<   2014年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
今年は「天の戸」(秋田の酒)でメリークリスマス!
12月21日(日)に東京での勉強会に出むいたのですが、帰宅するはずだった夜に庄内は大雪になり、予定の飛行機が庄内空港上空で除雪作業を1時間も待つ羽目に….。

結局、羽田空港に引き返すことになりましたが、12時近くになって宿探しでした。
ヤレヤレ…..。

仮眠をとったと思ったら、早朝には急いで羽田空港へ。

AM6:50分発の第一便で、どうにか帰ることができました。

帰宅後も寒波は続いていて、もう完璧なホワイト・クリスマスです。

クリスマス&正月用にと、大切にしていた秋田のお酒「天の戸」を頂きました。

c0113928_11472527.jpg


これがまた濃厚で極旨でした。

山形県のお酒もおいしいのですが、秋田のお酒もまた味わい深いものでした。

「天の戸」という名前に命名の由来が気になっていました。
どうも「天の岩戸」のことのようです。

製造元である浅舞酒造の創業者が「天の戸は静かに明けて神路山 杉の青葉に日影さすみゆ」という古歌から命名したとか。

神路山(かみじやま)は三重県伊勢市宇治にある山域で、伊勢神宮から南へ流れる五十鈴川上流域の総称とされています。
それで伊勢神宮との「神酒つながり」から「天の戸」と命名したのではないでしょうか。
何しろ伊勢神宮では清酒の醸造免許を出していたようですから。

それで「天の戸」のラベルに「勾玉」のデザインが使われているのですね。

浅舞酒蔵の近郊には「琵琶寒泉」という伏流水が湧いていて、この水を使って酒造りを行っているのだそうです。
なにか悠久の酒造りのルーツに触れるような思いで、大変おいしく頂きました。

伊勢神宮の内宮には「松」、外宮では「杉」が有名で、松は「待つ」を杉は「過ぎ」を引喩していて、命名の由来となった古歌では「杉の青葉….」とあるから、酒造りの歴史を刻んできた悠久の初心に帰ろうという蔵人の思いがこもっているのでしょう。

とても美味しいお酒でした!!
[PR]
by m_chiro | 2014-12-25 11:54 | 守屋カイロ・オフィス | Trackback | Comments(0)
「痛みを理解しよう-10分でわかる痛みの対処法 (Japanisch)」
「痛みを理解しよう-10分でわかる痛みの対処法 (Japanisch)」



「痛みへの理解:ブレインマンの選んだ快復への道すじ」


Facebookでシェアされていた動画「痛みを理解しよう」を紹介しておきます。

10分で分かりやすく痛みのことをアニメーションにしてまとめてあります。

痛みを恐れているだけでなく、誰でもが痛みのことを知っておくといいですね。

理解して、対処法を知っているだけで、こじれて慢性化することを防げることもあるはずです。

[PR]
by m_chiro | 2014-12-19 14:13 | 痛み考 | Trackback | Comments(0)
砂川直子さんの魅惑の歌声を聴きに…..
13日(土)は、一足早いクリスマスの「CANONディナーコンサート」(12.13)へ。

昨晩から雪が降り続いて、
もう、すっかりホワイトクリスマスの雪景色が広がっています。

今夜は楽しみにしていた砂川直子さんのコンサート
フランス料理とイタリアのワインを堪能しながら、直子さんの歌に酔いしれました。
曲目はすべてクリスマスナンバーから。

c0113928_15331493.jpg


フィナーレの歌は、「アベマリア」の2曲。
それもオリジナルアレンジしたものでした。
そして最後のプレゼント曲は、ビートルズのナンバーから「レットイットビー」。
バロック調にアレンジした歌で、これまた「ブラボー!!」でした。

c0113928_15341350.jpg

拍手と笑顔でコンサートを終え、魅惑の歌声を聴きながら私のクリスマスはとてもいい夜になりました。

そしてまた、ラッキーな出来事が….!
歌に加えて、直子さんからの参加者へのクリスマス・プレゼント。

ですが….、「くじ引き」です。
ただし「ハズレくじ」はなし。

なんと、私が一番くじをゲットしました。

c0113928_1534538.jpg

直子さんと、プレゼントをかけて記念の一枚。
一年のいい締めになりました。

みなさんにも、ちょっと早めの「メリー・クリスマス!」
[PR]
by m_chiro | 2014-12-14 15:39 | 庄内の記 | Trackback | Comments(0)
「自律神経系」覚書❶
❶末梢神経とはいっても…..

師匠の学びに触発されて、私も「自律神経」について再学習をはじめた。
思いつくままに、脈絡のない「覚書」として書いていこうと思う。
新たな気づきが沢山あるし、時には感動することもある。
学びはいつも新鮮だ。

さて自律神経は、もとより解剖学的に末梢神経に分類されている。
末梢神経というのは、中枢神経と区別するために分類された。
分類したのは、あくまでも人の都合である。
人とはどんな人かといえば、おそらく解剖学者だろう。

中枢神経というのは脳であり、そこには概略して大脳、小脳、脳幹、脊髄が含まれる。
これとて人の都合による機能的区分にすぎない。
例えば、呼吸や血液循環など生命維持に直接かかわる機能区分として「脳幹(間脳、中脳、後脳)」と名付けられているわけであるが、元の区分は発生学に依るのだろう。

神経を構成することになる「神経管」は外胚葉が陥没してできあがり、前方に脳が形成され、後方に脊髄ができる。

c0113928_9235891.jpg

(夕闇千鳥のお勉強日記「神経系へのイントロダクション パートIV」)

脳は、その区分の前脳から「大脳」が形成され、後脳から「小脳」が分化されたものだ。
それ以外の神経、つまりは中枢神経系に接続している神経系は全て末梢神経となる。
それは脳神経、脊髄神経、自律神経を総称している。

だからといって、中枢神経系と末梢神経系の間に境界があるわけでもない。
末梢神経は、その軸索を中枢神経系の内部にまで延ばし「核」で接続されている。
あるいは「節」で外部とも繋がっている。
だから中枢神経系と末梢神経系は、そこに解剖学的境界などは存在せず、両者は交わった一体のシステムなんだ。

そのことを知ると、我々の治療が皮膚の組織からの刺激入力であっても、中枢神経系を介して身体システムの調整系に関わっていることを想うべきである。
すると治療のイメージも広がる。
この一体化された神経科学の前提は臨床の現場でも役立つことだろう。
[PR]
by m_chiro | 2014-12-10 09:25 | Trackback | Comments(0)



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索