<   2018年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧
「ウォーキングはガムを噛みながら」が健康にいいらしい!

The effects of gum chewing while walking on physical and physiological functions.

(ガムを噛みながらのウォーキングは身体生理機能的に効果的)

早稲田大学スポーツ科学学術院准教授の宮下政司氏とロッテの研究グループがまとめた報告。
21~69歳の男女を対象に行った調査結果(J Phys Ther Sci. 2018 Apr;30(4):625-629. doi: 10.1589/jpts.30.625. Epub 2018 Apr 20.)に掲載された。
ガムを噛みながらウォーキングすると男女・年齢にかかわらず、エネルギー消費が増加し、身体生理機能上の効果が認められた。
特に、中年男性での増加が顕著で、身体生理機能的に効果が高かった。

調査では、21~69歳の健常な男女46人を、A群(ガムを噛みながらのウォーキング)、B群(ガムを噛まずにウォーキング)に分けて、歩行中の心拍数、歩行距離、歩行速度、歩幅、エネルギー消費量を計測、疲労度をアンケートした。
歩行時間はそれぞれ15分間、自分のペースでウォーキングしてもらった結果をまとめている。

結果:A群(ガムを噛みながら歩行)では、B群に比べて心拍数が健全な範囲内で平均3%増加(男性では2.1%、女性では3.8%)していた。
特に中年男性での増加が顕著であった。
歩行距離で3.5%、歩行速度で3.5%、エネルギー消費で2.5%の増加であった。

研究グループの結論は「ガムを噛みながら行うことで、健康づくりに有効とされるウォーキングの効果を高める」と結論し、
今後は呼気ガス測定などエネルギー消費の詳しい検討を進めているようである。



[PR]
by m_chiro | 2018-05-31 09:49 | 学術記事 | Trackback | Comments(2)
慢性疼痛治療ガイドライン
c0113928_21582184.jpg「慢性疼痛治療ガイドライン」発刊される

2018年3月、痛みに関連する7学会のメンバーが結集し作り上げた「慢性疼痛治療ガイドライン」(監修:厚生労働行政推進調査事業費補助金慢性の痛み政策研究事業「慢性の痛み診療・教育の基盤となるシステム構築に関する研究」研究班、編集:慢性疼痛治療ガイドライン作成ワーキンググループ)が発刊された。



エアポケットとなっていた慢性疼痛

これまで、種々の疾患(がん、生活習慣病、感染症、精神疾患、難病など)への対策が日本政府により行われてきたが、慢性疼痛に対する施策は、エアポケットのように抜け落ちていた。しかし、最近、慢性疼痛に対する施策も国の事業として進められるようになり、前述の研究班とワーキンググループにより、All Japanのガイドラインが策定された。


エビデンスレベルは4段階、推奨度は2段階で評価


CQに対するAnswerの部分には、推奨度およびエビデンスレベルが記されている。
推奨度は、「1:する(しない)ことを強く推奨する」「2:する(しない)ことを弱く推奨する(提案する)」の2通りで提示されている。
エビデンスレベルは、「A(強):効果の推定値に強く確信がある」「B(中):効果の推定値に中程度の確信がある」「C(弱):効果の推定値に対する確信は限定的である」「D(とても弱い):効果の推定値がほとんど確信できない」と規定された。


慢性疼痛とは

慢性疼痛は、国際疼痛学会(IASP)で「治療に要すると期待される時間の枠を超えて持続する痛み、あるいは進行性の非がん性疼痛に基づく痛み」とされている。慢性疼痛には「侵害受容性」「神経障害性」「心理社会的」などの要因があるが、これらは密接に関連している場合が多く、痛み以外に多彩な症状・徴候を伴っていることも多い。
そのため、本ガイドラインでは、慢性疼痛の診断において最も重要なことは、正確な病態把握とされた。
また、慢性疼痛の治療は、痛みの軽減が目標の1つであるが第一目標ではなく、作用をできるだけ少なくしながら痛みの管理を行い、QOLやADLを向上させることが重要であると記載されている

