唐辛子、恐るべしか!
一冊の汚れた本が座右にある。
「解剖実習の手びき」(南山堂)で、寺田春水/藤田恒夫の共著である。
あちこちにメモ書きがあり、その上に油やシミもついていて、みすぼらしい姿になっている。
何しろ、10年間にわたって毎年、この本を教科書にして解剖実習を行ってきた。
場所は中国・大連医科大学の解剖教研室。4人のチームで、一体を90時間かけて行う人体系統解剖学の実習授業である。こうして10年もお世話になったのだから、汚れて当たり前だが大事な本でもある。

教科書の著者の一人である藤田恒夫先生は、岡山大学助教授を経て新潟大学の教授になった。感覚の受容とホルモンの分泌を一人二役でこなしている「パラニューロン」について提唱した人でもある。

当時、その藤田教授の著書「腸は考える」が岩波新書から刊行されていて読んだ。
ただ、教科書の著者という興味でしかなかったのだが...。もっと言えば、解剖では「腸」は単なるチューブとしてしか見えず、腸について大した興味があったわけでもなかった。

ところが、藤田先生の「腸を考える」には、消化器ホルモンの研究を行ってきた顕微解剖学・内分泌学の研究者の苦闘の様子が、まるでミステリー物でも読むような感覚で書かれていて魅了された。

腸は「第二の脳」とも言われている。そんな馬鹿な!と思うだろう。
だが、食物成分の認識、毒素の排出の指令などなど、「腸の超能力」の働きが生き生きと伝わってくる。そこから、まるで脳の原理をみるように「腸」の魅力的な働きを読み取ることができるのだ。

人体のミクロの世界では、60兆個の細胞がそれぞれ個性的な働きをして、ダイナミックに生命活動が行われていることが感じられてくる。まさに「人体は小宇宙」であるように。

c0113928_2331535.jpg
  
c0113928_23145295.jpg


その藤田先生が、今度は「細胞紳士録」という本を同じ岩波新書から2004年に出した。
そこに、神経細胞とカプサイシン、サブスタンスPのことが書かれている。

「サブスタンスP」の存在は知られていたが、これが神経伝達物資であることを実験的に証明したのは日本の薬理学者らしい。
「サブスタンスP」は、痛みの神経伝達物質である。

そして、サブスタンスPを樹状突起の末梢から大量に放出させるのが「カプサイシン」である。
このことを実験したのが、パブリカ料理の本場・ハンガリーの研究者・ヤンチョウだそうだ。
彼は、生まれたばかりのネズミにカプサイシンを注射すると、全身の痛み感覚が生涯脱落してしまうことを発見したのだそうだ。触覚の神経は正常に保たれても、痛覚を伝える小型ニューロンが全滅していた、とされている。

トウガラシは恐るべしか!
でも、無痛症になるのはもっと困る。

慢性痛の治療薬

C線維の先端についているポリモーダル侵害受容器のバニロイド受容体から局所麻酔の誘導体を入れて、C線維だけをブロックしようとするものだ。
局所麻酔の誘導体は神経細胞の中に入って初めて局所麻酔としての働きをしめす。
バニロイド受容体は唐辛子エキスのカプサイシンの受容体で、痛覚神経のポリモーダル侵害受容器だけにある。

ここに、「神経系障害を伴わない疼痛遮断が可能に」という記事が紹介されていて、カプサイシンに代わる疼痛シグナル抑止効果の錠剤開発の見込みが書かれている。ポリモーダル受容器の図にもあるようにバニロイド受容体で遮断するというものである。

カプサイシン作用の「いいとこ取り」で、慢性痛を解決する夢の薬が開発されることを願うばかりだが...。
[PR]
by m_chiro | 2007-12-18 23:33 | 痛み考 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/7765269
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 痛み学NOTE⑦ 神経が歪む病... ワンダイエル扁桃リンパ輪と「細... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索
タグ