<   2010年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧
今年ハマったエンターテイメント
今年ハマったエンターテイメントは,
1に「鬼平」、2に「鬼平」、3に「ミレニアム」だった。

鬼平とは、言わずと知れた池波正太郎の「鬼平犯科帳」。
文庫本で読み続けた。文庫本の表紙は日本画の装丁で、これがまた各巻とも味わい深い。
長谷川平蔵の魅力はもとより、登場する人物がそれぞれ魅力的である。
盗人の人物像といい、いつも鬼平の手足となって働く密偵たち、同心たち、それぞれがとても味わい深く書かれている。

大川(今の隅田川)を巡るエリアが舞台で、大川の北側一帯には怪しいものたちが蠢いていたのだろう。
また、江戸の食文化も語られていて、その味わいにも蘊蓄が語られる。
そんなうまい物を食べながら、長谷川平蔵がふとつぶやく。
うまい物を食べて、何事もなく、いつもと変わらぬ一日が終わることが無上の幸せだ、と。確かそんなことをしみじみと言う下りを読んで、なるほどそうだなぁ~、と思った。

長谷川平蔵は実在の人物らしい。
それでもこの鬼平を魅力的な人物に書き上げたのは、池波正太郎自身の生き様とダブっているのだろうかと感じる。
「鬼平犯科帳」は単なる捕物帳とは違って、盗人や同心、密偵が主人公になっていたり、その人間模様がとても面白かった。
例えば、一度も手柄をたてたことのない同心が、犯人をでっちあげて自白を取ることをやる。いつの世も人間のやることは同じようなことの繰り返しだと思う(思わせる)のだが、その責任の取り方にも命のやり取りがあり、厳しさと潔さがある。

この小説がTVドラマや映画になり、今度はそれをDVDで全巻観た。
脚本には原作と違った仕掛けがあり、違った雰囲気のドラマを楽しんだ。
映像の作りも本格的なセットで、しかも役者揃い。とても楽しめるドラマだった。
何と言っても、鬼平役の中村吉右衛門はハマり役。
その動作振る舞い、目の動きまで見事な役者ぶりにみえた。
酒も実にうまそうに飲む。見ていて、こちらもゴクリと喉が鳴る。
すっかり吉右衛門フアンになってしまった。
夏場までは、鬼平一色にハマっていたのである。

その後は、「ミレニアム」を読んだ。
スウエーデンの推理小説である。上下巻の3部作で全6巻の大作だ。
めまぐるしく変わる展開に、引き込まれるように一気に読んだ。
先日の「日本カイロプラクティックセミナー」へ出かけた道中に、最後の巻を読み終えた。
世界の40カ国で2600万部を売り上げた大ベストセラーである。
噂に違わず、久々に抜群に面白い推理小説を読んだ。
作者のステーグ・ラーソンは反ファシズムの雑誌や政治雑誌の編集に携わり、2002年からミレニアムの執筆に取り組んだ。
そして2004年に心筋梗塞で突然亡くなってしまった。
この本の大成功を見ずに亡くなるという作者のミステリーつきである。

第1部は「ドラゴンタトゥの女」、第2部「火と戯れる女」、第3部「眠れる女と狂卓の騎士」のタイトルで、この女とはリスベット・サランデルという背中にドラゴンタトゥを入れ、鼻ピアスをした天才ハッカーの調査員である。
痩せっぽちの小さな女で、とても成人の女性には見えない容姿だが、これがすごい女性なのだ。アスベルガー症候群を疑わせる女性で画像記憶力が抜群、なぜか数学などの学術書を愛読している。社会とは隔絶して暮らす孤高の女でもある。
第2部からは、このリスベットを巻き込んだ事件になる。リスベットの生い立ちや過去に絡んで銃撃され、警察小説調になったかと思うと、スパイ事件、国を巻き込んだ政治事件へとめまぐるしく事件が絡み、最後は法廷劇から最後の決闘と息つく暇もなく引き込まれる。
法廷劇での弁護士と検事の駆け引き、サランデルと悪漢どもとの闘いにも興奮するほどに引きつけられた。翻訳も読みやすかった。

