<   2013年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧
「ランドセル俳人の五・七・五」、待合室に置いた一冊の本
本屋さんの店頭で、目にとまった本、「ランドセル俳人の五・七・五」

c0113928_1851427.jpg著者は小学生の小林凛(俳号)君。とても小学生の句作とは思えぬ感性で綴られていて、とても感動した。

彼は1㎏足らずの超未熟児で、この世に生を受けた。
「保育器の中でサランラップを巻かれて全身に管を何本もつけた、今にも消え入りそうな小さな命」は、三日間が生死の分かれ目という過酷な時間を生き抜いて、小学生に成長したのだが…..。

楽しいはずだった小学校は、いじめ地獄だった。現在、12歳。

いじめは1年生の時から始まった。
そこで、家族が選択した処世は「不登校」。

不登校の日々に、句作を楽しみにして300句を超えた。
その俳句が朝日俳壇に何度も入選したことから、凛君のことも世に知られるようになる。
そして、凛君の情感豊かな俳句と絵とエッセイを一冊にした「ランドセル俳人の五・七・五」になった。

本の冒頭に「今日も張り切って不登校―そして凛の俳句は生まれた」と題する母親の手記があり、その文章からも凛君が受けた小学校の信じられないような実態も知った。
幼い子どもの尊厳が踏みにじられながらも怯まぬ不登校で、誰に教わったわけでもない俳句詠みに明け暮れた記録である。
凛君の感性や目線を通して、そのどれもが心に響いてくる。

「冬ざれや 小石を溝に 蹴飛ばして」
「今、僕は、俳句があるから、いじめと闘えてる」という一文が、読者には心強かった。

「いじめられ 行きたし行けぬ 春の雨」
この句は本の表紙にも副題のように添えられている。

凛君のお気に入りは、次の一句だそうだ。
「紅葉で 神が染めたる 天地かな」

次の句は、不肖わたくしのお気に入り。
「抜け殻や 声なき蝉の 贈りもの」
昆虫や自然を豊かな感性で詠んだ俳句の数々の中で、蝉の抜け殻に向けた純真な心を感じる句だった。

多くの人に読んでほしい。
素直な心、豊かな感性に触れることができる。
多くの人の目に触れてほしいと思い、待合室に置いた。

[PR]
by m_chiro | 2013-10-31 18:17 | Books | Trackback | Comments(0)
椎間板ヘルニア(病理学的所見)≠ 痛み(生理学的所見)
30代の女性が、9月末に羽黒山に参拝した。
徒歩で出向くには、杉並木を登っていく。
2,446段の石段を踏まなければならない。
無事に登ったものの、翌日には殿筋が痛くて、かばいながら働いた。
それもまだ痛みの消えない1週間後に、今度はソフトボール大会に出場した。
選手が揃わず、辞退できなかったらしい。
試合中に腰も痛くなってきたが、我慢しながら試合終了まで動いた。
翌日には左股関節がギクッとなった。

それから左腰臀部から下肢が痛くなり、足底から趾先まで痺れを伴うようになって整形外科を受診した。
X-RayでL5‐S1間の椎間板ヘルニアと診断された。
「よくならなければ手術という選択もあります」。
手術選択の基準は、「よくなるか否か」らしい。

手術は嫌だ、と治療にみえた。
左腰下肢痛&痺れがあり、母趾が動かない。
SLRは、60度ほどで下肢がつっぱるが制限はない。
左PSISの外側と中臀筋部にTrPが2点ある。MPSである。
ハムストリングや腓腹筋にもテンダー・ポイント(TP)があり、筋膜のすべりも減少している。
股関節は外旋方向に制限されている。股関節の内・外旋の張力勾配が不均衡なのだ。

c0113928_1814563.jpg


鼠蹊部は大腿動静脈が通るので、股関節の内旋筋群の固着は大腿動静脈の血流にも少なからず影響を与えるのだろう。
酸欠によって筋・筋膜の障害が発症しやすくなる。
こうしてMPSは、下肢の筋群を養う大腿動静脈系の側枝を圧迫し、筋群を養う血流にも影響する。
だから、股関節や骨盤筋群の張力勾配をできるだけ均等状態に再構築することで、痛みや痺れ感が大きく変化する。

c0113928_18143849.jpg


筋・筋膜のTrP,TPにアジャストし、筋・筋膜系の連動を再構築すると、痺れ感が足背部から趾先に限定されるようになった。
母趾も6割ほど動かせるようになる。

椎間板ヘルニアは病理学的所見であって、痛みは生理学的所見に求めなければならない。
病理学的所見と生理学的所見は同じではないからだ。
[PR]
by m_chiro | 2013-10-28 18:24 | MPS | Trackback | Comments(0)
頭痛を見分けるために
今年は台風が続発である。26号は伊豆大島や関東の太平洋岸に甚大な災害をもたらした。
気象庁から警告が発せられていたものの、未曽有の土石流で街も人も飲み込まれる大参事になった。追いかけるように大型の27号が後に続いているらしい。

