<   2015年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
家内の左眼の不調
一年ほど前から、家内が左眼の不調を訴えだした。
左目がゴロゴロする感じがあり、いつも重苦しい痛みがとれず、左眼球が飛び出てるように感じるらしい。
左眼から左後頭顆部に痛みが走ることもあるようだ。
まばたきしても後頭部に引っ張られている感覚があるらしい。

あまりしつこく訴えるので治療をした。
眼球運動や網膜反射など神経学的な検査を行い、頭蓋リズムなどを調べながら、できる治療を試みてきた。
治療後は症状が半減する。が、翌日には戻ってしまう。

あまり大きな変化がないので、眼科で診てもらうことにした。
検査の結果は異状なし。
白内障が出始めているが、積極的な治療が必要な段階ではない。
要するに、医療が必要な対象ではない。
医学的には老化ということのようだ。

メガネが合わないせいだろうかと、レンズも調整して変えた。
それでも変化がない。

それでは何とか頑張って、私が治療するしかない。
こうして時々治療してはみたのだが、情けないことに直後に軽減がみられても大きな満足を与えることなく半年ほどが過ぎてしまった。

今年の1月のセミナーで○○先生の指導を受けた。
そのときの感覚を忘れないうちにと、帰宅後まもなく家内の治療も試みたのである。
有難いことに、家内は私にとって最も率直な評者である。
もちろん技術に関する専門的な評価ができるわけではないが、治療を受けた身体的変化や感覚的印象は率直に教えてくれる。
その意味でも、技術研鑽の良きパートナーでもあるのだ。

教わった基本的なことを忠実に応用してみた。
私は初心者でもあり、技術的な詳細を紹介できないのだが、特に「り○○○」を感覚的に意識した。それを眼窩や眼球でも試みた。

これまで行った方法では満足する変化が得られなかったのだから、まったく新たな視点で治療するほかない。
治療後、家内が興奮気味に「凄い!! 劇的に変わった」
「ほとんど気にならなくなったよ。何が違ったの?」

「10→1」の変化だという。「何が違ったのか」と問われても分からない。
翌日にはちょっと戻って「3」程度になったようだが、それでも劇的な変化である。
それからあまり間隔を開けずに5回ほど治療しただろうか。
今では、ほとんど気にならなくなった。
悪いときでも「2」程度に安定している。

最初の試みから1カ月を過ぎた。
状態は安定したままである。いったい何がどう作用したのだろう。
いまだに何が違うのか、と家内には聞かれる。
不思議だと思うのは、分からないからにすぎないのだ。
私自身としては、その推論をどうにか構築しておかないと気がすまない。
治療は奥が深い。今更ながら思う。
[PR]
by m_chiro | 2015-02-28 16:48 | 症例 | Trackback | Comments(0)
職人気質には共感するところが多いなぁ~!
著者(ポール・アダム)の2作目「ヴァイオリン職人と天才音楽家の秘密」を先に読んだ(「寒い冬の夜は極上のミステリーでも読んで…..」)。

とても面白かったので、第1作目の「ヴァイオリン職人の探求と推理」を求め、これも一気に読み上げた。
この2作品は、久しぶりに夢中になったミステリー小説である。
c0113928_11431069.jpg2作目ではパガニーニとその愛用のヴァイオリン「大砲」が伏線になっていたが、第一作目ではストラディヴァリと幻のヴァイオリン「メシアの姉妹」が伏線になっている。

