カテゴリ:雑記( 153 )
少女の思春期を早めている原因は?
少女の思春期を早めている原因は?(What Causes Girls to Enter Puberty Early?)

ニューヨークタイムス紙の「オピニオン」の記事から。
「肥満・砂糖そして情動的ストレスこそが問題だ」、とする主張である。

少女の思春期が早くなっているという現状がある。
その原因が探られているが、その多くの意見は口から入る食品にあるとしている。

ところが、この論説では「肥満」と「家庭ストレス」が本当の原因だろうと述べている。

化学物質に曝されることも少女の思春期に影響する可能性が指摘されているものの、実際のところはよく分かっていない。
この記事を書いたグループが、2005年以降1200人の少女を追跡調査したところ、肥満の少女に早い思春期を迎える傾向が見られたという。

脂肪はエストロゲンを分泌する。
エストロゲンとは「卵胞ホルモンの総称」である。
女性では卵巣だけからでなく副腎からも分泌され、女性らしさをつくり出すホルモンである(男性では精巣からも分泌される)。

こうしたホルモンバランスが崩れてしまうと様々な病気に陥りやすくなる。
特に近年では、エストロゲンの過剰が多くの病に影響していると指摘されてもいる。
なぜ、エストロゲンがそんなに過剰になったのだろう。

その理由の一つに、農薬やプラスチックなどの化学製品素材などによる環境ホルモンの影響があげられている。
ごみの焼却に伴うダイオキシンの発生などもそうだね。
確かに内分泌攪乱物質は懸念されるところだが、かといってどの物質が影響するのか単一物質として同定されてはいないのである。

この著者は、むしろ肥満による脂肪からのエストロゲン分泌、砂糖入りに飲料や食品が関わっていると指摘している。
砂糖の摂りすぎは要注意である。
ハーバード大学公衆衛生学部によって先週発表した新しい研究は、より炭酸飲料を飲んだ女子も思春期早期に到達する可能性が高かったようだ。

更には、家庭における情動的ストレスが問題だと言っている。
そうした家庭に育つ少女の情動的ストレスが思春期を早めているのだ、と強調する。
家庭に生物学的父親がいない家庭に育つと、そうでない家庭で育った少女より12歳前に初潮を迎える可能性も2倍になるらしい。
 
育児期の親は、十分注意した方がいいようだ。
[PR]
by m_chiro | 2015-02-07 12:21 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
「本質を掴んでカスタマイズする」、そうだよなぁ~!
sansetu先生の記事「保存後退」から

この○○○の必要十分条件を考えれば別の道具でも応用が効きます。
ここは大事なポイントで、道具にせよ、技法にせよ、その必要十分条件を考えることは、そのまま対象とするものの本質を掴むことに繋がりますので、大切なモノコトは模写や保存をしようとするのではなく、その本質を掴んで自分の心身に合わせてカスタマイズし、そのことでさらにレベルアップし、そのレベルアップしたものの外見ではない本質を後進に伝えて行くようにします。
そうすることで技術や伝統の保存停滞、保存後退を防ぐことができます。
実際世に在る流派独自の技術(理論・概念等も含め)といったものには、「別にそうでなくともよい」ものがたくさんあります。


多くの徒手治療家やボディワーカーたちは身体を様々な視点で捉え、用いる刺激も手技も実に多様ですね。
単なる皮膚タッチから、カイロプラクターの様に高速低振幅によるスラストや鍼・灸などによる刺激まで、その幅も広い。
そして、それぞれがそれなりに効果をあげているようだし、それらの背景にある共通する仕組みって何?…….、いつもそう思います。

技法や療法の確定論(理論や概念も含めて)なんて、あまり意味がないんだろうなぁ~。
要するに、どんな手法であれ本質に近づけば、それでよし。
後はカスタマイズすることで、その人なりの技法や療法ができあがる。