映画が完成したそうだが、この辺では上映されていない。DVDのリリースが待ち遠しい!
[PR]
by m_chiro | 2010-10-27 01:43 | 雑記 | Trackback | Comments(8)
臨時休診のお知らせ
臨時休診のお知らせ

10月23日(土)~24日(日)は
「日本カイロプラクティック・セミナー」のため
23日(土)を臨時休診といたします。


c0113928_9223593.jpg

[PR]
by m_chiro | 2010-10-22 09:23 | 守屋カイロ・オフィス | Trackback | Comments(2)
横粂議員(民主党)の「カイロ国家資格化」発言に思う ② カイロの独自性とは何か?
② カイロの独自性とは何か?

カイロ界で使われる「サブラクセーション」の同義語が100を下らない。
M. Gattermanが自著である「カイロプラクティック・サブラクセーション」に、その同義語の一覧表を表示している。
この原著 ”Faoundations of Chiropractic Subluxation” は、カナディアン・メモリアル・カイロプラクティック・カレッジでの「サブラクセーションの再検討」(1992年)という学会がきっかけとなって著述された。
サブラクセーションに関するカイロプラクティックの教科書である。
サブラクセーションに科学の篩(ふるい)をかけようとする、まともな考えを持つ指導的立場の人たちも少なからず居るのである。

にもかかわらず、「サブラクセーション」というカイロの基本的な概念に対するコンセンサスは未だに得られていないのは何故なんだろう。
対話と議論の不足も大きな理由のひとつかもしれない。
どうも、この業界は議論を通じて同意を得て行く作業が苦手なのだろうか、と思えるふしがある。
なぜ正攻法の手順が疎かになるのだろう?

その疑問がカイロの原理の中に見え隠れする。
カイロプラクティックの基本原理は3つに集約されている。
「1.哲学、2.科学、3.アート」の3つである。
とかく「原理」というやつは厄介で、とらわれ過ぎると原理主義の罠にはまる。

カイロプラクティックの哲学は壮大な自然観でもある。
ヒトの内部世界(小宇宙)は「イネイト・インテリジェンス」によって、外部世界(大宇宙)は「ユニバーサル・インテリジェンス」によって秩序と調和がもたらされている、と説く。

こうした自然観は、決してカイロプラクティックのオリジナルではないが、その小宇宙たる人間を統一するものを「イネイト・インテリジェンス」としている。
これは「先天的叡智」と訳される概念があるが、先天的にヒトが持つ「治癒力」と言うべきものだろう。あるいは「恒常性」と言ってもよい。

つまり、「病い」は「イネイト」が治すのであり、「サブラクセーション」の存在はその「イネイト」の働きを阻害すると考えられている。
だから、サブラクセーションをアジャストすることは「イネイト」を十全に働かせるためであり、単なる分節レベルの障害とは看做さない。この「哲学」と「科学」の関係は、カイロプラクティックの原理を構成する独自な考え方で、「哲学」と「科学」を結びつけ完結させるものが「アート」である。

これらの原理が問題を厄介にしているようにみえる。
サブラクセーションをアジャストして、後はイネイトの働きに委ねるわけだから、事細かにサブラクセーションを明らかにする意義をあまり感じていない。
メジャー・サブラクセーションを見つけることが重要で、そこにアジャストメントを行い、イネイトを賦活させるところにカイロプラクティックのアートがあるとされる。

だからこそ、哲学派のカイロプラクターにとっては、サブラクセーションを分節レベルで解明してもカイロプラクティックの科学には成り得ないのだろう。
「サブラクセーション」と「イネイト」の関係性こそが重要で、そこに独自性が強調されるところでもある。カイロの科学派と哲学派の確執が今でも続いている理由が、この辺にあるように思えてならない。

