痛み学「NOTE」⑭ なぜ、身体にはモルヒネを受け取る仕組みがあるのだろう
「痛み学・NOTE」は、日々の臨床で痛みと向き合っている医師や日本を代表する研究者の著作あるいはホームページを通して学んだり考えたりしたことを、私の「学習ノート」としてまとめ、書き綴るものです。

⑭ なぜ、身体にはモルヒネを受け取る仕組みがあるのだろう

ヒトを含めた脊椎動物には、阿片類の受容体(オピエート受容体)が備わっている。
オピエートとは、自然界にある麻薬物質でケシ坊主を傷つけたときに出る乳液から作られた「阿片」や、それを化学的に合成したアルカロイドのことである。
アルカロイドはモルヒネと名づけられているが、この薬物に対して鎮痛作用などの奏功を示すということは、身体にその受容体があるからに他ならない。

そもそも、脊椎動物の身体にオピエート受容体がなぜ存在しているのだろう? 
麻薬が体内に侵入してくることを待ち望んでいる、というわけでもあるまい。
ならば、体内で阿片様物質がつくられているとしか考えられないことになる。

阿片やモルヒネは、人類が鎮痛物質として紀元前から使用してきた歴史がある。
そのために阿片戦争の引き金にもなったくらいで、依存性と副作用も強く、今でも違法薬物として周知の社会問題にもなっている。
だが、強力な薬理作用を持つモルヒネは医療の分野では欠かせない薬物である。
にもかかわらず、その作用機序については長い間不明のままであった。

何しろ、オピエート受容体が発見されたのは1973年(昭和48年)のことで、つい近年である。
発見したのはキャンデス・B・パート女史である。
彼女は自らの落馬事故でモルヒネを使うことになり、その影響を知りたくて薬学の本を読みあさったという。
そして一念発起してジョンホプキンス大医学部に入り大学院に進み、ついにオピエート受容体を発見したのである。
学ぶことにも、明確な目的とそのモチベーションを保つことが重要なのだと感動するエピソードであるが、この発見によってヒトの鎮痛の基本的な仕組みが明かされていくことになった。

この発見に先立つ1969年には、脳の特定領域を電気刺激すると鎮痛がもたらされる刺激誘発性鎮痛(SPA)が見つかっている。

生体内には存在しないモルヒネと特異的に結合する受容体があるということは、生体がこの受容体と特異的に結合する活性物質を作り出しているからで、受容体発見から12年後の1975年(昭和50年)には、脳内麻薬である内因性オピオイドペプチド1)が見つかった。

<注釈>
1)ペプチドとは動物の体内で作られたホルモンの働きをする物質で、オピオイドペプチドは
3種類の巨大蛋白分子(プロオピオメラノコルチン、プロエンケファリン、プロダイノルフィン)を消化する過程で作られる分解産物である。こうして作られた主な内因性モルヒネは、最も強力なβエンドルフィン、少量のダイノルフィン、弱い作用のエンケファリン類(メチオニン・エンケファリン、ロイシン・エンケファリン)などである。βエンドルフィンは、モルヒネよりも強力な鎮痛作用があるといわれている。

[PR]
by m_chiro | 2008-05-03 22:56 | 痛み学NOTE | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/8783885
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「ヘルニアです。手術以外ない」... 学会誌の編集 >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索