それをまた形にしてしまうと、発展性を見失う。
常に本質を意識して取り組むよう、精進しなくちゃ!
そう思いました。
[PR]
by m_chiro | 2015-01-29 15:10 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
考えさせられる記事だなぁ~!
日本の国民医療費の年次推移をみると右肩上がりに上昇していて、2025年度には65兆円に上るという推計が出されている。

c0113928_16592739.gif


そんな折、「m3.com」が連載した「Doctors Community10周年 注目トピックスと10年後の医療」の記事のVol.6は「不必要な医療ありが9割超」というタイトルで書かれていた。
いろいろと考えさせられる記事だった。

c0113928_1711852.png

不必要と感じる声は「医師、患者ともにあり」が9割を超えている。

今日みえた腰痛患者の中にも、過剰検査を思わせる例があった。
ひとりは3か月も続いている腰痛の老婦人である。
整形外科で原因が不明とされていろいろ検査を受けた。
X-Rayにはじまって、背部のMRI、腰部のCT、大腸検査、骨シンチグラフィーと続き、あげく「どこもわるくありません」とされた。
この患者さん、明らかな動作痛だった。
だから安静位では痛みを感じない。
先に筋痛問題を考慮すべきだろうが、重篤な疾患を除外することが優先されたことになる。
その間に3カ月が過ぎてしまったというわけである。

もうひとりは中年の婦人であるが、健康体操の教室から帰ったら腰痛で、どうにもならなくなった。
整形外科を受診して、レントゲン撮影、そしてご丁寧にMRIで、どこにも問題がない。
結局は「筋肉痛でしょう」と言われたようだ。

またひとりは、旅先の駅のホームで腓腹筋が痙攣し歩行できなくなった婦人で、車椅子に乗せられて病院に行き、下腿のX-rayと腰部のMRIを撮って「どこも悪くない」とされた。

なんでそうなるのだろう。
筋・筋膜症候はドクターの頭の片隅にもないようだ。
小さな町の小さな治療室でも、今日こんな例があったくらいだから、全国規模にしたら相当に不必要な医療検査が行われたに違いない。

そこに「患者の激しい要求」の声や、「経営のため」の思惑があるようだが、そうした「不必要な医療がある」という声には耳を傾ける必要がありそうだ。

以下に、その記事から「不必要な医療」として挙げられた具体例を引用しておこう。

【経営に関する問題】
・診療単価が下がっているので、「もっと検査を!」という院長。いやそれ違う
・医療費の取り合いに発展する過剰医療。
・某私立病院を受診すると、必要ない検査まで多数実施される。患者はいろいろ検査してもらったと喜んでいるらしい。赤字病院が一気に黒字化!
・病院経営のため、客単価を上げるにはどうするべきか真剣に考えている医療者、特に管理者。また、そうしなければ経営が成り立たない状態に追い込んでいる厚生労働省、国。

【薬・検査】
・特に精神科の向精神薬、認知症外来の認知症薬、整形外科の骨粗鬆症薬、泌尿器科の自律神経系内服投与など。その投薬で本来の症状が改善するどころか、ポ リファーマシーで薬剤性医原病となり、不必要な入院まで増える。患者が無駄に医療を求め、医者がそれに答える形で病気を作り、無駄な入院が増え、医療費が 右肩上がり!
・慢性的な経口摂取不能はPEGの適応なし。ただ、PEG増設しないと療養型病院への転院が難しく、施行せざるを得ない。家族もそのような患者に対し、不必要な治療を求める。
・風邪の抗生剤処方。そもそも風邪の保険診療。湿布の保険適応。
・どうでもいい検査を提案。どうでもいい検査を希望。
・回復の見込みの無い人の胃瘻、抗認知症薬。
・中心静脈ポート、胃瘻、健診における胃バリウム検査。
・食思不振ですぐに点滴。
・保存的治療で十分な脳出血でもコストのため手術する脳神経外科医など。
・ルール破りの不妊治療、命の選別。
・腰痛患者に7種類の鎮痛薬を含む22種類の薬が処方されていた。
・医者は無駄な抗菌薬投与や無駄な入院治療をして経営に転嫁している。
・不必要な検査や投薬は完全に無くすことはできないが、ある程度の歯止めは必要と思う。看護師任せで漫然と処置をするケースは多いと思う。また患者も自己負担が少ない人は後発品をいやがる。 ・初診時の採血で、検査の評価料をもらうために一項目当たり少ない量で多くの種類の検査をする医者。
・頭部打撲で救急病院受診患者の場合、不必要と思われる場合も頭部CT撮影しておかないと見逃しと追及される恐れがあるので、全例撮影するような、「防衛医療」が避けられない現状がある。