そもそも「カイロプラクティック哲学」などというものは存在しないのであり、「イネイト」の概念も「ホメオスターシス」に集約されるものであろう。
それでも、カイロプラクティックの哲学的概念が、サブラクセーションの科学的発展の隠れ蓑にされてきたのである。

サブラクセーションを分節レベルだけで解明していくと、カイロのオリジナリティは薄められてしまいかねない。
関節障害に対するオステオパシーとの違いも不明瞭になる。
整形外科領域では、そこに徒手療法を用いるコメディカルとの違いも明らかにしなければいけない。
こうした生気論的な考え方を根源にもつカイロプラクティックを、すんなりと医科学に組み込むほど甘くはないのである。

こうした問題解決の糸口が、カイロプラクティック神経学の発展にあるように思えるのだが、この領域は緒に就いたばかりである。
カイロプラクティックの科学性も独自性も、自ら明確にする必要性も残されているのである。
[PR]
by m_chiro | 2010-10-20 23:24 | カイロプラクティック | Trackback | Comments(0)
横粂議員(民主党)の「カイロ国家資格化」発言に思う
① 不思議の国の「サブラクセーション」

民主党の1年生議員である横粂氏がカイロプラクティックの国家資格化に取り組む意向だという。
横粂議員は自身のブログに、『「脱ガラパゴス」の立場から、カイロプラクティックの国家資格化に取り組んでいきます。』(http://ameblo.jp/katsuhito-yokokume/entry-10665151686.html)と書いている。

何をどう思慮したものか、あるいは誰に煽られたのか知らないが、寝ぼけたことを言うものだ。

ガラパゴスとは、「日本国内で独自の進化を遂げながら、海外では採用・利用されない商品のこと」を象徴するらしい。
カイロプラクティックが、日本国内でどんな独自の進化を遂げたと言うのだろう。
あるいは逆に考えて、海外のカイロプラクティックが医学的に何のエビデンスを示している、と言うのだろう。はなはだ疑問である。

法制化には、必ず「科学性・独自性・独立性」が問われる。
国家資格化を叫ぶならば、先ずは、カイロプラクティックとは何をする治療なのか、を質さなければならない。

カイロプラクティックが最も得意とする治療法は、身体の関節、特に脊柱の関節のアジャストメントだと長い間主張されてきた。どんな関節病変に対するアジャストメントかと言えば、それは「サブラクセーション」と言うことになる。

では、サブラクセーションとは何か、これが肝心の問題である。
カイロの先進国・アメリカのカイロプラクティック団体(ACA)が、いろいろな概念的変遷を経て1972年に定義したサブラクセーションとは以下の通りである。

「サブラクセーションとは、隣接関節構造における正常な動力学的、解剖学的あるいは生理学的な関係の変調である;A Sabluxation is the alteration of the normal dynamics, anatomical or physiological relationships of contiguous articular structures.」

これ、どんな病変か理解できますか?

隣接関節構造であるから、椎間板も筋・筋膜や靭帯も神経・血管・リンパ組織も含めた関節を構成する複合体のことである。
そして解剖学的に正常な状態からの変調とは、レントゲン写真で確認できる病態を指すのだろう。

レントゲンで確認できなくても、つまり明らかな解剖学的な変調が見られなくても、動力学的に正常な状態からの変調も含むのである。

それはどうやって確認するのかと言えば、検者の可動触診で決められる。
つまり正常な関節可動に動力学的な変調があるとする感覚である。
個人の感覚であるから、必ずしもその感覚は術者に共通のものとは限らない。
変調があると感じる検者にはサブラクセーションが存在するが、感じない検者には存在しない、とも言える。

更に、生理学的に正常な状態からの変調もサブラクセーションに含まれる。
極端な話、そこに腫瘍があっても生理学的な変調であるし、感染などによってそこに発熱があっても生理学的な変調と言える。

