お婆さんのように曲がって伸びなくなった腰痛
31歳の事務職の女性が、腰を40度ほど折り曲げて来院した。

10日ほど前から、わけもなく朝起きると腰が重く感じられ、徐々に痛みがひどくなった。
整形外科に受診し、X-rayでの問題はなく「筋肉のトラブルだろう」と診断され、湿布薬と鎮痛剤を処方された。
仕事を一週間ほど休み、安静にしていたら痛みもやわらいできたので、職場に復帰した。
仕事中に前屈したとき、腰に激痛が走り、再び整形外科に行き同じ処方をされる。
また仕事を休んで安静にしていたが、3日経っても快方に向かうどころか、今度は腰を全く伸ばせなくなった。

確かに腰を伸ばすことができない。
40度ほどの屈曲位にロックされた状態である。
ヒトの基本形である屈曲/伸展の障害である。
顔の歪みも気になる。頭位に圧変動が起こり、身体の伸展位も保てないのだろう。
片頭痛持ちだとも言う。生理痛、残尿感の愁訴もある。
運動分析でも、屈曲だけが可能である。

仰臥位は「脚を伸ばせないので出来ない」と言う。
膝窩にダッチマンロールを入れて下肢を屈曲位に保ち、上体を軽く起こして、とにかく仰臥位にして治療した。
頭蓋をみると、右の側頭骨、頭頂骨、泉門のリズムが失われている。
頭蓋のリズムを回復させ、併せて肋骨・横隔膜をリリースする。
更に、腸腰筋群における筋運動の立ち上がりをリリースして圧変動をみると、既にそれだけでスムーズに流れている。
起きてみるように言うと、すんなり起きることができた。
背部を診るために腹臥位を指示すると、「あっ、出来そう」と言って、うつ伏せ姿勢もすんなりクリア。
仙腸関節と腰仙関節、仙結節靭帯を調整しながら、最も反応の強い同側肺径の2ポイントと同調させた。
立ち上がらせると、腰もスッキリと伸ばせる。
頭蓋からの圧変動が、体幹の屈曲/伸展の基本運動が阻害されたケースだろう。

労働環境や日常的な習慣を聞き取り調査して、頭蓋の圧変動を起こすと思われる体癖傾向の修正を指導した。これで復帰できるでしょう。
[PR]
by m_chiro | 2008-05-15 07:36 | 症例 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/8856467
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sansetu at 2008-05-15 13:51
まさにTP療法の反証的臨床ですね。私は常々、TP療法しか「しようとしない」人たちには視野狭窄を感じます。世の中にはいろんな治し方があり、それぞれに長短があるわけです。いろいろ出来て知っていた方が結局は患者さんの利益にもたくさん貢献できるんですけどね。
電気も麻酔もハリも、文明的なものは一切なんにも使えない状況でも、「手」さえあれば治せる理論と技術は大切だと思っています。
少なくとも陰陽三節論の私としては、自分のやっている方法論が最も良いなどとは一度も思ったことはありません。世の中の現象とは常に対象に対して相対的でしかないからです。
有効性という問題も常に対象や状況との相対関係で捉えるものと認識しております。ここらへんは、守屋先生ならば、よおく分かってくださると思っております。
Commented by m_chiro at 2008-05-16 09:30 x
sannsetu先生、いつも適切なご指摘を頂きありがとうございます。
カイロプラクターは特に視野狭窄に陥りやすいかもしれません。
ですから、反証的対応はとても重要な検証であると痛感しております。それがないと背景にある真の病態にも迫れないのでしょう。
手探りながらも、その姿勢を忘れないように、先生の発言には傾注して進めて行きたいと思います。
又ご指導下さい。
<< 痛み学「NOTE」⑮ クレニオ... 「指揮はDriveではなくCa... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索