カテゴリ:未分類( 41 )
[自律神経系」覚書❷
❷交感神経と痛みは、切っても切れない関係

例えば、腰痛がだいぶ良くなったと思っているうちに再発したり、激化したり、反復する患者さんも少なからずいる。
それでも、おおよそ90%の急性腰痛の患者さんは6カ月以内に治癒する、というステートメントがある。
ほんとに急性の腰痛は通常6カ月で90%が回復するのだろうか?

しかしながら、その提言に反論する前向きコホート調査の論文も出されている。
[Prognosis in patients with recent onset low back pain in Australian primary care: inception cohort study:BMJ 2008;337:a171, doi: 10.1136/bmj.a171 (Published 7 July 2008)]
追跡対象973例(平均年齢43.3歳、男性54.8%)の、オーストラリアにおけるコホート調査である。
その調査によると、1年以内でも7割ほどの改善率でしかはない。
c0113928_1194312.jpg


急性痛か慢性痛かの見分けは、患者さんの訴えに見合う障害があるかないか、を確認することなのだろう。
そこに原因となる障害部位があれば、いくら痛みが長期化していてもそれは急性痛として対応しなければならない。
障害部位を回復させることに、まずは専念すべきであるということだが、慢性痛症と診断された患者さんでも少なからず急性痛の部分を持っている。
つまり混在している。
あるいは痛みが自己持続性に存在するとしたら、そこに関わる要因を広く考えるべきなのだろう。

こうした痛みの自己持続性に関わる可能な要因とは何だろう。
第一に思い浮かぶのは「交感神経の活動」である。
痛みは交感神経の活動性を増す。
したがって筋の緊張性も増加する。

交感神経からの入力は、α運動ニューロンの興奮性を高めることになる。
あるいは細動脈の血流を阻害する。
こうして痛みの悪循環が始動することになる。

筋スパズムによる痛みは、筋収縮が持続性に起こった結果である。
後角への興奮性の入力が続いているのだろう。
もしも分節性の抑制が行われなければ、それでも痛みのサイクルは持続するだろう。

あるいは脊髄より上位ニューロンからの抑制が減少していても、やはり興奮性入力は続くことになる。
痛みの自己持続性は、神経のみならず筋組織にも可塑的変化が起こる可能性を示唆するものである。
だから痛みは早急に除去しなければならない、とする理由にもなるだろう。

c0113928_11112016.jpg

痛みの循環経路図では、そのルートのどこからでも痛みを遮断することができる。
もしも痛み症状が残されたままに置かれると、どうなるのだろう。
除去されなかった痛みは、再悪化、再激化する可能性を秘めている。

なぜなら不完全な鎮痛が残れば、交感神経の興奮が抑制されない状態も残るからだ。
それで再びスパズムが起こる火種となる。

中途半端に残された痛みによって、交感神経の興奮が自分自身の中で続くことになるというわけである。
痛みの自己持続性は、交感神経の興奮が続く限りトリガーにもなるということだろう。
[PR]
by m_chiro | 2015-01-13 11:08 | Trackback | Comments(0)
「自律神経系」覚書❶
❶末梢神経とはいっても…..

師匠の学びに触発されて、私も「自律神経」について再学習をはじめた。
思いつくままに、脈絡のない「覚書」として書いていこうと思う。
新たな気づきが沢山あるし、時には感動することもある。
学びはいつも新鮮だ。

さて自律神経は、もとより解剖学的に末梢神経に分類されている。
末梢神経というのは、中枢神経と区別するために分類された。
分類したのは、あくまでも人の都合である。
人とはどんな人かといえば、おそらく解剖学者だろう。

中枢神経というのは脳であり、そこには概略して大脳、小脳、脳幹、脊髄が含まれる。
これとて人の都合による機能的区分にすぎない。
例えば、呼吸や血液循環など生命維持に直接かかわる機能区分として「脳幹(間脳、中脳、後脳)」と名付けられているわけであるが、元の区分は発生学に依るのだろう。