殺人事件の推理をしていくうちに、その2本の姉妹のヴァイオリンの秘密が明らかになるという展開である。

文中には著者の音楽や音楽家への敬意と愛情にあふれ、ヴァイオリンにからんでの歴史や楽器職人たちの生きざま、人生観が語られている。
私には読み応えのある小説だった。

物語の主人公・ジャンニは、還暦を過ぎた63歳のイタリアのヴァイオリン職人である。

親友の同業の職人が殺された。
殺されなければならない理由は、どこにも思い当たらなかった。
ところがこの友人、密かにストラディヴァリの幻のヴァイオリン「メシアの姉妹」を探していたことが判明する。
一千万ドル以上の価値ある名器らしい。
物語がストラディヴァリや名器の薀蓄、贋作、職人気質、ヴァイオリンの歴史的背景、著者の音楽への愛情、コレクターやディーラーたちの暗躍なども織り込んで推理が進んでいく。
音楽フアンには堪えられない極上のミステリーだ。

ヴァイオリンにかけた職人たちの気質や生きざまには、共感を覚えながら読んだ。
ストラディヴァリのヴァイオリンには、数億円から十数億円の価値がつくらしい。
ストラディヴァリは14歳の頃にニコロ・アマティの徒弟となった。
それから93歳までヴァイオリンを作り続けたとされるから、「ほぼ80年間におよぶ修行」である。

現在、どんな職業であれ、誰がそんな誇りを持てる? 彼は仕事をおぼえ、来る日も来る日もそれに真剣に取り組んだ。四、五週間の休暇をとってドロミテへスキーに行ったり、トスカーナの海岸で日光浴をすることもなかった。週に六日働き、昼食には作業台の横でひと切れのパンとチーズを食べて、晩まで仕事をした。ヴァイオリン作りは彼の一生の仕事だっただけはない、人生そのものだったのだ。
 それにひきかえ、いまの若い弦楽器職人はどこかの大学でせいぜい三、四年のコースをとるだけだ。彼らは学位を、印象の押された一枚の紙きれを持って世の中へ出てきて、自分はヴァイオリン作りを知っているつもりでいる。それどころか、世間がそれを買ってくれると思っている。彼らは夢の世界に生きているのだ。


著者がジャンニに語らせた言葉である。
耳が痛いくらいだ。
本物の職人の生き方に思いを馳せると、そこには誇りを持って究極のヴァイオリン作りに精魂を傾け続けた職人の凛とした佇まいが浮かんでくる。
治療も日々修行だ、と思わずにいられない。

ストラディヴァリのヴァイオリンに、当初から法外な価値がついていたわけではない。
手作りの楽器も機械的に大量生産する時代に飲み込まれていく。
綺麗で安いヴァイオリンが手に入るようになると、手作りのヴァイオリンは富裕層の音楽家や価値を知る者だけが所有するようになる。
多くは大量生産の楽器が主流になり、手作りの楽器は中古ヴァイオリンとして叩き売りされたのだ。

時代が移り変わり、名器とされる手作りヴァイオリンに高値がついて、数億もするヴァイオリンとして取引されるようになる。
市場価格が高騰すると、コレクターやディーラーたちが暗躍する。
歴史のついた特別なものをほしがる人たちが、更に価値を高める。
贋作もずいぶんと造られた。

そこには単に楽器を買うのではなく、名前を買っているのだと著者は書く。

夢を、偉大なるものとのつながりを買っているんだよ。わたしはそれを聖杯症候群だと思っている。…….(略)….、有名人の記念品に馬鹿馬鹿しいほどの金を払う現代の人々のように。ほら、エルヴイス・プレスリーが一度だけコーラを飲んだというカップや、マリリン・モンローの子ども時代のテディベア、ジョン・レノンの足の親指から切った爪、そんなもんだよ。いったいそれで何をしようと言うんだ? それは人々が、彼らを有名にした魔法の片鱗がそこからすれ落ちることを願っているからだろう?


