<   2011年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧
痛みは脳の中にある ③共有できない痛みの波紋
痛みは脳の中にある
③ 共有できない痛みの波紋


同じ痛みを共有することは誰にもできない。
このことは患者サイドと医療サイドの双方に深刻な問題を投げかけることになった。

患者サイドに発生した問題は、「痛みを分かってもらえない」ということにはじまる。
そのことが「適切な治療を行ってもらえなかった」、という医療への不信感となって現れる。
そして、ついには医師の個人的能力を疑いだす。
「きっと、どこかに私の痛みを分かってくれるお医者さんがいるに違いない」。
痛みに苦しむ患者さんは、いつも希望を捨てることはない。

フリーダ・カロの「希望の樹」という絵は、そんな患者心理をよく表現している。
心の願いと医療の現実を、2元論的手法を駆使して描いている。
そうした患者の願いがドクター・ショッピングに駆り立てる。
それが社会的問題にまで波及することとなった。

20世紀末にアメリカでは、痛みによる社会的損失の実態を調査している。
それも数回にわたる大規模な調査である。

1978年の調査では、アメリカ国民の3分の1が慢性痛を抱えていることが判明した。
そのために就業不可となった延べ日数は約7億日にのぼり、労働損失も膨大な額になる。もちろん直接医療費あるいは間接医療費の支出も膨大である。なんと当時のレートで約12兆円が計上されている。

1982年には、米国国立保健研究所(NIH)が調査した。その結果、アメリカ国民の6,500万人が慢性痛を患っていると推計されている。日本では製薬会社のムンディファーマー社が調査した結果、2,315万人の慢性痛患者がいるとした。慢性痛保有率は22.5%で、日本人4.4人に1人の割合ということになる。人口比にすれば、アメリカと遜色ない比率になるのだろうか。問題なのは、治療に対する患者さんの満足度である。痛みが緩和されているのかと言えば、70.7%が緩和されていないという調査結果が示されている。

1988~1999年には、アメリカ疼痛学会(APS)、アメリカ痛み医療協会(AAPM)、Janssen parm(製薬会社)の3者による合同調査が行われている。それによると、アメリカ国民の45%が一生に一度は強い痛みでケアや治療が必要とされ、国民の17%が関節炎の痛みを抱え、15%が頻繁な背部痛を経験している。背部痛にいたっては、年間2,500万人が治療を受けている。

アメリカ国立労働安全衛生研究所の推計では、労働生産性の損失は年間1,000億ドル(約11兆円)と推計されている。

これらの調査結果によって、痛み問題が3重苦状態にあることが明らかになった。3重苦の1つは、治療薬や治療法の開発も含めて研究の遅れである。2つめは、医学教育の中で、痛みの教育が欠落していることである。3つめは、痛み治療が不適切であること。

この現状を受けて、アマリカ政府の対策は「痛み10年宣言」の採択であった。
[PR]
by m_chiro | 2011-11-28 15:51 | 痛み考 | Trackback | Comments(0)
電気刺激鎮痛法の仕組みを考えてみた
メルザックとウォールによる ゲート・コントロール理論が発表されたのは、1965年の「サイエンス」誌上である。

この理論の核心的な部分は、脊髄後角における抑制細胞(SG cell)の存在であった。
ところが、その抑制細胞が存在しないことが分かり、ゲート・コントロール理論は破綻したとされている。

それでも、この理論が主張した現象は認められるところで、応用的な鎮痛法が現実に行われている。経皮的神経電気刺激療法(TENS)も、そのひとつだ。
100HZ前後の電気刺激で、この方法は皮膚からAβの触神経を刺激することで鎮痛を促すことを狙っている。

電気刺激療法は他にもある。
読売新聞の「医療ルネッサンス No.5204」は、体内に電気刺激装置を埋め込んで、そこからリード線を脊髄に入れて鎮痛を促す「脊髄電気刺激療法(SCS)」が紹介されていた。

c0113928_220365.jpg

これも太い神経線維であるAβを刺激して鎮痛を促すゲート・コントロール理論の応用であろう。

また、大脳皮質や脳に電極を埋め込んで鎮痛を促す方法も試みられている。そのひとつである「脳深部刺激法(DBS)」は、下行性疼痛抑制系のスイッチとなる起始核(中脳灰白室)に電極が埋め込まれる。

また視床痛に用いられ、50%の有効率とされる「大脳皮質運動野刺激法(MCS)」は、視床より上位の運動野に埋め込まれた電極からの刺激で徐痛する方法である。
体内に電極を埋め込む手法は、いずれも侵襲的かつ不可逆的である。安易に行うべきものではないだろう。

