<   2015年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ある治療家の凄さ❷
4.26(日)は、○○先生のセミナーへ。
今回の手法直伝のテーマは「右脳活性」。
今回も深いご指導を頂いた。

モデルと術者間に、身体の接触はしない。両者におけるあるポイントが空間を介してピタリと合うと、まるで鍵(リガンド)と鍵穴(受容体)が一致するように不動になる。
そんな感じだろうか。
一見、静かなる数分間。それなのに、モデルの身体に見事な変化がもたらされた。
ただただ○○先生の凄さを、今回も思い知るほかなかった。

空間は決して虚ではない。電磁気力学(QED)も、そのことを証明している。
そもそも化学も物理学的解明によって生み出されたのだ。
だから、空間は密度の濃い存在ということになる。
その意味では遠隔作用は絵空事ではないのだが、その力の伝達を的確に説明することは難しい。
ところが、遠隔作用を「場と物体の接触」とみなせば整理もつく。
それでも、粒子と波動の二重性の問題の解決が残されてしまう。
要するに、静的と動的の二重性に、干渉効果をどう整合させるかである。
専門の学者でも分からないことが、素人に分かるはずもない。
だから解明を待つしかないのだが、素人でも自由な発想で考え推測することも楽しい時間である。

私も治療していただいた。
その数分間、私の腕や背中・胸などの内部で、何かがピクッ、ピクッと小さく跳ねては動いていく。
テーブルから降りると、まるで胸のつっかえ棒がはずれたように、とても呼吸が楽になっていた。帰宅した夜、そして翌日の夜も、爆睡だった。

それ以来、視界が広くなったように感じている。まるで270度くらいに視界広がったかのように意識される。不思議なことに、散歩していても、その視界の空間が歩きと一緒についてくる。これまで意識したことのない感覚だったのだが、この感覚をうまく表現できない。
空間を自分の体が進んでいるのではなく、視界空間が私の体に一緒について進んでいる感じ、そんな感覚だろうか。
もしかして、頭がおかしくなったのかも…?
もっとあるが、これ以上は書かないでおこう。「やっぱりおかしい!」と思われたらいけない。

この療法には、「むやみに使うなかれ」という戒めがついている。
人の根源的なところに介入することは、双方に常に功罪が表裏してつきまとうからだろう。
だからこそ、○○先生は療法行う前提として、治療家としての心身の保ち方を徹底させている。
治療家としての、あるいは人としての矜持が肝要なのだろう。
用いた療法が功なく、もしも闇の部分が頭をもたげることになったとしても、それは自己責任以外ないのだ。
先生が説く心身論には哲学的で深いものがある。

昨日のことである。
早速、教わったことを試してみなさいとばかりに、うってつけの患者さんがみえた。
右脳が停滞していることが、観て感じ取れた患者さんだった。
ただひとりだけ「右脳活性」を試みた、私の最初の記念すべき患者さんとなった。
その患者さんは、県外からみえた中年の女性である。
来院までの経過を簡略に紹介すると、次のような転帰である。
①4月6日に、急に「めまい」がして総合病院へ(受付で症状を話すと、神経科に回された)。
②心電図、X-ray、血液・内分泌検査、眼球運動・眼振などの検査で異常所見なし。
血流改善とめまいの治療薬を処方される。
③2日間の内服後に左足底にしびれ感が出て、左下肢に重苦しさとしびれ感が広がる。
動悸がして、血圧が高くなる(170-104)。
④神経科を再受診。点滴治療を受ける。整形外科領域の病態とみなされ紹介される。
⑤整形外科を受診。X-ray(-)、MRIの予約。
⑥別の総合病院の整形外科を受診。X-ray(-)。「更年期障害」と診断され安定剤を処方される。
⑦最近、めまい症状は軽減している。が、寝ていても両足の踵を中心に脚がムズムズするようになった。
左下肢のしびれ感も気になる。ネットで調べたら「ムズムズ脚」が出ていて不安になる。

この患者さんに対して検査的手法はいろいろ行ったが、治療は右脳活性法も含めて、これまでご指導を頂いた療法で対応した。付け加えたことといえば、足関節のアライメントを整合させたことくらいである。
治療後、脚のムズムズ感も消えて、左下肢のしびれや重さも解消した。

「めまい」からはじまった症状が、いろんな不安から増幅させた結果かもしれない。
医学的検査では神経学的異常も、画像、血液とホルモンの異常もなかったわけである。
だから神経科では、整形外科領域の病態と診たてたのだろう。
ところが整形外科では構造的異常がないので、症状から「更年期障害」と診断した。
整形外科医が、「神経科で更年期障害と言われなかったのか?」と訝しげに聞いたらしい。
兎にも角にも劇的に症状は消えたし、笑い声も出るようになったし、先ずはよかったと思う。

今回も、身を削って親身のご指導をいただいた。
きっと○○先生は、「症状の変化なんて、たいした問題ではないのだよ」と言われるかもしれないが、感謝を込めて症例を記しておくことにした。
「むやみに使うなかれ!」の戒めを守りながら、更に心技体の成熟を目指して精進したいと思う。
[PR]
by m_chiro | 2015-04-29 17:03 | 守屋カイロ・オフィス | Trackback | Comments(2)
当院のホームページを開設しました
守屋カイロプラクティック・オフィス

