カテゴリ:雑記( 154 )
花粉症にも喜ぶべき利点がありそうだ
東京大学の小西祥子氏が、「Clinical & Experimental Allergy誌」(オンライン版2015年9月14日掲載)した報告によると、花粉症患者にも喜ぶべきことがありそうだ。

「アレルギー持ちのミドル~シニア層はがん・全死因死亡が低い?」

花粉症などのアレルギー疾患の患者さんは、免疫機能に影響を及ぼして、死亡に関する特定の原因に対して保護的に作用しているらしい。

特に中・高齢の年齢層でのアレルギー持ちは、全死因死亡例の中で癌による死因死亡の割合が低いという。

この研究は、「こもいせコホート疫学研究」データを使用して行われている。
群馬県の2エリアに住む40~69歳の住民が、1993年から登録されて、2000年のフォローアップ研究から得られた花粉症の情報を基に、2008年12月までの死亡・転居情報を通して花粉症と死亡率の関係を調べている。

結果は、調査対象の12%(8,796例中1,088例)に花粉症の症状がみられた。
フォローアップ期間中の全死因で748人が死亡、そのうち外因性が37人、心血管性208人、呼吸器疾患で74人、悪性腫瘍329人の割合であった。

その中でも、花粉症患者では有意に全死因死亡の割合が低かった。

潜在的な交絡因子を調節した後、花粉症を有する患者では有意に全死因死亡の割合が低かった(ハザード比:0.57、95%CI:0.38~0.87)。
また、悪性腫瘍による死亡も同様の結果であった(ハザード比:0.48、95%CI:0.26~0.92)。

私も花粉症に悩まされるが、ちょっと苦しんだ分、喜んでもいい研究情報かな?
アレルギー持ちの人も、たまには喜んでもいいのかも...。
[PR]
by m_chiro | 2015-10-07 09:38 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
合歓の花と芭蕉の句
昨日の日曜日、山形県と秋田県の県境にある「象潟」までドライブした。
c0113928_13132100.jpg


象潟の道の駅に「合歓(ねむ)の花」の鉢植えが売られていて、思わず購入する。
合歓の花は、とても可憐な花である。

今朝、花が咲いていたので写真に撮った。
c0113928_1333637.jpg


象潟は、芭蕉が訪れた最北の地である。
その時に詠んだ句のひとつがこれ。

「象潟や 雨に西施が 合歓の花」(芭蕉)

芭蕉も、象潟に滞在して、合歓の花に心を止めたのだろう。
西施(せいし)とは、絶世の美女とされた女性の名である。
中国春秋時代の越国の女性で、スゴイ美人だったと伝えられている。

越国と呉国は敵対関係にあり、戦いで越国は呉国に敗れてしまった。
そこで越国は、絶世の美女「西施」を呉の国王に差し出したのだ。

呉の国王は西施を溺愛するあまり、政治をおろそかにしてしまう。
そのために次第に呉の国力は衰退し、ついには越国に滅ぼされてしまう。
そして西施は、元カレの男と共に五湖に船を出し、それ以来消息も不明となったという。
 
芭蕉の句に出てくる「西施」とは、この越国の絶世の美女のことだ。
合歓の花の風情と西施をダブらせて眺めたのだろう。
西施が雨に濡れて、眼を閉じて眠っているようだ、と詠んだ句である。
雨の中で咲いた合歓の花が、まるで西施の憂いのように芭蕉には映ったのだろうか。
芭蕉の句の中でも、とても心に残る大好きな句である。
[PR]
by m_chiro | 2015-08-24 13:06 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
えっ! 詐欺?
以前から欲しいと思っていた医学史の書籍がある。
定価は8,000円だが、絶版になっている。

古書を探したら、プレミアがついて定価の2~3倍の価格だった。
いくらなんでも高すぎだ~。
書名でネット検索をしていたら、48% OFFで出品されていた。
4,800円(送料無料)である。
なんとラッキーな!
調べてみるもんだなぁ~、と迷わず注文した。

このWebサイト、古書でもあらゆるジャンルのものが揃っている。
医学書もマニア向けの本が多い。
私が注文した書籍の在庫数が200冊あった。
この本が、なんで200冊も在庫があるの?
訝ったが、きっと出版元が倒産でもして在庫をすべて引き取ったのだろう、などと勝手に解釈していた。

