カテゴリ:雑記( 154 )
目から鱗の「ニ軸動作」
京都大学の小田伸午教授のレクチャーを受けた。
テーマは、「常歩(なみあし)式・身体動作上達法」で、身体動作の基本となる「二軸動作」を学んだ。例えば、歩行での中心軸による「一直線歩行」と、二軸による「二直線歩行」が基本形となる。散歩が日課の私には、目から鱗の身体動作法だった。

常歩による二軸の走歩行とは、どんな動作か。端的にいえば、一直線走歩行でのロスを取り除いた走歩行ということだろう。
二軸理論による走歩行は、二直線走歩行が基本である。
一直線走歩行は、骨盤と肩を左右交互にねじりながら足をクロスに動かす。ところが、二直線走歩行は、骨盤の幅を保持したままそれぞれの足を直線的に運ぶ方法と言える。
 
基本的には、それぞれの足が二直線上を進むことによって、体幹が捻られず足がターンオーバーする。しかし、二直線上を進むだけでは合理的な走歩行にはらない。

重要なのは骨盤の動きで、一直線走歩行での脚と骨盤の動く方向を思い出してほしい。脚と同側の骨盤はほぼ同方向に動く。右足が前方に振り出され、左足が着地している間は骨盤の左側(左腰)が後方に動く。

ところが、二軸理論での走歩行では骨盤の動きが違ってくる。例えば、左足が着地し右足が振り出されるときには骨盤(左腰)も後方に動くが、接地期の途中から骨盤(左腰)が前方へ動く。着地足側の骨盤(腰)が途中から前方へ動く(あるいは前方へ動く力が加わる)。この骨盤の動きによって、着地した足が地面を離れた後のターンオーバーが可能になる。

それでも、この骨盤の動きも意識してできるものではない。骨盤の動きを気にしていたら歩くことはできない。
ということで、泥棒の抜き足差し足の歩きを真似ていると上手く行きそう。

歩き始めの頃は、この基本形である「二軸歩行」がみられる。

c0113928_0224763.jpg

「スポーツ選手なら知っておきたいからだのこと」(大修館書店)より

いつから、中心軸による捻じれの歩行がはじまったのだろう。
おそらく、小学校へ入学後、行進の練習が行われるようになると、この一軸歩行が強制されて出来上がったのかもしれない。

ある週刊誌に見開きの広告を見つけた。広告主は、偽装で話題になった「赤福」である。話題に上る前の広告だった。その広告の写真は、小学校の運動会での走行の様子が大きく掲載されていて、私の目を引いた。典型的な一軸走行と二軸走行が、まるで対照見本のように映し出されていた。


c0113928_0334257.jpg


こんなに典型的に違った身体動作が行われているんことを再認識。合理的な身体動作を身につけたいものです。

詳しくは、小田伸午先生のHP、「常足秘宝館」へ。
[PR]
by m_chiro | 2007-12-11 00:50 | 雑記 | Trackback | Comments(9)
患者の「自助努力」を処方する治療家でありたい
構造的異常を痛みの原因にしない②
日常生活の癖が原因でいつのまにかヘルニアが生じる
ヘルニアがあっても痛くない人は筋痛(スパズム)が起きていないのです。ヘルニアのサイドと痛みのサイドが有意に一致する率が高いのであれば、体の歪みの癖(筋肉の短縮、痛みを避ける体位)と関係している可能性があります。
このあたりは研究してみるべきです。手技療法家のご意見は?


