<   2015年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧
「左肩がズキズキ痛んで眠れなかった」:カプサイシンは辛味成分それとも痛み成分?
「昨晩、左肩がズキズキ痛んで眠れなかった」と言って、事務職の中年女性が治療にみえた。

慢性的な腰痛をかかえていて整形外科で治療中である。
左肩を上げられなくなったのは1年ほど前からで、これも腰痛と一緒に治療中だが好転しない。
でも夜眠れないほど肩がズキズキ痛んだのは、初めてのことだったようだ。
整形外科医院では、レントゲン所見で骨が減っているから「腰は治らない」、「肩は50肩」と言われている。

それで鎮痛剤の処方と腰の牽引、首から肩にかけて電気治療を、リハビリとして続けている。
このまま保存的に治療しなさい、ということらしい。

聴き取りをすると、いろんな問題が出てきた。
B型肝炎、肝血腫、腎嚢胞、高血圧、時に頭痛。
肝炎も血腫も嚢胞も安定しているので、1~2回/年のCTスキャンによる経過観察が行われている(今のところ治療の必要性はない)。

肩の痛みの発症状況を聴いてみる。
夜寝てからズキズキして目を覚まして、それからずっと痛みが続いているらしい。
安静位でも痛んでいるので、仕事を休んだ。

何か外傷を思わせることもなく、無理に使った覚えもない。
寝る前までは、いつもと変わらない仕事と生活だった。

「何だろうか?」と思いながら望診していると、左肩から肝臓、胆嚢、空腸周辺にかけて停滞軸が走っている。

それで、「夜は何を食べたの?」と聞いてみた。
「外食したから…」
「そこで何を食べたの?」
「韓国料理」

唐辛子成分が怪しい、かな?
韓国ドラマが大好きで、その女子会があったのだそうだ。
韓国料理を食べながら、韓国ドラマを語る会だという。

痛みは、機械的刺激や熱・化学物質による刺激が脳に伝わって認知される仕組みになっている。
それを末端の受容器が刺激として受け取るのだ。
機械的刺激で思い当たることがないのであれば、熱・化学刺激を押さえておくべきだろう。


それで唐辛子を持たせて筋の抑制反応をみることにした。
見事に抑制される。まるでバレー徴候陽性反応のように、筋力の維持ができくなる。
「ナニ、コレッ~!」

左肩から肝臓-胆嚢-空腸ラインの筋膜リリースをしながら、内臓機能の緊張を緩解させた。
治療しながら「カプサイシン」という痛み物質の話もした。
いわゆる炎症性疼痛の発症機序に関わる問題である。

さて、唐辛子の辛子成分とは、「辛味成分」なのだろうか?、それとも「痛み成分」なのだろうか?
c0113928_17482537.jpg

「辛味成分」となれば味覚の話である。ところが舌に辛味を感じる味蕾はないのだそうだ。
では、どのようにしてわれわれは「辛味」を感じるのだろう。
4つの基本味以外の辛味、渋味、金属味、アルカリ味、電気の味などは、臭覚、触覚、圧覚、痛覚、温度感覚などを刺激することによっておこる複合感覚とされているようだ。
そうなると「辛味」は味覚ではなく、「熱」と「痛み」の感覚に似たものらしい。
それが、唐辛子を食べたときに舌が痛く感じ、口が熱く感じる理由のようである。

辛子成分のカプサイシンの受容体は「TRPV1」である。
「TRP1」受容体の同定に関わったのが、生理学研究所の富永真琴教授である(「痛みと鎮痛の基礎知識・上」200頁、小山なつ著)。
TRPチャンネルの感受性を示した富永真琴教授の図によると、43度以上の温度とカプサイシンが痛み刺激となることを知ることができる。
c0113928_17492469.png


この患者さんも、カプサイシン受容体の閾値が低下して痛みを発症したのだろう。
しばらく唐辛子を控えることをアドバイスした。

その3日後、再び治療にみえた。
「肩が痛くなくなったよ! 今度は腰も治して~!」
「韓国料理と痛みと、どれか一つ止めるとなったら、どっち取る?」
「韓国料理~!」

ありゃ~、のど元過ぎて熱さ忘れるだなぁ~!
[PR]
by m_chiro | 2015-03-31 17:54 | 症例 | Trackback | Comments(4)
慢性腰痛への過剰診療、後戻りできるの? 
“Overtreating chronic back pain: time to back off?”(2009)より

c0113928_22565948.jpg


1996年~2005年までの間に、循環器系疾患(Circulatory Conditions)と
呼吸器系疾患(Respiratory Conditions)は、僅かながらも減少傾向にある。


ところが、筋骨格系疾患(Musculoskeletal Conditions)は右肩上がりに増加して行く一方である

c0113928_22575040.jpg

にもかかわらず、MRIは307%増(図1a)、オピオイド鎮痛剤は423%増(図1b)、硬膜外ステロイド注射は629%増(図1c)、椎間関節注射は231%増(図1c)、脊椎固定術220%増(図1d)と、積極的治療と画像診断は軒並み大幅に増加しているのだ。

要するに、こんな治療は慢性腰痛に対して利益がないことの証でもある。

費用対効果が低く、不利益な方法を選択する意味がどこにあるのだろう? 
いつまで続けたら気づくのだろう?

