<   2013年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧
天才の解剖図譜
c0113928_17313591.jpgレオナルド・ダ・ヴィンチ(1452~1519)が、40年間(20代~60代まで)にわたり解剖学の研究をしたことは知られている。

その間に書かれた解剖学の研究成果は、現存するだけで3,800紙葉あるそうだ。

手稿に至っては15,000ページほどになるらしい。

単純計算にしても一日1ページのペースで書いたことになる。
いわゆる「解剖手稿」とされる文献である。

驚くべき集中力と飽くなき探究心が集約されていて、ダ・ヴィンチが解剖学者としても超一流であったことが窺える。

そのダ・ヴィンチの「解剖手稿」を解説した本が出版されたので求めて読んだ。
と言っても「解剖手稿」の選りすぐりであって、全編にわたるものではない。
125頁ほどの「解剖手稿」案内書という感じである。

東京美術館で6月30日まで開催されている「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」に合わせた解説書の意味合いがあるのかもしれない。

それでも天才・ダヴィンチの解剖学に関する並々ならぬ関心と、人体の秘密に迫ろうとした気迫や探究心を十分に感じることができる。
天才の思考や眼力、そして何よりも探究すること、科学する者の態度を学ぶことができる。

c0113928_17342971.jpg

写真にある頭蓋の絵を見ても、実物を正確に観察して描いているダ・ヴィンチの姿や意志が浮かんでくるようだ。
頭蓋を表面的に捉えるだけにとどまらず、内部の精査して隠された空洞や血管の走行する溝、上顎洞や前頭洞までも描き残している。
解説によると、上顎洞の存在がはじめて記載されたのは1651年だそうだ。
ダ・ヴィンチは1519年没であるから、それより一世紀半も早く描き残したことになる。
「私の居場所」を求めて位置座標軸を「視交叉」のところに設定しているのも面白い。

c0113928_1737457.jpg

上肢を8方向から観察して、その機能的な動きにも言及している。
その他、内臓や神経なども正確で微細であるし、手稿の解説も分かりやすい。

特にダ・ヴィンチが眼球やその神経機能に注目していたことも、画家としての宿命的な探究心の渇望があったせいだろうか、と思えてくる。

ルネッサンス期の医学レベルを知る上でも、とても刺激的な解説書であった。
[PR]
by m_chiro | 2013-05-30 17:44 | Books | Trackback | Comments(0)
あるがままに
この時期になると、きまって治療室を彩るクンシラン。
黄色の花である。

もう何年もの間に株を増やして大きくなり、見事な姿になった。
今年は開花前に時ならぬ霰に叩かれて葉が傷み、あちこちちぎれてしまった。
ちょっと痛々しい姿になったが、それでも立派な花をつけた。

その一瞬をただあるがままに咲いているクンシラン。
傷んでちぎれた葉を悔やんで咲いているとは思えない。
格別に寒さが厳しかったこの冬を恨んでいるそぶりもない。
明日の身の上を案じているふうでもない。
やがて枯れてしまうことなど、気にもかけていない。
何とも誇らしげに、今を咲いているようにみえるからだ。

それにひきかえ、人はなんと些細なことを悔やみ続ける生きものだろう。

c0113928_23565886.jpg


今年のクンシランを眺めながら、この詩のことを思い出した。

窓の下に咲いているバラは、昨日までのバラではない。
昔のバラや、もっと奇麗だった頃のバラでもない。
単にそこにあるがままのバラで、今日という日を神と共に過ごしているバラだ。

それらのバラにとっては時間など存在しない。
ただここにバラがあるだけ。
そしてそのバラは一瞬一瞬が完全な存在なのだ。

ところが人は、未来をあてにしたり、思い出したりする。
人は現在に生きることなく、振り向いては過去を嘆き悲しみ、周囲の豊かさには無頓着で、背伸びして未来を予測しようとする。
人間も時間を超えた現在の中で自然とともに生きない限り、幸福にもなれなければ強くもなれない。