カイロプラクティックの治療原理として近年台頭してきた理論は、「ディスアファレンテーション;求心性入力の不均衡」である。

煎じ詰めて言えば、痛み信号(AδおよびC線維)の求心性入力が増大すると、AβおよびⅠa線維からの求心性入力が低下する。この求心性入力の失調の同時性が起こることを問題視している。
そこで痛覚刺激を抑えてAβおよびⅠaを入力することで、C線維の興奮を抑制するという概念である。カイロプラクティックにおける痛覚系コントロールの機序を解説している。

他にも、下行性疼痛抑制系に働きかけるとされる手法がある。これらの手法は、鍼灸はじめ中脳灰白室を賦活させる手技として、徒手療法の狙いとするところでもあろうか。

ゲート・コントロール理論の提唱者の一人であるP.ウォールは、「痛み学」(名古屋大学出版会)の序文に「理学療法や作業療法は眠れる巨人である」と書いている。
痛みの治療に理学・作業療法の果たす役割が大きいのに、未だその能力が活用されていない、という叱咤激励の言葉として受け止めた。

故・熊澤孝朗教授は、生前「巨人よ目覚めよ!」とのメッセージを残し、徒手療法に対して同様の激励を送ってくれた。

ここは、しっかりと痛みのメカニズムを学ばなければならない。そう自分に言い聞かせている。
[PR]
by m_chiro | 2011-11-24 17:59 | 痛み考 | Trackback | Comments(2)
今さら!?...「ためしてガッテン」(NHK)
先日のNHK「ためしてガッテン」の放送内容は、今更ながらの内容だった。

要するに、散々言われてきた腰痛の犯人が、実は椎間板ヘルニアではなかった、ということ。
85%が非特異的腰痛で原因が特定できないものであること。
そして、「その犯人はストレスだった」、ということに尽きる。
c0113928_1662336.gif

その番組の再放送(「驚異の回復!腰の痛み」)が、11月23日(水)午前0時15分~1時00分にあるそうだ。

「椎間板ヘルニア、そんなの関係ない」は、整形外科医として加茂先生がもう10年も前からブログを通じて発信し続けてきたことである。
「NHKさんよ、「腰痛の85%は原因不明」はもうそろそろやめにしませんか」の加茂先生の言い分もよく分かる。

学術誌にも椎間板ヘルニア責任論は度々反証されてもいる。
そうなると椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などによる原因説の10%も怪しいわけで、実質95%が原因不明ということになるだろう。
でも、番組の中ではこう言っていた。
「5%の中に本当の椎間板ヘルニアがあるのです」。

本当のヘルニア? 
偽物のヘルニアってあるわけ?

痛みを出すのが本当のヘルニアと言うなら、その痛みを出しているという根拠は何?
おかしな物言いいが続いていた。
今まで椎間板ヘルニアを散々叩いておいて、今度は手のひらを返したように否定している。
なぜ否定するのか、きちんと説明して欲しいものだ。

気になるのは、今度はそれをストレスのせいだと断じていることである。
確かにストレスは重要な要因であろうが、大切なことはストレスによって身体にどういう生理学的現象が起こるのかを解説することではないだろうか。
そうでないと、犬を飼えば腰痛が治る、と思われかねない。

身体の生理学的機能性がなおざりにされ、心理的要因だけがクローズアップされる現象は、腰痛ヘルニア説の対局にある言い回しに過ぎなくなる。
そのことを心配しないではいられない。
[PR]
by m_chiro | 2011-11-19 16:08 | 痛み考 | Trackback(1) | Comments(2)
痛みを恐れずに体を動かすことの意義
今朝(11月17日)の読売新聞の「医療ルネッサンス」に、痛みの対する住谷昌彦先生のアドバイスが述べられていた。
c0113928_16261541.jpg

住谷先生は昨年の日本カイロプラクティック徒手医学会でご講演をいただいている。
住谷昌彦先生の「CRPSに対する神経リハビリテーションとそのメカニズム」(2010年・カイロ学会より)
とても示唆に富んだ素晴らしい講演であった。

近年の痛み学における新しい台頭のひとつは、「脳イメージング」という新しい技法が試みられていることである。ミラー・セラピーもそうだし、住谷先生のように眼球運動を利用して感覚と運動のマッチングさせることを狙った手法もそうだ。

その住谷先生は、東大病院麻酔科・痛みセンターの助教でもある。住谷先生は、慢性痛の患者さんに対して体を動かすことを勧めているそうだ。「体を動かさないことで、脳機能に障害が及んだ」ことを考慮してのことである。体を動かすことは、痛みを緩解させる上で、重要な役割を担っているのである。

