる。

このことは正常な組織に対する刺激によっても痛みを誘発するという病態を意味している。


だとすれば、神経障害性の痛みは必ずしも痛み症状だけとは限らないとみるべきだろう。

おそらく異常な感覚の変容が伴うはずである。

あるいは痛みは一過性の強力なもので、まもなく異常感覚や神経麻痺症状が起こるかもしれない。


そう考えると、純粋に末梢への痛みだけが訴えられているケースでは、関連痛を想定して治療対応することが賢明であろうと思う。

関連痛と神経障害性疼痛とでは、圧倒的に筋・筋膜障害による関連痛が多いのである。

このことは徒手療法の臨床現場で、特に感じることでもある。


# by m_chiro | 2018-10-20 15:32 | 痛み考 | Trackback | Comments(0)
関連痛のメカニズム❷

関連痛のメカニズム❷

内臓―体性痛だけが関連痛ではない


そもそも内臓疾患からの関連痛を、最初に脊髄における「収束説」で説明したのはMackenzie「収束―促通(facilitation)説」(1893)だった。

「促通」とは、「2つの刺激が組み合わさると、単独での刺激の効果よりも大きな効果が起こる現象」を指している。


Mackenzieは、なぜ「投射」ではなく「促通」説を持ち出したのだろう。

彼は、内臓からの痛み症状となるインパルスは脊髄視床路ニューロンに接続されていない、と見ていたからである。

今となっては、この時点で誤りであったことになる。


それゆえにMackenzieは、内臓疾患による求心性インパルスが脊髄分節で収束されて「過敏性焦点」が作られる、という推論を構築したのである。

これで皮膚への関連痛に見られる痛覚過敏の病態が説明可能となった。


Mackenzieの仮説では、関連痛そのもののメカニズムを説明しきれなかったが、それでも「過敏性焦点」を想定し、さらには「軸策反射説」を導入して、関連領域の痛覚過敏や炎症のメカニズムを説明することに貢献したと言えるだろう。


一方、Ruchの「収束―投射説」では、末梢での痛覚過敏や浮腫を説明することができなかった。

この疑問を穴埋めしたのが、「過敏焦点」や「軸策反射」という病態機序だったということになる。

こうして見ていくと、発表されてきた関連痛のメカニズムは、内臓疾患からの関連痛を前提として構築されているように思える。

 「末梢説」では、例えば腹筋下部に生じたトリガーポイント(TrP)は、虫垂炎の関連痛であるかのように嘘をつく。

虫垂炎で最初に出る痛みは、実際に内臓からの痛みである。

ここからの痛み信号が脊髄に送られると後根反射が起こるとされる。

このインパルスが末梢に逆行して化学物質を放出し、周辺組織の皮膚や皮下組織に関連痛をつくり出すのである。

これが「末梢説」の代表的な仮説「腸膜皮膚反射説」(Morley;1931)である。

しかしながら後根反射が起こるとするエビデンスは存在しない。


どう見ても、筋・筋膜トリガーポイントがつくる関連痛の説明には成り得ていないからである。

したがって関連痛のメカニズムは、「内臓ー体性関連痛」と「神経根障害性(神経損傷による)関連痛」、「筋性の関連痛」は、それぞれ別ルートの機序を考える必要があるだろう。


# by m_chiro | 2018-10-10 08:52 | 痛み考 | Trackback | Comments(0)



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索
タグ