【患者問題】
・生半可な知識で要求が激しい患者がいる。
・症状の経過を見て後に診た医師が、前医を批判したり中傷したりする医師も多く、患者もうわさなどに振り回されドクターショッピングしている。
・不必要な医療行為をしなければ、患者の信頼が得られないと感じることもある。
・何も処方しないと患者から不満を訴えられるので、かぜ薬なり何らかの処方をする。
・とにかく専門医(実際は専門医でなくても患者さんが判断)受診したり、すぐ転医したりする患者。
・一方的に患者権利を擁護する時代の流れがその原因となっている気がする。
・治療の必要がなくなっているのに、療養の場がない、家族が見られないなどの理由で退院しない患者。
・中国人が国保で受診し、一時帰国の度に長期大量処方を要求する。
・複数の診療科受診あり、重複を認めることがある。
・多数の病院を同じ患者が同じ科で受診。症例数でいい病院を決める。
・風邪薬や鎮痛薬・湿布薬など予防的に持っておきたいとの希望多い。全て断っている。
・患者を指導していくのも医者の責任。
・適応外手術を受けることによる生命保険収入。
・生活保護患者が、治療により必要のなくなった薬の処方を引き続き要求する。
・医療に対する認識にズレがある上、情報過多な状況からある程度、仕方がないのではないか。

【制度】
・医療費が増える原因は様々あるが、大きな要素は終末期医療である。特に、尊厳死を認めない現在の法律では、必要以上に終末期医療に金がかかる。政府が医療費を削りたいのであれば、自ら尊厳死を考え、法律化することが求められる。また、不必要な検査投薬の原因の一つに、訴訟対策があり、医療事故は全例免責とすれば、不必要な医療費は減るはず。
・出来高払いを一般医療でも考え直すべき。
・もともと、日本では、医療機器も、薬品も多すぎて、供給過剰であって、その背景に企業と政府・官僚のつながりがあることは否めない。よって、今後も続くであろう。
・玉石混淆の論文、データ、不必要な医学書、無茶苦茶なガイドライン。不必要悪の専門医。
・日本は、自由開業医制であり、出来高払い制、イギリスはGPがある地域のプライマリケアを最小のコストで担う。自ずと、我国の医療は出来高払いのため、アメリカに近く、不必要な医療も必要悪として生じ得るであろう(あくまで推測の域ではあるが)。

[PR]
by m_chiro | 2014-11-05 17:09 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
全盲の猫と飼い主のハイキング(youTubeより)
心地よい空気
山々を渡る澄んだ気配
草木の匂いと干渉するスピリッツ
大自然にとけ込んだ全盲の猫と飼い主の心の通い
大自然の中にある自然な交流
視覚が失われても、
生き物はからだの全ての感覚を使って生きるんだね
朝からとても優しい気分になりました


[PR]
by m_chiro | 2014-10-22 08:48 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
睡眠は脳の「清掃・修復」の作業員!
眠りには「質」が重要だとする論文から。
オックスフォード大学での研究報告。
「睡眠の質が低いと脳が縮小する」

不眠、入眠障害、夜間覚醒など、夜間に良質な睡眠がとれないことが続くと、脳灰白質の縮小と関連する可能性があるという。
平均年齢54歳のノルウェー人成人147人を対象にした調査から分かったこと。
調査は約3.5年経過後の脳スキャンの画像による比較からの結論である。
被験者が眠るまでの時間は平均20分、一晩の睡眠時間は平均7時間であった。

にもかかわらず、睡眠の質が悪い被験者では、前頭皮質の一部に委縮がみられた。
そうなると推論、計画、問題解決、記憶などが低下する可能性があるという。
認知症の発症にも影響するのかも。