この12~13日に開催された第14回・日本カイロプラクティックセミナー」で講師を依頼され、「カイロプラクターのための痛み学」と題して話をさせていただいたが、その時にも同様の話題に触れた。

痛み系は、下行する抑制系によって制御されている。
これは痛みが警告系としての本来の役割を果たす以上のものではない、ということでもある。ホメオスタシスの原則から言ってもうなずける役割である。

ところが、この抑制系が機能しなくなると厄介な問題になる。
慢性痛には、この抑制機能の失調があることが取り沙汰されている。
痛みを恐れて安静を強いていることは、決して良薬にはならないということである。
痛みを恐れずに、体を動かすことで痛みの抑制回路が作動するようになるということである。
[PR]
by m_chiro | 2011-11-17 17:08 | 痛み考 | Trackback | Comments(2)
砂川直子さんの魅力バクハツ! いいねぇ~、いいね(^^♪
c0113928_23355769.jpg

12~13日のセミナーに出かける前夜、待ちに待った砂川直子さんのコンサートに行ってきました。

小雨まじりの夜でしたが、心はウキウキです。
市民会館「希望ホール」には多くの市民が列をなし、入り口には寄せられた花々が色を添えていました。

第1部は8曲の構成で、唱歌などよく知られた歌が...。
第2部では、なんとビートルズのナンバーも。

それぞれの歌声に心を奪われて酔いしれましたが、何といっても圧巻はオペラの楽曲でしょう。
赤いドレスで歌った「ある晴れた日に」は、直子さんの魅力が大爆発でした。

直子さんには、やはりオペラの楽曲が似合う!
赤いドレスも素敵で、いいねぇ~(^^♪

もうこうなったら直子さんのオペラをみたい!!

今回のコンサートで直子さんが歌った
第1部
1.懐かしい木陰(ヘンデル)
2.いとしい女よ(ジョルダーニ)
3.赤とんぼ(山田耕筰)
4.この道(山田耕作)
5.おくりびと(久石 譲)
6.夜明けの歌(いずみたく)
7.スタンド・アローン(久石 ゆずる)
8.タイム・トゥ・セイ・グッバイ(サルトリ)
第2部
1.私が街を歩くときに(プッチーニ)
2.アヴェ マリア(コーロプリモ)
3.レット・イット・ビー(ポール・マッカートニー)
4.月に寄せる歌(ドヴォルザーク)
5.ある晴れた日に(プッチーニ)

アンコール2曲に続いて、最後には会場がひとつになって「ふるさと」を合唱してフィナーレでした。
[PR]
by m_chiro | 2011-11-11 23:34 | 庄内の記 | Trackback | Comments(6)
バタバタの日々
11月3~5日までの科学新聞社主催・ケリー・ダンブロジオのセミナーで勉強してきました。
「内蔵マニピュレーション」?
う~ん、胡散臭くない?

この手のセミナーへの参加は、正直、参加意欲が湧きませんでした。
でも、受講していたDr.ケリーの「筋膜・頭蓋膜リリースⅠ~Ⅳ」シリーズの最終レベルのセミナーです。出ないわけには生きません。

私は膜系リリースを行いながらも、本格的なオステオパスのセミナーを受講したことがありませんでした。それで、ここ数年間、Dr.ケリーのセミナーに学んできたわけです。

Dr.ケリーは、冒頭から、「私の内蔵マニピュレーションは、直接的に内臓治療を行うものではない」と断言していました。内臓の支持組織である内臓膜や支持膜、支持靭帯の緊張をリリースすることで、内臓にかかる負荷を解放する手法です。緊張した内臓膜がリリースされることで、周辺に停滞した体液循環系を賦活させる手法とでも言えるでしょうか。
それなら納得です。

今週はまた、所属するカイロ団体からの依頼で「カイロプラクターのための痛み学」について話をすることになっています。スライド作りがやっと終わりました。100枚のスライドになりました。ちょっと多すぎたかな。。。
セミナーの直前にやっと間に合わせるのですから、怠慢もいいところです。
しかもスライド量が多すぎてバタバタしそうです。

CPは度々フリーズして泣かされているし、明日は砂川直子さんのリサイタル。
楽しみなのはリサイタルだけ。
直子さんに元気をもらって、セミナー講演を頑張ることにします。
それにしても、当日は5時起きして飛行機に乗り、午後一番に講演がスタートです。
ちょうど眠くなりそうな時間だなぁ~...どうなることやら。

c0113928_10551640.jpg

[PR]
by m_chiro | 2011-11-10 10:56 | 守屋カイロ・オフィス | Trackback | Comments(2)



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索
タグ