カテゴリ:MPS( 4 )
MPSの原因がTrPとは限らない
右腰臀部痛で40代女性が来院した。
腰痛のきっかけは分からない。数日前から徐々に痛み出した。
腰臀部の筋群が、左側に比べて右側が相対的に緩んでいる。

c0113928_15211879.jpg望診すると、右の肩甲骨周囲と対側の左後頭骨下部に固縮が感じられる(図の赤のエリアが痛みの部位で、青のエリアは固縮の部位で表した)。

それでこんな会話が続いた(私が赤字で、患者さんは青字)。

「問題が腰にあるのではないようだね」。
「えっ!腰がけど痛いんですよ…」。

「症状があるところが責任部位とはかぎらないよ。だから痛みがあるところに原因があるとは決めつけられないよ」。
「そうなんですか..??」

「だって、風邪をひいて熱が出たり、鼻水や咳がでたりいろんな症状がでるでしょう。でもそれって鼻が悪いから鼻水が出ているわけでも、気管が悪くなったわけでもないでしょう。鼻や気管に責任はない。だから細菌を退治する。それと同じことだよ」。
「..…???」。

「ところで腰が痛くなる前に、どこか具合の悪かったところはなかったの?」。
「ん~…、アッ! 4~5か月前に右足首を捻挫しました。それが原因なんですか?」。

「いや分からないけど、違うと思うなぁ~。なにか上体の方で具合が悪かったということはなかったの?」。
「ああ~、今でも時々仕事中とか肩甲骨の内側が苦しくなる時があります」。

「それは、腰が痛みだしてからのこと? それとも腰痛の前から苦しかったの?」
「腰が痛くなる前からですね」。

「ちょっと右腕を挙げ行くよ」。

「イテテテテ...。」。

「腰が痛いの?」

「イヤ、手が上まで挙げれない...、肩が痛くて...」

左小脳機能に相対的低下がみられたので、先に左側からの刺激を入れてみた。
C1(LL)、後頭骨(LPI)のカイロプラクティック・サブラクセーションをリリースする。
結果、右体幹回旋での痛み(-)。
左体幹回旋での痛み(+)。
痛みの部位が縮小する。

その痛みの部位からテンションを追うと右肩甲骨に至る。
右掌を痛み部位に、左掌を右肩甲骨に添えて、2ポイントでテンションをリリースする。
今度は、右体幹回旋での痛みがでなくなった。


「ほら、腰をっ治療したわけではないけど、よくなったでしょう!」

「そうですね。不思議ですね...」
「不思議じゃないよ! 原因が他のところにあったという話だよ」

このケースはTrPにターゲットを絞ったわけではない。
MPS(筋筋膜性疼痛症候群)は、必ずしもTrP(トリガーポイント)があるとは限らないからだ。
筋・筋膜性の連鎖による組織のテンションの引っ張りも、痛みの発症に関与していることは間違いないだろう。
[PR]
by m_chiro | 2014-03-18 15:45 | MPS | Trackback | Comments(11)
「鼠蹊部の痛みで左肢が上がらない」運動部の女子選手
女子(高2)運動部選手が練習終了後に歩いていて、左股関節がカクッとなり「歩行で左肢が上がらない」と言ってみえた。
中学3年の時に、運動部の練習中に左大腿骨頭骨折で手術をした外傷既往歴がある。
20㎝ほどのケロイド状瘢痕が残っている。痛々しい傷跡である。

手術後の問題では?、と不安になり執刀医を受診したが、両側の骨頭部が黒くなっていると言われただけだった。でも手術後の問題は何もないのだそうだ。
結局、痛みの原因は不明ということで、鎮痛剤と湿布薬を処方された。
その上で、運動部を止めればいいのに....と示唆的なアドバイスがあったようだ。

母親の両肩に手を載せて、ムカデ競争のようにして治療室に入ってきた。

レントゲンで骨頭の変化は両側にあるが、右側は痛まない。
左側だけが痛い。これって直接的な関係はなさそう。
右側は手術していない。左は手術の大きな瘢痕がある。これは関係ありそうだが、今まで
トレーニングをしてきたし、試合にも出場してきた。
カクッとなったのは、左側だけ。これは関係ありそう。
ぎっくり腰のようなもので、筋・筋膜の問題なのだろう。