睡眠は「時間」が短いことよりも、「質」の悪さに問題がありそうだ。
c0113928_11584971.jpg

(写真の爆睡猫は「国東半島へ②富貴寺」の記事より)

特に60歳以上になると強い関連性があるらしい。
これまでも、脳の委縮と記憶力低下の関連が報告されていた。
質の良い眠りは、脳の修復に関わる重要な役割を果たしているのだろう。
[PR]
by m_chiro | 2014-09-22 12:00 | 雑記 | Trackback | Comments(4)
入眠の極意
上古代文字の研究者である故・宇野多美恵氏が、自分の不眠症と闘いながら会得した方法。

①外部の刺激をなくし(目をつむり、耳栓をする)
②内部の五感、特に視覚神経の緊張を解く(力を抜く)ことが秘訣である。


大切なことは眼球の動きのようだ。
深い眠りに入ると、眼球は死人のように上方に回る。
この目玉の動きが作れることが重要で、眼球の筋・神経の緊張を抜くことが肝要のようだ。
視覚神経が緊張していると、眼球は上方に回れない。

そして外部からの刺激をなくすために耳栓をする。
もちろん内部思考も止めなければならない。
眠りに落ちない時に試してみたが、これがいつの間に眠っていた。
耳栓はしなかったが、眠りも深かった。

思考を止めるのも大事かな….。
眼球の緊張と思考回路とは相関しているのだろうか。
眼球の緊張が弛むと、思考もとまるようだ。
簡単な方法なので書き留めておこう。
[PR]
by m_chiro | 2014-07-08 09:51 | 雑記 | Trackback | Comments(4)
「Youは何しに日本へ?」
「脳報酬連鎖反応」の学びの記事で紹介したDr.ホルダーが来日しました。

成田空港で、さっそく捉まったそうです。
日本のTV局から….。
「Youは何しに日本へ?」というTVの人気インタビュー番組のようです。
TVスタッフが空港で待ち構えているところに、Dr.ホルダーの長身にあごひげのあの風貌、目立たないはずがありません。
さっそく、「Youは何しに日本へ?」

c0113928_1855696.jpg

c0113928_1861417.jpg


Dr.ホルダーは「日本のアディクションをなくすために来ました」と応えたらしい。
成田空港に迎えに出向いた遠藤DCが、Facebookにアップしていました。

Dr.ホルダーは世界の依存症をなくすために、世界中で講演して飛び回っています。
話題の人は、どこにいても人気と話題を独占するのでしょうね。
番組は7月7日放送だとか。
酒田ではいつになるのかな~!
[PR]
by m_chiro | 2014-07-03 18:08 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
ニコール・シャージンガーの「愛しい人よ」
7月封切り予定の「パガニーニ 愛と狂気のバイオリニスト」の予告編で、ニコール・シャージンガーが歌う「愛しき人よ」に魅了された。
素晴らしい!
この映画も映画館で観たい!

5億円の名器ストラディヴァリウスでデヴィット・ギャレットが奏でるパガニーニの名曲の数々。
パガニーニのバイオリン奏法は「悪魔にしかできない離れ業」と噂されたらしい。
そのために“悪魔のバイオリニスト”と呼ばれた伝説のバイオリン奏者で19世紀の作曲家ニコロ・パガニーニの人生を描いた映画のようだ。
デヴィット・ギャレットの演奏も素晴らしい。

ニコール・シャージンガーの歌う「愛しき人よ」は、パガニーニが作曲した「ヴァイオリン協奏曲第4番」の第2楽章のモチーフをにしている。
デイヴィッド・ギャレットらが新たに作った曲のようだ。
その曲を、ニコール・シャージンガーが美しいソプラノで歌っている。



ニコール・シャージンガー  「愛しい人よ」

[PR]
by m_chiro | 2014-06-28 18:14 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
佐渡へ行く(5.31~5.2)
もう30年以上も前のことになるが、私の母は享年52歳でこの世を去った。
突然のことだった。
心臓に器質的な疾患があり、その寿命を終えたのだ。
存命中も、母は突然倒れたり、蹲ったり、心臓のあげる悲鳴とたたかっていたのを覚えている。
今なら少しでも寿命を延ばす術があったのかもしれない。
でも本人は、もらった命と覚悟を決めた生き方をしていたし、そのことはいつも口にしていたようだった。