薬物療法の推奨度が詳細に示されている

本ガイドラインでは、薬物療法の項に最も多くの紙面が割かれている。なお、本ガイドラインでは、「医療者は各項の推奨度のレベルのみを一読するのではなく、CQの本文、要約、解説を十分に読み込んだ上での試行・処方などを検討するようにお願いしたい」「一部、現在(平成30年3月現在)の保険診療上適応のない薬物や手技もあるが、薬物療法においては、添付文書などを熟読の上、治療に当たることが望ましい」と記載されている。

主な薬剤の推奨度、エビデンス総体の総括は以下のとおり。

●非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)

運動器疼痛:1A(使用することを強く推奨する)神経障害性疼痛:2D(使用しないことを弱く推奨する)
頭痛・口腔顔面痛:2B(使用することを弱く推奨する)線維筋痛症:2C(使用しないことを弱く推奨する)

●アセトアミノフェン

運動器疼痛:1A(使用することを強く推奨する)
神経障害性疼痛:2D(使用しないことを弱く推奨する)
頭痛・口腔顔面痛:1A(使用することを強く推奨する)
線維筋痛症:2C(使用することを弱く推奨する)

●プレガバリン
運動器疼痛:2C(使用することを弱く推奨する)
神経障害性疼痛:1A(使用することを強く推奨する)
頭痛・口腔顔面痛:2C(使用することを弱く推奨する)線維筋痛症:1A(使用することを強く推奨する)

●デュロキセチン
運動器疼痛:1A(使用することを強く推奨する)
神経障害性疼痛:1A(使用することを強く推奨する)
頭痛・口腔顔面痛:2C(使用することを弱く推奨する)
線維筋痛症:1A(使用することを強く推奨する)

●抗不安薬(ベンゾジアゼピン系薬物)
運動器疼痛:2C(使用することを弱く推奨する)(エチゾラム)
神経障害性疼痛:2C(使用することを弱く推奨する)
           (緊張型頭痛:エチゾラム、アルプラゾラム)
           (口腔顔面痛:ジアゼパム、クロナゼパム)
線維筋痛症:2C(使用することを弱く推奨する)

●トラマドール
運動器疼痛:1B(使用することを強く推奨する)
神経障害性疼痛:1B(使用することを強く推奨する)
頭痛・口腔顔面痛:推奨度なし
線維筋痛症:2C(使用することを弱く推奨する)

心理療法・集学的療法の推奨度も記載心理療法として取り上げられた心理教育、行動療法、認知行動療法、マインドフルネス、アクセプタンス&コミットメント・セラピー(ACT)は、いずれも推奨度1(行うことを強く推奨する)とされている。
また、最近話題の集学的治療や集団認知行動療法(集団教育行動指導)も推奨度1(施行することを強く推奨する)とされ、その重要性が示されている。





[PR]
by m_chiro | 2018-05-23 22:09 | 痛み考 | Trackback | Comments(2)
酒田まつり(5.19~21)に22万人の賑わい
酒田市は「西の堺・東の酒田」と並び称された江戸時代に、北前船の交易により栄えました。
「酒田まつり」は1609年に始まり、400年以上も一度も途切れることなく開催されているのです。
庄内三大まつりのひとつに数えられていて、いつも祭りのメーン通りには沿道に350ほどの露店が並びます。
今年も、県内外から22万人もの人が押し寄せました。
田植えが終わると、市民の関心はこの「酒田まつり」に移ります。
前夜祭の19日まで大雨が続き、開催が心配されましたが、20日(日)は一転して好転に恵まれました。
気温は15度くらいでしたがお日様が出ると体感温度もあがるのだろう、とても暖かい祭り日和になりました。
酒田市出身で上々颱風のボーカル・白崎映美さんは、東北震災後に酒田での活動も視野に入れて活躍している。
その白崎さんが舞台衣装のまま行列に参加し、人々に視線を集めていました。
c0113928_12101290.jpg
c0113928_12074361.jpg
c0113928_12075544.jpg
c0113928_12081100.jpg
c0113928_12113697.jpg


[PR]
by m_chiro | 2018-05-22 12:21 | 庄内の記 | Trackback | Comments(2)
シナモンで関節炎の症状が緩和される?