神経を構成することになる「神経管」は外胚葉が陥没してできあがり、前方に脳が形成され、後方に脊髄ができる。

c0113928_9235891.jpg

(夕闇千鳥のお勉強日記「神経系へのイントロダクション パートIV」)

脳は、その区分の前脳から「大脳」が形成され、後脳から「小脳」が分化されたものだ。
それ以外の神経、つまりは中枢神経系に接続している神経系は全て末梢神経となる。
それは脳神経、脊髄神経、自律神経を総称している。

だからといって、中枢神経系と末梢神経系の間に境界があるわけでもない。
末梢神経は、その軸索を中枢神経系の内部にまで延ばし「核」で接続されている。
あるいは「節」で外部とも繋がっている。
だから中枢神経系と末梢神経系は、そこに解剖学的境界などは存在せず、両者は交わった一体のシステムなんだ。

そのことを知ると、我々の治療が皮膚の組織からの刺激入力であっても、中枢神経系を介して身体システムの調整系に関わっていることを想うべきである。
すると治療のイメージも広がる。
この一体化された神経科学の前提は臨床の現場でも役立つことだろう。
[PR]
by m_chiro | 2014-12-10 09:25 | Trackback | Comments(0)
「左膝が痛んで歩けない….」
前日の記事「咳が治らない...!?」の患者さんが連れてみえたのは、「左膝が痛くて歩けない」という患者さんだった。

左足拇趾の内側で、物を横に押し返したときに痛めたらしい。
10日ほど経っても具合が悪いので、温泉に行ってジェットバスで盛んに刺激したところ、翌日には更に痛んで歩けなくなった。

触診すると、左の鵞足部の筋筋膜が弛んで脛骨が外旋している。
単純な組織の損傷のようだ。

ところがよく聴いてみると、以前から左下肢痛(しびれ感を伴う)、左鼠蹊部痛が続いているのだという。
診ると、左下肢の動脈幹に沿っての緊張がある。
「左脚はシビレだけでなく、冷える?」
「冷えるなぁ~」

「こういう症状は、いつごろから?」
「2年前に狭心症の治療でステント留置の手術を受けた後からかな…」

「でもカテーテルを入れたのは腕からではなかったの?」
「腕からだったんだけど、ステント入れたら、そのステントのところに今度は血栓が飛んで….、すぐに集中治療室で10日間動かないようにされて、そのときは鼠蹊部からも入れたんだけど…。そういえば左の鼠蹊部は上手く入らなかったのか、何度も何度もやり直してたなぁ~。後になってからも左の付け根だけが痛かったもの。」

動脈幹の機械受容器は伸長刺激に対する感受性が高いとされている。

その時の刺激で、反射的に大腿の動脈幹や周辺膜組織の緊張が残されているのかもしれない。

慎重に動脈幹や周辺膜組織に脈管系マニピュレーションを行った。
すると左下肢の触診感覚がとてもよく反応し変化した。
最後に、鵞足部へは伸縮性テープで収縮方向への作用を補強するように貼付する。

終わって歩かせてみると、「アレッ! 痛くない! 歩けるぞ!」。

「左脚のシビレは?」
「今はシビレてないよ。脚の痛みもない。ああ~、嬉しいなぁ!」
劇的な変化だった。

結構、術後の瘢痕が思わぬ症状をつくり出すこともあるようだ。
徒手療法はいろんな機能の可能性を考慮して、多角的視点から観ることが大事なんだ。
この患者さんにも、そんなことを改めて思い知らされたのである。
[PR]
by m_chiro | 2014-11-14 17:32 | Trackback | Comments(0)
日本カイロプラクティック徒手医学会(10.25~26)に出席します
金沢市で開催される「日本カイロプラクティック徒手医学会・第16回学術大会」(10.25~26)に出席します。

c0113928_8453932.jpg


テーマは「イネイト・インテリジェンス~治癒のメカニズムを科学する~」

なんともカイロ的なテーマです。

歯科医師の幸田秀樹先生のワークショップ「姿勢制御系における顎口腔系の役割」は興味深い内容で、楽しみです。

「線維筋痛症のアプローチ」というパネルディスカッションも関心のあるテーマ。

その他、神経根障害を自律神経系の変調から解き明かすという伊藤彰洋DCのワークショップも聞き逃せない。

今回、私は何の役割もないので、じっくりと聞いてきたいと思います。
でも、金沢は酒田からは遠い。というよりアクセスが悪い。
飛行機を乗り継いで出かけますが、前日に東京に着いていないと、小松行の便に間に合わない。

