<   2015年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧
「痛み学」NOTE 71.硬結にEMG活動は起こるか、起こらないか
「痛み学・NOTE」は、日々の臨床で痛みと向き合っている医師や日本を代表する研究者の著作あるいはホームページを通して学んだり考えたりしたことを、私の「学習ノート」としてまとめ、書き綴るものです。


71. 硬結にEMG活動は起こるか、起こらないか

トリガーポイントなどにみられる索状硬結や拘縮(contracture)に、EMG活動が記録されることはない。
あっても拘縮部位から離れたところに限局している。
このことは、拘縮などが神経終板からの電位によるものではない証拠であろう。

ところが近年では、索状硬結でEMG活動を記録したという報告が出るようになった。
いったいどっちがホントなの、という話になる。

そこで、明治鍼灸大学.生理学教室で行った研究論文「実験的トリガーポイントモデルから記録された電気活動に対する検討」(全日本鍼灸学会雑誌。2002年、第52巻1号、24-31)を紹介しよう。

とても示唆的で興味深い情報を提供している。
この論文は、伸張性収縮運動負荷により生成したトリガーポイントおよびその同一筋上から、電気活動を記録したというのだ。
ところが、その電気活動はトリガーポイントの筋膜付近に限局したもので、筋の電気活動はその筋膜からの反射性の筋活動を捉えたものだと結論づけている。
c0113928_1733581.jpg

上の図は、その論文に掲載されたもので、皮膚と筋膜と筋肉における電気活動の記録である。
ただし、この電気活動は筋膜部分に電極を刺入したときに限定して記録されている。

トリガーポイントは、常にすべてが活性しているわけではない。
無症状の潜伏的なトリガーポイントが50%にも及ぶらしい。
この潜伏的トリガーポイントは、どのようにして活性するのだろうか。
(「痛み学」NOTE47. トリガーポイントはどのようにして作られるのか①~③に書いておいた)

臨床の現場でも、筋膜痛が痛みを伴う筋収縮、痙攣や攣縮(spasm、cramp)に関連していることを実感できる。
筋膜痛にはトリガーポイントが付き纏うことがあるということだろうが、筋膜痛そのものの病態生理についてはよく分かっていないのが実情かもしれない。

そこで、筋膜やトリガーポイントからの電気活動が反射性に筋肉の電気活動を起こす仕組みをみると、そこには2つの仮説がある。
ひとつは「脊髄反射説」で、他は「局所単収縮反応説」である。

「脊髄反射説」は「運動神経と神経終板」の神経活動が根底にあり、「局所単収縮反応説」は「筋の粘弾性特質」に依拠している。
あるいは、その統合説である。

いずれも休眠状態の拘縮や硬結が、何らかの身体内外の要因によって活性状態になるとする仮説であるが、その要因とは一体何だろう。
[PR]
by m_chiro | 2015-01-31 17:41 | 痛み学NOTE | Trackback | Comments(2)
「自己ベストが出た!」
先日、高校一年生の男子が治療にみえた。
高校に入ってウエイトリフティング部に入部したそうだ。
もう1年近くになるわけだが、なかなか上達しない。
というか結果が伴わない。
心外なことに、周囲からは「真剣にやってるのか!」などと言われるらしい。
連れてみえた母親が話してくれた。

2日後に大会があるので、肩も痛いし、コンディションを上げておきたいのだそうだ。
望診すると、一見して身体内部に中心軸のブレがある。
肩の水平レベルの差もあって、頭部にも捻じれがある。

足方から調整入力を入れただけで、身体の輪郭がとてもクリアになった。
もうこれでOKなのだろうが、痛いといっていた肩と頭蓋の軸変化を確認する意味で診ておいた。
立たせて動きを確認するが、問題はなさそうだ。

基本的に、彼は筋骨格系における局所的な機能に、加療が必要な障害があるわけではないようだ。
身体の中心あるいは重心の置き場所が見失われているだけなのかもしれない。
そこで練習や本番前のアップの運動で取り組む簡単な方法を2つほど伝えておいた。
身体の中心・重心の在り様を体に覚えこませるために、本番前に修正を心掛ければ持てる能力を出せるようになるだろうと思ったからだ。