シナモンで関節炎の症状が緩和される?

Cinnamon Consumption Improves Clinical Symptoms and Inflammatory Markers in Women With Rheumatoid Arthritis.

シナモンがリューマチなど関節炎症状が緩和されるのではないかという調査の記事。

人口の0.4~0.5%、30歳以上では約1%が関節リューマチ(RA)にかかるとされている。

シナモンは、民間療法で関節炎などに使用されたりするが、これまで詳細は検討されていなかった。

今回、イランからの研究結果により、シナモンの摂取は、RA(関節リュウマチ)患者の炎症と臨床症状を改善する安全で潜在的な補助的療法である可能性が示唆された。

(Journal of American College of Nutrition誌オンライン版2018年5月3日号に掲載)


本研究は、女性RA患者36例を対象にした無作為化二重盲検試験である。
対象者を無作為に2群に分け;シナモン粉末500mg(シナモン群)とプラセボが入ったカプセル(プラセボ群);を8週間連日投与し、開始時と終了時の空腹時血糖(FBS)、脂質プロファイル、C反応タンパク質(CRP)、TNF-α、赤血球沈降速度(ESR)、血圧、臨床症状を測定した。

主な結果は以下の通りであった。
●プラセボ群と比較して、シナモン群のCRPおよびTNF-αの血清濃度が優位に減少した(p<0.001)
●拡張期血圧はプラセボ群と比較して、シナモン群で有意に低かった(p=0.017)
●プラセボ群と比較して、シナモン群は臨床スコアであるDAS28(Disease Activity Score)、VAS( Visal Analogue Scale)、圧痛関数と腫脹関数を優位に減少させた(p<0.001)
●FBS、脂質プロファイル、肝酵素またはESR(赤血球沈降速度)の有意な変化は観察されなかった。





[PR]
by m_chiro | 2018-05-18 09:01 | 学術記事 | Trackback | Comments(2)
慢性痛(症)(偏桃体・側坐核の仕組み)
NHK「試してガッテン」(5月9日放送)の「慢性痛を”脳”で克服! ”慢性痛”治療革命」の要点を以下にまとめてみた。

●痛みは本来「警告信号系」であるが、損傷や障害が取り除かれたにもかかわらず、3カ月以上も続く痛みは「慢性痛」とされている。
 いわゆる原因が特定できない痛みである。有効な治療法も確立されないままにある。

●慢性痛の患者さんは、推計2,300万人いるとされている。それは医学医療上の問題にとどまらず、社会・経済的損失となっている。

●慢性痛の研究が進み、今では最も注目されている治療として「認知行動療法」に関心が高まっている。

●「認知行動療法」は、痛みに集中しないで他のことに意識を持っていくための行動が効果的とされる。

●PETによる脳画像でも、慢性痛の患者像と改善像では全く異なっている。
 慢性痛患者のPET画像では「側坐核」の血流の低下が顕著である。
 さらに、「偏桃体」の過活動がみられる。「偏桃体」は不安や恐怖、悲しみといった情動系の役割にかかわる。

「側坐核」が慢性痛改善のキーポイントである。
 「側坐核」が元気になると、PET画像での血流の改善(赤く表示される)が顕著になる。
c0113928_17470508.jpg
●「側坐核」を元気にする有効な方法が「認知行動療法」である。
 要するに、「側坐核」喜ばせなさいということ。「側坐核」が元気になると、下降性に痛みを抑える仕組みが働きだす。

●逆に「偏桃体」の過剰な活動は、「側坐核」の元気をなくしてしまうので痛みを抑える仕組みが働きにくくなる。

●そこで、慢性痛には「側坐核」に喜び(報酬)を与えて元気にしよう、というわけだ。

報酬は「達成感」によって代替される。好きなこと、趣味などを楽しむことで「達成感」を実感することは重要な要因である。
 喜び(達成感)は「側坐核」を活性させる。

●そのためには「小さな目標」から「大きな目標」を設定し、達成感を実感できる行動・運動を取り入れることである。

●同じ痛み刺激を与えて痛みの自己評価をする実験が紹介された。
 刺激をちょっと少なく体感できるだけでも報酬系が作動する。これが重要なのだろう。


[PR]
by m_chiro | 2018-05-14 17:48 | 痛み考 | Trackback | Comments(0)
『痛みを「脳」で克服!「慢性痛」治療革命』(NHK試してガッテン)

ぜひ,見ておきましょう!

