カテゴリ:膜の話( 6 )
再び、第3の循環系「脳脊髄液」について①
① 誤れる脳脊髄液の循環経路

先日の記事『「解剖学の抜け穴」を読む』に、sansetu先生が髄液循環の意義について推論を述べておられた。「揺らし」という技法からの感想である。
私は「揺らし」という技法についてよく知るところではないが、「振動伝播」という考えからみれば納得させられるご意見であった。
髄液循環と揺らしメモ
血液、リンパ系に加え、髄液系をも含めた循環系を提唱しています。もっともだと思います。揺らしではいくつかの場所と方法に分かれますが、特に体幹では作動部の一つである腰椎間の押し引きにより髄液にも振動を与えていることが考えられます※。
それに加えて立位で圧縮され縮んだスポンジのようになっていた軟部組織(たとえば椎間板)に体液を供給する効果もありそうなことがバドマン博士(飲水療法)の仮説からうかがえます。
なぜ揺らしは交感神経緊張の緩和に絶大なる直接的とも思われる直後効果を発現するのか。
理由は分かりませんが、髄液との関係も絡んでいそうです。
※腰椎にはL1から下部には脊髄はありませんが、椎骨に対して「伸ばす圧する」を繰り返す物理刺激は髄液圧にも影響が及ぶと考えます。

ところで、この脳脊髄液の循環について、解剖学の成書では先ずお目にかかれない。
お目にかかれないから、その循環経路については知らない。
知らないということは、存在しないに等しい。
だから、頭蓋療法(クレニオパシー)を行う治療家も曖昧な物言いになる。

さて、上述の「解剖学の抜け穴」では、「この経路を示した教科書は世界中に(一つの例外を除いて)一冊もありません。唯一の例外が、藤田恒夫氏の教科書の最新版です」とある。

早速、その世界で唯一の教科書を探してみたところ、藤田恒夫著ではなく藤田恒太郎著の「人体解剖学・改訂第42版」にたどり着いた。

届いた著書をみると、確かに440~441頁見開きで「脳脊髄液」という小見出しで2頁にわたり解説されている。
そこには橋本一成先生の下図が掲載されていて、その循環経路が表にしてある。
c0113928_22111637.jpg

c0113928_22182550.jpg

脳脊髄液(髄液)は4つの脳室の脈絡叢でつくられる。
脈絡叢は、脳室にある腸の絨毛に似た構造(上皮性脈絡板)で、ここから髄液が分泌される。

一日に生産される髄液は400~500mlで、全量は平均130~150ml、これを一日に3回以上入れ換えている。

4つの脳室を満たした後に、第4脳室の天井部にある3つの孔(正中のマジャンディ孔と左右外側のルシュカ孔)からクモ膜下腔に出る。
また、脊髄を下降した髄液は脊髄末端の終糸にある第4の孔(中山の孔)からクモ膜下腔に出て上行する。

そして脊髄のクモ膜下腔まで戻り、脈絡叢とそれに付着した脳室周囲器官にある「静脈性毛細血管」から「静脈」へ吸収される、と解説している。

中山の孔」は、中山雄三先生が1972年にその存在を小動物で発見し、それを追試する形で橋本一成先生らが1993年に霊長類(8例の遺体と2例のニホンザル)に初めて認めた流出口である。

私たちが習ったのは、脳天にある「クモ膜下粒から上矢状静脈洞に流入する」という経路である。
下の図(ネッター解剖図譜・神経Ⅰ)は、クモ膜顆粒と上矢状静脈洞が詳しく出ている。
c0113928_22144982.jpg

さもありなんと思わせる図だが、これは1914年にアメリカのウイードが説いた仮説なのだそうだ。
百年ほど前の仮説が改められることなく流通しているということになる。

クモ膜顆粒は乳幼児や胎児にはない。
ということは、この説はやはり怪しい。クモ膜顆粒が髄液の流出口であれば、「すべての新生児は水頭症になるでしょう」と橋本先生は書いている。

実験小動物も、脈絡叢や髄液はあってもクモ膜顆粒は生涯にわたってないそうだから、ますますもって怪しい説である。

橋本先生は、この液循環系を「第3の循環系」であると主張している。
そして、この循環経路は末梢神経の神経周膜に連続して全身の神経にそって分散している、とされている。
が、「神経周膜下のスペースを髄液がどのように移動しているかは、これは未だ不明」だ、と「人体解剖学」書では「脳脊髄液」の項を結んでいる。

さて、この末梢神経の周膜を脳脊髄液がどのようにして移動するのか。

椎間板への血流経路は成人になると絶たれ、それに代わってリンパ液が椎間板を養うのであるが、これは振動伝播であれ、運動であれ、外部からの入力が大きな割合を占めるのだろう。
では末梢神経の髄液動力は?、となると想像ですらその機序が浮かんでこない。

