極楽の住人の生き方に学ぶ
今日は、ご近所のお爺さんが亡くなられたので葬儀に出席した。
90歳だった。天寿を全うしたと言える年齢である。
葬儀で聞いた話によると、昨年11月に、家の中で転倒し大腿骨を骨折したそうだ。
入院して固定手術を受けた。3ヶ月が経過してもまだ歩行が出来ずにいたが、退院させられた。
他の病院に移って加療しているうちに、今度は肺炎になって、結局それが死因になった。
二度目の病院でも、3ヶ月が過ぎるから、そろそろ転院先を考えておくように申し渡された後の死だったようである。
「家に帰りたい」と口癖のように言いながら、死を迎えたようだ。
それだけが心残りだったかもしれない。
家族の人にしてみれば、追い出されるように病院を変えられたことが悔しかったようだ。
さもありなん、と思う。

初7日法要のお膳についた栞の裏面に、「地獄と極楽の話」という法話が書かれていた。
こんな話である。

地獄は、現世で悪い行いをした人が死んだ後に行く所だとされている。
色々な苦しみが満ち溢れていると聞かされてきた。
ところが地獄の様子を見てきたという人の話によると、地獄にもすばらしいご馳走のお膳が並ぶときもあるのだそうだ。
地獄の住人たちはそのお膳について整然と並んでいるのだが、可愛そうなことに誰もそのご馳走を誰も食べることが出来ないのである。
実は持っている箸が1メートルもあり、ご馳走をつまんでも箸が長すぎて食べることが出来ないのだそうだ。

一方、極楽もご馳走のお膳や1メートルもある箸は地獄と全く同じ。
ところが極楽の住人は長い箸でつまんだご馳走を自分の口に入れず、向かい側の人の口に入れてお互い食べさせあって、ニコニコ食事していたそうである。
極楽の住人とは、まさに「智恵」を持っている人たちのことなのだ、と結ぶ。

もちろん作り話であるが、仏教で言う「智恵」とは、自分のことばかり考えずに相手の為になることをしようの精神である。
そうすれば、相手だけでなく自分にも振り返り、結局、皆が明るく楽しく生きること出来るようになる、と説いている。

「相手の為になることをする」。それがなかなか難しい。
でも、わたくし達日本人は宴会の席でも自分の杯には注がずに、必ず相手の杯についで極楽の住人と全く同じことをしている。
確かに、この日の法要のお膳の席を見渡しても、さしつさされつお酒を酌み交わしながら、関係者との旧交を新たにし合っていた。
これをもっと日常にも広げていきさえすればよいのだろう。

人の為になることをする。
患者さんの為になることをする
、という治療家としての原点を葬儀に参列して再認識させられた。
[PR]
by m_chiro | 2008-07-10 00:08 | 雑記 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/9196370
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by bancyou1965 at 2008-07-10 21:43
時代は変わっても、物事の本質は変わらないと最近つくづく思います。
いかにしたら、患者さんが増えるか?と言う事を考えて治療していた頃より、いかに喜んで貰って帰って頂くか?と考え出してからの方が、こんな治療家でも、なんとか食べさせていただけるようになった気がします。
Commented by m_chiro at 2008-07-10 23:56
bancyou先生、われわれ治療家は一人一人にきちんと向き合って、手作りの治療をして差し上げる。この精神だなぁ~、と思います。
でも、「患者さんの為にする」治療家ではなく、「患者さんの為になることをする」治療家でありたい、と想いを新たにしました。
お互い、良い刺激をしあって頑張りましょう!
Commented at 2008-07-14 16:08
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 山居倉庫を撮る 経絡の遠隔療法 >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索