目から鱗の「ニ軸動作」
京都大学の小田伸午教授のレクチャーを受けた。
テーマは、「常歩(なみあし)式・身体動作上達法」で、身体動作の基本となる「二軸動作」を学んだ。例えば、歩行での中心軸による「一直線歩行」と、二軸による「二直線歩行」が基本形となる。散歩が日課の私には、目から鱗の身体動作法だった。

常歩による二軸の走歩行とは、どんな動作か。端的にいえば、一直線走歩行でのロスを取り除いた走歩行ということだろう。
二軸理論による走歩行は、二直線走歩行が基本である。
一直線走歩行は、骨盤と肩を左右交互にねじりながら足をクロスに動かす。ところが、二直線走歩行は、骨盤の幅を保持したままそれぞれの足を直線的に運ぶ方法と言える。
 
基本的には、それぞれの足が二直線上を進むことによって、体幹が捻られず足がターンオーバーする。しかし、二直線上を進むだけでは合理的な走歩行にはらない。

重要なのは骨盤の動きで、一直線走歩行での脚と骨盤の動く方向を思い出してほしい。脚と同側の骨盤はほぼ同方向に動く。右足が前方に振り出され、左足が着地している間は骨盤の左側(左腰)が後方に動く。

ところが、二軸理論での走歩行では骨盤の動きが違ってくる。例えば、左足が着地し右足が振り出されるときには骨盤(左腰)も後方に動くが、接地期の途中から骨盤(左腰)が前方へ動く。着地足側の骨盤(腰)が途中から前方へ動く(あるいは前方へ動く力が加わる)。この骨盤の動きによって、着地した足が地面を離れた後のターンオーバーが可能になる。

それでも、この骨盤の動きも意識してできるものではない。骨盤の動きを気にしていたら歩くことはできない。
ということで、泥棒の抜き足差し足の歩きを真似ていると上手く行きそう。

歩き始めの頃は、この基本形である「二軸歩行」がみられる。

c0113928_0224763.jpg

「スポーツ選手なら知っておきたいからだのこと」(大修館書店)より

いつから、中心軸による捻じれの歩行がはじまったのだろう。
おそらく、小学校へ入学後、行進の練習が行われるようになると、この一軸歩行が強制されて出来上がったのかもしれない。

ある週刊誌に見開きの広告を見つけた。広告主は、偽装で話題になった「赤福」である。話題に上る前の広告だった。その広告の写真は、小学校の運動会での走行の様子が大きく掲載されていて、私の目を引いた。典型的な一軸走行と二軸走行が、まるで対照見本のように映し出されていた。


c0113928_0334257.jpg


こんなに典型的に違った身体動作が行われているんことを再認識。合理的な身体動作を身につけたいものです。

詳しくは、小田伸午先生のHP、「常足秘宝館」へ。
[PR]
by m_chiro | 2007-12-11 00:50 | 雑記 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/7691942
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by syaruruk at 2007-12-11 08:20
古来より、日本では、なんば歩きが基本でしたね。
Commented by アダピータケウマ at 2007-12-11 11:58 x
小田先生の講演は常歩(なみあし)の本当の意味をお話いただいたと思います。
Commented by アダピータケウマ at 2007-12-11 12:20 x
削除用パスワードを設定したら送信できましたが、それでよいのでしょうか。
とりあえず上記の続きを書いています。
この運動会の写真は走りの違いが本当に良く撮れていますね。よくこのような写真を見つけましたね。普通に見ればただの運動会の写真ですが、見方を変えると走り方の違いを教えるために撮ったような写真ですね。一番右側の男の子の身体は、前へ前へといっているのが解ります。
身体が前に行くというのは、私が骨法をしているときによく言われました。突きや蹴りを受けるときに下がりながら受けてはだめだと、当てられてもいいから、前に出ながら受けないと止められないと言われました。また突きや蹴りを出すときも一度引いてからだとスピードがおそくなるし、相手に動きを読まれてしまうと言われました。
その時は歩行に関しては意識していませんでしたが、身体の使い方としては共通する部分かあると思います。
Commented by アダピータケウマ at 2007-12-11 12:20 x
削除用パスワードを設定したら送信できましたが、それでよいのでしょうか。
とりあえず上記の続きを書いています。
この運動会の写真は走りの違いが本当に良く撮れていますね。よくこのような写真を見つけましたね。普通に見ればただの運動会の写真ですが、見方を変えると走り方の違いを教えるために撮ったような写真ですね。一番右側の男の子の身体は、前へ前へといっているのが解ります。
身体が前に行くというのは、私が骨法をしているときによく言われました。突きや蹴りを受けるときに下がりながら受けてはだめだと、当てられてもいいから、前に出ながら受けないと止められないと言われました。また突きや蹴りを出すときも一度引いてからだとスピードがおそくなるし、相手に動きを読まれてしまうと言われました。
その時は歩行に関しては意識していませんでしたが、身体の使い方としては共通する部分かあると思います。
Commented by 滝川 at 2007-12-13 17:16 x
ご無沙汰してます。
いつもブログは拝見しています。日々勉強不足を痛感させられます(汗)

今回の「二軸動作」文字通り目から鱗です。
少し深めて自分の運動や仲間へのアドバイスに活かせればと思います。

そういえば確か、イチロー選手もこんな走り方だった気がします・・・
Commented by タイガー 森島 at 2007-12-13 21:41 x
今回の2軸歩行の件は、考えさせられました。ゴルフの中でも色々な考え方が出ています。この歩き方を取り入れたゴルフスイングも紹介されたことがありました。歩行のことはこれからもう少し検証してみたいことです。ゴルフボールを拾うとき、右足を出して右手で拾うことが多く、意識的に左足を出して右手で拾うと体の軸を感じずらい経験があります。ゴルフでも2軸スイングが主流ですが通ずる物がありそうです。この考え方は臨床でも応用できそうで楽しみです。有難うございます。
Commented by m_chiro at 2007-12-14 00:23 x
ピーちゃん。広告の写真、ほんとに明確でしょう。見つけたときにびっくりしました。ほんとだ!って。武道での身体動作も今度教えてください。
Commented by m_chiro at 2007-12-14 00:25 x
滝川先生、参考にしていただければうれしく思います。
加圧の方法、とても興味を持っています。滝川式メソッドを、今度、学ばせていただきます。
Commented by m_chiro at 2007-12-14 00:30 x
タイガー先生、ゴルフの参考になりましたか。また、余計なことを記事にしちゃいましたかね。ますます、タイトル総なめなされそう! ゴルフ塾、必ずやりましょうね。
<< 筋肉のエネルギー危機? 痛み学NOTE⑥ TMSも痛風... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索
タグ