<   2012年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
鎮痛が起こったからと言って、そこが痛みの根源とは限らない
カイロプラクターが、痛みの患者さんにマニピュレーションを行うと、少なからず鎮痛が起こります。
困ったことに、これが錯覚や誤解のもとになります。
と言うより、「サブラクセーションが痛みの原因である」とする信仰を、より強固にしてしまいます。
こうした誤解は医療の現場でもあるようです。

「はつらつ元気4月号より」http://junk2004.exblog.jp/tb/13049330

「・・・・・神経根ブロックという注射ですが、火事場に水をまけば火が消えるわけですから当然でしょう?・・・・つまり、その部位が犯人と断定できたから手術を施行したのです。」
有名な脊椎外科医の見解のようです。

脊椎マニピュレーションを行うと、椎間関節の滑液胞内にある滑液の一部が気化します。
気泡がはじけると、ボキッと音を発することがよくあります。
滑液の一部が気化することで、関節包内の容量が増大し、受容器が興奮します。
すると、さまざまな反射作用が伴うことになります。

ゲート・コントロールの機序が作動することもそのひとつですが、これはマニピュレーションによって起こる特異的な応答ではありません。

また、運動ニューロンによる遠心性の過剰なインパルスも抑制されますから、周辺の筋組織のスパズムや過緊張を緩和してくれるでしょう。
関節周囲組織の短縮や癒着があれば、リリースされることもあるでしょう。

自律神経系を介した反射作用は、患部の血流を増大させるともいわれています。
かと言って、必ずしもこの反応がマニピュレションによる特異的な反応ではありません。

要するに、カイロプラクティックのアジャストメントは、こうした反射作用を通して筋を弛緩させ、痛みを減少させている刺激の応答だということになります。
椎骨のズレが痛みの原因ではないことの理由です。

神経根ブロックが功を奏したからと言って、そこが痛みの根源とは限らないということも同じ理屈になるでしょう。

「脊柱管狭窄症という診断から患者さんを守ろう」http://junk2004.exblog.jp/tb/18906864
「神経根は痛みの通り道だったということです。そこが原因だったということではありません。結局痛みのメカニズムを誤解しているのでしょう。」
[PR]
by m_chiro | 2012-08-31 13:03 | 痛み考 | Trackback(1) | Comments(4)
空(くう)、10歳の誕生日祝い
8月28日は、空の誕生日。
捨て犬の空は、出生が分からない。
だから、初潮から逆算して、私が勝手に誕生日にしただけの話である。
空自身も、そんなことはどうでもいいに違いない。
でも、その日は待ち遠しいものがある。
空を一時預かりで里親探しをしてくれたお姉さん(「うちの子日記」http://mikitrm.exblog.jp/)からお祝いのクッキーが届くのだ。

ホントに待っているかどうかも怪しい。
でも、届いたクッキーを眼の前にすると、なぜかウキウキ気分の表情をする。
桐子は匂いを嗅いで早く食べたい素振りだけだが、空の表情はヘラヘラ顔だ。
だから、きっと嬉しいのだろう、そう思っている。
c0113928_8181316.jpg

「これ、みんな空のなんよ~。おねえちゃん、たくさんありがとう!」


決まって、宅配さんが「もりや そら さん、小包です!」と声をかける。
宅配さんには、「くう」ではなく「そら」さんだ。
「息子さんですか?」と聞き返す宅配さんもいた。
そう言えば、子供の名前も多様になった。
だから、「そらさん」も不自然な名前ではない。

その宅配さんを、わんこ達がワンワン吠えて迎える。
いつになく威勢よく吠えるのは、クッキーが届いたからではない。
宅配のお兄さんが、この暑いのにやけに元気な声だからだ。
[PR]
by m_chiro | 2012-08-30 08:20 | わん・にゃん物語 | Trackback | Comments(2)
暑気払いに、だだちゃ豆を食べながら...
残暑お見舞い申し上げます。

お盆が過ぎて、ますます暑さが厳しくなりました。
かつて、こんな残暑の厳しい年があっただろうか、と思うほどです。
夜になっても熱帯夜が続き、寝苦しい毎日です。
この頃、思考も停止状態で、何をする気も起きません。
この暑さも全国的のようですから、東北は少しマシなのかもしれませんが、寒さに馴染んだ身体には堪えますね。
c0113928_15561853.jpg

唯一の楽しみは、銭湯(天然温泉)に出かけてサウナと水風呂につかり、身体をさました後に「だだちゃ豆」をつまみながらビールを飲むことでしょうか。
やっと生き返った気分で、後は寝るだけのこの頃です。

「だだちゃ豆」は今が最盛期、庄内の白山地区にとれるブランドの枝豆です。
噛むほどに風味が増し、他の枝豆とは一味ふた味違います。
「だだちゃ豆」は一つのサヤに豆がふたつぶ入っていて、サヤにはうぶ毛が生えているのですぐに判別できます。

江戸時代にお殿様の献上品として育てられ、殿様もこの「白山だだちゃ豆」をことのほか絶賛したと伝えられている庄内自慢の一品なんです。
とにかく美味しい!
塩は、山形県と新潟県の県境の日本海の海水から作った「金色」です。
この塩が、また、うまい!
この塩は、廃材を燃料にして作っているというこだわりの工房で作られていて、甘みのあるホントにおいしい塩なんです。
だだちゃ豆にふりかけて、なんと贅沢な......。
[PR]
by m_chiro | 2012-08-26 15:57 | 庄内の記 | Trackback | Comments(0)
待合室に「奥の細道」を飾る
8月4日、馬場先生、荒木先生と3人で大宰府にある九州国立博物館の「美のワンダーランド・十五人の京絵師」の作品を鑑賞したのは8月4日のことである。