支払方法は口座引き落とし、あるいは現金前払いの口座振り込みの2つである。
もちろん口座振り込みにした。

注文後にメールが届いた。女性の名前だった。
振込口座が記載されていたが、札幌の銀行で名義人は中国名だ。
早めに振込ください、と注意書きがある。
すぐに振り込もうと思ったが、忙しくしていて5日後になってしまった。
メールから5日後の昼休みに、ATMから4,800円を送金した。

夕方になって、銀行から電話があった。
「送金した口座が凍結されていて振り込めませんでした。」
ついては返金するので、早めに受け取りに来くるようにということだった。
凍結??、なんで? この時点でもまだ、その本欲しさに頭の中は「?」だけだった。

それから1時間ほど経って、今度は警察から電話が来た。
刑事2課・知能犯係からである。
銀行から「怪しい..」と電話が入ったらしい。

どうも詐欺の可能性が高いので、詳しい話を聞かせてほしいというのである。
サイトのコピーとメールコピーを持って警察署まで出向いた。
そこから担当の刑事さんが探ったら、サイトはロシア経由で、名義人は中国人、メールはホットメールになっている。
やられた! だが幸いに被害はなかったのだが....。

翌日、刑事さんが訪ねてみえた。
やはり詐欺サイトで、北海道、長野、大阪、そして今度は山形県でこの銀行口座を凍結したという報告だった。
お礼にと菓子箱持参されたが、私は実際被害にあったわけではない。
それでも札幌の口座が凍結される前に送金していたら、泣きをみるところだった。
なのに、あの本は欲しかったなぁ~、とまだ後ろ髪を引かれている(アホだ!)。

サイトも手の込んだ作りで、扱う商品も古書だけでなくいろんな物品が写真入りで公開されていた。
罠が、巧妙に貼られている世の中である。

「用心! 用心!」
[PR]
by m_chiro | 2015-08-18 17:54 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
終末の迎え方を考えさせられる記事
医師である宮本顕二・礼子ご夫妻が、北海道で「高齢者の終末医療を考える会」を立ち上げている。
その両氏が“yomiDr”に書かれているブログ記事「今こそ考えよう 高齢者の終末期医療」を読んだ。
例えば、「欧米にはなぜ、寝たきり老人がいないのか」

その理由を次のように書いていた。
高齢あるいは、がんなどで終末期を迎えたら、口から食べられなくなるのは当たり前で、胃ろうや点滴などの人工栄養で延命を図ることは非倫理的であると、国民みんなが認識しているからでした。逆に、そんなことをするのは老人虐待という考え方さえあるそうです。

要するに自然に任せることを優先するということだろうが、では食を絶つことで餓死の苦しみを強いることになりはしないか、という問題にぶち当たる。

それでも介助によって固形物から流動物にすると、摂食が可能になるのだが....。
ところが脳細胞が減っていくと、口や喉の筋肉の動きをコントロールできなくなる。
病気の進行に伴って食事の認識もできなくなり、食欲もなくなって、やがて寝たきりになる前に死を迎えるという。
餓死は飢えに苦しむからで、飢えが起きなければ苦しみを起きないのだろう。

人それぞれの終末の迎え方にも、個々人の希望もあることだろうが、死を身近に考えながら自分の終末の在り方に心しておきたい。そう思った記事だった。
こうしたお二人の医師の意見を一冊にしたのが、「欧米に寝たきり老人はいない」(中央公論社)である。

今年の夏は、酷暑続きである。
そして暑い8月になると、亡父のことを思い出す。
早いもので13回忌が過ぎた。
父は85歳で食道がんになった。ステージ3だった。
積極的な治療を避けて放射線療法を受けたところ、食道を半分ほど占領していた腫瘍が一時消失したのだった。
ところが数か月後に再発、今度はステントを入れることになった。
それでも反回神経麻痺のために誤飲や摂食障害が高じて、担当の医師からは胃瘻も勧められた。
が、父はそれを拒否した。
父は意識も意志もしっかりしていて、新聞を読み切るのを日課にしながら自適に病院で過ごしていた。
点滴は受けたが、食べ方や飲み方も自分なりに工夫をして、時間をかけながら可能な努力を怠らなかったし、そのための泣き言など一言も聞いたことがなかった。
それでもやはり寝たきり状態が続くようになって間もなく、8月の末には静かにこの世を去った。