というわけで、その間オフィスはお休みします。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。
[PR]
by m_chiro | 2014-10-24 08:51 | Trackback | Comments(0)
侵すべからざる壁(BBB)は神経の可塑性にどうかかわるか?
日経サイエンス513号の記事は、血液脳関門(BBB)に関する最新情報を紹介している。
あらためて興味深く読んだ。
「血液脳関門をこじ開ける(J.インターランディ)

血液脳関門の存在を最初に発見したのは、エールリッヒという、ノーベル医学賞を受賞したドイツの細菌学者である。
「化学療法の父」と称されていて、「特効薬」なる言葉の生みの親だそうだ。
梅毒の特効薬を開発したのもエールリッヒである。
梅毒は全身的に侵される細菌性の病気で、最終的には脳が侵される。
エールリッヒが、研究室でマウスの血管を染色法で調べる実験中に脳のバリア機構を発見した。実際は、エーリッヒの研究を手伝っていた学生のようだ。

マウスの血管に注入し色素が脳だけに届かなかった。
逆に脳血管に注入した色素は脳だけを染色し、全身に届かなかった。
いわゆる血液脳関門(BBB)の存在が証明された瞬間である。
脳組織には一部の物質しか通さないバリアが張られている。
このバリアは「侵すべからざる壁」とされ、1世紀以上も広く研究される対象ではなかったようだ。
c0113928_7344737.jpg

ところが近年は顕微鏡の性能が向上した。
特に「2光子顕微鏡」の開発により、リアルタイムにBBBを観察できるようになった。

このバリア機構を担うのは血管の内皮細胞とグリア細胞だ。
脳の血管はヒトの標準で600kmもあるらしい。そのすべての血管の内皮細胞はとても緻密であるという。
驚くべきことに血管細胞は脳の細胞と情報交換し、相互に影響を共有しあっている。
どの分子を受け入れ、どれを遮断するか決めるのも、相互の情報交換によるのだろう。

その血管壁は周辺細胞(ぺリサイト)が覆い、更にその上をアストロサイト細胞が覆い尽くすように張り付いて、バリア機構をさらに強固にしている。この完璧なバリアを、ミクログリア(中枢神経常在のマクロファージ)が巡回して防御している。その神経細胞の数は1000億個に及び、まさに「神経血管ユニット」の防御態勢である。

最新の研究では、神経変性などの難治な疾患、例えばアルツハイマー、パーキンソンD、てんかん、多発性硬化症などがBBB機能の破綻に原因しているのではないかと見られているようだ。
それを様々な技法で、血管内部から投薬する研究が進められているという。

多発性硬化症に関する研究の紹介では、難治性の痛みとの関連からも興味深いものがあった。
多発性硬化症は消耗性の筋痛や痺れ、視力障害などを繰り返す疾患である。
この疾患は軸索のミエリン鞘に損傷が生じるのであるが、その難治性で反復する症状がBBBの破損によるものではないか、と研究者の間では疑われるようになった。

MRIを用いた研究も進んでいて、BBBのバリア機構の破損を調査しているようだ。
BBBの破損によって関所が破られ、白血球が毛細血管から脳に入りすぎる。
それがミエリン鞘を攻撃する。
BBB破損の原因は活性酸素で、この酸化をブロックする抗酸化剤をマイクロカテーテル法などによってBBBの血管内に入れて、関門の安定化をはかることが検討されているのだという。
そうなると、多発性硬化症は免疫系の病気ではなく、BBBの病気だということになる。

