<   2013年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧
NCA中国に行く。 ②充実した医科大学での解剖実習
②充実した医科大学での解剖実習
②-1. 教授・指導スタッフ


大きな星が海中に落ちたという伝説から「星が浦」と呼ばれた星海公園が、大連医学院から一望できる。大学のキャンパスは、まるでひとつの町を思わせる広大さである。その中に、鉄筋8階建ての校舎が三棟、教務棟、学生会館、図書館、附属病院、教職員宿舎、学生寮、看護婦宿舎棟が何棟も建っている。

c0113928_12315539.jpg
私たちは第三校舎の解剖教室の一室を独占することになった。校舎前の花壇には赤と黄色のカンナが咲き乱れている。陽気は夏。雨の少ない土地で、缶詰状態の10日間が始まった。

c0113928_12325532.jpg
朝食を済ませ、午前7時には解剖実習が始まる。それから午後6時30分まで、一日10時間の実習に取り組むことになる。指導教授は午前と午後の2チーム編成で徹底したものであった。NCAで使用している教科書「解剖実習の手引き」(南山堂)が事前に大学側で検討され、詳細なスケジュールが準備されていた。

午前の部を担当した孫廷魁教授は日本の慈恵医科大学を卒業した70歳の老師だが、学生時代から大学ラグビーの選手だったらしくなかなかの偉丈夫。その上、エネルギッシュであった。

「頭部の解剖に入る前に、脳と脳神経について少し解説しましょう」と言って始めた講義が、何と延々立ちっぱなしでの1時間40分。日本語での名称を確認するために、一度だけテキストに目を向けた後は質疑応答も交えて立て板に水。迫力のあるその内容に、終わった時には誰からともなく拍手が沸き起こった。

午後の主任教授は孫璽玉教授。日本の大学病院で研修を行った経歴を持っている。温厚、誠実な人柄そのままに授業を進めてくれた。この二人の孫教授を軸に、若手の助教授・徐飛先生と馬堅妹先生がサポートする。徐先生は学究の人という感じで、実習生からの質問にも完全な答えを出そうと努力していた。馬堅妹先生は、助教授というよりも解剖教室に咲く一輪の花といった感じ。たちまち私たちのアイドル的存在となった。

特筆すべきことは「解剖技師」の存在である。技師の制度は中国特有の制度なのだろうか、解剖の「切り出す」作業のスペシャリストである。技師の資格は4ランクの免許制度になっているそうだが、すべて独学での資格試験をめざすのだという。私たちの教室で常にその妙技を見せてくれた馬岩技師の存在が鮮烈な印象として残っている。

彼らはただ切り刻むだけの職人ではない。教授の要望に応じて、神経であれ何であれ正確にそれを取り出して見せる。皮膚の上からその部位を想定する。皮下を何ミリ切ると、どの組織が出る。そこから筋肉をどの程度切ると目的の神経の分枝が出るといった感じで、正確、迅速、華麗なデモ解剖には感服の連続であった。せめてカイロプラクターも、体表からその下に潜む組織や神経、血管などを正確に理解する必要があるのだろう。
[PR]
by m_chiro | 2013-12-31 12:33 | 解剖実習 | Trackback | Comments(0)
NCA中国に行く。①中国の医学と学問
この記事は、1993年に日本カイロプラクティック・アカデミー(NCA)の学生を引率して行った第一回。大連医科大学での解剖実習授業を記事にしたものです。1994年に、会誌「JS Club」に掲載されました。


NCA 中国に行く。(1994年に「JS CLUB創刊号」*1に掲載した記事)
―人体解剖実習を大連医科大学で実習―

日本カイロプラクティックアカデミー(NCA)が
中国の医科大学・大連医学院と研究の提携を結んだ。
その提携授業として「人体解剖実習」が90時間のカリキュラムで行われ、
9月14日、22名の実習生が中国に渡った。
NCAの解剖学に関する授業は「基礎医学科目」の中に含まれ、
「人体発生学」「人体組織学」「解剖学1-5」の210時間授業と
「人体解剖実習」90時間に分けられている。
今回の学科履修は、その解剖学として
開講されたものである。

