ワンダイエル扁桃リンパ輪と「細胞内感染」
ワンダイエル扁桃リンパ輪

c0113928_234968.jpg

哺乳類の咽喉部にはワンダイエル扁桃リンパ輪と呼ばれる白血球造血巣があって、鼻や口から入ってくる病原菌を識別し、これを消化する白血球(マクロファージやインムノグロブリンA)が活性化する免疫機構がつくられています。
(西原克成著「赤ちゃんの生命の決まり」199頁)


我々の口や鼻は外界からの侵入ゲートになっています。
ヒト以外の哺乳類は、鼻で呼吸運動を、食物は口から取り込んでいます。
ところがヒトは(正確には一歳以後のヒト)、鼻呼吸も口呼吸もできる特異性を持っている、と西原先生は書いています。
つまり、他の哺乳動物は鼻でしか呼吸が出来ず、口でしか食べられない、という役割分担がキチンとできているのだそうです。

口で呼吸をし、口で食物を摂るということは、空気中の黴菌や花粉なども、また食物中の黴菌もフリーパスで肺に侵入することにななります。

でも、口からの侵入孔には口蓋扁桃と舌扁桃がバリアを作っているはずなのです。
ところが、口での呼吸が通常的に行われると、これらの扁桃は乾燥して活動を停止せざるを得ない状態に陥ってしまうのです。したがって、バリアであるはずの領域は、感染の発生源に様変わりしてしまいす。

それでも、鼻の咽頭や小咽頭、耳管扁桃などの扁桃域がある、と安心は出来ません。鼻呼吸は使われていないために「用不用の法則」に従って、その活動は著しく低下するか、活動停止状態になる、と西原先生は述べています。また耳管扁桃で感染を起こすと、耳鳴り、めまい、難聴の原因になると警告しています。

こうした感染経路で、常在菌やバクテリア類に感染するのが「細胞内感染」で、西原学説の眼目となる考え方でしょう。

「細胞内感染」なんて初めて聞きましたが、細胞のエネルギー産出システムから考えると面白い仮説です。3000倍位の顕微鏡で血液を観察すると、その状態を見ることができるそうです。

神経は脳と筋肉をリンクするシステムです。筋肉がなければ、神経なんてそんな大した意味を持ちません。そう考えると、筋肉のエネルギー・システムは押さえどころでしょうね。
[PR]
by m_chiro | 2007-12-15 00:18 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/7729738
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by イムノ タイガー at 2007-12-17 00:14 x
細胞内感染という考え方で色々な疾患を診て見ると、痛みに対する考え方も違ってきそうですか?昔よく言われた日和見感染が常在菌の感染で、子供の場合のそれが自家中毒にあたるとの事です。今日の西原研究所の年次報告会でもこれが多くのテーマとなっていました。ガン、重度アトペーもこれらの多重感染により起こるとの事です。近々に各種の免疫病はこの理論で必ずや結論するとおっしゃっていました。イントラセルラーインフェクションという言葉が、飛び交いました。詳しくは、後日報告いたします。
Commented by m_chiro at 2007-12-18 23:51
慢性痛症には集学的アプローチが要求されています。私たちは印象的な話しか出来ませんが、慢性痛症には低体温の人がよく見受けらるようです。一つの可能性として、慢性痛症の背景に「細胞内感染」を考えてみる意義はありそうに思いますが、この概念自体がまだよく理解されていません。一学派の中だけで終わらせず、研究が認知されてくることを期待しています。
<< 唐辛子、恐るべしか! 筋肉のエネルギー危機? >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索