そうなるとサブラクセーションとは、まるで不思議の国の「打ち出の小槌」のようにどんな病態にも適応できる。
そもそも正常な状態とはどんな状態を指すのだろうか? 先ずは正常の状態を定義する必要がありそうだ。

この定義を作ったACAという組織は学術団体ではない。カイロプラクティックの政治団体である。
だからカイロプラクティックの業務を拡大するためなら、あるいはカイロプラクターの利権を守るためなら、こんなご都合主義の定義を臆面もなく主張する。
したがってカイロプラクターにとっては、とても有り難く便利な概念ともなるだろう。
そこからどんなテクニックも導き出せる。だからこそカイロプラクティックのテクニックは、まるで玉手箱のようにあらゆる方法がある。

その上に、世界のカイロプラクターがサブラクセーションの同義語とし著述している用語が100を下らないのである。
ここに至ると、「サブラクセーション」は不思議の国の話になる。
不思議の国の話は、医科学の領域には馴染めない。

それでも、政治的に強引に線引きをしようという意見なら、今の日本の医療行政には問題が山積している。政治家としてやるべき優先順位が違うのでは?、と思わざるを得ない。

一方、日本のカイロ業界は、足元を固める作業を自浄努力として先んずるべきである。
[PR]
by m_chiro | 2010-10-19 01:10 | カイロプラクティック | Trackback | Comments(0)
カイロもどき病
40代女性の気の毒な患者さんがみえた。

3年前にムチ打ち症になって以来、肩こりや頸の張り感が頻繁にあって、カイロ整体で治療を受けていたようである。
カイロ整体とはカイロプラクティックなのか、整体なのか、よく分からないがマニピュレーションを行う治療のようである。
マニピュレーションとは「キャビテーションを含む関節操作」である。
分かりやすく言えば、ボキ、ボキと関節のクリック音が生じる操作のことだ。

この患者さん、頸の関節をボキ、ボキされると気持ちがよくなったので、そんな治療を続けていたところ、首のチョッとした動きでもクリック音が出るようになった。
そのうちに動悸がするようになり、吐き気を伴う頭痛が起こるようにった。
首や頭が熱を帯びたようになり、体温を計ると37度を僅かに超えることも多くなってきた。医療機関を受診すると、更年期症状だの、自律神経症状だのとされた。
心療内科では「パニック障害」と診断された。
顎関節も開口に伴ってクリック音がするようになって、口腔外科でテンプレートも作った。
頭痛も頻発するので脳外科でCTを撮ったが、異常は見つからない。
症状は悪化するばかりで、何とも気の毒な話である。

関節の可動触診をすると、頸椎の関節が過剰な動き(ハイパーモビリティ)になってしまっている。
ボキボキと必要以上のマニピュレーションを反復してやり過ぎると、関節や筋の固有受容器がイレギュラーに反応するようになる。結果、この女性のような症状に悩まされことは十分にあり得る。ムチ打ち症を毎度反復させているようなものだ。

過度なマニピュレーションによってハイパー・モビリティが人為的に作られることを、業界では「医原病」に倣って「カイロ病」と呼んでいた。
しかし、回数も部位も見境なくマニピュレーションを行うのは、カイロプラクティックの原則とは異なる。
これを「カイロ病」と呼んでは、正統にカイロ治療をしている人にとって心外だろう。
したがって、これを「もどき病」とでも呼ぶことにする。
いずれにしても過度のマニピュレーションによって人為的に作られたものだろう。

これを安定させるのは、実は、とても厄介でもある。
この患者さんは、逆に頭蓋と上部肋骨に固着した動きがあり、頸椎だけが不安定になっている。とりあえずは反射系をモニターにして体幹の軸を安定させる手法を使いながら、固着部や脳脊髄硬膜のリズム運動を回復させてみた。