BBBは、ヒトなどの動物に備わった脳と血管が手を組んだセキキュリティ・システムだということを知ることができる。
難治の病気にBBB防御システム系が関わっているとしたら、新たな治病の在り様も見えてくる日が近いのかもしれない。
[PR]
by m_chiro | 2014-08-18 07:39 | Trackback | Comments(0)
配慮のない幼児の発達の遅れを防ぐために
HealthDayの記事から、
「つけっぱなしのテレビは子どもの言語の発達を妨げる」(2014.6.26掲載)

米国小児科学会(APP)は、2歳未満の子供はTVなどのスクリーンタイムを避けて、親と積極的に遊び、会話するように勧めている。
これは米ホリンズ大学心理学助教授のTiffany Pempekらの研究でわかったこと。

あらためて言われなくても分かりそうなことなのだが、実際何気なしにTVがつけっぱなしになっていることがよくある。
子供のいる家庭環境では、特に気をつけたい何気ない所作である。

アメリカの2歳未満の子供のいる家庭では、一日平均5.5時間もTVがつけっぱなしになっている環境下にあるそうだ。
子供が言語を獲得するためには、親との積極的な会話や遊びが重要だということ。
そのためにも2歳未満の育児環境では、TVなどのスクリーンタイムを避けるように、と米国小児科学会が注意している。

TVが子供の言語の発達に悪いというのではなく、親がTVに注視してしまうことで子供との積極的な会話や遊びが不足しがちになりやすい。
そのために言語の獲得や発達に悪影響を及ぼすおそれがある、ということのようだ。

親と子のふれあいは子供の成長に欠かせない。
いつの世でも大事な案件である。
そんな成長発達が遅れやすい環境のために、発達障害という病気にされて、薬漬けにされるとしたら、こんな悲劇はない。
発達障害と診断される子供が増加している。
ホントの病態と、無配慮がもたらした遅れている発達過程の問題は、分けてみる必要がありそうだ。

こんな記事もある。
「ADHDは作られた病であることを「ADHDの父」が死ぬ前に認める」

多動性、不注意、衝動性などの症状を特徴とする発達障害の注意欠陥・多動性障害(ADHD)は治療薬にメチルフェニデートという薬を必要とするとされていますが、「ADHDの父」と呼ばれるレオン・アイゼンバーグ氏は亡くなる7カ月前のインタビューで「ADHDは作られた病気の典型的な例である」とドイツのDer Spiegel誌に対してコメントしました。

カリフォルニア大学のアーウィン・サヴォドニック教授は「精神医学の用語はまさしく製薬会社によって定義されているのです」と語っており、その一例として、マサチューセッツ総合病院の小児精神薬理学科やハーバード・メディカル・スクールの准教授は2000年から2007年までの間に製薬会社から100万ドル(約1億円)以上を受け取っていたことが発覚しています。

[PR]
by m_chiro | 2014-06-27 11:45 | Trackback | Comments(0)
ストレスホルモンをコルチゾンから、オキシドシンへ
前回の記事に引き続いてストレス反応の問題。

ストレス反応から立ち直らせるホルモンとは何か?
ケリー・マクゴニガルは、それはオキシトシンだ、と言う。
オキシトシンと言えば、女性が出産や分娩、授乳に関わって視床下部で作られ、下垂体後葉から分泌されるホルモンとして知られている。

では、男性には関わりのないホルモンなのかというと、そんなことはない。
男性でも自分の子供ができるとオキシトシンのレベルは上がるのだそうだ。
きっと、愛情ホルモンなのだろう。

こんな調査の報告もある。
ハタネズミにプレーリー・ハタネズミとアメリカ・ハタネズミの2種類があり、プレーリー・ハタネズミは生涯をつがいで暮らすのだそうだ。
一夫一婦制のペアは哺乳類でも3%以下だそうだが、プレーリー・ハタネズミはオキシトシンの作用が強いのだとか。
その分泌を阻害すると、プレーリー・ハタネズミはつがいをつくらなくなる。
この調査から、オキシトシンは愛情ホルモンだとみられるようになった。

家族や社会のため献身的になること、信頼を高めること、スキンシップ、強い絆があることもオキシトシンの作用に関わるようである。
心地よい音楽を聴く、抱擁や入浴時にも分泌されるホルモンらしい。