痛みを“脳”で克服!“慢性痛”治療革命(仮)
2018年5月9日(水)午後7時30分
2018年5月12日(土)午前0時25分
c0113928_13095560.jpg
番組詳細
肩や腰、膝など、なぜか長引く痛みを抱える皆さんに朗報です!
実はいま、厄介な痛みを根本から解決するために注目されているのが、「脳」への働きかけ。
痛みを感じる大もとに働きかける「ある行動」を行うと、これまでの方法ではなかなか改善しなかった頑固な痛みが、大幅に改善することが分かってきました。
この方法は世界中の医療機関ですすめられ、痛み止めの薬に匹敵する効果が期待できるとして、注目されています。
体の様々な痛みとサヨナラするための最新対策を徹底紹介します!(公式サイトより引用)
[PR]
by m_chiro | 2018-05-09 13:11 | Trackback | Comments(0)
心臓疾患に有益なタンパク質とは?

心臓に有益なタンパク質とは?

肉のタンパク質よりナッツのタンパク質が心臓に良い?


Patterns of plant and animal protein intake are strongly associated with cardiovascular mortality: the Adventist Health Study-2 cohort


肉類のタンパク質が心疾患のリスクを高めるのに対して、種実(ナッツ)類のタンパク質は心臓の健康に有益であるようだ、という米国ロマリンダ大学などからの研究報告。

研究チームは、アドベンチスト健康研究-2の参加者で81,337名の男女のデータを解析した。

食事調査は、食事摂取頻度調査票を用いて2002年と2007年の間に実施された。

平均9.4年の追跡調査期間中に、2,276名が心血管疾患(CVD)で死亡した。

肉由来のタンパク質を多く摂取した者は、心血管疾患(CVD)による死亡リスクが60%高く、ナッツや種子由来のたんぱく質を多く摂取した者は、CVDによる死亡リスクが40%低かったという。

穀類、加工食品、豆類(Legumes)・果実・野菜由来のたんぱく質とCVDには関連がみられなかった。

「食事中の脂肪が心血管系疾患のリスクに影響を与えることは頻繁に言われるが、タンパク質もまた重要だがしばしば見過ごされがちな独立したリスク因子である」とギャリー・フレーザー博士は語っている。

「栄養学者は、伝統的に肉の脂肪は悪玉脂肪であるとか、種実類の脂肪は善玉脂肪であるという風に言うことが多いが、今回の結果はより多くのことを示唆している。食事に含まれるタンパク質の生物学的影響をもっと考慮する必要があるだろう」

本研究は、別の問題、たとえば「特定のアミノ酸が重要であるのか」、「どのタンパク質が重要であるのか」といった問題を提示するものである、とフレーザー博士はまとめている。



[PR]
by m_chiro | 2018-05-08 10:25 | 学術記事 | Trackback | Comments(2)
休診のお知らせ
臨時休診のお知らせ

5月3日(木)~5月7日(月)まで
所用のため臨時休診とさせていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。
なお、5月8日(火)より、平常通りに診療させていただきます。
c0113928_09061581.jpg
c0113928_09124860.jpg


[PR]
by m_chiro | 2018-05-02 12:56 | 守屋カイロ・オフィス | Trackback | Comments(0)
座りすぎ注意! 代謝だけでなく脳にも置く影響か?
座り過ぎは代謝だけでなく脳にも悪影響?

