九州カイロ同友会の夏期合宿(柳川)に招かれて
8月2日から九州カイロプラクティック同友会の招きで、福岡県の柳川市に出かけてきました。この会は、学兄・馬場信年先生が創設し牽引してこられた組織で、今回は夏期合宿研修でした。福岡空港で馬場先生と落ち合い、電車で柳川へ。

柳川から合宿研修会場である「かんぽの宿・柳川」へは、舟でお堀を下りました。
水郷柳川は、今でも掘割が縦横に走っています。そこを「どんこ舟」で、船頭さんの竿にまかせての70分ほどの川下りです。
日差しが猛烈で、笠をかむって乗り込んだのですが、結構、川風があり吹き飛ばされそうな場面も。緑の田んぼを風が渡る風情も見られていいものでした。
舟を降りて、「北原白秋の生家」と「御花邸」を見学。
日が暮れて、先ずはの「懇親会」です。珍味づくしの有明料理にはじまって、天然うなぎの蒲焼、柳川どじょう鍋と、よくも食べられました。珍味に美酒と大歓待を受けました。
部屋に帰ってからも、夜遅くまで話が尽きず賑やかなひと時でした。
同友会の皆さん、本当に有難うございました。

翌日は、研修会本番です。
テーマは症例報告会ですが、そこで「症例検討に対するモデル」の提案とその模擬をしてきました。
内容の一つに、「除外診断」を入れました。
特に、痛みの除外では「1.癌、2、感染、3.骨折」です。身体所見では、馬尾神経圧迫障害、特に肛門周辺のサドル麻痺、尿閉や頻尿などの膀胱直腸障害、下肢のひどい神経症状など、除外診断の所なども挿入しました。
私は、今年2人を除外診断して病院の専門医に紹介しました。
二人とも夜間痛のある下肢痛でした。結果は、残念ながら癌性の痛みでした。
その経過も解説しながら、除外診断が大切であることを話しました。夜間の安静時痛の感度は0.90、特異度は0.46です。感度の高い症状です。
提案したモデルでは、症例検討の模擬をしながら、参加者も報告者と一緒に推論していきます。
報告者は「検事」で、参加者は「弁護士」、座長はさしずめ「裁判官」といったところでしょうか。
みなさんがそれぞれ意見を出すようになり、盛り上がりました。
どうなるかと思いましたが、うれしい結果でした。

以下は、舟下りと柳川観光の写真です。
c0113928_1393552.jpg

c0113928_1401150.jpg

c0113928_1404038.jpg

こんな狭い水路も巧みに通り抜けます。
c0113928_141634.jpg

舟を下りて、北原白秋の生家見学。

c0113928_141392.jpg

お花邸。ソテツの巨木が見事でした。
c0113928_1415835.jpg

宿泊・会場となった「かんぽの宿・柳川」。「かっぱ」を模した建物だそうです。
[PR]
by m_chiro | 2008-08-06 01:45 | 雑記 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/9381925
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by シャルル at 2008-08-06 06:58 x
柳川は、憧れの地のひとつです。いろいろな小説の舞台となったり、独特のお雛様の風習がありますね。
「かっぱ」さんも、いるのですね^^。
Commented by 矢萩(山形) at 2008-08-06 08:20 x
先生お世話になっております。北海道でお世話になりました。矢萩と申します。まだまだ何もわからないですが、なんでも吸収していきたいと思っております。どうぞよろしくお願いします。時間がありましたら今度先生の治療院にお伺いしてもよろしいでしょうか?
Commented by メリクソン at 2008-08-07 21:57 x
初めてコメントさせていただきます。 研修会の昼食時に少し質問をさせていただいた○○木です。面白いお話しを聞かせていただきありがとうございました。お礼に足跡を付けさせていただきました。(お礼に足跡なんて失礼かもしれませんが・・・(笑))

これからもよろしくお願いいたします。
Commented by sansetu at 2008-08-08 06:39
福岡はヨカところです。
私もこの間立ち寄りましたが、昼食をとった魚市場センター内の魚料理の店のボリュームと鮮度と安さには驚きました。魚にウルサイ佐渡人でも満足できるものでした。
ところで、先生が今年除外診されたという、がん性疼痛であった患者さんの痛みは、自発痛や痛みの発症からの不自然な増悪経過を呈するものだったですか。
Commented by m_chiro at 2008-08-08 23:58
sannsetu先生、本当に柳川では楽しんできました。九州人は何かしら気負わずに付き合えて、楽しい夜でした。楽しむ程度の酒の量なのですが、勧め上手に付き合ってお酒も随分すすみました。
がん性疼痛の除外診ですが、御指摘の通りです。ただ憎悪するだけでなく、接触刺激と何の脈絡もなく痛みが消えたり、同じ状況でも憎悪をしたり、異様な変化でした。その上治療の効果が想定するように変化しませんでした。一人は体重の減少もありました。
いずれも、医師の診断で構造障害を指摘されていました(X-ray,やMRIの画像診断で)ので、MPSを念頭においていましたが、治療過程でも不自然な反応をしました。今まで消えなかった自発痛が、たとえ短時間でも脈絡もなく突然痛みが消えるのです。
まもなく憎悪しました。それも脈絡もなく。医師の診断を額面通りに受け取ってはならない、との教訓でもありました。
Commented by m_chiro at 2008-08-09 00:04
syarurukさん、柳川、憧れの地ですか。とてもいい風情でした。水郷といった感じです。水がもう少しキレイだとうれしかったのですが。その水郷でお堀に、灯篭流しをする準備をしていました。
夜9時まで見られると言うので、それまで帰って写真を撮ろうと思っていたのですが、九州の酒豪たちにつかまって、盛り上がって、すっかり忘れてしまました。
当然、灯篭流しは終わっていました。唯一つの心残りです。
Commented by m_chiro at 2008-08-09 00:07
メリクソン先生、足跡有難うございました。どんどん踏みつけてください。
あの話、参考になりましたか。あれを面白いと感じていただけたならば、いろいろ話が盛り上がりそうですね。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。
Commented by m_chiro at 2008-08-09 00:17
矢萩先生、札幌ではお初にお目にかかりました。事情が分からなかったので失礼しました。これをご縁に、意見交換や情報交換は大歓迎ですが、治療の見学研修は受け入れておりません。一時期、受け入れたこっとがありましたが、際限がないのでやめました。患者さんもプライベートなことに関わるので嫌います。ご理解下さい。
遊びがてらお出でになるようでしたら、私の時間が許す限り、観光スポット、美味しい処など、情報交換しながらご案内させていただきます。
Commented by sansetu at 2008-08-09 08:28
守屋先生、ご説明ありがとうございました。とても参考になりました。
<< むち打ち症患者の奇妙な症状 痛み学「NOTE」⑯ 痛みに特... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索
タグ