そして何よりも重要なこと、それはストレスホルモンであるコルチゾンを抑える働きをすることだろう。
オキシトシンもストレスホルモンとされているようだが、コルチゾンとは対極にあるホルモンのようだ。

「日経サイエンス」のP. J. ザック(クレアモント大学院大学/ロマ・リンダ大学医学センター)の記事「信頼のホルモン オキシトシン」では、人間社会でうまく機能するためにはオキシトシンは重要な役割を担っていることが書かれている。

確かに、ストレス反応に過敏になっている患者さんには自分の体に対する信頼が欠けているようにも見える。
一方、ストレスで過食・暴飲暴食に走る患者さんは、自分の体に対する愛情の欠如があるのかもしれない。

もっと自分の体にも愛情を持ち、そして信頼しなさい、と言うことかな。
[PR]
by m_chiro | 2014-06-18 07:19 | Trackback | Comments(0)
「ストレスが悪い」、この考え方を変えよう!
ストレスが、いかに心身に悪影響を与えるか! 
そのことは誰もが知っている。
ストレスは健康問題だけでなく、生活の質をも左右している。

スタンフォード大学の健康心理学者であるケリー・マクゴニガル博士もまた、「ストレスは体に悪い」ということを盛んに説いてきたそうだ。
ところが、そのことが逆に「多くの人の心身を害することになった」、と告白したのである。
先日、NHKの「スーパープレゼンテーション」の再放送で、その話を聞いた。

ケリー・マクゴニガルは研究の成果から得た知見を基に、ストレスを悪とみなすのは単純な理解に過ぎないのだと話した。
「ストレスが悪い」という信念や理解が、逆に悪弊をもたらしている、というのである。

では、どうストレスと付き合うべきなのか?
ここにケリー・マクゴニガルの新たな提案がある。

ストレスの研究も進んでいる。
単純な理解では済まされないほど複雑なメカニズムが働いている。
そう話していた。
ならば、視点を変えてストレスも受け入れるしかない。
どうやって、視点を変えるのか?

人の体はストレスに対して、いろいろな症状を作り反応する。
が、そのことは「体が活性化していること」なんだ、とケリー・マクゴニガルは言う。
確かに、体はストレスと闘っている。
ストレスに反応しない体なんて、疲弊して反応する元気もないのだ。
だから、ストレス反応は体を立て直そうという活発な反応ということになる。

たとえば、ストレス反応として交感神経系が過剰に活発になり、コルチゾンなどのストレスホルモンが上がる。そのために心身の緊張状態がつくられることになる。
ここで「ストレスを悪」とみなすと、ますます心身に悪弊をもたらす悪循環が生まれる。
「ストレスは悪」という考え方をやめて、「身体が活性化している状態だ」と捉えよう。
ストレスに対する考え方を変えて、上手に付き合うことが必要だ、という結論である。

すると、実験結果に特徴的な変化が現れた。
「ストレス=悪」という考え方を持っている人の心臓血管は収縮したのだが、「ストレス=身体の活性状態」という考え方に立つ人の心臓血管は収縮しなかったのである。

ケリー・マクゴニガルが、TEDで行った興味深い講演を聞いてみよう。

「ストレスを友達にする方法」by ケリー・マクゴニガル


[PR]
by m_chiro | 2014-06-16 22:59 | Trackback | Comments(0)
久々に興奮した!
「体細胞の分化状態の記憶を消去し初期化する原理を発見
-細胞外刺激による細胞ストレスが高効率に万能細胞を誘導-」

(理化学研究所)

このニュース、久々に興奮した!
分化が完了した体細胞は、決して「初期化」(受精卵に近い状態)に逆戻りすることはない。
この生物細胞学的常識を覆した理化学研究所の小保方晴子(30歳)さんらの研究。
要するに、成熟した細胞が原始的な状態に戻る、というのだ。
c0113928_22281014.jpg

