「ウォーキングはガムを噛みながら」が健康にいいらしい!

The effects of gum chewing while walking on physical and physiological functions.

(ガムを噛みながらのウォーキングは身体生理機能的に効果的)

早稲田大学スポーツ科学学術院准教授の宮下政司氏とロッテの研究グループがまとめた報告。
21~69歳の男女を対象に行った調査結果(J Phys Ther Sci. 2018 Apr;30(4):625-629. doi: 10.1589/jpts.30.625. Epub 2018 Apr 20.)に掲載された。
ガムを噛みながらウォーキングすると男女・年齢にかかわらず、エネルギー消費が増加し、身体生理機能上の効果が認められた。
特に、中年男性での増加が顕著で、身体生理機能的に効果が高かった。

調査では、21~69歳の健常な男女46人を、A群(ガムを噛みながらのウォーキング)、B群(ガムを噛まずにウォーキング)に分けて、歩行中の心拍数、歩行距離、歩行速度、歩幅、エネルギー消費量を計測、疲労度をアンケートした。
歩行時間はそれぞれ15分間、自分のペースでウォーキングしてもらった結果をまとめている。

結果:A群(ガムを噛みながら歩行)では、B群に比べて心拍数が健全な範囲内で平均3%増加(男性では2.1%、女性では3.8%)していた。
特に中年男性での増加が顕著であった。
歩行距離で3.5%、歩行速度で3.5%、エネルギー消費で2.5%の増加であった。

研究グループの結論は「ガムを噛みながら行うことで、健康づくりに有効とされるウォーキングの効果を高める」と結論し、
今後は呼気ガス測定などエネルギー消費の詳しい検討を進めているようである。



[PR]
by m_chiro | 2018-05-31 09:49 | 学術記事 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://mchiro.exblog.jp/tb/29526316
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 車田暁則 at 2018-05-31 20:31 x
今回の記事は、咀嚼がもたらす身体生理機能の向上という面に関する記事でしたが、守屋先生が以前示して頂いた顎関節の機能異常がもたらす身体への問題など口腔・顎関節は非常に興味深い部位ですね。
Commented by m_chiro at 2018-06-01 17:56
そうですね。顎機能と空間認知に関する問題は特に興味深く感じています。エクササイズとしての歩行と咀嚼を組み合わせて行うのは、自分自身や患者さんへの指導としても試してみたいと思っています。
<< ナッツを定期的に食べることは、... 慢性疼痛治療ガイドライン >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索
タグ