NCA中国に行く。
①中国の医学と学問


c0113928_1230876.jpg


NCAと提携した大連医学院は西洋医学の医科大学で、中国三大医科大学のひとつに数えられる名門大学である。医学専門の五年制で、入学するまでには必要な一般教養を習得する必要があるという。現在、320名の学生が学んでいるそうだ。英語、日本語、ロシア語での授業クラスも開講されており、日本語クラスからはすでに三百名ほどの卒業生が日本の大学病院での研修医として来日していると聞いた。

中国という国は新しい国ではあるが、連綿と数えれば四千年の歴史を誇るだけに興味深い国である。最近読んだロバート・テンプル著「中国の科学と文明」(CHINA -LAND OF DISCOVERY AND INVENTION-)には、あらためて中国の学問に対する畏敬の念を感じさせられた。この7著作は、科学史家ジョゼフ・ニーダム博士が1945年から取り組んでいるライフワークの要約版として出版されたものであるが、原本はケンブリッジ大学出版局から15巻刊行され、約20巻が未刊という学術大作である。
c0113928_12392728.jpg
中世と近代の線引きは科学革命にあるとされる。フランシス・ベーコンは、「紙と印刷技術」「火薬」「磁気羅針盤」の三大発明が近代化をもたらしたと明言した。しかし、その発明の起源がすべて中国人の発明によるものだということは知るよしもなかった。ニーダム博士の研究の発端もそこにあり、大変な年月と情熱を費やして、中国の科学と文明を解き明かしたのが前掲の本である。中国がそれほど進歩していたにもかかわらず、近代科学の誕生がなぜヨーロッパにしか起きなかったのか。その謎にも博士の結論が紹介されているが、ぜひご一読されることをお勧めして、ここではふれないでおく。

中国の医学史上の発見にも驚嘆する。血液循環の発見は。1962年にハーヴェイが公表したというのが通説だが、中国ではそれより約二千年も前に血液循環の原理が確立されていたという。長い間、血液の循環は中国医学全体の基盤になる原理となったようだ。そう言えば、今回の実習でも循環器系にはかなりのウエィトを置いてくれたのが印象に残っている。

今日では一般的認識となった24時間体調周期リズム「生物時計」の概念も、中国ではBC2世紀にすでに医学書に著している。同じ頃、人間の尿から性ホルモンと脳下垂体ホルモンを分離し治療に使っている。ちなみにヨーロッパでは、妊婦の尿にステロイド性ホルモンの含有を発見し、またその他のホルモンを尿から抽出するようになったのは、やっと20世紀初頭のことであった。天然痘の予防接種でもAD10世紀には、人痘接種の秘術が使われている。この画期的方法がヨーロッパに広がり、18世紀にジェンナーの牛痘接種法で完結するが、中国では現代の免疫学を構築していくきっかけ作っている。こうした世界に恩恵をもたらした中国の科学文明の数々を知るにつけ、中国という国の深遠なる学問への認識を新たにさせられる思いがする。

解剖実習期間中に見た数々の人体標本の見事さも絶句ものであった。しかし中国の知恵を知れば、そのスライスの奇麗さ、保存の完璧さ、教材としての価値、どれもこれもうなずけてくる。
[PR]
by m_chiro | 2013-12-30 12:40 | 解剖実習 | Trackback | Comments(0)
一冊の回顧録、中国より届く。
先日、中国・大連市から届いた一冊の本。
思いもかけぬ贈りものだった。
「我的一生」と題する本で、著者は大連医科大学の元教授・孫璽玉先生である。
c0113928_16391236.jpg

孫璽玉教授との交誼は、1993年に大連医科大学で実施した解剖実習授業まで溯る。
以来10年間にわたり、毎年、馬場信年先生と共に解剖実習生を引率した経緯がある。

孫璽玉教授は、その時の主任指導教授のひとりだった。
その孫璽玉先生が、ご自身の回顧録として綴ったのが「我的一生」としてまとめられている。
中国語で書かれている本なので、詳細読み解くことはできないが、多くの写真が掲載されていて、アルバム的に孫先生の人生を垣間見ることができた。
孫先生と日本の医大の先生方との交流の深さを偲ばせる資料もあった。
その中に、われわれ解剖実習授業の記録もあって、懐かしく思い出しながら眺めた。