これが明らかになると、徒手療法が果たす効果の背景が見えてきそうな気もするのだが。。。。
[PR]
by m_chiro | 2011-07-22 22:35 | 膜の話 | Trackback | Comments(0)
「膜系の治療」と腰が折れ曲がった急性腰痛患者
10日前に靴を履こうと前屈した時に、腰にピリッと痛みが走った30代の女性。
翌日から更に痛みが増して、歩行や寝返りにも支障が出るようになる。
整形外科医院でのX-Rayでは特別な異常がない。
「疲れでしょう」と言われて、鎮痛剤と湿布剤を処方され、「安静にするように」と指導された。
それで仕事も1週間の休みを取り、自宅で安静にしていたら何とか動けるようになった。

休養明けで出勤したが、どうも具合が悪い。
充分休んだのだから頑張らなければと働いていたが、3日目には腰が伸ばせなくなった。
堪らなくなり、昼休みに横になって休息を取ったら、今度は起き上がれなくなった。
やっとのことで立ちあがったら、腰が屈曲して腰が折れ曲がって伸ばせない状態になった。

これでは仕事も出来ないと、70度ほどに腰を屈めて手を大腿部に添え、やっと歩くようにして治療にみえた。

ともかく腰が伸びなければ治療テーブルで臥位になれない。腰部前屈位での姿勢であれば、座位でいることは可能のようだ。先ずは、座位で背部と腹部の浅筋膜の動きを調整して、ある程度は体幹の伸展を可能な状態にしなければならない。

今度は何とか、テーブル上で伏臥位に出来たが、左の腰背部の筋は過緊張で盛り上がり硬くなっている。胸郭膜も過緊張して胸郭の可動もみられない。

こうした患者さんは浅筋膜リリースが上手くいくと、深部の筋も弾性を取り戻してくる。
腰背部が緩み出したので、伏臥位のままで右の上肢を挙上させると左の鼡径部から大腿部に関連痛が起こる。左の上肢の挙上では問題が起こらない。

そこで胸郭膜と横隔膜をリリースした。今度は、左上肢の挙上も問題なく出来るようになった。胸郭が可動するようになると、更に背部全体の筋に柔軟性が出てきたので、体幹を20度まで伸展位にして腰仙部の筋膜リリースを行う。
浅筋膜は、背部と腹部、側部の左右の動きで逆のすべり運動が起こる。そこを注意深く、膜可動域を確認しながら進めるのがいい。やたら筋肉を刺激して怒らせてしまうと、どうにもならなくなる。

この患者さん、帰りは直立位で歩けるようになり、「あっ~、楽に動ける」ようになった。まだ「要治療」ではあるが、注意事項をしっかりと伝えて、在宅で出来るケアを指導した。

膜系についての基礎的な学びは、どうにも動かせないこうした症例でも役に立つ。
直接筋肉にアプローチしてしくじるよりは、軽い刺激で有効な効果が出せる。
膜系の学びには、久しく翻訳を待ち望んでいた「エンドレス・ウェブ」も恰好の教材である。
c0113928_18213236.jpg

皮膚や浅筋膜の運動のパターンを知るには「皮膚運動学」も役に立つ。
触診で動きが感じられれば対応できる。更に、浅筋膜の運動パターンを知っていれば、触診の手助けにもなる。
お勧めの参考書である。
c0113928_18215197.jpg

[PR]
by m_chiro | 2011-02-12 18:35 | 膜の話 | Trackback | Comments(2)
膜の話④ ニモの考え「異常な受容は異常な動きを生む」
多くのカイロプラクターが、伝統的な手法である「脊椎ミスアライメント」の矯正に主力を注いできた。身体的不調の根源的な原因を分節レベルに求めてきたからである。
今でも、この概念は大筋で変わっていない。

ところが、20世紀半ば頃に活躍したニモというカイロプラクターは、脊椎ミスアライメントを根源的な原因とは考えなかった。
そもそも、なぜ関節面に位置的なずれが起こるのか?
それは、決して骨が勝手にその位置を変えたのではないからで、「骨がそこにあるのは筋と靭帯がそこに置いたからである」と主張し続けたのである。

骨を制御しているのは骨自身ではない。その骨に関わる筋を制御する網様体賦活系が担っている。したがって、網様体賦活系(RAS)が受容器からの異常な入力に支配され続けている結果だと、ニモは考えた。

「異常な神経学的入力は、異常な出力を生む」ことになる。
重要なことは、出力にあるのではなく異常な入力にあると考えたニモは、身体の歪みを分節性の問題に求めるべきではなく、網様体への異常な入力を解除する方法を提案したのだった。

