人気ブログランキング |
膝痛から運動交叉のアンバランスを探る
60代の老婦人が左ひざの痛みを訴えて来院した。
最近の春の気配に誘われて何かと忙しくなる時期でもある。
急に動きはじめたのだろうか?
そう思いながら尋ねると、そろそろとは思っているがまだ寒いから、とのこと。
腰も肩も痛むから、冬の間あまり動かないで来たからじゃないのかな?と話した。
運動分析をすると、屈曲より特に伸展する動作で左ひざの内側が痛むという。
全ての動きで同じ部位に痛みが起こるようだ。
経絡ラインでは脾経である。
関節可動域はたいした問題は感じられない。

最初に全体調整を試みた。
治療の優先は「神経バランス」とでる。検査結果にしたがって、治療は以下のように進めた
①ベーガル神経(背側核・疑核)へのアジャスト
②滑車神経(左下斜筋を指標にリセット)
③副神経(左);左上僧帽筋と左胸鎖乳突筋の低下を指標にしてリセット
④Subluxation;L3、C4のアジャスト
⑤運動膜連鎖のパターン(左腎~小腸のライン);クロスパターン&頸椎伸展位の抑制バランスの指標をリセット

ここで膝痛の確認した。屈曲では問題なかったが伸展位で内側(脾経)ラインが痛む。
そこで、巨刺法の応用を試みることにした。陰陽交叉なので右上肢の大腸経にリセットポイントを選ぶことにした。
このように運動パターンで発痛部位が限局されるケースには、経験的に巨刺法の応用がとても効果的と思っている。
タッチトークで取穴(と言っても鍼灸師ではないのでアバウトな取穴ではあるが)を決める。
 1)L15(陽谿);刺激した状態で左伸展運動をさせるとVAS10→5
 2)L16(偏歴);さらに膝伸展運動でVAS10→4
 3)ST25(天枢):さらに膝運動でVAS10→0

推論;おそらく冬場の間コタツにでも入りながら手作業(右手の反応なので右手ばかり動かしてきたのかな? どうもパッチワークを続けたらしい)
状態の一側の動きに対して下半身は固定的にアンバランスが作られたのだろう。

患者さんは「とても楽になった。よかった!」と言ってくれたが、
「治ったのではないよ。右手だけでなく、脚も全体的に動かすようにしなさい」と生活上の指導・管理を付け加えた。



# by m_chiro | 2019-03-15 11:00 | 症例 | Trackback | Comments(0)
週末の寝だめは睡眠負債の解消にはならない(米研究)
週末の寝だめは睡眠負債の解消にはならない米研究

 睡眠不足が続くと健康への悪影響が借金のように積み重なる「睡眠負債」を抱えてしまい、身体や精神に不調を来すと考えられている。
平日は忙しくて十分な睡眠が取れなくても、週末に寝だめをすれば睡眠負債は解消されるのだろうか? 
今回、米コロラド大学教授のKenneth Wright氏らが行った研究から、週末に寝だめしても代謝への悪影響は解消できず、かえって悪い結果になる可能性があることが分かった。
詳細は「Current Biology」2月28日オンライン版に掲載された。 
この研究は、36人の健康な若年成人(平均年齢25.5歳)を対象としたもの。参加者を睡眠パターンで3つの群にランダムに割り付けて、研究室で9日間観察した。

 一つ目のグループでは、対照群として毎晩9時間までの睡眠を取ってもらい、2番目のグループでは睡眠時間を5時間に制限してもらった。
3番目のグループでは、まず5日間にわたり睡眠時間を5時間に制限してもらった後、週末には好きなだけ遅くまで寝てもらい、再び、睡眠時間を5時間に戻して2日間過ごしてもらった。
なお、3番目のグループでは、研究開始時と比べて週末に約1時間多い睡眠を取っていた。

 その結果、睡眠不足だった2つのグループでは、血糖値の調節に働くインスリンの感受性が低下し(インスリン抵抗性が高まり)、夕食後のエネルギー摂取量と体重が増えていた。 また、週末に睡眠時間を多く取ると夕食後のエネルギー摂取量は減少したが、再び5時間睡眠に戻るとエネルギー摂取量は増え、インスリン感受性が低下した状態が続いていた。