治療を終えて、気分は悪くならないか、と訊ねたところ「右眼が開いたようだ」と言う。
どうも右の眼瞼が垂れ下がっているような感覚もあったらしい。顔の右半分が痺れた感じがすることもよくあるようだ。顔色が随分良くなっていた。
それでも、事務職だからPCの使用などで下を向いての仕事になり、また悪化することにもなりかねない。
気の毒である。
[PR]
by m_chiro | 2010-10-12 22:06 | 症例 | Trackback | Comments(0)
イチジクのワイン煮
c0113928_9212388.jpg

ここ庄内地方には「イチジクの甘露煮」を作る食文化がある。
この地方のイチジクは生食用には向かないので甘露煮で食す。
私は余り好みではない。
何しろ甘すぎる。
お茶受けなのだが、この時期は多くの家庭で甘露煮を作る。
スパーでも甘露煮用のイチジクが売られている。
農村部の家々にはイチジクの木がよく見られ、甘露煮はこの地方の食文化のひとつでもあるのだ。

先日、この生イチジクをいただいた。
さて、どうしようかと考えあぐねた末に、ワイン煮にしてみようということになった。
三温糖を少し使って甘さを控えめにし、レモン汁を入れ、赤ワインで煮込んだ。
これがなかなか美味だった。
お茶受けの甘さとしても程好い。

あとはコヒー豆を挽いて、読みかけの本でも読みながらコーヒーブレイクと行こう。
秋の陽ざしも心地よい。
[PR]
by m_chiro | 2010-10-11 09:23 | 庄内の記 | Trackback | Comments(3)
朝に白、夕べにピンクに花変身
秋の訪れと共に秋の花が一斉に咲きはじめました。

今朝は「酔芙蓉」が真っ白な花を咲かせていました。

この花、咲きはじめは真っ白ですが、陽に当たると徐々に赤みが差し始め、夕方にはピンクの花に変身します。

酒に酔って顔が赤みを帯びてくる様に似ているので、「酔芙蓉」と名付けられたとか。

ムクゲに似た花、それともアオイに似ているだろうか。

ムクゲやアオイよりは大きな花で、一日で萎んでしまいます。

明日は別の蕾が開くことでしょう。面白い花です。

花が終わって萎んだ写真を追加しました。

赤みが増して、まるで酔いが回って赤くなってクシュンとなってしまったような...。

そんな可愛らしさがありますね。

山形県には「酔芙蓉」という名の酒蔵もあります。
この酒蔵の酒は「新酒監評会金賞」を受賞しています。


c0113928_17292873.jpg
c0113928_1730289.jpg

酔っ払って、顔を赤くして、そのまま寝入ってしまったように萎んでいる様子が見て取れて、思わずニンマリしてしまいました。
c0113928_94147.jpg

[PR]
by m_chiro | 2010-10-08 17:48 | Trackback | Comments(4)
秋明菊が咲いた
あの暑い夏が去ったと思ったら、もう一気に秋風が吹きはじめました。
既に10月だから、当然と言えば当然です。
それでも暑い夏が長かったぶんだけ急に秋。
クラーが用済みになったと思ったら、もうストーブが欲しい。
そして駆け足で冬がやってきそうな気配です。

庭に秋明菊が咲きました。
赤と白の花が咲きました。
秋の花です。
菊と言ってもキク科ではなく、花の形が菊に似たキンポウゲ科だそうです。
別名を「きぶねぎく:貴船菊」と呼ぶそうで、京都の貴船地方に自生していたことから名付けられたとか。
秋風に吹かれて、そよぎながら咲いています。
可憐な花です。
c0113928_1728787.jpg

c0113928_17283324.jpg

[PR]
by m_chiro | 2010-10-06 17:29 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
治療の心得
いつも学ばせて頂いているsanseetu先生のブログの記事「アライメント・メモ」(10月3日)は、私の前回の記事「痛みの誘因を見逃せない」を補完して余りある内容の必携要綱ともいうべきものでした。