その母が、亡くなる一年ほど前に佐渡に旅をした。
気心の知れた友人たちと一緒の旅だったが、体を気遣って父も同行した。
おそらく夫婦で遠出した旅行は、この時が最初だったのだろう。
無事に帰ってからの、嬉々とした顔は今でも私の脳裏に残っている。
その時に撮った写真をアルバムにして、いつも眺めては回想していた様子からも、この佐渡の旅は母にとって格別のものだったことを窺がわせるものだった。

アルバムの一枚に、印象深く残っている写真があった。
黄色い花の群生した景色をバックにして膝を折り、にこやかな表情をカメラに顔を向けて撮った写真である。
そして私も、いつの日かこの地を訪ねてみたい、という思いを断ち切れずにいたのである。

その機会が突然やってきた。
ブログを通じて多くの啓発をいただいたsansetu先生が、一週間ほど佐渡に帰省するという。
先生にとっては最後の佐渡になるのかもしれない、と思い強引に面会を申し出たのである。
ご多用のところも顧みずに、佐渡の名跡のみならず、佐渡らしい自然の姿をとどめる場所を2日間にわたって案内してくださったのである。
尊敬する先生と時間を共有しながら、とても緊張して付き従って歩いたように思う。
行く先々で先生の知人・友人とも出会い、その様子や会話を聞きながら思った。
sansetu先生ご夫妻がこの地に溶け込み、そして親しき島民たちと温かく心を通わせて過ごした18年だったに違いない、と。

夕べには仲間が集い、佐渡の魚三昧、地酒を飲み交わし、それは楽しい時間だった。
最終日の朝、連れて行ってくれたのが大野亀。
大野亀はミシュランガイドの2つ星がついている。
雄大で見事な景観である。
そこにはトビシマ・カンゾウが群生し、山吹色に咲きほこっていた。
c0113928_1803124.jpg

ここが母の訪ねた場所だ!
そう確信すると、離れがたい郷愁が胸に湧きあがった。
心地よい人たち、うまい酒、美味なる料理、尊敬する師との時間、そのどれもが至福の時だった。

c0113928_1811273.jpg

c0113928_1812985.jpg

[PR]
by m_chiro | 2014-06-05 18:03 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
腸内の善玉菌はダークチョコレートが好きらしい
CareNetの記事から。
「ダークチョコレートの健康の秘密明らかに」

アメリカのルイジアナ州立大学・食物科学部教授であるJohn Finleyらの研究に関する記事。
腸内菌には善玉菌と悪玉菌(この呼び方もどうかと思うが…)があり、善玉菌はダークチョコレートが好きらしい。

ダークチョコレートとは乳製品が入ってないもので、カカオマス40%~60%が入っているものとされているようだ。

なんでも善玉菌はチョコレートを食べて発酵させ、抗炎症作用のある化合物を作り出すという。
ザクロやアサイー(ブルーベリーのような実らしい)などの果物と一緒に食べると更に効果的なんだとか。

研究者たちによれば、善玉菌がダークチョコレートを発酵させて生成した化合物が「身体に吸収されると、心血管組織の炎症を軽減し、脳卒中の長期リスクが低下する」、と発表した。ただし、この研究は医学誌に掲載されるまでは予備的なものとしている。

でも、片頭痛では赤ワイン、チョコレート、チーズ等が誘発因子となる食品とされているから額面通りに鵜呑みにはできないところもありそう…。
片頭痛はポリフェノールが誘発するとされているようですが、ホントのところはどうなんでしょう。
心血管リスクとの関係では、予防的にも作用するのだろうか。

あるいは心血管リスクには良くても、片頭痛以外に健康を害する誘因が他にもあるのだろうか。

体内生成される化合物は作用反作用の両面からみないと、一概には言えない問題がありそうだね。
[PR]
by m_chiro | 2014-03-31 15:44 | 雑記 | Trackback | Comments(0)



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索