 さらに、このグループでは、特に肝臓と筋肉のインスリン抵抗性が高まっていたが、週末に寝だめをしなかったグループではこうした変化は認められなかった。インスリン抵抗性が高い状態が長く続くと、2型糖尿病の発症につながり得る。
これまで多くの研究で、慢性的な睡眠不足は糖尿病と肥満のリスクの増大と関連することが示されている。
こうしたことからも、Wright氏は、健康には習慣的に十分な睡眠を取ることが肝要であり、「健康的な生活習慣には、良い睡眠習慣が必要だ」と述べている。

 専門家によると、成人は健康のために1日7時間以上の睡眠を取ることが推奨されている。
しかし、ある研究では、米国成人の3分の1以上がこの基準を満たしていないことが報告されている。 今回の研究には関与していない米ノースウェスタン大学医学部教授のPhyllis Zee氏は「私たちは、週末に長く眠れば、平日の睡眠不足を帳消しにできると信じがちだ。

 しかし、今回の研究結果によれば、これは神話に過ぎないことが分かった」と述べている。 Wright氏は、就寝前にテレビを視聴したり、パソコンの画面に向かったりするのは、睡眠時間を奪うだけではなく、ブルーライトを浴びることで入眠が妨げられる可能性があると指摘する。
また、睡眠は糖代謝だけでなく、生命の維持に必須のものであり、Zee氏は「慢性的な睡眠不足には注意力の低下や精神面にも悪影響が及び、2~3日の寝だめでは、こうした問題は解消できない」としている。

 そのため、同氏は「睡眠を取るタイミングと睡眠時間の長さの両方を規則正しくすることが、脳と体の健康にとって重要だ」と付け加えている。



# by m_chiro | 2019-03-09 10:29 | 学術記事 | Trackback | Comments(1)
楽観主義は痛みを軽減する!?(米国研究から)

楽観主義は痛みを軽減する? 米研究 

 慢性疼痛に対処するには、楽観的に物事を捉えることが重要かもしれない。
 米ミシガン大学アナーバー校のAfton Hassett氏らの研究から、約2万1,000人の退役軍人のうち、海外に派兵される前から気持ちが前向きだった人では、派兵された後に新たな背部痛や関節痛、頻繁な頭痛などの痛みを経験する頻度が低かったことが明らかになった。

この研究結果は「JAMA Network Open」2月8日オンライン版に発表された。 
米陸軍のデータを用いたこの研究では、2010年2月~2014年8月にアフガニスタンまたはイラクに派遣された米軍兵士2万734人(平均年齢29.06歳、男性87.8%)を対象に、派遣前後の心理的な健康度を評価した。

 その結果、米軍兵士の37.3%が、派兵されて以降に1カ所以上の身体の部位で新たな疼痛を経験したと報告した。
新たな疼痛が起こった部位の内訳は、背部痛が25.3%、関節痛が23.1%、頻繁な頭痛が12.1%だった。

 このほか、今回の研究からは、ある程度の楽観主義でも、海外派遣後の痛みの発生が抑えられることが明らかになった。
このことは、完全な楽観主義者ではなくても、ある程度、楽観的な思考の持ち主であればメリットはあることを示している。

 解析の結果、楽観性の評価スコアが1点上昇するごとに、派兵されて以降、新たな疼痛を経験する確率が11%低下することが分かった。
また、楽観性が高い兵士と比べて、楽観性が低い兵士では、新たに関節痛または背部痛、頻繁な頭痛のいずれかを経験したと報告する確率が35%高かった。
さらに、ある程度、楽観的な思考を持っていた兵士と比べて、楽観性が低い兵士では新たな疼痛リスクが高いことも分かった。

 Hassett氏は「驚いたのは、楽観的な思考と痛みの軽減との関連は、戦闘によるストレスや外傷などの経験を考慮しても認められたことだ」とした上で、「兵士だけでなく、一般の人も前向きな姿勢を保つことで、同じような作用が期待できる。
米陸軍兵士の経験は一般の人からはかけ離れているが、楽観主義でいることが疼痛に対して保護的に働くことを示した論文は数多い」と説明する。
また、「楽観主義者では痛みの感受性が低く、痛みがあってもそれにうまく適応できる人が多い」と付け加えている。

 しかし、今回の研究では精神疾患の有無が考慮されていなかったほか、疼痛に関するデータも限られていた。
また、楽観主義自体が慢性疼痛リスクを低減することを証明するものではない。

