むち打ち症患者の奇妙な症状
42歳の女性が運転中、交差点から飛び出してきた車に急ブレーキをかけたが、間に合わずに衝突事故になった。
直後から頭が重く、両上肢のだるさが出る。次第に咳き込むようになった。
そのうち奇妙なことに、ゲップともつかず、吐き気ともつかず、上気道から空気が逆流するような不随意の反復する運動が起こるようになった。

整形外科を受診すると、先生から「こんなの整形外科の分野なのか?!」と投げやりに言われて、彼女はカチンときたらしい。
それでも、しかるべき科を紹介してくれるわけでもなく、お薬と電気治療を勧められたようだ。
「事故にあって来たのに、それはないだろう」と、勧められたお薬も電気治療も断ってしまったと言う。
この奇妙な症状は、ますますひどくなっていった。

当院にみえたときにも、頻繁に咳をしていた。
その咳きも、身体のどこに触れても発作のように咳が出る。足首の背屈でも伸展でも咳き込む。頭部、顔面や前頚部、腹部に軽く触れても起こる。
そのうち不随意に、ウッパー、ルッパーとまるで金魚の口パクのようになってしまう。
私が「まるでウーパー・ルーパーみたいだなぁ~」と言ったら、彼女は「可愛い名前をありがとう」と笑ったが、実際、笑い事ではないのだ。

咳は膜系の障害のように思えたが、ウーパー・ルーパーには悩まされた。
何しろ不随意に起こるので、それがどんな状況で起こるのか分からない。不随意の動きには痛みは伴わない。
先ずは膜系をターゲットに治療をすすめることにした。そのうちに例の不随意の動きの状況が見えてくるかもしれないと踏んだのである。

案の定、咳は5割がた落ち着いてきたが、それでも何かすっきりしない。
不随意の動きも活路を見出せない。どうも頚部の屈曲・伸展の動きに関係して起こることが多いようだ。その上、舌を左側方に出させても、眼球運動で左上方への動きでもぶれている。当然、筋の抑制も起こる。
それで、頭蓋と顎関節の調整をするようにしたが、咳き込みが起こってままならない。ふと、下顎下に触れたとたんに、ウーパー・ルーパーがはじまった。はじめて刺激と現象が一致した。何度も再現された。どうも前頚部の下顎下に問題があるようだ。
いろいろ手を尽くしたが好転する気配もない。

途方に暮れて、単純に考えた。直接、圧刺激を下顎下筋群(顎二腹筋や舌骨上筋群)に加えた。すると、筋の痙攣が起こり、押した指を跳ね返すほどの暴れようである。まるでそこに別の生き物が生息しているかのように、どんどん指を押し返してくる。
私はその反動に負けないように力を緩めることなく押し続けた。1分位も押していただろうか、次第に反発してくる間隔があいてきて、2分くらいで痙攣がおさまった。
すると、身体に接触してもほとんど咳こまなくなり、動きでもウーパー・ルーパーが起こらなくなった。

それから4日目の今日、不随意の動きは日常でも起こらなくなり、咳も8割がた出なくなった、と報告された。でも、下顎下の筋群を押圧すると、まだ痙攣が起こる。ウーパー・ルーパーの機序はわからないが、良くなる兆しが見えただけでホッとした。
まるで、のど版「エクソシスト」のような症状だった。
人体はほんとに不思議です。
[PR]
by m_chiro | 2008-08-08 23:42 | 症例 | Trackback(2) | Comments(5)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/9404471
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 座敷わらしのひとりごと at 2008-08-09 23:36
タイトル : 夜中の咳
むち打ち症患者の奇妙な症状 m-chiroさまのブログに、コメントしたのですが、不思議な経験です。 ここ何年も、しばしば、痰を伴う咳に悩まされています。 アレルギーか風邪か。 ゴホゴホ。 いつも病院の風邪薬か,咳止めか,市販の風邪薬かに頼っています。。。 夕べは、その前の晩に咳で目が覚めてつらかったので、寝る前に風邪薬を飲んでいました。 それなのに朝の3時に咳で目が覚めて。。。 痰も絡んで、しんどいし、のどはがらがらになるし。。。 困ったな...... more
Tracked from 反証的鍼灸手技臨床 at 2008-08-10 18:14
タイトル : 反応点の考え方
http://mchiro.exblog.jp/9404471/ むち打ち症患者の奇妙な症状 途方に暮れて、単純に考えた。直接、圧刺激を下顎下筋群(顎二腹筋や舌骨上筋群)に加えた。すると、筋の痙攣が起こり、押した指を跳ね返すほどの暴れようである。まるでそこに別の生き物が生息しているかのように、どんどん指を押し返してくる。 私はその反動に負けないように力を緩めることなく押し続けた。1分位も押していただろうか、次第に反発してくる間隔があいてきて、2分くらいで痙攣がおさまった。 すると、身体に接...... more
Commented by シャルル at 2008-08-09 12:54 x
夕べの体験です。
この記事を読んでから寝たのですが、夜中の3時に痰の絡んだ咳で目が覚めました。
なかなか止まらないので、途方にくれましたが、この記事を思い出して、気管周囲の筋肉の痙攣かも?と考えました。
そこで、同調させる気分で気管に沿って指を当てました。すると、直後に、ぴたりと止まりました。びっくりしつつ、のどの周辺をさすって、再び眠りました。

朝、のどがイガイガしたのでもう一度のどに指を当てると、またスーッと楽になりました。

これって、似たような現象ですよね。
Commented by m_chiro at 2008-08-10 00:31 x
syarurukさん、とても良い同調ででしたね。本来、癒し系の能力が高いのかも。おばあちゃんの血? それとも看護婦さんとしての資質でしょうか。更にその能力を高めていけたらいいですね。役に立つときがあると思います。
でも、シンパシテイック・タッチには期待を込めないことが肝心です。意識が強く介入すると同調がうまく作動しないように思います。ところが、上手く行くようになると、期待しちゃうんですよね。ここが落とし穴です。頑張り屋が、syarurukさんの唯一の弱点ですから、この落とし穴にはまりやすいのです。平常心、平常心と、言いながらこれが又一番難しい。
なかなか思うように行かないからこそ、精進があるのでしょうね。
Commented by シャルル at 2008-08-10 01:45 x
期待を込めずに・・・むずかしいですね。寝ぼけつつ半信半疑だったのがよかったのですね^^。
同調するときには、何も考えない。。。ですね。自然に。。。
Commented by m_chiro at 2008-08-10 10:00 x
シャルルさん,「頑張り屋」はシャルルさんの美徳でした。
「頑張り過ぎ」が弱点でした。訂正です、ごめん!
「「寝ぼけつつ...」、意識の介入が抑えられていいかも。
私が行ったのは唯の「力技」でしたが...。
Commented by シャルル at 2008-08-13 08:27 x
>「頑張り過ぎ」が弱点でした。訂正です、ごめん!
いえいえ、私の欠点は、頑張りがきかないところみたいです。
どうやら、風邪引きでダウン。。。限界早すぎ!
<< 科学とは何か 九州カイロ同友会の夏期合宿(柳... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索