<   2017年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
桐子の室内リハビリロード
桐子のリハビリが続いて、足取りもだいぶしっかりしてきた。
顔つきにも生気が窺がえるようになり、眼つきもクリアになったような...。

室内でも自力リハビリが出来るようにと、人工芝(農業用...(〃艸〃)ムフッ)を購入してフロアに敷いた。
レッドカーペットならぬグリーンカーペットだ!

これで滑らないので、転ぶことなく常に自力リハビリが可能になった。
日に日に活力もでてきているのかな?

足取りも軽快になり、吠え声も出るようになった。
動きが活発になったらなったで、ケガが心配になる。
転んであちこち傷だらけになっていた頃とはちがって、ずいぶん元気になったものだ。

c0113928_8572499.jpg

c0113928_8574197.jpg

桐子は、今日も歩き続けている.....。
c0113928_8582699.jpg

[PR]
by m_chiro | 2017-05-18 08:59 | わん・にゃん物語 | Trackback | Comments(2)
桐子のリハビリ
愛犬の桐子が17歳になった。
ミックスで、中型犬よりは大きい。
「わんわん運動会」では、クラス別だったので「大型犬」に入れられた。
だとすると、人間年齢で言えば中型犬で85歳だから、推定85~90歳だろうか。
昨年から、次第に足腰が弱くなって散歩も家の周りだけになった。

この連休前には、ほとんど立てなくなって、もう長いこともないだろうと思っていたのである。
歩行介助、排泄介助、食事も介助が必要になって、世話が大変になってきた。
寝たら起きることもできない。紙おむつをつけたり、何かと介助が必要になったのである。

連休も、遠出を避けて老犬の最後を見届けないといけないようになっていた。

思い立って、歩行リハビリをはじめた。
介助ベルトをバスタオルで作り、支えながら歩かせた。

家の廊下は滑る、道路も滑る、転んでもいいように、と向かいの空き地に連れ出した。
歩行のはじめに、前脚の足首が返せない。つま先で歩こうとするが転んでしまう。
そこで胴体をバスタオルのベルトで支えて、宙を浮かせるようにしながら着地させ、前足の手首を返せるようにユックリと介助歩行させた。
左脚はテーピングで補助をした。
c0113928_13294890.jpg

そのうち介助の力を緩めても歩けるようになり、やがてゆっくりと独り歩きができるまでになった。
c0113928_13302381.jpg


道路も歩行介助からはじめ、介助なしで歩けるようになった。
c0113928_1331134.jpg

c0113928_13312338.jpg

食欲は旺盛である。
食べる意欲があるということは、まだ頑張るつもりらしい。
リハビリは、とても重要なことだと今更ながら思っている。
毎日、歩行リハビリづけの桐子である。
[PR]
by m_chiro | 2017-05-05 13:35 | わん・にゃん物語 | Trackback | Comments(4)
ドライブで、菜の花に出会う
羽黒山方面にドライブ。
途中、選定した庄内柿畑を通った。
新芽が出はじめている。
まるで龍を思わせるような樹形と真っ白な木肌。
菜の花の黄色が木肌の美しさをを引き立たせている。
後方には朝日連峰が...。
c0113928_22352896.jpg


赤川添いの河川敷にも菜の花が見事に咲いて
c0113928_22481267.jpg

山麓の枝垂れ桜も見事だった。
c0113928_22454412.jpg

[PR]
by m_chiro | 2017-05-01 22:55 | 庄内の記 | Trackback | Comments(4)



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索