この物語の最終章で、ヴァイオリン職人の主人公・ジャンニが「メシアの姉妹」にたどりつく。
「メシアの姉妹」を手にして触れ、その造作に感嘆し、メシアの楽器を奏でたとき、魂がふるえるほどの戦慄が走ったのだった。

自分の作品との差は歴然としていた。
本物の価値は、本物を知る人だけが知るのだろう。
[PR]
by m_chiro | 2015-02-27 11:58 | Books | Trackback | Comments(0)
「痛み学」NOTE 72. 痛みが自己持続性に起こるわけ
「痛み学・NOTE」は、日々の臨床で痛みと向き合っている医師や日本を代表する研究者の著作あるいはホームページを通して学んだり考えたりしたことを、私の「学習ノート」としてまとめ、書き綴るものです。


72. 痛みが自己持続性に起こるわけ

痛みの自己持続性に関わる可能な要因を考えた時に、第一に思い浮かぶのは「交感神経」の活動である。
痛みは交感神経の活動性を増す。
したがって筋の緊張性も増加する。

交感神経からの入力は、α運動ニューロンの興奮性を高めることになる。
あるいは細動脈の血流を阻害する。
虚血が起こる。
こうして痛みの悪循環が始動することになる。

筋の痙縮(spasm)による痛みは、筋収縮が持続性に起こった結果である。
後角への興奮性の入力が続いているのだろう。
もしも分節性の抑制あるいは脊髄より上位ニューロンからの抑制が減少している状態にあっても、やはり興奮性入力は続くことになる。

このことは、神経のみならず筋組織にも可塑的変化が起こる可能性を示唆するものである。
そこに、痛みは早急に除去しなければならない、とする理由がある。

痛みの循環経路図では、そのルートのどこからでも痛みを遮断することができる。
c0113928_1053022.jpg

では、もしも痛み症状が残されたままに置かれると、どうなるのか。
不完全に残された痛みは、再悪化、再激化する可能性を秘めている。
鎮痛が不完全なままであれば、交感神経の興奮も抑制されない状態で残る。
だから再び痙縮(spasm)が起こる火種となる。
痙縮などの筋の過緊張は、虚血の温床でもある。
中途半端に残された痛みによっても、交感神経の興奮が自分自身の中で続くことになるのだ。

痛みの自己持続性は、交感神経の興奮が続く限りトリガーにもなるということだろう。

痛みは、どんな手法であれ早急に完治させることを念頭に置いて対応すべきであるし、そのためには学際的な試みが必要なケースもあるのだ。
[PR]
by m_chiro | 2015-02-20 10:09 | 痛み学NOTE | Trackback | Comments(0)
寒い冬の夜は極上のミステリーでも読んで…..。
c0113928_10481668.jpg先日、セミナーに出向いた旅先で「ヴァイオリン職人と天才音楽家の秘密」という推理小説を空港で見つけた。

この小説が、前の記事「パガニーニ 愛と狂気のバイオリニスト」の映画の内容や背景を補ってくれた。

パガニーニに関することが伏線になっている新作の推理小説だった。
とても面白くて一気に読んだ。

パガニーニの愛用のバイオリンは「大砲」という呼ばれた銘品。
その製作者グァルネリのことや、パガニーニの人物像も盛り込みながら、現代のバイオリン職人の見事な推理が展開していく極上のミステリーである。

この推理小説の方が、映画よりもずっと楽しめた。
小説の中で、とても心に響いた言葉を紹介しておきたい。

主人公のバイオリン職人に、パガニーニの「大砲」が持ち込まれ、修理を依頼された。

その「大砲」を手にし触れた時と、そして事件が解決したときにパガニーニの手書きの楽譜「セレナータ アパッショナータ」を手にした時、
そこにパガニーニの存在を「ぞわぞわするうづき」と共に感じた、と著者は書いていた。

「物体が元の持ち主の名残りをとどめていることを強く感じる」のだそうだ。
そして後に続けて、次のように書いている。

そうしたものは見ることも、聞くことも、においをかぐこともできない。
聴覚や視覚は文明化されすぎ、発達しすぎてしまった。
われわれは、いちばん根っこのレベルでは、見たり聞いたりにおいをかいだりする生き物ではない。
感じる生き物なのだ。