大会が終わって、母親が報告にみえた。
「自己ベストが出た!」
これまでの成績に15㎏も上乗せして、全国大会に向けての強化指定選手に入ったようだ。
もともと持っていた能力なのだろうが、身体置のちょっとした変化で統合する力や筋力を引き出すことができたのだろうと思えた症例だった。
[PR]
by m_chiro | 2015-01-30 13:32 | 症例 | Trackback | Comments(0)
「本質を掴んでカスタマイズする」、そうだよなぁ~!
sansetu先生の記事「保存後退」から

この○○○の必要十分条件を考えれば別の道具でも応用が効きます。
ここは大事なポイントで、道具にせよ、技法にせよ、その必要十分条件を考えることは、そのまま対象とするものの本質を掴むことに繋がりますので、大切なモノコトは模写や保存をしようとするのではなく、その本質を掴んで自分の心身に合わせてカスタマイズし、そのことでさらにレベルアップし、そのレベルアップしたものの外見ではない本質を後進に伝えて行くようにします。
そうすることで技術や伝統の保存停滞、保存後退を防ぐことができます。
実際世に在る流派独自の技術(理論・概念等も含め)といったものには、「別にそうでなくともよい」ものがたくさんあります。


多くの徒手治療家やボディワーカーたちは身体を様々な視点で捉え、用いる刺激も手技も実に多様ですね。
単なる皮膚タッチから、カイロプラクターの様に高速低振幅によるスラストや鍼・灸などによる刺激まで、その幅も広い。
そして、それぞれがそれなりに効果をあげているようだし、それらの背景にある共通する仕組みって何?…….、いつもそう思います。

技法や療法の確定論(理論や概念も含めて)なんて、あまり意味がないんだろうなぁ~。
要するに、どんな手法であれ本質に近づけば、それでよし。
後はカスタマイズすることで、その人なりの技法や療法ができあがる。

それをまた形にしてしまうと、発展性を見失う。
常に本質を意識して取り組むよう、精進しなくちゃ!
そう思いました。
[PR]
by m_chiro | 2015-01-29 15:10 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
「痛み学」NOTE 70. 筋の粘弾性特質が拘縮や硬結をつくる
「痛み学・NOTE」は、日々の臨床で痛みと向き合っている医師や日本を代表する研究者の著作あるいはホームページを通して学んだり考えたりしたことを、私の「学習ノート」としてまとめ、書き綴るものです。


70. 筋の粘弾性特質が拘縮や硬結をつくる

ひとくちに「筋筋膜痛」といっても、同じ病態として一括りにはできない。
これらの病態を整理しておくことは、特に徒手療法では必須であろう。
これまでも末梢受容器の刺激によって起こる筋痛をたびたび取り上げてきたが、筋痛症状には複雑な病態を含むものもある。

たとえば前回の記事で取り上げた「線維筋痛症」には、厄介な中枢神経系由来の病態生理学があるようだ。が、その詳細はまだ推論の域を出ていない。
確かなことは、痛み症状として似かよっていても、線維筋痛症は筋疾患としての「筋痛」ではないということである。
要するに、同じような損傷から起こった痛みであっても、痛みを処理するプロセスの中で表現を変えることもあるのだ。

臨床の現場では、筋の過緊張の病態によく出くわす。
これをカイロプラクターは、どちらかといえば侵害受容器よりも固有受容器からの視点でみる向きがある。
固有受容器の過活動が筋の過緊張をもたらし、痛みを引き起こすこすことがあるからだ。
こうした筋の不均衡は、その近隣関節の可動性喪失と相関性があることも知られるところである。

一方、皮膚や筋筋膜には特に侵害受容器の自由終末が全体的に広く分布されていて、身体全体のセキュリティ機構のネットワークになっている。
このネットワークが機械的刺激や化学的刺激に曝されると受容器の感度が高くなる。
つまり、そこに痛みの発症する環境ができあがる。

