左臀部から膝までの激しい痛みで8kg痩せた②
昨日の患者さん(左臀部から膝までの激しい痛みで8kg痩せた)が今日もみえました。

昨日は痛みもなくぐっすり眠れたようです。
「夜に痛みで目覚めることなく眠れたのは、5ヶ月ぶりだ」と言っていました。
本当に辛い思いをされて来たのだなぁ~、と気の毒になります。
今日は介添えもなく、杖をつきながらですが、ひとりで治療室に入ってきました。
昨日よりは歩きやすくなったようです。

長く寝ついた上に、8kgも痩せたので、脚の筋肉も落ちてしまっています。
寝ていても、座っていても、徐々に身体を動かすように教えたので、やり始めたと言っていました。
気分もいいようで、これまでのことを話して聞かせてくれました。

実はこの患者さん、内科の先生からの紹介です。
8kgも痩せて、食欲もなく、痛みで寝たきり状態なので、連休前に内科の先生に診ていただいたそうです。
整形外科で処方された薬も持参したら、その内科の先生が「こんなにいっぱい、薬を飲ませやがって、自分で飲んでみろ、と言ってやればよかったんだ!」と怒っていたそうです。
分かるような気がします。

面白いのは整形外科の先生の言い分です。
レントゲン写真を撮って、
「ひどい腰だ。1番と2番はつぶれている。これじゃ、痛いはずだ! コルセットをしなきゃ駄目だ。すぐ作ってもらおう」。

「先生、腰は全然痛くないんです。お尻のところから脚が痛いんです」。

「そんなはずはないよ! この腰で!」。

笑えます。私もそのレントゲン写真を後学の為に見てみたかった。

加茂先生も書いていましたが、痛みの愁訴に対して構造的な病名を付けるのはいかがなものかと。

画像診断で脊椎ばかりに眼が向いて、なぜ患者さんの訴える身体のことには耳もかさないのでしょうか。

この患者さんは、小殿筋に頑固な索状硬結があり、下肢へのジャンプ・サインを持っています。問題が小殿筋のTPにあるのは、まず間違いないと思います。
今日はまた動きが早くなりました。
帰り際に、「昨日の歩き方はこんなだったなぁ~」と、脚を上げずに引きずって見せながら帰りました。「5ヶ月も随分遠回りしたなぁ~」と言いながら...。
少し余裕がでてきたかな!?
[PR]
by m_chiro | 2008-05-10 23:03 | 症例 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/8828393
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「指揮はDriveではなくCa... 左臀部から膝までの激しい痛みで... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索