ホントに強い人だった、と命日が来るたびに思い出す。
宮本先生ご夫妻の記事を読みながら、亡き父のことと重ねて、自分の終末の在り方に思いをつないでみた。
[PR]
by m_chiro | 2015-08-05 11:34 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
浄瑠璃寺(7.5、京都にて)
セミナーで(7.5~6)京都へ。

セミナー開始までに時間があったので浄瑠璃寺を訪ねました。
浄瑠璃寺の命名は、創建時の本尊が薬師仏であったことに由来してつけられたそうです。
薬師仏の浄土は「浄瑠璃世界」で、東方浄土を救う教主とされています。
三重塔に祭られているのだそうですが、拝観はできませんでした。
c0113928_17383421.jpg

c0113928_17392516.jpg

その三重塔の前に池がありました。
池の向こう岸(彼岸)である西方には「九体阿弥陀仏堂」があり、その九体の阿弥陀仏が楽土(西方未来の理想郷)へ迎えてくれる来迎仏として控えている、という配置になっています。
c0113928_17401136.jpg

薬師仏に促されて現世に出る。
釈迦の教えに従って煩悩の河を渡り、彼岸の未来を目指す。
すると阿弥陀仏に迎えられて西方の楽土に至る、というわけですね。
c0113928_1743959.jpg

阿弥陀堂の鬼瓦

煩悩世界の池には、鯉や亀などが棲息していました。
池の縁に立つと、鯉や亀が集まってきて大きな口を開けて餌の催促です。
雨上がりの樹では、カタツムリが這い上がっていきました。
c0113928_17433552.jpg

薬師仏の苦悩の救済のご利益を得て、セミナーでよき学びが得られますように.....。
[PR]
by m_chiro | 2015-07-07 17:46 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
日曜の朝は絶妙の演奏を聴きながら
マイケル・ジャクソンの「Beat It」を、カバーした演奏。
アコースティック・ギターだけで絶妙な演奏です!




もうひとつは、リスト作曲の「ラ・カンパネッラ」。
この曲は演奏難易度S級だそうです。
ピアニストは、ウクライナのヴァレンティーナ・リシッツァ。
見ても聴いても、魅了されます、酔いしれます。




そして今日は、酒田市内の中央公園で屋外ライブ「E∞FESTA」が開催されます。
c0113928_9313371.png


夜には、砂川直子さんのコンサートも。
楽しみです!

[PR]
by m_chiro | 2015-06-28 09:32 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
盟友・荒木徹先生逝く
この業界に入った頃に知り合い、その後も長く業界活動を共に頑張ってきた盟友・荒木徹先生が6月6日に亡くなられた。

彼は鹿児島県在住で「せぼね研究所」を開設し、壮年期に大病をした。
そのために業界活動も退いて、それからは自適に仕事と趣味を楽しんで生きた人だった。
それに、とにかく多趣味な人だった。
カメラなどのメカニックが好きで、写真はとても感性のある撮り方をしていた。
最近も、散歩しながら見かけた路傍の花々を撮ってFacebook上にアップし、見る友の眼を楽しませていたものである。

業界活動時代には業界誌の編集にも、その能力を発揮していたのである。
いつからか、「ゴム銃」や「紙ヒコーキ」の製作をはじめて、仲間をつくりイベントや競技会を開催していた。
地方のマスコミにも登場するほど、趣味が高じて楽しげな様子を時に報告してくれていたのだった。

また、彼は鹿児島からカイロプラクティックを志す青年を、私のところに研修生として2人派遣してくれた。
あれから、もう20年を過ぎたんだね。
その彼らも独立し、今では業界を牽引する役割を担っている。

その昔、鹿児島の自宅にお邪魔したこともあった。
一晩泊めていただき奥様も交えて語り合った夜のことも、ついこの間のように鮮明である。
この時、確か子供さんが幼稚園に通園している年頃で、半ズボンに上半身裸のいで立ちで朝の通園時刻に騒々しいひと時だった。
裸で過ごす教育方針の幼稚園なのだ、と教えてくれた。
その子も今では成人し、お父さんが遺した「せぼね研究所」を継承することになったそうだ。
他人事ながらも、よかったなぁ~と思う。
そういえば、「息子が後継することになった」と手元に置いて育てることにしたと話していた。
そんな境遇に至ったことも、うれしそうだった。
私には「まだ仕事してるの?」などと、からかい半分に電話し来たこともあったね。

手作りのゴム銃やら、紙トンボ、用済みのクラシックなカメラも治療室の飾り物にして、と送ってくれた。
そんな「荒木コレクション」を写真におさめた。
c0113928_1854918.jpg

ステーブ・マックインが「拳銃無宿」で使ったモデル、ジェームス・ボンドの愛用ベレッタ、一番精度の高いゴム銃などなど、子供心に帰る時間を楽しませてもらった。
ありがとう!