警戒感はあっても、未然に防ぐことは難しいこともある。同様に、重篤な障害を秘めた患者さんが、大事に至らないように病的サインを見逃さないことも念頭から外せない。
それは我々にとっても施術の心得である。

台風も北上するにつれ、崩れて低気圧が起こる。すると頭痛を訴える患者さんが多くなる。
これは天気痛とされる痛みだ。自律神経が関与するので治療の参考になる。

というわけで、頭痛には重篤な疾患が隠れていることがあり、特に注意が必要だ。

まず頭痛の患者さんには、その痛みが外傷性か否かを確認しなければならない。
外傷性であれば相当の対応をすることになるが、非外傷性であれば更に鑑別が必要になる。
要するに、一次性であるか、二次性の頭痛であるかを分けることである。

一次性とは機能性頭痛のことで、原因も近年まで明確ではなかった。
そして基本的に3つに分けられてきた。
1.片頭痛、2.緊張性頭痛、3.群発頭痛である。
それぞれに特徴的な兆候がある。

片頭痛は読んで字のごとく、片側性が6~7割の高率で一側性にでる。
残りの3~4割は両側性とされている。
緊張性頭痛は両側性に発症するので、もしも両側性の片頭痛であれば、緊張性頭痛との鑑別は他の徴候から分けなければならない。

それは、こんな徴候の違いで分けられている。
拍動する痛みは片頭痛で随伴症状(吐き気、嘔吐、光に過敏になる羞明、閃輝暗点などの前駆症状)があるが、緊張性頭痛には随伴症状はなく圧迫されるような締めつけられる痛みとされる。
誘因も異なる。
片頭痛はアルコールや赤ワイン、チョコレートなどの嗜好にかかわるが、緊張性頭痛は心理的ストレスが引き金になる。

ところが、この片頭痛と緊張性頭痛は「症状は異なるが原因は同じ」(1973、Waters)、とする説が認められるようになった。
その原因は「セロトニン」にあるとする説である。
だから、セロトニン受容体に選択的に作用させるトリプタン系の薬は、「夢の鎮痛薬」と呼ばれている。

群発頭痛は、必ず片側性で眼やこめかみ周辺に激痛を伴って発症する。
随伴症状には、同側の結膜充血、涙や鼻水、発汗を伴い、たばこ、アルコールの誘因物質がある。
こうした一次性の機能的頭痛には、徒手療法が効果的に反応することが多い。

さて、問題は二次性頭痛である。
これは器質の病態が関わって起こる頭痛である。
しかも重篤な問題があれば見逃せない。これも3つに分けられる。
1.頭蓋内病変、2.顔面頭蓋(頭蓋外)病変、3.全身性疾患の3つである。

全身性疾患では熱を伴うインフルエンザなどの疾患、アルコールなどの薬物によるものなどで、顔面頭蓋病変としては帯状疱疹や副鼻腔炎、顎関節症(MPSも含めて)、緑内障などがあるが、頭蓋内病変と同様に見逃せない疾患は側頭動脈炎で、失明の恐れがあると言われている。

さて、問題は頭蓋内病変であるが、これを鑑別する能力を我々は持たない。
特に重要視される疾患は、脳血管疾患、脳内感染症、脳腫瘍で命に係わる。
したがって病的サインを見つけたら、一刻の猶予もせずに専門医に紹介しなければならない。
その病的サインとは、意識障害や落下発作、項部硬直、発語障害、脳圧亢進徴候(クッシング徴候:血圧上昇と相対的除脈が起こる)、などが見られることである。こうした徴候は、我々のように診断能力を持たない治療家の臨床でも確認出るケースがあるので、こんな徴候の患者さんは専門医に紹介しなければならない。

それでも重度の片頭痛とクモ膜下出血による頭痛の鑑別は、臨床的にとても難しいとされる。この鑑別に関する新ルールがAMAのジャーナルに掲載された。
CareNetからの情報である。
「救急部門での急性頭痛、クモ膜下出血除外の新ルール」

この記事によると、クモ膜下出血に関する決定基準として(ルール1)、1.40歳以上、2.首の痛みや硬直、3.目撃者のいる意識消失、4.労作時の発症、この4項目を採用すると、クモ膜下出血に関する感度は98.5%、特異度27.5%だそうである。そこにオタワSAH基準である1.雷鳴頭痛(発症後、即座に痛みがピークに達する頭痛)、2.診察時の頸部屈曲制限、の2項目を加えると感度100%、特異度15.3%になるという鑑別診断ルールである。
感度が上昇すれば、腰椎穿刺などを省いて画像にいくことで、診断ステップを早めることにもなるだろう。
やはり、問診や身体所見を取ることは不可欠で重要な作業なのだ、と再確認させられる。
[PR]
by m_chiro | 2013-10-19 10:26 | 痛み考 | Trackback | Comments(0)
ルチア・ポップの「夜の女王のアリア」(魔笛)は最高!!


