脳の情報処理プログラムを書き換えるには
人は何のために生きるのかと問われれば、私は「成長するため」と答えます。
生きることと成長はイコールだと思うからです。
これは人に限らず植物も同様です。ただ成長するために生きています。
アスファルトの小さな隙間からでさえ、草は成長してきます。生き物は開放系(オープン・システム)に依存しています。

成長するためには二つのことが欠かせません。
ひとつは、「食物、空気、水」を体外から体内に取り込み、生化学的に処理して私たちのからだを再構築する「物質・エネルギー」の出入りです。

もうひとつ、重要なものが「情報」の流れです。
情報はヒトの五感を通して脳に入ります。五感というのは、眼、耳、鼻、舌、身体のことで、これらの情報は、脳で価値判断され、意味づけされて出力します。
出力は、すべて筋肉に作用します。
こうした出力作用に依存して、ヒトの脳は「学習」を行っています。これは生命活動の基本的なシステムです。
もしも身体の半分がやけどを負ったら死んでしまいます。それは皮膚からの情報が遮断されるために、身体機能を維持できなくなるからです。

では、脳は何のために「学習」をするのでしょうか? それは物事に遭遇したときに、どう対処するかについて、その「方法や答え(アルゴニズム)」を獲得するためです。つまり情報処理プログラムを創ることです。
多くの「答え:アルゴリズム」が作られて、解答集が厚くなれば厚いほど、いろいろな場面に遭遇しても対応がスムーズになります。この解答集も固定されたものではなく、その都度、より良い解答に書き換えられて記録されていきます。

例えば、自転車に乗りたいと思った子供の頃を思い出してみましょう。
自転車に乗りたい、というのは目的意識です。そのために何度も転びながら、足を擦りむきながらも練習します。つまり学習です。
筋肉の動きに出力されてバランス感覚が学習され、自転車の乗る方法を獲得するわけです。これはスポーツのトレーニングも同じです。一旦、獲得された情報は消えることはありません。脳のメモリーに刷り込まれるからです。

こうして、ヒトは自ら生きるための方法や物事に対処するための方法を獲得するわけです。一人ひとりがそれぞれの方法で獲得して行きます。そして、この方法を獲得するための方法は古い脳が担当しているのです。更に言えば、遺伝的に決められた戦略はもっと古い脳で行っているのでしょう。

脳に新しく入力された情報は、すでに獲得した神経回路を活性化するための、いわばトリガー(引き金)として使われ、これによって脳は出力を行う。そして出力を行うことで学習効果が生じ、アルゴリズムが書き変わるのである。すなわち、脳は学習によって「表引きテーブル」にあらかじめ答えを用意しており、入力された情報によって、その用意された答えの中から入力情報との関連度の高いものを選択し出力する。そして出力することで新たな学習効果を生じ、そのとき用いた答えを、必要とあれば修正するのである。(松本元著「愛は脳を活性化する」より)


ここに神経の可塑性に対する治療戦略のヒントがあると考えました。
新たな入力情報と出力依存性の学習効果による脳のアルゴリズムの書き換えである。
徐放処理のプログラムを換えていくことになる。
[PR]
by m_chiro | 2008-03-14 00:35 | BASE論考 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/8440294
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by アダピー・タケウマ at 2008-03-17 15:52 x
いわゆる慢性痛というものでは、長い間の痛みのために、「動く時には痛いのがあたりまえ」ということを脳は学習しているのでしょうか。それを「動いても痛くない」という書き換えをすることが治療としては大切なのだと思いますが、なかなか思うようにいきません。
Commented by m_chiro at 2008-03-25 23:54
タケウマさん、慢性痛は一筋縄ではいきません。身体から痛みを消す作業と動作恐怖を克服する方法論、心理的なものとエクササイズなどなど課題が沢山のようですね。
<< サッカー少年の腰殿部痛(MPS... ある高校野球選手のヘルニア、実... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索