特に中国語の本文中に日本語の記事があった。
私が解剖実習の感想を、JSCの会誌に寄せたものである。
その記事の一部も掲載されていて、特に懐かしかった。
c0113928_16413080.jpg

あれから、もう20年も経った。ふた昔前の思い出ということになる。
その時の記事の原稿が古いPCに残っていた。
(次回から、その記事をここにも残しておこうと思う。)

ちなみに元の記事は、私が編集した会誌「JS Club」に書いた「NCA中国に行く」の記事である。
c0113928_16491591.jpg


私が所属している業者団体はJSC(日本カイロプラクティック師協会)で、その名称の謂われは「JS Club」にある。私が名づけ、そのまま会誌のタイトルにした。
「JS Club」は「Janse’s Spirit Club:ジェンシーズ・スピリット・クラブ」の略称である。
そしてJanse’s Spiritとは、Dr.ジェンシー精神のことを言う。
c0113928_16471318.jpg


Dr.ジェンシーは「カイロプラクテイックのスペシャリストを目指すのではなく、ジェナラリストをめざせ」と教えた。
決してアジャストメントのスペシャリストが目標ではない。
徒手療法による家庭医的な存在をめざせ!、ということである。
そのジェンシー精神を受け継いだ学びの場が「JS Club」だった。
現在のJSCの前身であった。
[PR]
by m_chiro | 2013-12-21 16:53 | 解剖実習 | Trackback | Comments(2)
機能的問題は複合する② 肩関節の固着に肝機能が関わるか!
機能的問題は複合する②
肩関節の固着に肝機能が関わるか!


先日、治療にみえた50代の男性。右肩関節の動きが悪い。
長年に渡って右肩の動きの悪さと苦しさが気になっている。
屈曲はなんとかいけるが、外転と伸展の動きが動き難い。
外転は90度の領域から制限されるが、完全なロック状態ではない。伸展の動きもひっかかる。

望診すると、右肩関節周囲と肝臓周囲が固着している。
さて、どちらを優先して治療すべきか。
「新マニピュレーションアプローチ」[科学新聞社刊)のバラルD.O.は、その著書の中で肩関節の治療の解説に120頁を費やしている。
それによると、基本的に「肩」は「6つの関節複合体」として捉えなければならない。

1.肩鎖関節、2.肩峰下関節、3.肩甲上腕関節、4.肩甲胸郭関節、5.肩鎖関節、そして第6の関節である烏口鎖骨複合体の「6つの関節複合体」を考慮せよ、ということである。
c0113928_9155445.jpg

当然そこには、それぞれの複合体を構成する骨、関節、筋肉が含まれる。
この患者さん、6つの関節複合体の全ての領域で大なり小なり可動制限があった。
肩の複合性局所疼痛症候群の原因も多様であるが罹患率は長く、退縮性関節包炎、五十肩に発展しやすいとされている。

この患者さんも肩の治療を長年続けていたにもかかわらず、肩の固着がリリースされていないのだ。ということは、このケースでは問題が他にあるのだろう。

「新マニピュレーション」の著者たちは、序文で「右肩関節周囲炎は、しばしば肝臓機能障害の結果である」と述べている。
この患者さんの肝臓周辺の固着した停滞感は、機能が複合していることを物語っているのかもしれない。

念のために健康診断の成績を聞いてみると、γ-GTPが高値のようだ。
「酒を飲むからなぁ~」と自嘲気味に言う。
γ-GTPは胆道菅酵素とも呼ばれている。だから胆汁の鬱滞にも関わる。
そこで最初に胆汁のドレナージを試みた。