あまりにも生物細胞学の常識を破る研究であったため、世界的に権威ある英科学誌「ネイチャー」への投稿で、「過去何百年の生物細胞学の歴史を愚弄している」と酷評され、「掲載を却下された」という曰くつきの研究である。
それほどに驚きの研究である。
今世紀一番のビッグニュース。

画期的な研究を行った小保方さんは、白衣の代わりに「祖母のかっぽう着」が研究用のユニホームとか。
人にも応用できる日が来ることを願うばかりである。

小保方さんが分かりやすく答えているインタビュー記事。
このインタビューだけでも興奮ものである。
「生物のロマン見ている」 小保方さん会見一問一答

「研究を進めているが、生体内ではストレスが加わっても完全な初期化が起きない。大きな変化が起きないように制御されているのではないか。」

「単細胞生物にストレスがかかると胞子になったりするように、(多細胞生物である)私たちの細胞も、ストレスがかかると何とかして生き延びようとするメカニズムが働くのではないか。そういうロマンを見ています。」


私たちの細胞も、ストレスに対して生存しようとするメカニズムが働く。
生体内の細胞では完全な初期化が起こり得ないのだろうが、何らかの刺激に細胞自体が反応して変化することはあり得るのではと、「考える細胞」のことを思わずにいられない。
生体細胞の外部からやってくるシグナルが、私たちのからだを変えていくのだ。
治療家としては、そこに「ロマン」を感じている。
[PR]
by m_chiro | 2014-01-30 22:30 | Trackback | Comments(0)
「コーヒーは健康に良い」と言える7つの理由
c0113928_14203459.jpg

「コーヒーは健康に良い」と言える7つの理由
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20130327-00000307-lifehac


コーヒーが好きだから、上の記事が目にとまった。
この記事を要約すると、以下のような内容である。

「コーヒーは健康に良い」と言える7つの理由
1.頭をよくする 

カフェインの覚醒効果、脳内の神経伝達物質の抑制を阻止する。つまり興奮性に働く。

2.脂肪を燃焼させ身体能力を高める
 
やはりカフェイン。中央神経システムに刺激を与え、新陳代謝を上げ、脂肪酸の酸化を促す。だから、運動能力や身体機能能力を11~12%向上させるとか。

3.糖尿病のリスクを下げる 
毎日飲むコーヒーの量1杯あたりに対し、生活習慣病などによるⅡ型糖尿病のリスクが 7%減少した。コーヒーを飲めば飲むほど、糖尿病のリスクは軽減するらしい。

4.アルツハイマー病やパーキンソン病のリスクを下げる 
アルツハイマー病や認知症になるリスクが60%も低いことが分かった。パーキンソン病や認知症などの神経変性の病気は脳内のドーパミン生成神経が死滅する。その神経変性の病態リスクを32~60%引き下げる。

5. 肝臓にやさしい 
肝臓がんのリスクを40%、肝硬変のリスクを最大で80%まで引き下げる。

6.致死率を下げる
コーヒーと致死率の関係が明らかに。

7.栄養と抗酸化物質が含まれている
コーヒー豆にはビタミンやミネラルなど多くの栄養が含まれているから。
コーヒー1杯に含まれる栄養分
○ パントテン酸(ビタミンB5):1日に必要な摂取量の6%
○ リボフラビン(ビタミンB2):1日に必要な摂取量の11%
○ ナイアシン(ビタミンB3)とチアミン(ビタミンB1):1日に必要な摂取量の2%
○ カリウムとマグネシウム:1日に必要な摂取量の3%

さてさて、こんな具合にコーヒー好きにはたまらない理由があげられている。
だが、くれぐれも勘違いをしてはいけない。
コーヒーとの関連性やその影響が指摘されているだけで、必ずしも効果あるいは薬効として証明されているわけではない。
それもコーヒー単体での調査だから、砂糖やミルクを入れる場合はまた違ってくる。
それでも嬉しいニュース。 
だからと言って、飲み過ぎには注意!
薬効や効能があるわけではないわけで、コーヒー好きにの自己満足かもしれないけど、まぁいいか!
[PR]
by m_chiro | 2013-04-05 14:31 | Trackback | Comments(2)



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索