                             (「グレース&グリット」より一部改編)
[PR]
by m_chiro | 2013-05-30 00:11 | 守屋カイロ・オフィス | Trackback | Comments(0)
映画「ハンガー・ゲーム」からの教訓
c0113928_1759268.jpg今年レンタルDVDで観た映画で一押しだった映画が、BS放送でも放映され二度観た。

この映画、ただのサバイバル・ゲームを扱った若者向けのB級映画かと思ったら、なんと奥の深い映画で、私の中では星5つ。

サバイバルな生き残りのストーリーはどうでもいい。
その背景の社会的構図がとてもおもしろのだ。

格差問題、似非ヒューマニズム、衆愚政治、専制と洗脳、意図を操る政治機構、恋愛、友情、家族愛、殺人マスゲーム化される娯楽(ハンガー・ゲーム)、無思考と錯覚、風刺と皮肉などなど。

現代社会にも当てはまるような課題がデフォルメされているような映画である。

この映画の原作は、全世界で7000万部以上の売り上げを記録したスーザン・コリンズの同名小説で、3部作の第1作目にあたる。映画も続編が楽しみである。

そして、この映画からの教訓は….。

知らないことは恥ではない。
調べれば済むことだから…。
だけど、考えないことこそは恥で罪なことだ。

[PR]
by m_chiro | 2013-05-27 18:02 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
「注連寺」を訪ねて
森敦が小説「月山」で芥川賞を受賞したのは、氏が62歳の時の昭和49年のこと。
奥さんが庄内の人で、森敦は戦中・戦後の貧困の時代を庄内で過ごしている。
「月山」に代表される森文学は、その時代の経験や思索が基になった。
その後に発表した「われ逝くもののごとく」(1987)は、野間文芸賞を受賞した。
やはり庄内が舞台で、“生死一如”の死生観が背景に綴られている。

さて小説「月山」は、出羽三山のひとつである「湯殿山」の別当寺「注連寺」で過ごした一冬の体験が生んだとされている。

ガイドの女性が、「羽黒山は[現在]を、月山は[過去]を、そして湯殿山は[未来]を現している」と話していた。
庄内地区では、よく鳥海山を「生の山」、月山を「死の山」と対比させて話す言葉を聞いたことがあるが、出羽三山の対比を聞いて、なるほどなぁ~、と思った。
日本に特有の霊魂に対する考えや死生観が、庄内では無自覚に信仰されている風土に形成されているように思えてくるのである。

よく「物」と「精神」を別に考える二元論がある。
同じように「生」と「死」を別に捉えようとする。
しかし出羽三山信仰では、生と死は一如とする死生観が色濃い。
死後は個人の過去の善行悪行に関わらず、浄化されて等しく没個性としての神仏となる。
その浄化のプロセスに「森の山信仰」がある。
死後は全てが「森の山」に帰り、そこで浄化されるという民俗信仰だ。
湯殿山を「未来」と観たてるのも、そこは黄泉の国だからだろう。
そして注連寺は、黄泉の世界(湯殿山)と死の世界(月山)に結界(注連)を張るところでもあるのだろうか。

注連寺は弘法大師・空海の開基である。
注連寺が建つ処に「七五三掛桜(しめかけさくら)」の木がある。
「七五三掛桜(しめかけさくら)」は桜の品種ではない。「しめかけ」地区の桜のことである。
咲き始めは白色の花で、次第に桃色の変化する神秘的な桜で、東北の桜の銘木でもある。
この桜の木の下で、空海は49日間の護摩祈祷を勤修して注連寺を開いたと伝えられている。
訪ねた時期には、もうだいぶ葉桜になっていた。
c0113928_23284228.jpg

境内の裏には、水芭蕉が見頃に咲いていた。
c0113928_23381245.jpg

2009年に、注連寺の天井絵画と即身仏は、ミシュランが発行する日本の旅行ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャパン」に選ばれている。
ミシェランから星をいただいている寺であるが、この注連寺の天井絵画がみごとだった。
顔マンダラ、生命マンダラ、四方を見回す龍、見る角度によって表情が変化する二頭の馬、
合掌する老婆の手など、
c0113928_23303914.jpg

c0113928_2331298.jpg
c0113928_2332693.jpg
c0113928_23324178.jpg
c0113928_23331427.jpg


