「手指のしびれはMPS」の2態
先日、手指のしびれを訴える方が前後して2人みえた。

一人はAさん60代の女性である。農業に従事している。左指の1~4指がしびれる。指は写真のように変形がある。変形は両手、両足にも見られる。整形外科では、「変形があり骨も減っているからだ」とされてきた。
c0113928_0233238.jpg


もう一人のBさんは50代の男性である。2ヶ月くらい前から両手首から先が痺れるようになった。最初は朝の起床時だけだったが、最近では一日中痺れているようになった。整形外科でX-rayでの頚の老化と曲がりを指摘される。首の牽引をしてきたが、変化がないので止めた。

「しびれ」

加茂先生はしびれについて、2つの態様を述べています。
①知覚鈍麻~知覚脱失
これは神経麻痺を想像させます。不完全麻痺なら知覚鈍麻で、完全麻痺なら知覚脱失です。これは他覚的所見です。しかし筋筋膜性疼痛症候群でもたまにこのような表現をする患者さんもいます。
②知覚異常(ジンジン)
臨床で問題になる「しびれ」はほとんどがこれです。正座の足のしびれですね。これは静脈系が圧迫されて鬱血状態を想像させます。これは自覚症状です。

このように「しびれ」という言葉の中に他覚的所見と自覚症状が入り交じっているのです。このあたりがすっきりしないので、医師の誤解の一因になっているのかもしれません。


この2人の患者さんのしびれは、②の知覚異常で自覚症状です。
MPSの視点から責任筋を探しました。

Aさんは腕橈骨筋と橈側手根屈筋にいくつかのTPがあり、Bさんには両側で円回内筋に特に強いTPがありました。

Bさんは、数ヶ月前から冷蔵庫に入っての種分け運搬作業が続いていたそうです。TPのリリースをして、筋のストレッチにとても良く反応するので、在宅でのストレッチ運動を指導しました。

両名とも3回目の治療にみえたときには、しびれも消失していました。「しびれ」となると、多くの患者さんは脳梗塞にでもなって半身不随になる前兆か、と心配します。

でも、加茂先生の御指摘の通り、トリガーポイント・リリース法にとても良く反応しました。
つまり、神経麻痺も変形なども関係ないわけです。
[PR]
by m_chiro | 2008-07-19 00:28 | 症例 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/9248386
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by タイガー at 2008-07-21 11:22 x
責任筋というフレーズがとても気に入りました。守屋先生の痛みや不定愁訴に対する考え方にいつも敬服しております。秋口までにMPS対策セミナーを是非ともお願いしす。前回の一医の会の第一弾セミナーとしてお願いできれば幸いです。
Commented by m_chiro at 2008-07-25 01:56 x
タイガーさん、お久しぶりです。
私は学会誌の編集が最終段階に入り、人の原稿の文字校正ばかりに明け暮れていました。頭がパニックになりそうでした。
26,27日は大阪に行きます。「頭」を勉強してきます。
ですから、何とかそれまでに印刷に回さないといけません。ヤレヤレです。
栄養を下さい。
<< 痛みや体調不良は、気候と関係す... 山居倉庫を撮る >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索