では、固有受容器と侵害受容器のどちらが初発の原因となっているのだろう。
果たして厳密に分けることができるのだろうか。
そこに明らかな損傷の痕跡を認めない限り容易なことではないだろう。

ところが運動に伴う痛みは見分けやすい。
運動によって筋内圧が増すと、血流の供給が損なわれることがある。
運動痛はその結果である。虚血が起こると、有毒性の代謝物質が産生される。
これまでは乳酸が怪しいとされてきたが、今では除外されている。
そうなると、セロトニンやブラジキニンなどの他の代謝物質の影響なのだろうが、その痛みは運動をストップさせることで間もなく回復する。
にもかかわらず持続性の痛みが残るとすれば、筋筋膜への過活動(外力)によって該当組織に損傷が起こった結果であろう。

もとより筋の過緊張は痛みの重要な因子である。
厄介なことに、筋の過緊張に関わる病態は「運動」における神経病理にも関わっている。
だからといって、筋の過緊張を神経学的に全て説明できるわけではない。

なぜなら痛みに関わる筋の過緊張は「運動神経と神経筋終板の活性」によるケース以外に、筋肉の質的な特性である「粘弾性」にも依存するからである。
要するに、EMG(筋電図)で観察できる活性か、あるいはEMG活動から独立した活性によるものか、に分かれるということだ。

生体における筋肉や腱は、例えばゴム素材などとはその特質が違う。
いわゆる「粘弾性」の特質である。
粘弾性とは、粘性特質と弾性特質を併せ持っている性質のことだ。

ゴムは弾性特質なので、時間に関係なく引っ張れば弾性限界まで伸びる。
加えた力を解放すれば、即座に元の形に戻る。
が、それ以上に引っ張れば切れる。

ところが粘弾性の筋には「時間依存」がある。

だから、弱い力でゆっくりと時間をかけると伸ばすことができる。
逆に、強い力で瞬時に引っ張れば損傷しやすい。
だから瞬間的な張力負荷は、筋腱の損傷や拘縮をつくる因子になる。

こうして筋の収縮は、神経終板の活性(EMG活動)以外にも、筋の粘弾性特質によって筋の緊張、硬直、拘縮がつくり出されるのである。

伸張性収縮負荷は筋や腱にとって弊害を生みやすい条件となっているわけだが、それらが常に活性された病態として顕在しているわけでもない。
[PR]
by m_chiro | 2015-01-23 23:57 | 痛み学NOTE | Trackback | Comments(0)
ある治療家の凄さ
先日、ある治療家(失礼ながら以後は○○先生とする)のセミナーに参加することができた。
2日間だったが、とても充実した時間を過ごし、多くの感覚の受容をいただいたのである。
実に、熱意のこもった献身的な指導だった。
感謝の言葉以外ない。

セミナーは、基本的で初歩的な感覚の学びだと強調されていたが、受け手にとっては実に高度な学びだった。
感覚は全く個人的なものなので、同じものとして共有することが難しい。
つまり個性があるので、教える側の苦労にも計り知れないものがあるだろう。

大勢の中にあって感覚を均一化しようと思うと、これでいいのだろうかと疑心暗鬼にもなる。
だから自分自身で納得する以外ない。
ところが今回、○○先生が参加者一人ひとりの状況に合わせて、その違いを実感させてくれたのである。
これは本当に得難い体験だった。

感覚入力は、身体を元に戻そうと介入するために使うのではなさそうだ。
身体が勝手に調整する働きを導くために使うのだろう。
その意味では、感覚は入口に過ぎないのかもしれない。が、この入口が厄介である。
○○先生が「初歩的な感覚」と言われたことも頷けるような気がする。
簡単には扉の入り口に立てなかった。

治療哲学にも「全体論と機械論」という概念がある。
アロパシーは「機械論」で、代替療法は「全体論」で説明されている。
全体論の治療哲学では、身体を分割できない部分の総体とみなし、しかもそこには有機的な関係」があるとみる。