モーツアルトのオペラ「魔笛」の中で歌われる歌曲「夜の女王のアリア」を何度聞いたことだろう。

You-tubeで多くの歌手の「夜の女王のアリア」を聴けるが、何と言ってもルチア・ポップの歌が最高!

何度聞いても飽きない。

透明感と深みのある素晴らしい歌声だ。

同名の曲のYou-tube動画の中には、タイトルにはルチア・ポップとあるのに、なぜか静止画像でマリア・カラスの美貌が出ている動画もある。

マリア・カラスは、本当に「夜の女王のアリア」を歌ったのだろうか?


詮索してみてもしょうがないが、大好きな「夜の女王のアリア」だけは、ルチア・ポップに限る。

映画「アマデウス」の中に、魔笛の一場面から「夜の女王のアリア」を歌うシーンがある。

これを見ながら聞くと、臨場感が味わえる。



[PR]
by m_chiro | 2013-10-11 00:54 | 雑記 | Trackback | Comments(4)
ダリアに魅せられて!
今年の誕生日に、大きな白いダリアの花をいただいた。
「サプライズ!!」
この花にすっかり魅せられて、ダリアのフアンになった。
自然の所作とはいえ、なんとも巧妙な幾何学的な花があるかと思えば、情熱的な魅力を感じる花でもある。
誕生日に頂いた花の名前を検索したが分からずじまい。
ついには花の名前を求めて「秋田国際ダリア園」に出かけてみた。
c0113928_11245597.jpg

このダリア園は秋田空港の近くにある。
山麓の大自然の中に、ダリアの花が700種70.000本植えられている。
その空間は、周囲の環境と異質な世界を醸し出していて、ヨーロッパの田舎にでも来たような錯覚に…。
丘の上には洋風のレストランがあり、近隣で生産された新鮮な野菜を食材としていて人気なのだそうだ。
ダリア園を取り囲むように孔雀草が咲いていた。

お目当ての白い大輪のダリアは「ヘブンリーピース」らしい。
c0113928_11274273.jpg

花の写真を示して、ダリア園の管理者の女性に聞いたのである。
球根を注文した。
来春に届く予定である。

他にも、「浮気心」と「山開き」という球根も注文した。
和名の名前なので、日本で改良した品種なのだろう。
それに命名がユニークである。花もいい。
c0113928_11292474.jpg

上の写真が「浮気心」で、下の写真は「山開き」である。
c0113928_1128501.jpg


c0113928_11533277.jpg

c0113928_11432294.jpg

c0113928_11452789.jpg


ダリア園で舞茸栽培農家の直売があった。
山で育てた舞茸だそうだ。
立派な株で、周囲に漂う匂いに誘われて買ってきた。
土瓶蒸しに天ぷら、炊き込みご飯、などなど、これも楽しめるぞ~!
c0113928_1137239.jpg

[PR]
by m_chiro | 2013-10-08 11:47 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
治療室の屋根・葺き替え工事
臨時休診のお知らせ:10.5(土)~10.7(月)

治療室の屋根が老朽化し、葺き替え工事をすることになりました。
10.5(土)の午後から10.7(月)まで治療室も臨時で休診いたします。

もしかしたら、10.8(火)にずれ込むかもしれません。
足場はそのままですが、患者さんの出入りは可能です。


ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。


c0113928_9313377.jpg
c0113928_931724.jpg


c0113928_9324074.jpg

秋晴れの暖かい日が続いて、空は涼しげな場所を求めて玄関タイルでねていたのだが、違った雰囲気を感じてか、頭をあげて様子窺って.....、。
空:「えっ、お休みなん? ...どっか出かけるん?」

[PR]
by m_chiro | 2013-10-06 09:40 | 守屋カイロ・オフィス | Trackback | Comments(0)
「認知症」を勉強してみようという気になった
河野和彦医師が考案した認知症の治療マニュアル「コウノメソッド」。
その紹介と効果について書かれた本。

c0113928_852141.jpg


河野医師の著書は、介護者や家族を視野に入れて噛み砕くように説いている。

認知症に取り組んで、劇的に改善したメソッドと記録が、認知症にほとんど無知な私には新鮮なおどろきだった。

DVD付きで、認知症への取り組み次第で幸不幸の分かれ目になることを知ることができる。

「認知症」のことを勉強しておかなくては....、そんな気になった。
[PR]
by m_chiro | 2013-10-04 08:56 | Books | Trackback | Comments(0)



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索
タグ