あまりにも面白しろかったので、シリーズの第一作目も買ってしまった。
第一作目はストラデイバリに関する話題が伏線である。

寒い冬の夜は、極上のミステリーでも読みながら、春を待つことにしよう!
[PR]
by m_chiro | 2015-02-13 11:00 | Books | Trackback | Comments(0)
「パガニーニ愛と狂気のバイオリニスト」をDVDでみた
パガニーニ(1782~1840)というイタリアの天才バイオリニストは、「悪魔に魂を売り渡して得た」才能と言われるほどに、19世紀の音楽界を騒然とさせたバイオリン奏者だったようだ。

c0113928_10364871.jpgそのパガニーニの生涯が映画になった。
デイヴィット・ギャレツトというバイオリン奏者がパガニーニを演じたのだが、その映画の主題曲ともいえる「愛しい人よ」には魅せられてしまった。
歌い手は、ニコール・シャージンガー
以前、ブログの記事にして、その歌声を紹介しておいた。

『ニコール・シャージンガーの「愛しい人よ」』


「愛しき人よ」は、パガニーニ作曲の「バイオリン協奏曲第4番~第2楽章」にゲーテの詩「恋人のそばに」をアレンジして乗せたもの。
この逆バージョンは、このゲーテの詩にシューベルトが曲をつけたものもある。

楽しみにしていた映画「パガニーニ愛と狂気のバイオリニスト」を劇場で見逃がしたので、DVDリリースされると同時に借りてきてみたのだ。
が、率直な感想を言えば映画は惜しい出来栄えだった。

パガニーニの生涯にある程度の知識がないと、物語の流れがイマイチ分かりにくいからだ。でも、D.ギャレットの演奏の映像は素晴らしかった。

当時、音楽界の花形は歌い手であった。
楽器奏者はあくまでも裏方家業だ。
それをパガニーニはバイオリン奏者として表舞台で一世を風靡したわけだから、その演奏技術には並外れたエンターテイメント性もあったのだろう。
もっともプロデュースしたマネージャー役の存在もあったからかも知れないのだが…。

パガニーニはバイオリンや音楽的素養は天才でも、好色で博打好きの酒飲み、飲む打つ買うの破天荒な人生を送った人のようだ。
そんな人生が死期も早めている。

それでもパガニーニの奏でる曲目は、パガニーニしか演奏できなかったのだろう。
今では技術も向上しパガニーニ以上に演奏できるバイオリン奏者もいるらしい。
主演のD.ギャレットもそのひとりだろうか。

主題歌の「愛しき人よ」は、パガニーニが惚れ込んだシャーロットという歌手志望の若い女性に贈った。
シャーロットがコンサートで歌い、彼女は一躍有名になる。
が、二人の愛はマネージャーの策略で実らないで終わるのである。
ところが運命とは皮肉なもの。
それを境に女性は歌手として注目され、パガニーニは病と共に凋落して行く。
そんな流れで物語が構成されている。

だから「愛しき人よ」の曲と歌は、この映画で人生の分岐点になるような重要な位置にあるのだ。
吹き替えの歌をニコール・シャージンガーが歌っている。
素晴らしいなぁ~!

バイオリニストに演技を求めても、やむを得ないところではある。
でも、これだけの素材なのだから、もう少しきちんと映画を創ってほしかったと思う。
アカデミー賞を取った「アマデウス」では、作中人物のサリエリの回想がナレーション役にもなっていて、モーツアルトの人となりや背景や才能がよく理解できる構成だった。
残念なことに、「パガニーニ…」の映画には、そうした工夫も欠けている。
駆け足で物語が展開し、ただギャレットの演奏とニコールの「愛しき人よ」の歌声だけが印象に残った。
[PR]
by m_chiro | 2015-02-13 10:45 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
「50肩ですか…?」、遠隔部位から刺激で著効の症例
「50歳になったと思ったら、右肩が挙がらなくなった。これって50肩ですか?…」