その博物館展示作品の中に、蕪村の書写による「奥の細道」があった。
俳画を入れてとても印象に残る作品だった。

その作品の冒頭部分が手ぬぐいに印刷されていて、博物館のお土産店で販売されていたのだが、「記念に…」と馬場先生がお土産に持たせてくれた。

「月日(つきひ)は百代の過客(くわかく)にして、行きかふ年(とし)もまた旅人なり」
「月日は永遠の旅人のようなものであり、来ては過ぎて行く年もまた旅人なのだ」で始まる「奥の細道」。
味わい深い言葉である。

帰宅後に、額に入れてもらおうと表装に出していたのが出来上がってきた。
待合室に飾った。
う~ん、いいなぁ~!
c0113928_795390.jpg

[PR]
by m_chiro | 2012-08-20 07:11 | 守屋カイロ・オフィス | Trackback | Comments(2)
拍手の効能
熱戦が続いたロンドン・オリッピックも閉幕した。
今大会のTV観戦には、私もいつになく熱が入った。
獲得したメダル数も過去最高だったようだ。特に、女子選手の逞しさや活躍には驚きだった。
TVに向かって拍手したり、「ヨッシャ!」を連発している自分がいて、応援する側も何かが違っていたように思う。

14日付けの読売新聞「編集手帳」のコラムで、「震災を経験したあとだからかもしれない。いつもと同じで、いつもとは違う五輪が終わった」と著者が結んでいた。
その中で、俳優・高倉健さんの著書「南極のペンギン」の一節を紹介していた。

高倉健さんが沖縄でみた「ナワナエ競争」を見たときのことを、「沖縄の運動会」というタイトルのエッセイにした一文である。
ナワナエ競争というのは、お年寄りが運動場で、藁をよじり、縄を編む競争らしい。
決まった時間内で、誰が一番長く編むことが出来るかを競うのだ。
健さんが、そのときのことを次のように綴っていると、編集手帳の著者が紹介していた。

ぼくの仕事は俳優だから、よくひとから拍手される。でも、拍手されるより、拍手するほうが、ずっと心が豊かになる。

そうかもしれない。
確かに、TVに向かってオリンピック選手に拍手しながら、とても幸せ感があった。
選手たちがいい成績を残したからかもしれないし、健さんの言うように他人を讃えることは「豊かな心」を育てるのかもしれない。

続いて、甲子園大会の高校野球が行われている。
選手宣誓に立ったのは、山形県代表の酒田南高校の下妻選手だった。
この宣誓でも震災のことが触れられ、静かな口調に中に東北を、日本を励ます言葉が印象的だった。

何かと危うさが目に付くこの頃に、頑張る日本を鼓舞する思いが、スポーツ観戦の応援に重ね合わさっているのだろうか。
[PR]
by m_chiro | 2012-08-15 08:10 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
継続こそ力
九州カイロプラクティック同友会の夏期合宿で症例検討会(CCR)が開催された。お招きを受け8月4~5日と開催地の福岡・太宰府の会場に出向いた。

ここ数年続けて足を運んでいる。九州同友会のCCRが開催されて、かれこれ20年は過ぎたろう。
スタートは症例の報告会であった。
担当のメンバーが順番に発表を受け持ち、自身の症例から1題を俎上に挙げて報告する。
言ってみれば学会のミニタイプのスタイルである。
そして聴衆した会員は、その報告に対して質問をする。そんなやりとりが月例会で行って来たのである。地味な活動であるが、20年も続けばメンバーにとっては大きな財産でもある。

その成果もあって、同友会のメンバーは例年必ずカイロ学会での発表者を出している。
敬服に値する活動である。ところが発表者にとっては、聴衆する側からの質疑が「突っ込み」に感じられるようになり、数年前から重苦しい雰囲気が出始めたようだ。成長段階で起こる痛みのようなものだ。

そんな打開策を模索していた頃に招かれて、CCRの活動を実際に見学させてもらった。
そして、参加者が全員議論に参加する「症例検討会」の本来のあり方を行うべきではないかと具申したのである。

その実際の進め方を提示したり、改善策を講じたり、ここ数年は実際に行いながら試行錯誤を続け、ようやく一つのスタイルに辿り着いた。

今年の夏期合宿CCRは、そのお披露目のようなものである。
3題の症例がそれぞれ発表されたが、とてもいい方向に議論が進んで嬉しくなった。
問題を指摘すれば、発表者にも参加者にも一言も二言もあるが、ここが新たな出発なので先ずはその門出を讃えたいと思う。

昨日、関係幹事からもメールをいただいた。

「同友会の会員一人一人の意識が高まり、きっとレベルアップできると感じました。会員それぞれが切磋琢磨し頑張ってゆきます」。

嬉しい言葉だった。
継続は力である。こんな地味な活動を、弛むことなく20年も続けている同友会メンバーの意識の高さをあらためて感じている。

作家であり、医師でもあったサミュエル・スマイルズの言葉を、ロンドン・オリンピックを観戦しながら、あらためて思い起こした言葉がある。
同友会の皆さんと共に噛みしめたい、と思う。

我々は、失敗することによって、
どうやればうまく出来るかを発見する。
間違いを犯さない者は、
このことを発見することが出来ない。

外部からの援助は人間を弱くする。
自分で自分を助けようとする精神こそ、
その人間をいつまでも励まし元気づける。

(サミュエル・スマイルズ
[PR]
by m_chiro | 2012-08-10 08:40 | カイロプラクティック | Trackback | Comments(0)



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索