揉めば揉むほど悪くなる②
70代の老婦人Sさんは、両膝の痛みで整形外科の治療を受けている。軟骨が減っているからだと言われ、2年間通院したお陰で膝の痛みが治ったようだ。でも軟骨が増えたわけではないが、痛みは治まった。その痛みは、軟骨が減ったから起こったのではない、という証拠でもある。

ところが、このSさん、今度は両肩が痛み出した。X-rayで問題ない。注射をすればよくなるからと、肩に注射と電気治療を続けてきたらしい。注射の後は楽になるが、すぐに又痛む。今度は、指圧マッサージに通院し続けた。毎回、肩や腕の痛む筋肉を随分丁寧に揉んでもらったようだ。すると、今度は腕の上げ下ろしでも痛み出した。余計な介入をしたのだろう。

それから1ヶ月も経って治療にみえた。
上僧帽筋や三角筋は、筋のトーンが低下して他の筋群とは異質な感じがする。あまりにも揉みすぎたのだろう。揉むほどに悪化して行ったようだ。

膝の痛みはないというが、左膝関節は軽度屈曲位で固着している。当然、座れない。
右肩は、右上肢を上げる動作(屈曲)で45度位から上腕部に痛みが走る。下ろす動作でも同じである。発痛部位は上腕部大腸経のラインである。左上肢の運動痛は顕著ではない。
左膝関節の固着といい、右上肢の大腸経ラインといい、陰陽交叉の対応となる典型的な症例のように思える。

そこで、左下腿の脾経ポイントに反応点を探ってみた。正確にはわからないが、陰稜泉と三陰交に相当する穴なのだろうか? 左下腿の陰稜泉らしき反応点に持続圧を加えながら、右上肢を挙上させたら、スムーズに挙がる。患者さんはビックリして、「何でだ?」を連発している。
ところが、下ろす動作で痛む。今度は三陰交あたりのポイントにも持続圧を加えて、上肢の上げ下ろしをさせると、結構スムーズな動きが出来るようになった。

固着した左膝関節は伸展位でも浮き上がった状態である。関節面を合わせて軽く圧縮し、内部からの律動を促す手法を用いて可動させ、逆に可動亢進気味の足関節は安定させて、下腿関節の動きを調整した。その後に、再び陰陽交叉の反応点と発痛部位を同調させると、更に上げ下ろしがスムーズになった。
でも、同じラインに僅かに重苦しさが残る。そこで同側の大腸経の指の先端と発痛部位を軽い振動を与えながら同調させた。
今度は違和感もなく上げ下ろしができる。関節の機能的な問題は、エネルギー系の流通にも問題を増幅させるのだろうか。
患者さんは「鼻クソほどの痛みしかなくなった」と喜んだ。
これには笑えたが、分かりやすい表現だった。

痛む場所を治療しても良い結果が出なければ、別の治療的見立てを考えた方が良い。
今回の結果にしても同様で、良好な変化も持続できなければ、治療的見立てを再考しなければならないだろう。
変化しない発痛部位に、これでもかと刺激を繰り返しても、その筋肉に新たな障害を作るだけになってしまいかねない。
[PR]
by m_chiro | 2008-08-29 23:42 | 症例 | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/9581177
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 反証的鍼灸手技臨床 at 2008-08-31 14:11
タイトル : 治療にもイノベーションを/効かない治療にこだわるな/筋肉..
http://mchiro.exblog.jp/9581177/ 揉めば揉むほど悪くなる(2) これは素晴らしい記事です。 鍼灸師の我々も、うかうかしていられませんね。 MPS(筋・筋膜性疼痛症候群)とトリガーポイントがセットになって出て来た時、その痛みの生理学については大変に勉強になりましたが、しかしその臨床そのものには幅がないなと思っていました。あまりにも筋肉的な事象にばかり比重が置かれていると思ったからです。 もちろん従来の整形外科学の構造原因理論に比べれば遥かにまともなのです...... more
Commented by シャルル at 2008-09-01 15:05 x
硬い筋は、揉んでも、大丈夫ですか?というか、揉みたい。。。
でも、自分では、気がつかないかしら。揉んでもいいかどうか。揉んだら、一時的には楽になりますが、また、翌日には、揉みたくなります。。。
3日おきなら、とか、これは、揉んではだめとか、基準になることがありますか?
Commented by m_chiro at 2008-09-01 19:38 x
シャルルさん、揉みたいと思う筋は普段どんな状態になっていることが多いでしょうか?
例えば、筋の起始と停止が近づいている(収縮状態)?、あるいは遠のいている(伸張状態)? 収縮状態にある筋でしたら、多少揉んでも大丈夫でしょう。ただし、しつこくしないように、軽めに。 伸張状態にあって硬くなっている筋だったら揉まないことです。逆に、筋の起始と停止を近づけるように収縮させます。凝っている筋肉に手を添えて、その筋をゆっくりと静かに収縮させていくと、コリが弛む位置があります。その位置でホールドしておきます。1分~1.5分位で緊張が弛み、圧痛も変化するはずです。その位置は行き過ぎても、不足しても上手く行きません。最も良く緩む位置を探せると、対応できるでしょう。それも難しかったら、筋肉を縮めると楽か、伸ばすと楽かで判断してもいいかもしれません。楽になる方を選択します。もっと簡単な見分け方は、軽く揉んで痛む筋は、多少揉んでもいいでしょう。それで楽になれば。揉んで気持ちがいい筋、あるいは重だるい筋は、揉まない方がいいと思います。
Commented by m_chiro at 2008-09-01 22:08 x
syarurukさん補足です。忘れていましたが、バイブレーターお持ちでしたよね。
筋の停止や起始の腱の部分にバイブでの振動を与えるのも方法かもしれません。
ある種の振動は筋性のつっぱりなどに有効だと言う報告がありました。
筋腹は避けて、骨にくっついている部分とかに振動を与えるのもいいと思います。
筋腱を摩るように触診してイクと、硬結に当たります。そうした部分にもワンポイントで振動を与えてみるのもいいと思います。その後で、硬くなった筋腱を再び触診して変化を確認しながら進めるべきだと思います。
最後に、筋腹を中枢に向けて3~4回軽くマッサージするとか。筋腹をあまり弄りすぎると、問題を起こしやすくすると思います。
Commented by シャルル at 2008-09-01 22:10 x
ありがとうございます。肩は、揉むより、縮めたほうが良さそうです。
いろいろやってみます。
Commented by syaruruk at 2008-09-01 23:09
筋腹というのは、筋の真ん中辺りということですか?骨に近い部分の硬結をターゲットにするといいのですね。バイブレーター使ってみます。
ところで、この内容、ブログで紹介させていただきますm(__)m
Commented by m_chiro at 2008-09-02 01:49
syarurukさん、そうです。筋腹には筋紡錘という筋の長さを測定する受容器が沢山あります。腱には腱紡錘という張力を測定する受容器があります。ですから筋の起始と停止部の腱にアプローチして張り感を調整した方が無難です。
これらの固有受容器は生体の位置や姿勢を感受する受容器で、筋紡錘もそのひとつです。筋が縮んでいるという感覚も、こうした受容器が感受した結果です。ですから、筋腹を揉みすぎると筋紡錘の受容器が正常に作動出来にくくなって、イレギュラーな筋の状態を作ってしまいます。
<< 痛み系の可塑性・記憶の可塑性を... 揉めば揉むほど悪くなる① >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索