D.D.パーマーは、この根源的な問題を「神経のトーン」に求めた。神経の緊張の過不足こそ根源的な問題だとした。その意味では、D.D.とニモの考えは似ている。
違いは、DDが脊椎レベルへの刺激で治療したのに対し、ニモは末梢の受容器の刺激にこだわった。

しかし、DDが目指したものは分節レベルの調整にあったのではなかった。如何に脳に対して改善する刺激を送るか、その刺激入力のポイントを椎骨という神経経路の中間に置いたのだろう。だからこそ、DDの最初の患者であるリラードの聴力を回復させることができたのだろう。

視点を変えると治療法の目的が全く変わってしまう。ここは押さえどころであり、留意しておきたいところだろう。

ニモの言動は「カイロプラクティック批判」と取られ、そのテクニックは「カイロプラクティック治療ではない」とされ、反カイロプラクティックの矢面に立たされた。
しかし、ニモの目指したものは、D.D.の主張した「神経の過不足」に焦点を当てた本来のカイロの概念を踏襲したものと思われる。それでも、ニモの概念はカイロプラクティックの主流からは外されてきたのである。

ニモは次の言葉を残している。

「カイロプラクティックは、神経系の機能の正常な全体性を妨害する人体内の異常な病巣を突き止め除去することに関わる科学であり技術である」。

「これは反射システムではなく直接の働きかけであり、いわゆる反射をすべて完全に一掃するものである」。
(「カイロプラクティック・テクニック・システム」より)
[PR]
by m_chiro | 2010-06-29 00:29 | 膜の話 | Trackback | Comments(0)
膜の話③ ニモの疑問
ニモ(Raymond L. Nimmo,D.C.)は初期のカイロプラクターであるが、その考え方は当時とても斬新だったと思う。
そのニモのテクニックや考え方も、カイロプラクティックにどれだけ浸透したかは疑問符がつく。
むしろ他領域のボディワークに多く取り入れたようにも思うが、どれだけ正確に伝えられたか、それも疑問である。
何しろテクニックの形は押圧であるから、誰にでも簡単に真似のできるものなのだが、ニモの狙いを確実に実行しているかは分からない。
それでも、ニモの概念はトラベルのトリガー・ポイントに内包されて広がって行った。

ニモの経歴を辿ると、カイロプラクティックのテクニックに対する疑問を繰り返しながら辿りついたものであることとが分かる。

ニモは1926年にパーマー・カイロ大学を卒業している。
開業してBJパーマーの「上部頸椎テクニック」を使っていたようである。
これはホールインワン・テクニック(HIO)とも呼ばれ、全ての身体的問題を上部頸椎の変位に還元している手法である。
ニモの最初の疑問は、「姿勢がよいのに痛みに苦しめられる人がいる。逆に姿勢が悪いのに痛まない人がいる」、「収縮させたわけでもないのに、緊張した筋肉の人がいるのはなぜだろう」、「なぜ緊張した筋が作られるのだろう」、というものだった。

次に、ニモはローガン・ベーシックを学んだ。ローガン・テクニックは、端的に言えば極めて軽微なタッチ仙結節靭帯周囲に触れて身体の律動を促すものである。
だが、何十キロもの重い物を持ち上げたり、体重が90kgもあるような人が歩いたり走ったりするのに、軽微なタッチが身体にどのような恩恵をもたらすのか? ここでもニモの疑問はぬぐえなかった。
それにローガンは、ヒーリングの教室に学んで、その原理を借用していたことも疑問を大きくしたのだろう。
更に、いろいろな技法にかかわりながらも疑問は消えないままだった。

最終的には、筋膜リリースの「マッキントシュ・システム」に学んだことで、ニモの手法が完成されて行く。
そして、カイロ大学の卒業から25年以上経って(1954年)、レセプター・トーヌス制御法(RCTM)がニモの治療法になったのである。

ニモの概念には独特の用語が使われたようであるが、概念的に同じ一般的な用語がある時は自らの用語を惜しげもなく放棄したようである。

ニモが行き着いたのは「トリガー・ポイント」と同様の概念だった。
それは、筋・筋膜あるいは靭帯には痛みの神経メカニズムが働く配置があるというものであった。
そのポイントこそ、中枢神経系に押し寄せてバランスを覆す有害なインパルスを生成する部位だとしたのである。

カイロプラクティックが「関節面のミスアライメント」を盛んに主張していた時に、ニモは筋・筋膜の末梢と中枢を結ぶ異常な焦点に注目した。そして、「ザ・レセプター」という雑誌を発行して主張し続けたのであるから、まさにカイロプラクターとしては異端だった。