手技治療家にとっては基本的にとても大事なことなので、全文を引用して私の「治療の心得」にしておきたいと思います。

・アライメントの歪みには可逆性のそれと不可逆性のそれとがある。
・可逆性の歪みには急変性のものと遅変性のものがある。
・急変性はプログラムによるもので、これさえ改変できれば現象的には数年来の変形であれ、一瞬にして復元を見る。
・遅変性は生活習慣による身体物理構造への蓄積されたストレスが生理構造にまで波及し、結果、より強い悪循環により起きる進行性の変形であり、その進行がさらに進めば不可逆性となる。
その復元の条件としては身体使用法の習慣改善が必須であり、それゆえに復元には一定の時間を要する。
この変形を治療介入だけで治そうとすることは効率的ではない。
習慣・動作の改善とその実践こそが重要であり、その指導そのものが効果的な治療となる。
・以上のことは鍼灸、手技ともに言えることである。
・鍼灸は皮膚・筋へのアプローチにより筋テンションへの操作を通じてアライメントの変形を急変的・遅変的に復元することができる。
・手技は一般的にアライメントの変形復元に適すと思われているが、鍼灸同様に、遅変性の変形を1~2回の介入だけで復元することはできず、それが可能なのはやはりプログラムによる急変性の変形だけである。
・以上、このような視点に立てば、自身の治療の過大・過小評価を防止できる。

[PR]
by m_chiro | 2010-10-04 16:13 | 症例 | Trackback | Comments(5)
痛みの誘因を見逃せない
高校2年生の男子が、頸から肩にかけての痛みで来院したのは新学期が始まって間もなくのことだった。そんな状態が1年も前から続いていて、卓球の部活での練習も苦痛だと言っていた。

視診すると肩の水平レベルが極端に違っている。
右肩上がりで、それを代償して頭部は右に傾いている。
脊柱の頚胸移行部に左突の弯曲があるが、本人にはなぜそうなったのかは思い当たらない。卓球の練習での影響なのか、いろいろ推測を巡らせてみる。
何かの物理的なストレスが連続的に加わって、筋骨格系に歪みをもたらしたのだろう。

可動触診をすると、第1~2肋骨が肋椎関節で固着(フィクセーション)している。
右上僧帽筋にトーンの低下した部位もある。打撲の既往があったのかと尋ねると、そんなことも記憶にない。

いろいろ考え得る誘因を推測すると、重い補助バッグを右からクロスして袈裟がけにかけて通学していることに思い至った。これでは右上僧帽筋が圧迫されて、持続的な打撲のような状態が作られる。それに右手を手枕にして右側臥位でTVを観たりもするらしい。

関節受容器への動き刺激は、当該関節付近の筋肉に反射的に作用する。
その結果、運動神経の過剰な遠心性インパルスが抑制される。これが周辺で異常に緊張した筋の緩和をもたらすのである。
可動制限のある関節が存在することは、その部位からの動き刺激が伝わらない。
すると周辺の筋・筋膜も柔軟性を失い、ちょっとした過度の動きが起こると組織の微損傷が作られやすくなる。これが痛みのショーの始まりとなる。

センタリングを行ってから肋椎関節のフィクセーションをリリースした。
結果、頸がスムーズに動き出す。後は、習慣的な姿位を注意し、重いバッグをクロスに一方向に同定しないことなどを指導した。

その彼が先日5カ月ぶりに治療にみえた。
注意されたことに気を付けていたら頸の状態も良くなってきたと言う。今回はメンテナンスをしたい、とのことだった。

5か月前にはあった頚胸移行部の左突弯曲もなくなっていた。
構造的な問題は痛みと直接関係するわけではないが、こうした問題は解消しておかないと永続的な痛みの誘因になりやすい。
ちょっとしたアドバイスが自律的な回復をもたらすことは往々にしてあり得るので、障害を作る誘因は見逃せないのである。
[PR]
by m_chiro | 2010-10-01 15:41 | 症例 | Trackback | Comments(0)



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索
タグ