ミシュランが取材した動画がYouTube「ミシュラン注連寺」で観ることができる。


[PR]
by m_chiro | 2013-05-26 23:41 | 庄内の記 | Trackback | Comments(0)
酒田祭り(5.19~21)賑々しく終わる
19日から、酒田で最大の祭りイベントがはじまりました。
あいにくの曇り空。提灯にはまだ明かりが入っていません。
国の指定史跡「鐙屋」にも紅白の幕が張られ、この日は入 場無料で一般公開でした。
「鐙屋」は酒田を代表する廻船問屋でした。

c0113928_2253362.jpg

中では「生け花展」開催中です。
c0113928_226276.jpg

c0113928_2264887.jpg

「鐙屋」は、江戸時代に北前船の海運航路で栄え、井原西鶴の「日本永代蔵」には挿絵付きで紹介されています。
c0113928_2271478.jpg

そして、これが鐙屋の台所模様。
c0113928_2273810.jpg


20日の本祭りには、デイズニーランドからミッキーマ ウス御一行も登場です。
今年は、格別の人出でした。
酒田の中心街を縦断して、最上川河口の公園まで出店が並びました。
距離にして何キロあるのだろう。
両側に並んだ出店の間を人の波が切れることなく続いています。
どこからこんなに人が出てきたのだろう、と思うほどです。

c0113928_2284645.jpg

後ろを見ても、前を見ても、人の波が途切れることなく往復しています。
c0113928_229204.jpg

夕刻に端から歩き初め、河口の公園に辿り着いた時には、陽が沈んで夕陽がきれいでした。
c0113928_229438.jpg

途中、猿回しの大道芸、懐かしい「お化け屋敷」の小屋を眺めて、昼の行列で活躍した山鉾が休んでいる公園に着きました。
c0113928_22101039.jpg

酒田港を開いた河村瑞賢の銅像が、公園を見下ろして、遠く日本海に想いを馳せています。
最上川の舟運が発達した背景には、河村瑞賢によって西廻り航路が刷新されたことにあります。
酒田から下関経由の日本海西廻り航路を確立しました。
こうして最上川を利用して運ばれた物資は、素早く安全に江戸に運ぶことができたのです。
これが主に酒田の繁栄につながったと評価されて、最上川河口を見おろす銅像が建てられているわけです。


c0113928_22105821.jpg

帰りも人の波が途切れていませんでした。いったい何時まで続くのだろう....。
c0113928_22114795.jpg

[PR]
by m_chiro | 2013-05-22 22:15 | 庄内の記 | Trackback | Comments(2)
「痛み学」NOTE 61. 炎症徴候が慢性的に続く訳?②
「痛み学・NOTE」は、日々の臨床で痛みと向き合っている医師や日本を代表する研究者の著作あるいはホームページを通して学んだり考えたりしたことを、私の「学習ノート」としてまとめ、書き綴るものです。


61. 炎症徴候が慢性的に続く訳?
② 長引く炎症徴候


腫脹をもたらす元凶はプロスタグランジンによる、と生理学で学んだ。
この患者さんは消炎鎮痛薬(NSAID’s)を服用し続けてきた。プロスタグランジンの生成を抑えるための薬物である。
それなのに腫脹はおさまることなく、2年間も続いたことになる。

そもそもケガや火傷など、肉体的危機を回避するための警告として発痛物質(カリウムイオン、セロトニン、アセチルコリンなど)が作動する。
警告は感覚器から脳へ伝えられるわけだが、警報の大小あるいは強弱で言えば大は小を兼ねる。
そのための増幅物質としてプロスタグランジンが重要な働きをしているのだろう。
だからプロスタグランジンは、常に体内で生成され、緊急時には迅速対応に備えている。
「眠らない物質」とも言えるだろうか。