 米国疼痛医学会会長のJianguo Cheng氏は「楽観的に物事を捉えることは、慢性疼痛に対処する上で有効な手段になりうるだろう。
このことは、精神状態が、身体的な健康にも影響することを改めて明確に示したものだ」と説明している。
また、「楽観的に考えるトレーニングを通して、ストレスやトラウマになるような出来事に備えることもできる。
さらに、既に慢性疼痛に苦しんでいる人であっても、ポジティブな思考法を身に付ける認知行動療法によって疼痛を緩和できる可能性がある」としている。 ただし、Cheng氏は「疼痛治療には、薬物療法に加えてトークセラピーや理学療法、場合によっては手術など、さまざまな方法を組み合わせた個別化治療が必要だ」と指摘している。
その上で、「疼痛の管理は多元的に行うべきであり、通常は一つの治療法だけでは効果は期待できない」と話している。



# by m_chiro | 2019-03-08 15:54 | 痛み考 | Trackback | Comments(1)
「薬に頼らず家庭で治せる発達障害とのつき合い方」(Dr.メリロ)
c0113928_17334372.jpg「薬に頼らず家庭で治せる発達障害とのつき合い方」の翻訳本が刊行された。
翻訳者は吉澤公三DC(カイロプラクティック・ドクター)である。
カイロプラクティックの中でも「機能神経学」を修めた数少ない先生で、その恩師であるDr.メリオの著書を翻したものである。
Dr.メリオは、アメリカで数千万人におよぶ発達障害児の支援を行ってきた。
吉澤先生も、Dr.メリオのもとでトレーニングを受け機能神経学に基づいた治療を展開している。

その訳書を、早速購入して読み始めた。
発達障害の子供さんを持つ親御さんにとって、とても心強いメッセージになっている。
家庭でできるエクササイズも詳細に記載されていて、臨床家にも役立つ指南書になっている。

2013年の「日本カイロプラクティック徒手医学会」で、その吉澤先生がワークショップを担当した。
その講演をとても感銘深く拝聴したことも記憶に新しい。
左右の大脳機能のアンバランスを、「ヘミスフェリシティー」という用語で解説されたことが印象深かった。
それ以来、私の治療も大脳機能の低下を意識するようになった。その左右の脳機能にバランス調整をもたらす刺激を行うことをめざしてきたのであるが、それはなかなか容易なことではなかった。

当時のブログ記事にそのことを書いている。一部を引用しておこう。

ワークショップは「臨床機能神経学」である。
カリフォルニアで開業する吉沢公三(D.C.)先生によるカイロプラクティック神経学を紹介する講演である。
ヘミスフェリシティーという用語は、左あるいは右の脳機能が低下することのようだ。
左右の脳機能は、決して独立して存在しているものではなく常に情報の交流がある。

ところが、ヘミスフェリシティーが起こると、様々な身体の不調現象が起こる。
それは筋骨格系の諸々の障害に結びつくだけでなく、自律神経症状や他の機能的疾患、精神科領域の疾患にも結びつきやすい。
そのことを証明するように、発達障害のケース・スタディとして治療記録を披瀝してくださった。

機能神経学を応用した検査と治療は、従来の概念を一変したものであった。
とかく、治療者の関心は治療手技の手法に関心が向く。
吉沢先生は、何のための(手技・刺激の目的)、いつ、どこ(身体部位)に刺激を入れるか、という身体から脳に向かう情報伝達の神経ルートを考慮して刺激を送る。

その刺激はカイロプラクターが用いる手法と何ら変わるところはないが、神経系のルートを考慮した入力法である。
その後に刺激が身体機能にいかにフィードバックされたかを確認する。
良い結果がうまれたら、個々に独自のプログラムを作成して在宅エクササイズを処方する。
その成果を治療室で確認しながら、進めるというものであった。
ここでも神経系のルートを考慮した刺激の目的論が重視されていて、いろいろな意味で治療の概念がシフトしているのを感じたワークショップであった。

今回、Dr.メリオの著書を読んで、参考にすべきことが沢山書かれていて、とてもありがたかった。

# by m_chiro | 2019-02-19 17:47 | Books | Trackback | Comments(1)
2.14 今日の一番うれしかったこと!
今日は「バレンタイン・デイ」

小学2年生のkちゃんから、かわいいチョコをいただいた。
「いつもありがとう」の言葉が....。
今日の、いちばん嬉しかったこと!

c0113928_17172864.jpg

# by m_chiro | 2019-02-14 17:18 | 守屋カイロ・オフィス | Trackback | Comments(2)



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索
タグ