圧迫骨折痕も椎間板の磨耗も関係ない、多くの痛みは情報系のトラブルだろう。
昨日、2回目の治療を行った70代男性は、一昨日に初診で来院した方である。

3月に左殿部から大腿後面外側の下肢痛を発症、整形外科医院を受診した。
「X-rayで椎間板が無くなっている。圧迫骨折?の痕跡があり神経も圧迫されている」と言われ、硬膜外ブロック注射を1回行った。

大分楽になったので様子を見ていたら再悪化、再び受診すると「続けてこないからだ!」とえらく怒られたらしい。
それでまじめに通院したが、なかなか思うほどに回復しない。
通院では電気治療とマッサージも受け、朝晩2回の坐薬を使って3ヶ月になるそうだ。

腰を伸ばして歩けなくなり、前屈位で跛行する。
腹臥位は痛みが増すので無理、仰臥位も膝を軽度屈曲位にしないと辛いようだ。
膜系のストレス軸が右前腕部から肩へ、上腹部から左下肢へと流れている。
最初に、伸展・屈曲障害を頭蓋の圧変動をリリースするアプローチを行った。
更に、いつものように筋活動の始動の遅延をリセットする。
これは私の治療における「下ごしらえ」のようなものだ。
これだけでほとんどの圧変動や膜系のストレス軸が調整される。
この時点で残っているのは、右上肢の強い膜系のストレス軸である。

治療の最後に受容器がつくる情報網のトラブルをリリースするのだが、痛みが膀胱経と胆嚢経のルート上にあるので、その対角上のポイントを探す。
結果的に、対側の右前腕の心経と心包経のルート上にある反応点を選んで、対応する経絡上の痛み領域と同調させる。

すると、この患者さん「右の腕と何か関係あるんですか?」と聞く。
「あるみたいだね」と答えたら、
「右腕の方を治療してもらっていたら、今思い出した! 腰と腿が痛くなったのは、3月のとっても寒い日に、外で長時間、前かがみでコンクリートを塗る作業をしていたら、腕が辛くなって、寒くて寒くて、足腰も辛くて、もう勘弁してくれ!」と思ったらしい。
「その翌日から、痛みが腰から腿までいたくなったんだ!」。

思わぬところに負荷がかかって、この患者の受容器がつくる情報系にトラブルが生じたのだろう。

腹臥位にさせると、腰仙部が少し苦しい感じがする、が大丈夫のようだ。
仙腸関節と腰仙関節の可動を調整してから歩かせると、腰を伸ばして歩けるようになった。

その患者さんが2回目の治療に見えたのだが、ときどき少し苦しさがあるが歩行もしっかりしていた。
近所の人からも「どうしたんだ?」と言われるくらい歩行も姿勢も改善した。

こうした患者さんの反応をみるにつけ、骨がつぶれた痕があるだとか、椎間板がつぶれて神経を圧迫しているだとか、痛みにはなんら関係ない、と思う。
末梢の受容器がつくる情報網のルートに障碍が起こったのだろう。
その障碍ルートを解除するキーが見つかれば、意外に早く変化してくれる
[PR]
by m_chiro | 2008-06-29 19:58 | 症例 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/9134938
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2008-07-02 09:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 友あり、遠方より来る 生命としての原始感覚を取り戻そう >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索