人の一生、長いか短いか!?
中村圭子の「ちょっと一言」
【38億ってmagic number?】


私の大好きな中村圭子先生のコラムである。
人の一生を120歳として、何秒生きることになるのか計算している。
本来、人間が持っている寿命は120歳までだそうだ。
ヒトはこれくらい生きられるとされているからで、根拠はわからない。
老いと戦いながら生きるのも大変な話だが、120歳まで元気で生きられれば、それも好しかな、とも思う。 
いずれにしても基本は「元気」と「健康」である。

120という数字はまだ身近だが、この一生分の数字を秒に換算すると膨大な数だ。
60×60は、60秒×60分で一時間。
×24で一日。
×365で一年。
×120年で、3,784,320,000。約8億である。
地球に生命が誕生してからの時間が約38億年だから、ほぼ同じ年数ということになる。

生命学者の中村圭子先生は、「私たちの一秒は、生命体が地球上で過ごした時間の一年に相当する」と話し、「早く早くと追い立てられながら暮らしている日々の中で、少し違ったものさしでの時間を考えてみるのもよいのではないでしょうか」、と結んでいる。

ヒトゲノムの塩基数も32億ほど、生命の過ごしてきた時間も38億年。
数字もこうして捉えなおすと、不思議な縁を感じる数字になる。果たして、私達の一生は、長いか短いか!?
[PR]
by m_chiro | 2008-02-08 00:44 | 雑記 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/8181338
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2008-02-08 22:50
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-02-09 08:08
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-02-11 20:53
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-02-11 22:02
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-02-12 23:06
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 「痛み学」NOTE⑪ 警告系の... 神経根症のゴールド・スタンダー... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索