慢性腰痛は極めて一般的な苦るしみであり、有病率も拡大する一方である。
これまでの治療法や診断の無駄に、いつまでも付き合っているわけにはいかないのだ。

今こそ、痛みのメカニズムの基礎科学や慢性疾患モデルの理解に基づいて、慢性腰痛を適切に管理する道に歩みを進めるべきである。
[PR]
by m_chiro | 2015-03-29 23:02 | 痛み考 | Trackback | Comments(0)
春よ来い!
3月21(土)~22日(日)の連休は勉強会に出向いた。
飛行機は満席でチケット取れない。結局、新幹線と乗り継いで電車で出かけたが、これも指定席を最後の一枚でどうにか取れた。
進学に就職、転勤など、移動のシーズンだもの当たり前の事態だな。

若い人たちに混じって勉強すると大いに刺激になる。
若い人たちが、どのように考え、どんなところに関心があり、何に注目しているのか、
自分の時代と重ねて振り返ってみると、その変化を感じる。
また、変わらぬテーマも見えてくるものがあった。

東京駅は北陸新幹線の開通もあってか大混雑だった。
構内を歩いていても人ごみにぶっつかってしまう。
桜も、開花宣言をしたようだ。
東京はもう春だ。

ところが帰宅したら酒田はまだ冬。しかも暴風雪、時に吹雪。
翌日も真冬日のような降りようで、アッという間に真っ白になった。
お彼岸を過ぎて、まだ真冬日になる。

さて、山形県の母なる川である最上川で取れる「モズクカニ」は、秋から冬にかけての庄内の旬の食べ物である。
それも、もうそろそろ終わるというので、最後の「カニ汁」を食べに出かけた。
モズクカニのカニ汁が市場に出なくなれば、冬は終わりである。
c0113928_22452871.jpg

(写真は夕暮れの最上川)

昭和天皇が最上川を詠まれた。
「広き野を 流れゆけども最上川 海に入るまで濁りざりけり」(昭和天皇御製)は、山形県民歌になった。

こんな曲がつけられている。



モズクガニは海で生まれて川で成長する。
そしてまた海に出て産卵する習性のカニで、川蟹では日本最大とか。
上海ガニの仲間である。
味も極上だ。

c0113928_2253229.jpg

c0113928_22534155.jpg

庄内では、すり潰しあるいは叩き潰してお湯に入れ、笊などで漉して殻などを取り除く。
それを味噌仕立てでカニ汁にするのだ。
ねぎを入れて、七味をかけて「カニ汁」にする。
これが旨い! うまい!!

カニ汁をすすりながら願うこと。
「春よ来い!」
[PR]
by m_chiro | 2015-03-24 22:35 | 庄内の記 | Trackback | Comments(0)
「現象」と「潜象」の相関にかかわる仕組みがありそうだなぁ~
筋の拘縮や硬結がトリガーとなって、そこから遠く離れた部位に痛みが飛ばされる関連痛が起こる。

関連痛は、筋筋膜痛症候群(MPS)でよく知られている。

トリガーポイントに限らず、症状から遠隔の部位に原因を特定する考え方は少なくない。
それがトリガーポイントからのものであろうと、あるいはなかろうと、他覚的な兆候はほとんどないことがある。
だから遠隔の手法を用いる治療家には、それを探る技量が求められることになる。

痛み症状は「現象」に他ならないのだ。
急性の損傷でもない限り、痛み症状のある部位が原因とは限らないのである。

その現象が、トリガーポイントのように痛みの「現象」から遠く離れた部位に原因があるとき、そこを「潜象」の部位と呼んでおこう。

痛み症状に限らず身体の機能系には、「現象」と「潜象」の相関関係の存在を頻繁に体験するところである。
この相関する機能系は、どのような仕組みで成り立っているのだろう。

痛みは、刺激に対する受容器と脳を上下行する神経系の作用機序で発現する。
あるいは、その修飾作用による。
だから痛みの関連痛は、休止シナプスの活性あるいはポリモーダル受容器の相互間を繋ぐネットワークの存在から考えようと試みた。
ところが、そのような受容器を繋ぐ横の連絡網はない、と神経学者が断じていた。

