変形性の膝の痛み、と言うけれど
80歳になろうかというお婆さん、昨年の11月末頃から右膝が痛み出した。
それまでは家庭菜園をやっていたという元気な人である。
整形外科を受診したら、レントゲンを撮り、骨粗鬆症で骨が減っているからと診断される。
痛み止めの注射と薬、湿布薬を処方される。
それでも悪化する一方で、とうとう膝の痛みで自転車にも乗れなくなった、と寂しそうに言う。3ヶ月も痛みを抱え込んできた。娘さんの運転で、遠方から来院した。

右膝は軽度の屈曲位で固着している。完全伸展も出来ず、90度までの屈曲もできない。歩行も膝を軽く曲げた状態で出来るだけ動かさないようにして歩く。
痛みは膝の外側裏側に起こり、腓骨頭まで続く。大腿二頭筋長頭筋腱部位と外側広筋部位である。圧痛点が数箇所ある。外側広筋には索状の硬結がある。脈診では肺と心の脈に変調があるようだ。

右膝関節にカウンター・ストレインを使って可動させる。索状の硬結には、ダイレクトにオーソパシック・ストレッチを行う。強い索状の硬結には、直接アプローチした方が早いように思う。再び動かすと、可動域が広がり腓骨頭周辺に圧痛が限局された。左前腕の肺経メリディアン・ラインから反応するポイントを探して圧迫しながら、膝の屈曲/伸展運動をやらせると、痛みは消失し可動域も130度位まで広がった。

歩行させて動態認知リセットを行う。しっかりリセットされるまで反復し、歩行運動を改善する。行進するような動きも可能になった。自転車にも乗れそうだ、とヒョイヒョイと歩いてみせる。
座れるようになるまでには、もう少し治療が必要だろう。

骨粗鬆症で変形があるから痛いのだと言われるが、形態よりも機能である。
痛みは電気的なエネルギー系、情報系の問題である。
お婆さんの変形した膝の痛みも、結構、回復するものです。
[PR]
by m_chiro | 2008-03-07 21:43 | 症例 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/8396398
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by タイガー at 2008-03-09 21:47 x
先生のブログを拝見するたびに、自分の治療のスタンダードの脆弱さを感じてしまいます。硬結をただ刺激したり、ハイパートーンの筋肉を適当にストレッチしたり、確信のない診断のコメントをしたり、まだまだです。先生が遠くに見える|||。
Commented by m_chiro at 2008-03-11 23:11
タイガーさん、私もTPをいかに的確に侵襲的でない方法で解決するか、試行錯誤です。お互いに情報交換しながら腕を磨きましょう。
Commented by bancyou1965 at 2008-03-12 23:22
タイガーさん初めまして!守屋先生よろしければ、僕もその仲間に入れていただけませんか?多分、教えてもらうばかりで、足手まといになると思いますが・・・
Commented by m_chiro at 2008-03-13 23:41
bancyou先生、お互い情報交換しながら、より良い治療で患者さんの役に立ちたいものですね。
<< ある高校野球選手のヘルニア、実... 吉野弘・詩「奈々子に」の一節 >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索