プロスタグランジン生成の素材は細胞膜であるから、材料には事欠かない。
その上、脂質の摂取も日常的である。
だからと言って、痛みや腫脹の炎症徴候をプロスタグランジンに責任を押し付けるわけにはいかない。
なぜなら、プロスタグランジンは反復的な筋や腱の運動でも生成されているからで、そのことが即ち発痛を起こすとは限らないからである。

また、NSAID’sを事前投与していることで、プロスタグランジンの生成を抑えることができるという研究もある。

2年間も続いた患者さんの炎症徴候が、なぜ簡単な手法で止まったのだろう。
その疑問を読み解くと、痛みや炎症の根本的な問題に合点がいく。
さて、この患者さん「思い当たる損傷の経験はない」と言っていたように、2年間も損傷が続いているわけではないのである。
だから続いている腫脹は、プロスタグランジンに主たる責任がないことは明らかである。その証拠にNSAID’sを服用しても効果がなかった。

したがって、問題は緊急性のAδ線維の受容器興奮にあるのではなく、C線維のポリモーダル受容器にあることがわかる。
腫脹は血管透過性の亢進の問題である。
血管透過性とは、高分子のタンパク質や血球のような比較的大きなものが血管外へ出る動きが高まっていることである。
筋肉などへ走行する小動静脈の血管を拡張し、血管透過性を亢進するのは、ポリモーダル受容器から放出される神経ペプチドなのだ。
要するに、ポリモーダル受容器が興奮状態にある。

侵害刺激は、痛覚受容器を直接興奮させると炎症メディエーターをつくる。
それはブラジキニン、プロスタグランジン、セロトニン、ヒスタミンなどのメデイエーターであるが、おもしろいことに直接ポリモーダル受容器を興奮させる物質は、ブラジキニンだけのようだ。
その他の物質は間接的にポリモーダル受容器の興奮に関わるだけで、直接的作用はほとんどない。
そしてブラジキニンは、低濃度でもポリモーダル受容器を興奮させることが知られている。このことは極めて重要なポイントでもある。

さて、この患者さんは重力に対する圧力勾配・エナルギー勾配が不均衡になり、筋・筋膜組織で対応せざるを得ない状況が続いていたのだろう。当然そこには姿勢制御系の不均衡が係わってくるだろう。それが筋・筋膜への機械的刺激となり、ポリモーダル受容器を侵害していたものと考えられる。この刺激が解除されれば、ポリモーダル受容器の興奮も沈静化する。
c0113928_8552747.jpg
重要なのは、プロスタグランジンではなく、ポリモーダル受容器を侵害し続ける刺激なのだろう。

そのことによってポリモーダル受容器は、効果器としての多面的な作用の側面を発揮すべく活動し続けるのである。


熊澤先生の図からも窺えるように、小動静脈に拡張と透過性亢進に働く。
筋・筋膜にはポリモーダル受容器が存在している。
このポリモーダル受容器の機械的受容器が刺激され続けていることは、慢性的に炎症徴候の下地が消えることはないことになる。

直接的にであろうと、間接的にであろうと、筋・筋膜への対応は痛み治療の鍵でもある。
しかしながら、たとえ長期的な経過を辿ろうとも、末梢受容器が介在している病態は侵害受容性疼痛の延長線上にある。
身体の末梢受容器が炎症徴候として生理的に反応しているわけだ。
そこから厄介な慢性痛症に転化されることをくい止めること、そこに治療家としての重要な役割もある。
[PR]
by m_chiro | 2013-05-08 08:59 | 痛み学NOTE | Trackback | Comments(0)
「痛み学」NOTE 60. 炎症徴候が慢性的に続く訳?①
「痛み学・NOTE」は、日々の臨床で痛みと向き合っている医師や日本を代表する研究者の著作あるいはホームページを通して学んだり考えたりしたことを、私の「学習ノート」としてまとめ、書き綴るものです。


