人気ブログランキング | 話題のタグを見る
右上肢の挙上で痛みのダンサー(陰陽交叉法の応用②・同側例)
今度は、陰陽交叉法の応用でも同側パターンである。
同側のクロール・パターンで抑制反射が起きている症例である。

ダンスの大会に向けて猛練習中の女性、右肩を挙上していくと三角筋部の痛みがあるといってみえた。
可動域に問題がないが最大域に近づくにつれて痛みがではじめる。
首の動きでも違和感がある。
大会前に調整した意向である。

タッチトークで「ベクトル」、クロール・パターンである。
優先は肝ラインで、同側の三焦ラインとの陰陽交叉・同側パターンである。
肝経の関与筋は菱形筋、三焦経で肩の動きに関与する関連筋は小円筋である。

小円筋は上腕骨頭を運動時に関節窩内で安定させる補助を行う。
おそらく関節可動域の問題ではなく、安定が不十分なために最大可動域で周辺の筋への負荷がかかるのだろう。

肝臓ラインを辿って、停滞部にコンタクトし肝臓の脈をモニターしてリリースした。

肩運動させてみると、大分良好になった。

あと1~2割の痛みは動態リリースで解消した。
ダンスの練習での負荷が過剰で、脳内での再構築が不十分なのだろうと思ったからである。

結果、良好になった。
これで、ダンス大会でも頑張ってほしい!
by m_chiro | 2017-02-18 10:30 | 症例
<< 自力歩行ができなくなったサッカー少年 左上腕の痛みに、陰陽交叉法を応... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです

by m_chiro
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル