ふらつきがあって歩行もままならない
ふらつきがあって歩行もままならない(36歳女性)
昨日の朝は問題なく起床したが、その後しばらくしてふらつき始めた。
今朝からは、めまいがして正常歩行ができない(壁伝いに手で体を支えながら歩く)。
慢性的な肩こりと、頭重感がある(普段、肩こりには患者自身がマッサージをして対応している)。
4年前から年に一回は起き上がれなくなる。
耳鼻科、内科、神経科、整形外科にて診察を受けるが検査では問題が見つからない。
下を向く仕事のせいだろう(縫製の業務)、と指摘される。
一度発症すると、1~2ヶ月は休職しなければならない。
過去の治療では、投薬治療と鍼治療を受けてきた。


さて、この患者には以下の特徴的な所見がみられた。
眼球運動では、右上から左下への動きでブレが起こる。
頚の動きでは、開眼でも閉眼でも「めまい感」が起こる。
右の上部僧帽筋線維(鎖骨の上部ポイント)と右顎二腹筋(後腹の乳様突起下方のポイント)に強い圧痛点がある。
右胸鎖乳突筋のトーンが著しく低下している。
右側頭骨に律動が感じられない。
筋の収縮活動に遅延がみられる(それは顔を左に向けたときに顕著である)。
横隔膜や副腎の反射に調整的な反応がみられない。

初回の治療は3点に重点を置いた。
1.筋の収縮活動の遅延信号をリセットする。
2.僧帽筋の上部線維と顎二腹筋のトリガーポイントをリリースする。
3.クレニオパーシー(頭蓋療法)で、側頭骨の律動を回復させる。
翌日(2回目の治療)
頚の右回旋の動きでのみめまい感が起こる(左回旋は問題なし)。
2回目の治療後に症状はほぼ改善し、その翌日から職場復帰した。
5日目に3回目の治療で来院したときには、症状も眼球運動のブレも圧痛点も改善していた。
症状は改善したものの、筋収縮活動の遅延はまだ残っている。
私には、この筋収縮活動における遅延が気にかかるのである。

さて、この患者は、起立時あるいは歩行時におこるバランス障害、平衡障害、めまい感、ふらつきを訴えての来院である。発症した翌日に来院した.
このような「めまい感」は回転性のめまいと異なり、「ふらつき」として表現するのが適切なのだろう。

こうした問題は、起立性低血圧や椎骨脳底動脈系における血流の左右差や低下があるとされている。神経学的には、身体の動きに対して前庭系、視覚系、体性感覚系において脳幹レベルでの統合調整に問題が生じて「回転性めまい」や「ふらつき」が生じるとされる。
この患者は、顔を左に向けると筋収縮活動の遅延が起こる。これは脳幹レベルでの統合調整信号に問題があるためだろうと推論できる。

僧帽筋上部線維のトリガーポイント(TP)は、めまい感の症候に関連することがあるとされる。したがって、上僧帽筋線維のTPは、症状の引き金となったのかもしれない。そうなると、めまい感は頚反射の問題かもしれない。

大脳にプログラムされている平衡感覚が調整できなくても「めまい感」や「ふらつき感」が起こるだろうし、大脳辺縁系や自律神経系のかかわりからみれば自律神経失調や心因性の問題から発症することも稀なことではないのだろう。

この患者は治療にうまく反応してくれたものの、私にはその先にあったはずの問題に関心が向く。
なぜ圧痛点が突然活性したのか。
なぜ筋・筋膜の引張りが起こったのか。
なぜ筋収縮活動が遅延されるのか。
なぜ1ヶ月以上も休職するほどのめまい感に、毎年のように襲われるのだろうか。
[PR]
by m_chiro | 2008-01-25 17:34 | 症例 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/8073579
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 滝川 at 2008-01-25 19:29 x
ご無沙汰してます。

いつもこっそり勉強させてもらってます。
自分の勉強不足を思い知らされます。

なんとかブログに添ったコメントが出来るよう頑張ります!
気長に待っててください┏○ペコ
Commented by タイガー at 2008-01-25 21:12 x
守屋先生のブログを拝見するのが、たのしみとなりました。モノの診方の多角性、推論の仕方、結果の考察。そこに免疫的な考えをかぶせて見るのがとてもたのしいです。今回の患者さんの体温、血液観察、ミトコンドリア機能の障害状態など興味が湧きました。TPへのアプローチをもっと学びたい想いです。
Commented by m_chiro at 2008-01-30 00:41
滝川さん、私もしばらく留守にしていました。27日の夜中に帰りました。

長旅は疲れます。

私の備忘録のような内容に付き合ってもらい恐縮です。
また色々教えてください。
Commented by m_chiro at 2008-01-30 00:50
タイガーさん、免疫とのからみ、興味深い結果や推論がでたら御教授下さい。
慢性痛患者の血液像にも興味があります。

長旅の後は、立ち直りも遅くなりました。
昨日は爆睡していました。
まだまだ寒いですね。
お互い風邪にきをつけましょう。
<< 「痛み学]NOTE⑩ ポリモー... 歪みのニューモデル >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索