(この調査は座位行動と脳への有害影響を調べたものだが、途中にどれくらいの頻度で立つ動作が含まれていたか考慮されていない。
あくまでも参考的な予備調査と見ておいた方がいいようだ。)


長時間座り続けることは、記憶力に関連する脳の一部に良くない影響を及ぼすようだ、という米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校からの予備的研究。

Sedentary behavior associated with reduced medial temporal lobe thickness in middle-aged and older adults


 研究チームは、45-75歳の35名に、この1週間の身体活動量や座位時間について聞き取り調査した後、高解像度MRI画像診断を受け、脳の新規記憶が形成される部位である内側側頭葉(MTL)を詳細に調査した。

その結果、座位行動は、MTLが薄くなることの有意な予測因子であることが明らかになったという。
身体活動を、それも高度にしていても、それだけでは座位行動の有害影響を防ぐには不十分であった。

この研究結果は、長時間座り続けることが脳の構造を薄くする原因になると言っているのではなくて、両者に相関関係がみられただけであることに注意すべきだと研究者らは語っている。
加えて、調査では何時間座っているかを尋ねただけで、その間にどれくらい頻繁に立ち上がるかは尋ねなかった。

[PR]
by m_chiro | 2018-05-02 08:45 | 学術記事 | Trackback | Comments(2)
辛い経験→脳の老化→加速

離婚などのライフイベント1回で「脳の老化」が4カ月早まる


離婚や家族の死、金銭トラブル、深刻な健康問題といった人生を左右するようなつらい出来事は、ストレスをもたらすだけでは済まないようだ。

米カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)のSean Hatton氏らによる研究から、こうした重大かつネガティブなライフイベントを経験すると脳の老化が加速することが明らかになった。


この研究結果は「Neurobiology of Aging38日オンライン版に発表された。

Negative fateful life events in midlife and advanced predicted brain aging


Hatton氏らは今回、19651975年に兵役に就いていた男性359人(平均年齢62歳)を対象に、重大なライフイベントと生物学的な脳年齢との関連について検討した。

対象者の約88%は白人で、約80%は前線での戦闘の経験はなかった。

対象者には5年の間隔を空けて2回の調査を実施し、家族や友人の死、離婚、離別、流産、経済的な問題、深刻な医療上の緊急事態といったライフイベントの経験の有無のほか、生活習慣や社会経済的状況について尋ねた。


また、記憶力の検査やアルツハイマー病のリスクに関連する遺伝子の検査、さらに脳のMRI検査を実施し、全ての情報をアルゴリズムに入力して脳年齢を推定した。

なお、このアルゴリズムでは脳の老化に影響する可能性がある心疾患リスクやアルコール摂取量、社会経済的状況、民族などの因子を調整して脳年齢が推定された。


その結果、重大かつネガティブなライフイベントを1回経験するごとに、脳の老化が4カ月早まることが分かった。つまり、「家族の死」と「離婚」の2回のライフイベントを経験すると、脳年齢は8カ月高まることになる。


この研究は因果関係を証明するものではないが、Hatton氏によると、以前からストレスが多くかかる出来事を経験すると染色体の末端にあるテロメアの短縮が加速することが分かっているという。

テロメアは染色体を保護する役割を果たし、加齢に伴い短くなる。


今回の研究報告を受け、専門家の一人で米ノースカロライナ州立大学チャペルヒル校のDanielKaufer氏はストレスが炎症を惹起している可能性を指摘。

また、「ストレスフルなライフイベントが起こると、食べられなくなったり、眠れなくなったりする人は少なくない。したがって、ライフイベントそのものではなく、ライフイベントが起こった時のこうしたネガティブな反応が脳に悪影響を与えるのではないか」との見方を示している。


なお、今回の研究は主に白人男性を対象としたものだったが、Hatton氏は「この研究結果は女性や他の人種にも当てはまる可能性が高い」としている。

また、健康的な生活習慣によって、ネガティブなライフイベントによる脳の老化リスクは抑えられるかもしれないとしている。


Kaufer氏もこれに同意し、「つらい出来事を経験した時の反応には個人差がある。食事などの生活習慣に関連した因子は、脳や身体の反応に長期的な影響を及ぼすと考えられる」と説明。

その上で、「精神的な回復力を強化することで、ストレスフルな状況でも前向きに対処できるようになる可能性がある。今回の研究結果は、そのような治療的介入についてもヒントを与えてくれた」と話している。




[PR]
by m_chiro | 2018-05-01 12:14 | 学術記事 | Trackback | Comments(3)



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索
タグ