60. 炎症徴候が慢性的に続く訳?
① ある慢性炎症徴候の症例


これまでみてきたように身体組織に有害な刺激が加わると、まずは警告信号としての痛みが起こり、損傷組織の除去や修復が促される。
この時期の生理反応が炎症で、4徴候(1.疼痛、2.発赤、3.熱感、4.腫脹)が伴う。
この生理反応の機序に関するキーワードは血管反応に起因するもので、血管が拡張し、血流が増加し、血管透過性が亢進することに集約されている。
そして結果的に運動・機能障害が随伴する。

こうした炎症症候は、受傷から10日ほどでその役割を終えるのが一般的な経過とされている。にもかかわらず、慢性的に炎症が続くケースが少なからずある。
とても厄介な病態が作られるわけであるが、そこに介在する機序はやや趣が変わっているようだ。

c0113928_12452841.jpgそこで、最近施療した患者さんの症例から、その慢性炎症の機序を考えてみることにしたい。
ここに紹介する患者さんは中年の婦人である。
かれこれ2年近くも、左足首の炎症徴候に悩まされて来た。
右足首が大きく腫れあがり、距骨も内側に転位していて(外返し)、特に内果周辺の腫脹が顕著である。
発赤と熱感を伴い、ジャンプ徴候の痛みがある。その結果、正常歩行ができず跛行している。運動・機能障害が随伴している慢性的な炎症徴候の患者さんである。

ついに彼女は職を辞す破目になるのだが、職場から解放されても下腿筋群に有痛性痙攣(こむら返り)が頻繁に起き、夜間痛もあり、睡眠も妨げられていた。
結局、退職して足首への過重負荷を軽減させる狙いは、何の解決にもならなかったわけである。

彼女は決して治療を怠ってきたわけではない。
むしろ積極的にいろんな治療を試したあげく、大学病院の整形外科を受診している。
診断は「偏平足」だった。特注の足底板を作ってもらい対応したが、それでも一向に腫れも痛みも終息しなかった。

この症例で、私が注目したことは「有痛性痙攣」が頻発していることだった。
そこで、その筋・筋膜に対応した。
加えて、姿勢制御系におけるリ・プログラミングを行った上で、貯留した足首の腫脹には伸縮性テーピングを用いて補助的にパンピングを促した。

手短に言えばそれだけであったが、その結果は劇的なものだった。
治療1週間後の再診時には腫脹が3分の1に縮小し、歩行や随伴症状も良好になったのである。
この長く続いた炎症徴候の終息に、いったい何がどのように作用したのだろう。
慢性の炎症徴候を考える素材としてみたい。
[PR]
by m_chiro | 2013-05-07 12:45 | 痛み学NOTE | Trackback | Comments(0)
ゴールデンウイークの花盛り
ゴールデンウイークも寒い日が続き、晴れ間が出たのはちょっとだけでした。
田植えの準備も着々と進み、田園には水が張られはじめています。
この天候不順の中でも、植物は春を告げる花盛りになってきました。
やはり植物は地下に生命があるんだなぁ~と、つくづく感じます。
GW前には、まだ蕾みだった鳥海山麓の梨畑もボツボツと咲き始めています。

c0113928_1282682.jpg

c0113928_1285232.jpg

GW5日の「菜の花祭り」のイベントに向けて、庄内三川町の菜の花畑は、今が満開に咲いていました。
c0113928_1291895.jpg


「庄内いこいの村」には、10万株が植えられているチューリップ園がある。
チューリップを見に来た子供連れの家族で賑わっていました。
その一部を写真で紹介しておきます。

c0113928_1295280.jpg

c0113928_12101622.jpg

c0113928_12104289.jpg

c0113928_12111135.jpg

c0113928_12114834.jpg

c0113928_1212997.jpg
c0113928_12122581.jpg
c0113928_12125262.jpg

[PR]
by m_chiro | 2013-05-07 12:14 | 庄内の記 | Trackback | Comments(0)



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索
タグ