するとどうだろう、肝臓周辺が息を吹き返したように柔軟になった。
それでも内部に停滞感のある部位がある。ちょうど肝右葉の門脈・静脈の分枝するところの外側部周囲であろうか。
その内部の停滞感がリリースされるポイントを探ると、空間に取れる。
そこから停滞部に干渉させていると、停滞感がリリースされた。
実感できなければただの怪しい方法だが、空間からの方がとても変化することがある。これを私は「なんちゃってガンマ・ナイフ」と呼んでいるが、感覚の問題なのでその機序はよく分からない。
おそらく組織の持つ周波数との干渉なのであろう。
例えば、波形の山の部分をプラス1、谷の部分をマイナス1とすると、その2つの周波数が同調すればプラス2とマイナス2の振幅に増大する。倍返しだ。
ところが山のプラス1と谷のマイナス1が合体すると波形は0になる。つまり組織のトーンも変調する。そんな関与なのだろうか。

さて、肩関節はどうなったか。
肩の複合体も随分とよく動くようになっている。肩甲上腕関節と第6の烏口鎖骨複合体がちょっと硬い。
c0113928_9193949.jpg

これらは上腕骨・骨内テクニックと肘内側部からのリリースをおこなった。
これで患者さんに上肢の動きを確認してもらう。
「外側から挙がらないんだよなぁ~….、アレッ挙がる。挙がりますね。肩の治療をしたんですか?」。

お酒をセーブするように忠告したが、果たして節酒できるだろうか…..。

機能的な問題は複合する。この視点はとても重要である。
バレルD.O.の「新マニピュレーション」(上肢編)は、複合する機能と手法を学ぶ良書である。
続巻の刊行が待たれる。
これからも「機能的な問題は複合する」をテーマに症例の紹介を試みようと思う。
[PR]
by m_chiro | 2013-12-20 09:20 | 症例 | Trackback | Comments(0)
機能的問題は複合する①
「九州カイロプラクティック同友会」の忘年会(12.7~8)は、例年のごとく「景品くじ」がある。
今年も、私が一番の目玉を当てた。
科学新聞社が出品した新刊本「新マニピュレーションアプローチ[上肢]」[科学新聞社刊)である。

c0113928_18192120.jpg


この本は定価15,000円という高額の本なので、欲しいと思いながらも実際手に取って内容を見てから購入しようと考えていた本なのだ。

著者は2名のオステオパスによる共著で、そのひとりはジャンピエール・バラルD.O.、「TIME」(1997)で代替医療界のトップ100人の一人にとりあげた人である。もうひとりはアラン・クロワビエD.O.で、バラルD.O.の片腕と称される人である。

この共著者が序文に書いていた。オステオパシーの優れているところ、「それは常に痛みの原因を追究」するところだが、症状だけに捉われてはいない。

関節の治療には、関節周囲組織のあらゆる要素に対する治療を考慮するが、それだけでもない。
「内臓とのつながり」も重要で、その上に関節の遊びには「心理―感情―行動」が関わっている、と強調している。

関節周囲組織は関節包、滑液胞、軟骨、関節唇、靭帯、筋肉、脈管系、神経系、筋膜、皮膚と、これらすべてを個々に網羅して感情問題や内臓との関連など、多岐にわたる技法を紹介している。

要するに、身体機能障害に関わる原因は単独というより複合的である、ということだ。
慢性化すれば尚のこと複合した病態として現れる。

有難い教材を手に入れた。じっくり読みたい。
[PR]
by m_chiro | 2013-12-12 18:21 | Books | Trackback | Comments(0)
臨時休診のお知らせ
臨時休診のお知らせ

12月7(土)~8日(日)まで
九州カイロプラクティック同友会に参加いたします。
ご迷惑をおかけしますが、臨時休診とさせていただきます。

9日(月)より、平常通り診療いたします。


「お休みなんよ~!」
by空

c0113928_15473393.jpg

[PR]
by m_chiro | 2013-12-06 15:55 | 守屋カイロ・オフィス | Trackback | Comments(0)
痛みの質…、それで何が分かるのか
「痛みの評価」が第5の必須バイタルサインに挙げられたのは2001年(アメリカ)のこと。ベッドサイドでは、基本的に5項目のチェックを1~2分で行うことが勧められている。

その5項目とは….、
1.増悪因子と寛解因子
2.性質
3.部位
4.強度
5.時間特性


で、これらを要領よく聴き出すようにしなさい、というわけだ。

痛みが増悪する因子、それが楽になる因子はあるか。
この情報は治療する上で重要な鍵になるから、聞き逃せない。

どの部位が痛むのかを知ることも重要だが、それが必ずしも障害(問題)とされる部位とは限らないことが多い。だから、ややこしい。

痛みの強度や時間特性については、各疾患の徴候と照らし合わせて判断する必要があるが、さて痛みの性質とは何だろう。

例えば、急性の痛みを訴える患者さんがみえたら、その痛みが体性痛であるのか、関連痛であるのか、あるいは内臓痛であるのか、この3者を区別しなければならない。

どうやって?