最後の言葉も交わすことなく、さよならも告げずに旅立ってしまったね。
そんなことを思っていると、「また逢えるよ….」という声が聞こえてきそうだった。
そうだね荒木先生、また逢う日までの「さようなら」にしよう…..。
[PR]
by m_chiro | 2015-06-17 18:54 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
線虫が癌を嗅ぎ分ける確率は95%以上
「がん診断、尿1滴で=線虫の習性利用―10年後の実用化目指す・九大など」

線虫の臭覚受容器は、犬と同じ能力とか。

以前、「がん探知犬」が話題になったが、今度は「線虫」の癌探知能力を使った研究。

線虫は癌の匂いに集まってく習性があるようだ。
癌患者の呼気や尿には特有の匂いがあるとされていて、その匂いの嗅ぎ分けを線虫に託したわけだ。

犬では訓練が必要だが、線虫は感性だけで好き嫌いを判定する。

癌患者のおしっこを一滴だけ線虫に落としても、線虫は「好き好き」と反射的に集まってくる。
ところが健常者のおしっこからは逃げる。

その習性を利用して、95%以上の確率で癌を発見できるようになるらしい。

血液腫瘍マーカーは25%ほどの確率と言うから、恐るべき能力である。
[PR]
by m_chiro | 2015-03-12 15:36 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
4年目の3.11
早いもので東北大震災から、もう4年が経った。

4年目の今日、日本列島は前日からの低気圧で寒い日だった。

庄内も真冬日の荒れ模様で猛吹雪。
春の兆しを感じていたら、冬に逆戻りである。

そんな寒空の中を慰霊と復興祈願のセレモニーが各地で開催された。
TVが中継して、諸々の思いを再確認した日でもあった。

震災地の今の模様も中継されたが、復興は遅々としている。
遅れていると言うべきなのだろうか、それともようやくここまで来たと言うべきなのだろうか、正確に語る言葉すらない。

そんな中でTVに映し出される被災地の人々、
今も仮設に過ごす人々の元気な明るい笑顔には、逆に勇気づけられる思いがした。

そんな中で、
ある一人の高校生男児(被災当時は中学生)の言葉は、とても感銘深かった。

震災で多くのものを失ったが、得たものも多くありました。
しっかり前を向いて歩こう! 
負けないで前を向いて頑張ろう!
限界をつくらないで、精一杯やろう!
将来は故郷の役に立つ人間になろう!
そういう思いをいただきました。

そんな内容の言葉だった。
若者から得た教訓だった。
[PR]
by m_chiro | 2015-03-11 23:35 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
レデイ・ガガ、「サウンド・オブ・ミュージック」を歌う
レデイ・ガガ、「サウンド・オブ・ミュージック」を歌う(The Oscars 2015 87th Academy Awards)

レディ・ガガ
が2015年アカデミー賞授賞式での「The Oscar 2015 Night Show」で、1965年にアカデミー賞作品賞、監督賞、編集賞、音楽賞、録音賞の5部門を獲得した映画「サウンド・オブ・ミュージック」の名曲を歌った。

私は高校生の頃に、この映画を観た。
とても感動した映画で、DVDも持っている。

映画ではジュリー・アンドリュースの見事な歌声に酔いしれたものだが、このレディ・ガガは勝るとも劣らない痺れる歌だった。
いっぺんで、レディ・ガガが大好きになっちゃったなぁ~!

最後にジュリー・アンドリュースも登壇し、ガガと抱擁。

懐かしさと素晴らしさで、涙が出そうなほど感動した!

YouTubeからの投稿で、是非お聞きください。
とても素晴らしい歌唱力と歌声です。見事です!



こちらは本家・ジュリー・アンドリュースのライブから、懐かしい歌声で「サウンドオブミュージック。



同じくジュリーアンドリュースの「エーデルワイス」です。
学生時代を懐かしく思い出しました。


[PR]
by m_chiro | 2015-03-01 12:44 | 雑記 | Trackback | Comments(0)



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索
タグ