<   2017年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧
女子の脳震盪は月経パターンのリスクを高める
女子の脳震盪による月経パターンのリスクに関する記事
"New Updates on Concussions in Girls and Menstrual Patterns"

昨年の日本徒手医学会で、東京医科歯科大学脳神経機能学科・准教授の成相直先生が基調講演を行い、その座長を務めた。
大変興味深い講演だった。脳震盪の危険性はいまだ十分な認識が得られていない。女史や子供のスポーツ障害や事故は特に注意すべきではないかと感じたが、性別や年齢による危険度は明らかではない、と話しておられた。
この記事は、女子の脳震盪に対する重度の症状を呈することが多い、と報告している。
回復に時間がかかり、長期的な経過を観察する必要がある損傷であることがよく分かる。

脳震盪は、頭部にぶつかったり、吹き飛んだり、衝撃を与えたり、頭と頭を素早く前後に動かす体に当たったりすることによって引き起こされる、外傷性脳損傷の一種です。これらの怪我の多くは医療従事者に報告されていませんが、米国では毎年110万〜170万のスポーツやレクリエーション関連の脳震盪が発生すると推定されています。脳卒中はすべての高校運動傷害の約8.9%を占め、少年と比較して女子でより一般的です。さらに、脳震盪を経験する少女は、重度の症状を報告する可能性が高く、回復に時間がかかることがあります。

脳震盪は、通常、特定の徴候および症状を引き起こす。脳卒中の徴候には、子供が傷害の前後の出来事を思い出すことができないこと、または彼が眩暈または気絶しているように見えることが含まれることが含まれる。子供はゆっくりと質問に答えるか、気分や性格の変化を示すかもしれません。子供はまた、頭痛や頭の中に "圧迫"を感じるなど、脳震盪症状を報告することがあります。その他の症状には、吐き気や嘔吐、バランス障害、めまいなどがあります。子供の視力が影響を受ける可能性があり、視力が2倍またはぼやけている可能性があります。脳震盪を伴う小児は、光や騒音に悩まされたり、霧がかったり、混乱したり、「正しくない」と感じることがあります。

脳震盪を起こした可能性のある子供を看護するための第一歩は、子供の徴候や症状に応じて臨床または救急部門で起こる初期評価を求めることです。脳震盪を経験した小児の治療は、主に支援的ケア、短時間の休息、その後許容される活動への復帰、およびスポーツ関連活動への監督されたステップケア復帰である。

JAMA小児科で発表された新しい研究では、脳震盪が診断された12歳から21歳の女性を評価しました。研究者らは、頭部外傷後4ヵ月後にフォローアップを行い、脳震盪を起こした患者の約4分の1が2つ以上の異常な月経期間を経験することを見出した。頭部外傷を受けた女性と比較して、脳震盪を起こした患者は、異常な月経周期を1回以上有する可能性が5倍以上であった。これらの知見は、脳卒中などの脳傷害が、月経周期の維持に重要なエストロゲンおよびプロゲステロンを含むホルモンプロセスおよび思春期および骨密度による女性の発達に影響を与える可能性があることを示唆している。研究者らは、若い女性は脳震盪後の異常な月経パターンのリスクが高まり、脳卒中後に月経パターンを監視すべきであると結論づけた。


[PR]
by m_chiro | 2017-08-05 11:55 | 雑記 | Trackback | Comments(0)



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索