頭が痛い、目の奥が痛い女性
後頭部から目の奥の方まで痛み、呼吸もしにくく動悸がする、と訴える42歳の女性が来院した。慢性的な肩こりがある。
数年前から度々こうした痛みに襲われ、鎮痛剤と安定剤を処方されている。


医療関係者で、頚部のレントゲン写真を持参する。
見ると、上部頚椎は前方に落ち込み、ミリタリーネックを通り越してS状に後湾している。
カーブの移行部(C3-4)では、可動性の亢進がみられる。
後頭下筋と右の頭板状筋および頚板状筋に、顕著な圧痛が数箇所ある。
c0113928_18125817.jpg

c0113928_18133149.jpg


頭部を最大伸展位にすると、筋力は顕著に抑制される。
等尺性運動を応用して後頭下部を調整してから、TPをリリースした。

徒手療法でTPをリリースする方法は、TPを冷却してストレッチしたり、押圧する方法が一般的である。だが、私はこの方法を必ずしも用いない。再現性が高いように思えるからである。したがって、TPの種類や状態または部位によっても、いくつかの方法を使い分けている。多くの場合は情報系の操作で、同調作用を用いてリリースする方法を使っている。

例えば、筋膜系あるいは経絡のメリディアン・ライン上に出来たTPであれば、そのラインの起点あるいは終点とTPを同調させてリリースする(このケースでの一例を紹介すると、板状筋上にあるTPと眼窩内縁を同調させた)。強い圧は必要ではない。TPへの接触は、あくまでもモニターである。
TPがリリースされるのを感じたら終わるが、TPのあった筋の収縮と伸張運動を行わせて再び反応と圧痛をみる。

症状は消えたので、このまま安定してくれるだろうが、問題は上部頚椎が前方に落ち込んで固着していることである。
おそらく習慣性の問題があるのでしょう。
よく頬杖つく癖や、パソコンを使うときにデイプレイを見つめる仕草で、6時から4時方向に顎が出る姿勢が、後頭下筋を緊張させるようだ。
そんな習慣姿位で頚部痛や頭痛を誘発させている人がよくいる。
聞いてみると、頬杖癖がある。
今、資格試験に向けて勉強中でいつも頬杖ついて頑張っているらしい。
と言うわけで、習慣性姿位を注意させ、後頭下筋を緩めて頚椎カーブを修正するエクササイズを指導した。
このような可動性の亢進した関節を持つ患者には、マッサージなどの過剰な筋刺激を送ることは止めさせている。

筋肉の反応をみると様々な情報を教えてくれる。
筋活動をみることは、徒手療法家にとって必須の手法だとつくづく思う。
[PR]
by m_chiro | 2008-01-31 19:22 | 症例 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/8122517
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by bancyou1965 at 2008-01-31 22:38
初めまして、加茂先生のところから来ました。番長と申します。守屋先生のブログは、とても勉強になります。かってながらリンクさせていただきました。カイロは、小林DCの元で、ガンステッドから入り、一時、HIOを勉強して志した事があります。いずれにしても、
ちょっと噛んだ程度ですが・・・お邪魔にならなければ、今後とも、御指導の程宜しくお願いいたします。
Commented by タイガー at 2008-02-01 18:41 x
TPへのアプローチを具体的に有難うございます。リリースの方法がうまく実践できずにいますが、今後も学習させて下さい。今年の「一医の会」のテーマをTPリリースの実際を学ぶことにしようと思っていますが、守屋先生どうでしょうか?
私の免疫学アプローチも少しずつ前進しています。
Commented by m_chiro at 2008-02-01 20:00 x
bancyou先生、ありがとうございます。
私は、何もかも学びだと、試行錯誤の連続です。
私の方こそよろしく御指導下さい。
Commented by m_chiro at 2008-02-01 20:04 x
タイガーさん、張り切ってますね。
ゴルフがオフのせいでしょうか?
滝川式加圧トレの企画も忘れないで下さい。楽しみにしているのですから。
Commented by アダピータケウマ at 2008-02-02 15:45 x
トリガーポイントのリリースでは、私もストレッチする方法はあまり取りません。トリガーポイントをモニターしながら、どちらかと言うと筋肉を他動的に収縮させる位置でトリガーポイントがゆるむのを感じるという方法が多いと思います。
Commented at 2008-02-02 22:58
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 「筋活動の遅延」から脳の警告系をみる 「痛み学]NOTE⑩ ポリモー... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索