それは患者さんの訴える痛みの性質を聴きだすことで、ある程度の目安がつく。
後は触診である。
急性痛の多くは筋・筋膜に起源がある。
ところで内臓痛と体性痛では、その起源となる筋肉が違う。
内臓の筋肉は不随筋である平滑筋だ。
血管も平滑筋である。

一方、骨格筋は横紋筋である。そして、内臓でも心筋は横紋筋である。
だから平滑筋が過収縮を起こすと、「じんわりと締め付けられるような痛み」が起こるとされている。
それが更に悪化した攣縮状態が起こる。そうなると強度の持続的疼痛になる。
この痛みは疝痛とされ、内臓における平滑筋の攣縮による痛みである。
だから心臓疾患でも「締め付けられるような痛み」は、血管(平滑筋)由来の痛みである。

横紋筋由来の痛みは「重苦しい鈍痛」である。
これも筋の攣縮が起こると筋の痙攣性の痛みになる。

内臓痛であれ、疝痛・体性痛であれ、特徴的に「圧痛」があり、疝痛や体性痛には「筋性防御」がみられることがある。
ところが軽度の内臓痛では筋性防御は起こらない。

筋性防御とは、組織を押さえた時に筋収縮が増強して、それ以上の侵入を防ごうとする反応である。
筋性防御が起こるのは疝痛や体性痛に限られるようだ。
だから、筋性防御反応が起こる痛みであれば体性痛であり、あるいは内臓痛であれば「疝痛」に於いてということになる。

もうひとつ「反跳痛」という身体反応がある。
圧迫して行って、急に手を離したときに起こる痛みのことで、増悪した体性痛にみられる身体反応である。
肋間神経や腰神経を介して腹壁筋の緊張が反射的に亢進するのだ。

こうしてみていくと、平滑筋と横紋筋の神経支配の違いも影響しているのだろうと思えてくる。
平滑筋は、管状あるいは袋状の形態を造る内臓器官の壁を構成していて、支配神経は自律神経である。
横紋筋には神経-筋接合部があるが、平滑筋では違う形態になっている。
それはギャップ結合と言われる信号の伝達機構になっていて、消化管ではこの収縮作用を利用して消化物を運搬しているのだ。

ギャップ結合の形態をウィキペディアより引用しておこう。
c0113928_1632244.png

このギャップ結合を有する平滑筋は単元性平滑筋で、グループ化された組成である。
つまりユニットになっている。
グループ内の信号伝達は同時に行われ、神経支配も交感神経と副交感神経の二重支配を受けている。
一方、瞳孔括約筋のような平滑筋は多元性平滑筋でギャップ結合のようなユニット構成ではなく、神経支配も交感神経あるいは副交感神経のいずれかひとつの支配を受けているとされる。

c0113928_16333060.png

上の図はよく知られる骨格筋の神経-筋接合部のイラストである。
①の神経終末が②の筋組織の膜に接合し、③のアセチルコリン小胞から④のアセチルコリン受容体に伝達され、⑤のミトコンドリアがATPのエネルギ物質を産出するメカニズムが描かれている。

内臓痛か、体性痛か、これを鑑別できたら、優先すべきは内臓痛で専門医への紹介を視野に入れておかねばならない。
内臓痛を除外出来たら、後は体性痛である。
発痛部位がどこから誘発されているか、その見極めが治療家には重要な見立ての能力になるのだろう。
[PR]
by m_chiro | 2013-12-02 16:35 | 痛み考 | Trackback | Comments(0)



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索