昨年頃から、新患さんの紹介欄に「イアンターネット」と書かれる方が増えてきた。
こんな小さな田舎町にも、ようやくネット検索が定着してきたのかな~、と思う。

でも、私の治療室はホームページを開設しているわけはない。
ブログは書いているが、それは私の勉強備忘録のようなものである。
だから治療院名で検索できる名称ではない。

いったい何でヒットするのだろうと訝っていた。
試にオフィス名で検索してみると、市内の同業者のリストが掲載されていた。
住所と電話番号、アクセスの案内だけが書き込まれていた。
それならば、少しはオフィスの中身が見えるようにホームページを開設しようと思った次第である。

ホームページは数年前にも準備したことがあったが、ネット検索でみえる方はまずいないし、次第にパソコン離れが進んできているという世情もあって熱も入らなくなった。

今度はスマホ時代に合わせて、スリムなホームページを作ろうと思ったのだ。
少しはネット検索をしてくれた患者さんに、少しはオフィスの中身や治療の考え方が分かるようにしようと思い立ったのである。

これまでは患者さん向けの「オフィス・ニュース」を発行していたのだが、ブログをはじめてそれもストップされた。
ところが、このブログは患者さんにすこぶる評判が悪い。
「難しい!」というのである。
もっとも、ほとんどの記事は私の勉強日記だからやむを得ないのだが、この際だからオフィスに関するものと個人的な備忘録を分けようかと考えた。
そんなこともホームページを開設しようという理由になったかもしれない。
それで、ホームページ上に「オフィス・ニュース」も復活させた。
患者さん向けの「お知らせ」の役割をもたせることにしたのである。

ぜひ、ご訪問ください。
臨時休診日などの確認に、ご利用ください。
また、お知り合いの方へに紹介する際のパンフレット代わりにも、ご利用いただければ有難いことである。

まだ、オフィス名での検索に上がってくるまでには、もう少し時間がかかりそうだ。
それまでは、下のURLでアクセスして下さい。

守屋カイロプラクティック・オフィス
http://chiropractic.space/
[PR]
by m_chiro | 2015-04-13 15:16 | 守屋カイロ・オフィス | Trackback | Comments(2)
桜が咲いた。春が来た。
12日(日)は、久しぶりに晴れ渡り、やっと春の陽気。
でも気温は12度。
それでも風がないだけに暖かく感じる。
児童の入学式に合わせるように桜も開花した。
まだ、場所によって開花度が違っている。
家内と二人で桜並木を散策した。
今年も綺麗に咲いたなぁ~!

c0113928_1522515.jpg

c0113928_15222563.jpg
c0113928_15224719.jpg
c0113928_1523446.jpg
c0113928_15231717.jpg

[PR]
by m_chiro | 2015-04-12 15:16 | 庄内の記 | Trackback | Comments(0)
変形性関節症(OA)には、ヒアルロン酸より羊水注入【米国疼痛医学会】
変形性膝関節症に、ヒアルロン酸を注入する処方が浸透している。

当院にも、ヒアルロン酸注入処方を受けているという患者さんが少なからずみえている。
その効果のほどを聞いてみると、よくなったと答える患者さんにはあまりおめにかからない。
ヒアルロン酸注入は1990年代に認可されていて、アメリカでは膝関節に限定して認可されているようだ。
もちろん日本でも、OAの一般的な処方としてヒアルロン酸注入処方は定着してきている。
が、その効果には疑問符がつく。

特に、65歳以上のOA患者への注入は臨床的な意義はなさそうである。
それでも一回の注入で7週間、複数回注入で12週間程度の有効期間とされているから、継続しなければ効果の判定も難しいものがあるのかもしれない。

そうした現状を踏まえて、最近ではヒアルロン酸に代わる安全で有効な治療となり得る研究が紹介された。
米国疼痛学会(AAPM)・年次総会からの報告である。

”Amniotic Fluid May be Safe and Effective Alternative to Hyaluronic Acid for Osteoarthritis Pain: Interim Results”

ヒアルロン酸注入に代わる方法というのは、「羊水」注入である。
米国ではヒアルロン酸注入は膝関節に使用する場合のみ認可されているが、「羊水」注入は「滑膜関節」全般に使用できるという広い応用性もある。
そのうえ「羊水」には、関節液と類似点が多く、腫脹や炎症を抑える性質もあるようだ。

研究は加工羊水製品(Amnio Clear LCT)の有効性を検討したもの。
調査対象は、グレードⅠ~Ⅲと診断されたOA患者170名である。
このグレード分類は、おそらくKellgren-Lawrenceの5段階分類によるものだろう。
つまり、以下の分類である。

 グレード0:正常
 グレードⅠ:疑わしいわずかな骨棘
 グレードⅡ:明確な骨棘、関節列隙の狭小化の可能性
 グレードⅢ:中程度の骨棘、関節列隙の狭小化が明確、硬化像中程度、
 グレードⅣ:著明な骨棘、関節列隙の狭小化が中程度、硬化像著明、
         関節輪郭の変形明確


報告によると、羊水注入後のVASとWOMAC指標で評価しているのだが、結果は下図のような高いレベルでの平均改善率であった。
長期的な治癒効果、あるいは腫脹・炎症も多剤と比べて発症率が低かったことを報告している。更に、無作為化対照試験などの追加研究が予定されているという。

       VAS        WOMAC
30日後  68.10%    70.90%
90日後  74%       82%


変形性関節症(OA)には、ヒアルロン酸に代わって「加工羊水」の注入処方が使われる時代になるのかも…。
[PR]
by m_chiro | 2015-04-09 18:20 | 痛み考 | Trackback | Comments(0)



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索