腰痛、関連痛、神経根痛の生理学的定義 ❹神経根症(radiculopathy)
腰痛、関連痛、根性痛の生理学的定義
❹神経根症(radiculopathy)
"PAIN"®誌147(2009)に掲載されたNikolai Bogduk(オーストラリア、Newcastle大学)博士の論文は、とても重要だと感じた。
以下は、そのタイトルとURLである。

"On the definitions and physiology of back pain, referred pain, and radicular pain."

(https://www.semanticscholar.org/paper/On-the-definitions-and-physiology-of-back-pain%2C-and-Bogduk/b4c9d97a2ba23d21cf8fd50e215d8da5544c7b9b)

要点をまとめて備忘録として残す。
4.神経根症(radiculopathy)

これは別個の病態である。
定義;伝導が脊髄神経または根に沿ってブロックされている神経学的状態である。

*感覚神経が遮断されると、しびれ感が症状が徴候になる。

*運動神経繊維がブロックされると、麻痺(numbness)が起こる。
(注)numbness;しびれ感、麻痺、無感覚(感覚異常の不明確な用語で、異常感覚に加えて感覚の消失や低下も含む);ステッドマン医学大辞典4版より

*反射の減少は感覚と運動神経がブロックされたときに起こる。

*無感覚はデルマトーム(皮膚節)の分布にあり、弱化はマイオトーム(筋節)の存在する。

*しかしながら、神経根症(radiculopathy)は痛みによる定義ではない。
*それは客観的な神経学的徴候によって定義されるのである。

*神経根症と神経根痛は一般的に混在性に発症するが、痛みがない場合には「神経根症」が起こり、神経根症がない場合には「神経根痛」が生じる。

*慎重な臨床検査は、「神経根症」を診断する最良のツールである。

*電気生理学的検査は滅多に必要はない。
*いずれにしろ、神経根痛の分節起源はその分布から決定できる、というのは真実ではない。

*L4,L5およびS1の神経根痛のパターンはお互いに区別することはできない。
「神経根痛」と「神経根症」がコンビネーションで発症したケースでのみ、分節を推定することが出来る。
その場合でも、起源となった分節を決定できるのは痛みの分布ではなく、デルマトーム分布における麻痺の分布である。

[PR]
by m_chiro | 2018-11-22 09:53 | 痛み考 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mchiro.exblog.jp/tb/29861683
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 腰痛、関連痛、根性痛の生理学的... 腰痛、関連痛、神経根痛の生理学... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索
タグ