参考文献:R.Cooperstein,B.J.Gleberzon(伊藤彰弘監訳):カイロプラクティック・テクニック・システム.218-225、エンタプライズ、2005.
[PR]
by m_chiro | 2010-06-09 00:05 | 膜の話 | Trackback | Comments(0)
膜の話② 「膜の話」はニモD.C.の考え方からはじめよう
膜の話② 「膜の話」はニモD.C.の考え方からはじめよう

先に、「トリガー・ポイント(TP)」と「侵害生成点(NGP)」について触れた。

NGPは訳者によっては、「侵害生成点」や「有害生成ポイント」と訳されている。
いずれにしても、今日的には「トリガー・ポイント」と同義と見ていいのだろう。
同じような概念が、医師とカイロプラクターという異なる領域から、ほぼ時期を同じくして論述されていたわけである。
ところで、この2人の同様の概念に対する臨床的手法にはどのような違いがあるのだろう。

TPに対しては、ストレッチ&コールドスプレー、そしてTP注射が用いられたことはよく知られている。
では、「ニモの手法は?」と言うと、レセプター・トーヌス制御法(Receptor Tonus Control Method;RTCM)と呼ばれている。
どうもNGP(TP)に虚血性の圧迫を行ったようである。
具体的には、NGPに7~10秒間ほどの圧迫を3~4回ほど反復する方法らしい。

随分と単純な手法だと思うのだが、そうした手法そのものよりも核心的な課題が2つある。
ひとつは、NGPつまりTPを同定することにある。どこでも押せばいいという訳ではないので、これが手法の前提としては単純ではない。
もうひとつは圧迫の加減である。器具も使ったとされるが、強すぎても弱すぎてもダメで、その加減にも難しさがある。単純なほど奥は深いのかもしれない。

実は、ニモの手法は局所の刺激を使って、上下の神経系の応答に働き掛けているのである。
このニモの考え方は、カイロプラクティックの中では異質である。
つまりカイロプラクティックの特徴とされる分節的手法ではない。
カイロプラクターが膜系の治療を語る時に、このニモの概念を避けては通れないものがある。
ニモの考え方には、共感できるところが多々ある。
そんなニモの考え方を紹介しながら、膜の治療について考えて行きたいと思う。


参考文献:1.増田裕:ニモ・テクニック.マニピュレーション、18(3):51-55
     2.R.Cooperstein,B.J.Gleberzon(伊藤彰弘監訳):カイロプラク
      ティック・テクニック・システム.
      218-225、エンタプライズ、2005.
[PR]
by m_chiro | 2010-05-24 19:41 | 膜の話 | Trackback | Comments(0)
「トリガー・ポイント」と「侵害生成点」
トリガー・ポイント(TP)という新しい概念を提唱したのはJ.トラベル医師(Janet G. Travell, M.D.;1901-1997)である。
この新しい概念と用語が発表されたのは1952年とされている。
彼女は、筋膜痛と関連痛の研究に40年以上にわたる年月を費やし、この間40編以上の論文を医学誌に発表した。
当時、ケネディ大統領は自らの政治生命を脅かすほどの痛みや病気を抱えていて、トラベル医師が大統領の主治医として活躍した話はあまりにも有名である。

このトラベル医師の発表に先立つ1940年代後半に、カイロプラクターのR.ニモ(Raymond Nimmo,D.C.)がトリガーポイントと同様の概念を「侵害生成点;Noxious Generative Points(NGP)」という用語で提唱していた。

TPとNGPは同様の概念である。
時期を同じくして、医師とカイロプラクターという異なる領域の二人が、痛みと鎮痛に関わるポイントを捉えていたことになる。

では、なぜ「トリガー・ポイント(TP)」が普遍的な用語となったのか。
背景には、ニモD.C.の英断があったとされている。
トラベル医師がトリガー・ポイント(TP)について発表した論文を読んだニモD.C.は、同じ概念を違った領域から主張し続けることは無用の混乱を招きかねないと考え、「侵害生成点(NGP)」の用語を廃棄したとされている。
このことも一因となって、「トリガー・ポイント(TP)」は普遍的な用語となり、NGPは先に発表されていたにもかかわらず、歴史の片隅に埋もれることとなった。

トリガーという言葉は医学用語としては安易に過ぎるきらいがある。
「侵害生成点」は神経系のもたらす意義を良く表現しているものと思われるが、トリガーという安易な呼称が普及したことで、印象的には本来の神経学的・生理学的な意義性を希薄なものにしたのかもしれない。

つづく
[PR]
by m_chiro | 2010-04-28 00:57 | 膜の話 | Trackback | Comments(0)



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索