痛み学NOTE④ 痛みには3つのカテゴリーしかない
「痛み学・NOTE」は、日々の臨床で痛みと向き合っている医師や日本を代表する研究者の著作あるいはホームページを通して学んだり考えたりしたことを、私の「学習ノート」としてまとめ、書き綴るものです。

④ 痛みには3つのカテゴリーしかない

痛みの定義(IASP)によれば、痛みには二面性がある。
感覚的な側面と情動的な側面であるが、後者がこの痛み感覚をより複雑にしているようだ。
痛みが「個人的な経験」とされる所以でもある。
更に深刻なことは、痛みを「病い」としては捉えない状況が医療サイドにあることだろう。

痛み症状を持つ疾患を数えあげても随分の数になる。
その一つひとつの疾患を痛み症状との関連から捉えようとすると、更に悩まされてしまう。

でも、痛みそのものを分類すると3つのカテゴリーしかない、という単純な話になる。
 その3つとは、
1.侵害受容性疼痛、
2.神経因性疼痛、
3.心因性疼痛、
である。
なかには「癌性疼痛」を別にして4つに分類する向きもあるが、「神経因性疼痛」に含めている場合が多い。

 さて、わたくし達のように徒手療法で扱う痛みはどれか、と言えば、そのほとんど全部と言ってもいいくらい「侵害受容性疼痛」を治療していると断言してもいいだろう。
[PR]
by m_chiro | 2007-12-03 23:45 | 痛み学NOTE | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/7619549
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by タイガー森島 at 2007-12-07 21:28 x
痛みの考察をする時、細胞レベルで何が起こっているのかを考える必要を感じています。細胞内のミトコンドリアが正常なエネルギー代謝をおこなっているか?血液状態はどうなのか?痛みは細胞レベルのどこから出てくるのか?色々知りたいことがでてきます。
<< 神経が伝わる仕組み 痛みはアラーム・システムにおけ... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索