以前から右肩から腕が重苦しくなって、50歳になった途端に挙がらなくなってきたようだ。
右の第2~3指に力が入らない感じで、右の顔面の感覚も鈍い感じがする。
眠りも浅くなって、汗がどっと出たりするようになった。
「更年期障害なんでしょうか?…」
こんな訴えで中年女性が治療にみえた。

可動域を見ると、外転90度、屈曲140度ほどで痛みがあり、運動が制限される。
関節の拘縮はみられないので、機能的な問題だろう。

隔膜系と心膜系をリリースして、頸部の右側屈とそれに伴う頚神経節周辺の緊張を解放した。

さて、立位で右肩の可動域を確認するとまだ痛みが残るようだ。
「やっぱり痛い! 挙げられない!」

その位置から傾聴すると、右の足背部にテンションがある。
右足背部をみると、どうも第4中足骨近位端周辺に続いているので圧痛を探してみた。
ジャンプ兆候のあるポイントがある。
そこを圧迫しておいて、右肩を動かさせてみた。

すると、
「あれっ! 挙がる! なんで??…」

図の赤○のあたり、経穴で言えば、「臨泣」というところだろうか。
c0113928_1642446.png

そこに皮膚考学研究所の刺さない鍼「ピソマ」を貼付しておいた。
遠隔刺激で顕著な改善を示した症例だった。
[PR]
by m_chiro | 2015-02-10 16:07 | 症例 | Trackback | Comments(0)
少女の思春期を早めている原因は?
少女の思春期を早めている原因は?(What Causes Girls to Enter Puberty Early?)

ニューヨークタイムス紙の「オピニオン」の記事から。
「肥満・砂糖そして情動的ストレスこそが問題だ」、とする主張である。

少女の思春期が早くなっているという現状がある。
その原因が探られているが、その多くの意見は口から入る食品にあるとしている。

ところが、この論説では「肥満」と「家庭ストレス」が本当の原因だろうと述べている。

化学物質に曝されることも少女の思春期に影響する可能性が指摘されているものの、実際のところはよく分かっていない。
この記事を書いたグループが、2005年以降1200人の少女を追跡調査したところ、肥満の少女に早い思春期を迎える傾向が見られたという。

脂肪はエストロゲンを分泌する。
エストロゲンとは「卵胞ホルモンの総称」である。
女性では卵巣だけからでなく副腎からも分泌され、女性らしさをつくり出すホルモンである(男性では精巣からも分泌される)。

こうしたホルモンバランスが崩れてしまうと様々な病気に陥りやすくなる。
特に近年では、エストロゲンの過剰が多くの病に影響していると指摘されてもいる。
なぜ、エストロゲンがそんなに過剰になったのだろう。

その理由の一つに、農薬やプラスチックなどの化学製品素材などによる環境ホルモンの影響があげられている。
ごみの焼却に伴うダイオキシンの発生などもそうだね。
確かに内分泌攪乱物質は懸念されるところだが、かといってどの物質が影響するのか単一物質として同定されてはいないのである。

この著者は、むしろ肥満による脂肪からのエストロゲン分泌、砂糖入りに飲料や食品が関わっていると指摘している。
砂糖の摂りすぎは要注意である。
ハーバード大学公衆衛生学部によって先週発表した新しい研究は、より炭酸飲料を飲んだ女子も思春期早期に到達する可能性が高かったようだ。

更には、家庭における情動的ストレスが問題だと言っている。
そうした家庭に育つ少女の情動的ストレスが思春期を早めているのだ、と強調する。
家庭に生物学的父親がいない家庭に育つと、そうでない家庭で育った少女より12歳前に初潮を迎える可能性も2倍になるらしい。
 
育児期の親は、十分注意した方がいいようだ。
[PR]
by m_chiro | 2015-02-07 12:21 | 雑記 | Trackback | Comments(0)



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索
タグ