SLRを行うと、左は45度くらいで左鼠蹊部に痛みが出てロックする。
内圧変動が鼠蹊部から臍方向にある。
鼠蹊部から傾聴を行うと、S状結腸間膜周辺に行きつく。
その傾聴についてはバレルD.O.の著書に詳細が述べられているが、内圧の変動や勾配を感じることができると尚よく理解できるだろう。
c0113928_1812024.jpg

さて、そのS状結腸間膜を狙って3~4指を臍方向に差し込んでいくと緊張と圧痛がある。
ちなみに鼠蹊部には圧痛はない。

結腸間膜をリリースすると、SLRが80度くらいまで抵抗なく拳上できるようになった。
ところが、最終域で大転子の上方に痛みがでる。
痛みの部位が鼠蹊部から大腿筋膜張筋部に変化した。
今度はその筋膜緊張を、大転子から上下に手術痕を挟んで対角にリリースした。
するとSLRも問題なくできる。股関節の屈曲運動も可能になった。

顕著な圧痛のない痛みの領域は、責任部位ではないと診た方がいい。

後で聞いたのだが、冬の合宿中にノロウイルスで腸炎になったらしい。
この症状には、そんな経過も関与したのかもしれない。
[PR]
by m_chiro | 2014-01-14 18:04 | MPS | Trackback | Comments(0)
椎間板ヘルニア(病理学的所見)≠ 痛み(生理学的所見)
30代の女性が、9月末に羽黒山に参拝した。
徒歩で出向くには、杉並木を登っていく。
2,446段の石段を踏まなければならない。
無事に登ったものの、翌日には殿筋が痛くて、かばいながら働いた。
それもまだ痛みの消えない1週間後に、今度はソフトボール大会に出場した。
選手が揃わず、辞退できなかったらしい。
試合中に腰も痛くなってきたが、我慢しながら試合終了まで動いた。
翌日には左股関節がギクッとなった。

それから左腰臀部から下肢が痛くなり、足底から趾先まで痺れを伴うようになって整形外科を受診した。
X-RayでL5‐S1間の椎間板ヘルニアと診断された。
「よくならなければ手術という選択もあります」。
手術選択の基準は、「よくなるか否か」らしい。

手術は嫌だ、と治療にみえた。
左腰下肢痛&痺れがあり、母趾が動かない。
SLRは、60度ほどで下肢がつっぱるが制限はない。
左PSISの外側と中臀筋部にTrPが2点ある。MPSである。
ハムストリングや腓腹筋にもテンダー・ポイント(TP)があり、筋膜のすべりも減少している。
股関節は外旋方向に制限されている。股関節の内・外旋の張力勾配が不均衡なのだ。

c0113928_1814563.jpg


鼠蹊部は大腿動静脈が通るので、股関節の内旋筋群の固着は大腿動静脈の血流にも少なからず影響を与えるのだろう。
酸欠によって筋・筋膜の障害が発症しやすくなる。
こうしてMPSは、下肢の筋群を養う大腿動静脈系の側枝を圧迫し、筋群を養う血流にも影響する。
だから、股関節や骨盤筋群の張力勾配をできるだけ均等状態に再構築することで、痛みや痺れ感が大きく変化する。

c0113928_18143849.jpg


筋・筋膜のTrP,TPにアジャストし、筋・筋膜系の連動を再構築すると、痺れ感が足背部から趾先に限定されるようになった。
母趾も6割ほど動かせるようになる。

椎間板ヘルニアは病理学的所見であって、痛みは生理学的所見に求めなければならない。
病理学的所見と生理学的所見は同じではないからだ。
[PR]
by m_chiro | 2013-10-28 18:24 | MPS | Trackback | Comments(0)
「背中に右手を回せない」
ダンスをしている女性。
右手を背中の方に回せない。
下着のホックを止め外しするときに、右の三角筋中前部が痛む。

上腕の伸展・回内運動による筋・筋膜の動作痛である。

痛みの出る動作肢位から身体内部の停滞軸のベクトルを追うとT6方向にある。

今度はT6から解除ベクトルを追うと、上前(AS)方向でリリースされる。
そのT6上前方向に刺激を入れて内圧停滞軸をリリースする。

再度、動作痛を確認させると動かせる、痛くない。
筋・筋膜痛の解除キーは、必ずしも痛む筋に取らなくても解消できる。
身体内部の圧力勾配を探りながら、そのベクトルを追う観方も、思わぬ関連痛の出所を読み取れることがある。

だから、時に関連痛はおもしろい。
[PR]
by m_chiro | 2013-09-12 18:21 | MPS | Trackback | Comments(0)



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索