それならば、受容器は筋筋膜連鎖における縦横な伸縮刺激によって活性するに違いない。
そう考えてもみたが、それでもどこかで腑に落ちない在りようを感じられもしたのである。

多くの徒手治療家やボディワーカーたちは、身体を様々な視点で捉えている。
そして、用いる刺激も多様である。

単なる皮膚タッチから、カイロプラクターの様に高速低振幅によるスラスト刺激まで幅広い。
筋・筋膜に対して直接可動させるタッチから、真逆の方向性で導く手法もある。
そうかと思うと、全く身体に触れずに痛みや身体機能を改善したりする。

言語を媒体にした精神心理の手法も、行動認知を使うプログラムも実施されている。

いったい、それらの背景にある共通する仕組みとは何だろう。
なにかしら、生き物の体や機能系をコントロールしている、もっと根源的な仕組みを思わずにいられないのだ。
[PR]
by m_chiro | 2015-03-13 14:03 | 痛み考 | Trackback | Comments(2)
線虫が癌を嗅ぎ分ける確率は95%以上
「がん診断、尿1滴で=線虫の習性利用―10年後の実用化目指す・九大など」

線虫の臭覚受容器は、犬と同じ能力とか。

以前、「がん探知犬」が話題になったが、今度は「線虫」の癌探知能力を使った研究。

線虫は癌の匂いに集まってく習性があるようだ。
癌患者の呼気や尿には特有の匂いがあるとされていて、その匂いの嗅ぎ分けを線虫に託したわけだ。

犬では訓練が必要だが、線虫は感性だけで好き嫌いを判定する。

癌患者のおしっこを一滴だけ線虫に落としても、線虫は「好き好き」と反射的に集まってくる。
ところが健常者のおしっこからは逃げる。

その習性を利用して、95%以上の確率で癌を発見できるようになるらしい。

血液腫瘍マーカーは25%ほどの確率と言うから、恐るべき能力である。
[PR]
by m_chiro | 2015-03-12 15:36 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
4年目の3.11
早いもので東北大震災から、もう4年が経った。

4年目の今日、日本列島は前日からの低気圧で寒い日だった。

庄内も真冬日の荒れ模様で猛吹雪。
春の兆しを感じていたら、冬に逆戻りである。

そんな寒空の中を慰霊と復興祈願のセレモニーが各地で開催された。
TVが中継して、諸々の思いを再確認した日でもあった。

震災地の今の模様も中継されたが、復興は遅々としている。
遅れていると言うべきなのだろうか、それともようやくここまで来たと言うべきなのだろうか、正確に語る言葉すらない。

そんな中でTVに映し出される被災地の人々、
今も仮設に過ごす人々の元気な明るい笑顔には、逆に勇気づけられる思いがした。

そんな中で、
ある一人の高校生男児(被災当時は中学生)の言葉は、とても感銘深かった。

震災で多くのものを失ったが、得たものも多くありました。
しっかり前を向いて歩こう! 
負けないで前を向いて頑張ろう!
限界をつくらないで、精一杯やろう!
将来は故郷の役に立つ人間になろう!
そういう思いをいただきました。

そんな内容の言葉だった。
若者から得た教訓だった。
[PR]
by m_chiro | 2015-03-11 23:35 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
レデイ・ガガ、「サウンド・オブ・ミュージック」を歌う
レデイ・ガガ、「サウンド・オブ・ミュージック」を歌う(The Oscars 2015 87th Academy Awards)

レディ・ガガ
が2015年アカデミー賞授賞式での「The Oscar 2015 Night Show」で、1965年にアカデミー賞作品賞、監督賞、編集賞、音楽賞、録音賞の5部門を獲得した映画「サウンド・オブ・ミュージック」の名曲を歌った。

私は高校生の頃に、この映画を観た。
とても感動した映画で、DVDも持っている。

映画ではジュリー・アンドリュースの見事な歌声に酔いしれたものだが、このレディ・ガガは勝るとも劣らない痺れる歌だった。
いっぺんで、レディ・ガガが大好きになっちゃったなぁ~!

最後にジュリー・アンドリュースも登壇し、ガガと抱擁。

懐かしさと素晴らしさで、涙が出そうなほど感動した!

YouTubeからの投稿で、是非お聞きください。
とても素晴らしい歌唱力と歌声です。見事です!



こちらは本家・ジュリー・アンドリュースのライブから、懐かしい歌声で「サウンドオブミュージック。



同じくジュリーアンドリュースの「エーデルワイス」です。
学生時代を懐かしく思い出しました。


[PR]
by m_chiro | 2015-03-01 12:44 | 雑記 | Trackback | Comments(0)



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索
タグ