だからといって、身体全体を治療すればいいという話ではない。
それでは単に、「部分の総和」として身体をみていることになるからだ。

そんなことは重々分かっているつもりでも、いざ臨床となると、気になる部分にだけ目が向きやすく、そこに執着するようになる。
だから「部分の有機的な総和」という考え方と、大分ニュアンスが違ってくる。

全体論の治療哲学に立てば、身体のどの部位からであろうと、有機的な全体の調和がもたらされる、はずなのだ。
例えば、下方の足からでも頭部頸部の機能的変化をもたらすことができる。
そんな身体への入力と出力の応答の結果から、「部分の有機的な総和としての身体」という視点を、あらためて感じることになった時間でもあった。

表現を変えれば、このようにも考えられる。
身体において観察できる歪みや症状などは「現象」に他ならない。
それに対して、現象には「それを表現するもの」がある、ということになる。
表現するものと、表現されたものである。
その表現するものを仮に「潜象」と呼ぶと、この「潜象」こそが、実は変化のカギを握っているのだろう。

「潜象」は、なかなか視覚的には捉えがたい。
そして、その「潜象」をつくっている実態も謎なのだろう。
が、私は○○先生の手法と結果を拝見しながら、ある核心的な問題が頭をよぎった。
そこから俯瞰して推論すると、先生が披瀝したいろいろな手法が線や点となり、私の中で結び付いたのである。
とても有難い導きであったが、思い違いかもしれないので、ここではそのことには触れないでおこう。
もしも勘違いであったらトンデモナイことだ。
折を見て書簡にして、推察したことを直接申し上げようかと思う。
「違う!!」とダメ出しされるかもしれないし….、「そんな暇があったら精進しろ!」と、お叱りを受けるかもしれない…。たぶん!。

帰宅してから、まだ感覚が生々しいうちに自分の治療の中にも取り入れてみた。
セミナーで得た感覚と変化を感じながら治療することができたのだが、この感覚の受容は嬉しい限りだった。
家内にも治療を試みた。私にとって、家内は一番の正直な評者でもあるからだ。
家内の体の変化の状態や感想を聞きながら、私の心には躍るものがあった。
それでも、これを継続して活かせることこそが大事だろうと思っている。

○○先生の考え方や手法が、日本の治療家の血脈の中で受け継がれているものであることも知った。
これも誇らしいことであるが、とにかく潜象を自在に操れる治療家の凄さを感じた2日間だった。
[PR]
by m_chiro | 2015-01-21 13:16 | 守屋カイロ・オフィス | Trackback | Comments(0)
自律神経・覚書❸「脳の冬眠」という仮説
(1)脳は冬眠するのだろうか?

今年は真冬日の訪れが早かった。
12月初めから既に真冬日が続いていてから、例年より1カ月も早い。
記事を書こうと取り組んでは中途で放り出して、半端なものがたまってしまった。
集中力の欠如だなぁ~。
朝もベッドから出たくない!
あれもこれも老いの兆候に違いない。
それとも、急に寒くなって、脳も冬眠状態なのだろうか…?

そういえば、「脳の冬眠(ハイバネーション;cerebral hibernation)」に関する論文を読んだことがあった。
この仮説はA.Terrettという人が書いている(「脳機能障害理論」(「カイロプラクティック サブラクセーション」18章、エンタプライズ刊、1997)。

脳の冬眠仮説が書かれた背景には、こんな経緯があったようだ。

カイロの臨床現場で、治療を受けた後に主訴と無関係な症状がよくなった、という患者さんの声が多く寄せられているというのだ。

どんな症状がよくなったのかというと、視力、持続的注意力、学習能力、記憶力、身体の全体的調子の改善に伴うものだった。

それで疲れにくくなったとか、目の前が明るくなったとか、不器用感、抑うつ感や不安感や焦り感なども好転したというのである。

さて、この改善にカイロプラクティック・マニピュレーションの作用がどんな影響を与えているのだろう、ということになった。
そして「脳機能障害理論」が、その根拠として提示されたのである。