体癖傾向や習慣性姿位は、手技療法家にとってとても重要な研究課題だと思います。

こうした体癖傾向は筋肉を短縮させる、あるいは逆に筋肉の正常な収縮度を失わせることにつながりやすく、それが代償性の運動連鎖や機能連鎖を引き起こすことになると考えます。

そこに何かが引き金になって、スパズムが起こると「痛み」となる。

おそらく、痛みは最終警告なのでしょう。事前の警告が発信されているはずなのに、皮質有意の人間の脳は自分の都合で対応してしまいます。本能的な警告系の受信を無視しているか、気づかないのかもしれません。

ペットの猫や犬の生き様を観察していると、動物は自らさまざまな身体の変化に対応して自助努力をしていることに気づかされます。調子が悪いと、食事をもとらずにじっとうずくまったまま動こうともしません。回復が訪れるのを待っているかのようです。我が家のペットには、庭の土に穴を掘って、その中に身体を入れて休めていた猫もいました。回復するまで3~4日も、そんな暮らしをしていたのです。

ところが、人間は予定や仕事を優先させて、ついつい無理を重ねてしまいます。警告の受信は退化して役に立っていないか、無視されるのでしょう。

子供を叱るときでも、最初はやさしく言って注意します。それでも聞かないと、大きな声で注意します。次には、怒鳴ります。最後は「ゴツン!」です。最終警告です。
同様に、痛みには事前の警告があるものと思うのです。最終警告の「痛み」が発信される前に、その事前にも対応したいものです。

体癖傾向や習慣性姿位に注意してあげることは、患者の自助努力を促す一つの有り方でもあるでしょう。最も、それ以前になぜそのような体癖や習慣が起こるのかが問題とされなければなりませんが...。

ともかく、患者の自助努力を促すために、体癖傾向や習慣的姿位を指摘することは大切なことと考えます。身体の運動学や動態学的分析を行い、筋のトーンをみると推理できます。その推測に基づいて、必要な在宅のストレッチやエクササイズ等などを指導する。

医師が薬を処方するように、「自助努力」を処方する治療家でありたい、と思います。
[PR]
by m_chiro | 2007-12-07 11:05 | 雑記 | Trackback | Comments(5)
神経が伝わる仕組み
一次痛と二次痛があって、緊急時の伝導と遅い伝導の二次痛はその速度が全く違う。そんなイメージを作るのに、次のサイトはお勧めである。

また、コンピューター・グラフィックでニューロンの種類や働きが紹介されている。

感覚神経ニューロンと運動神経ニューロンの違いや、有髄神経と無髄神経の伝導速度の違いも動画でイメージできる。

また、伝導系と伝達系の違いを、電気シナプスと化学シナプスでの動画でみることができる。

Aβ有髄神経の伝導速度の早さに比べ、無髄のC線維は遅い伝導であることもイメージできる。

http://www2.edu.ipa.go.jp/gz/a-cg/a-800/a-810/IPA-acg410.htm
[PR]
by m_chiro | 2007-12-04 11:40 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
勇気とやさしさをもらえる詩
同郷の詩人・吉野弘さんの詩に「生命は」がある。
私はこの詩が大好きで、自信をなくしたり、へこんだり、自分を見失いそうになった時など、よく読み返す。
前に進む勇気を、小さな命へのやさしさを、私はいつもこの詩にもらってきた。
なんど読み返しても、やさしくて、力強くて、ほのぼのとさせられる。
小さなもののけな気さ、ささやかなものの存在感を再認識させられる。
「ありがとう」がこだましてくるような詩だ。

「生命は」    吉野 弘

生命は
自分自身だけでは完結できないように
つくられているらしい
花も
めしべとおしべが揃っているだけでは
不充分で
虫や風が訪れて
めしべとおしべを仲立ちする
生命は
その中に欠如を抱き
それを他者から満たしてもらうのだ
世界は多分
他者の総和
しかし
互いに
欠如を満たすなどとは
知りもせず
知らされもせず
ばらまかれている者同士
無関心でいられる間柄
ときに
うとましく思うことさえも許されている間柄
そのように
世界がゆるやかに構成されているのは
なぜ?

花が咲いている
すぐ近くまで
虻の姿をした他者が
光をまとって飛んできている

私も あるとき
誰かのための虻だったろう

あなたも あるとき
私のための風だったかもしれない

[PR]
by m_chiro | 2007-11-25 00:53 | 雑記 | Trackback | Comments(3)



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索