根底に、脳の冬眠状態(電気的脳沈黙:electrocerebral silence)がある、というのだ。
それがマニピュレーションによって脳血流が正常に改善するという主張である。

ほんとだろうか?
マニピュレーションによって脳の血流が正常になる、そこからが怪しげである。
一体、脳血流が正常とは、どんな状態をいうのだろう。

その著者の見解とは….、つづく
[PR]
by m_chiro | 2015-01-16 18:09 | 「自律神経」覚書 | Trackback | Comments(0)
[自律神経系」覚書❷
❷交感神経と痛みは、切っても切れない関係

例えば、腰痛がだいぶ良くなったと思っているうちに再発したり、激化したり、反復する患者さんも少なからずいる。
それでも、おおよそ90%の急性腰痛の患者さんは6カ月以内に治癒する、というステートメントがある。
ほんとに急性の腰痛は通常6カ月で90%が回復するのだろうか?

しかしながら、その提言に反論する前向きコホート調査の論文も出されている。
[Prognosis in patients with recent onset low back pain in Australian primary care: inception cohort study:BMJ 2008;337:a171, doi: 10.1136/bmj.a171 (Published 7 July 2008)]
追跡対象973例(平均年齢43.3歳、男性54.8%)の、オーストラリアにおけるコホート調査である。
その調査によると、1年以内でも7割ほどの改善率でしかはない。
c0113928_1194312.jpg


急性痛か慢性痛かの見分けは、患者さんの訴えに見合う障害があるかないか、を確認することなのだろう。
そこに原因となる障害部位があれば、いくら痛みが長期化していてもそれは急性痛として対応しなければならない。
障害部位を回復させることに、まずは専念すべきであるということだが、慢性痛症と診断された患者さんでも少なからず急性痛の部分を持っている。
つまり混在している。
あるいは痛みが自己持続性に存在するとしたら、そこに関わる要因を広く考えるべきなのだろう。

こうした痛みの自己持続性に関わる可能な要因とは何だろう。
第一に思い浮かぶのは「交感神経の活動」である。
痛みは交感神経の活動性を増す。
したがって筋の緊張性も増加する。

交感神経からの入力は、α運動ニューロンの興奮性を高めることになる。
あるいは細動脈の血流を阻害する。
こうして痛みの悪循環が始動することになる。

筋スパズムによる痛みは、筋収縮が持続性に起こった結果である。
後角への興奮性の入力が続いているのだろう。
もしも分節性の抑制が行われなければ、それでも痛みのサイクルは持続するだろう。

あるいは脊髄より上位ニューロンからの抑制が減少していても、やはり興奮性入力は続くことになる。
痛みの自己持続性は、神経のみならず筋組織にも可塑的変化が起こる可能性を示唆するものである。
だから痛みは早急に除去しなければならない、とする理由にもなるだろう。

c0113928_11112016.jpg

痛みの循環経路図では、そのルートのどこからでも痛みを遮断することができる。
もしも痛み症状が残されたままに置かれると、どうなるのだろう。
除去されなかった痛みは、再悪化、再激化する可能性を秘めている。

なぜなら不完全な鎮痛が残れば、交感神経の興奮が抑制されない状態も残るからだ。
それで再びスパズムが起こる火種となる。

中途半端に残された痛みによって、交感神経の興奮が自分自身の中で続くことになるというわけである。
痛みの自己持続性は、交感神経の興奮が続く限りトリガーにもなるということだろう。
[PR]
by m_chiro | 2015-01-13 11:08 | Trackback | Comments(0)
謹賀新年2015
        明けましておめでとうございます。
                     平成27年 元旦

c0113928_9311557.jpg


元日も雪が降り続いて、寒い新年の年明けです。

治療室に正月用のお飾りをしました。
ド凡人の作品ですが、新年を迎えて気持ちを新たにする表現ですから...。

今年もよろしくお付き合いのほど、お願い申し上げます。

[PR]
by m_chiro | 2015-01-01 15:12 | 守屋カイロ・オフィス | Trackback | Comments(0)



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索