最初の疑問
なぜ、病気になる人とならない人がいるのだろう? 
なぜ、早く回復する人と、いつまでも病を抱えている人がいるのだろうか? 

このことは消えることのない疑問でした。思えば、カイロプラクティックの創始者であるD.D.パーマーが、同じ疑問から出発して、背骨のちょっとした狂いが神経の緊張度を変えるのだ、という考え方にたどりついたのです。

でも、長年治療しながら思います。それでもなんで痛みが出るの? 思い当たる原因もないのに! なんで体調が悪くなるの? なんで? なんで? と思ってしまいます。

こんなに医学が進歩したと言うのに、なぜ病気になるのか、本当のところはよくわからないのです。腰痛の原因でさえも良くわからないのです。「そんな馬鹿な!」と、思うかもしれませんが、事実です。同じ生活をしていながら、風邪をひく人もいれば、まったく問題なく過ごす人もいるじゃないですか、身近に。

からだのどこが悪いのだろうか?と、局所の異常を探しても良くわからない。病院で検査をしても「問題ありません」、と言われる。でも具合が悪い。挙句の果てに「自律神経失調症」だの、「更年期症状」だの、あるいは「骨が変形している」と決めつけられるのですが、分かったようでいて良く分からない。それって年のせい? と納得させるしかないのでしょうか。

骨が変形すると本当に痛みが出るの? 老人でも元気な人の骨は変形してないの?

もっと不思議なのは、なんで治ったのか分からない。結局、勝手に治った、という結論になる。それはあんまりだ、と言うので「自然治癒力」のおかげだということになる。でも自然治癒力って何? 治った人はいいけれど、治らなかった人には自然治癒力がないの? 自然治癒力のある人と、ない人がいるわけ?

人のからだは本当に複雑です。まるでブラックボックスです。21世紀を境にして、からだのことも随分と分かるようになってきました。脳のこと、遺伝子のことなどなど、見方や考え方を変える解明も進んできました。

リチャード・ドーキンスという学者が「利己的な遺伝子」という有名な本を書きました。遺伝子から人間をみたのです。「生命体は遺伝子が自らをコピーし続けていくための乗り物に過ぎない」とドーキンス博士は言います。すると、われわれは遺伝子の奴隷なのでしょうか? 遺伝子によってすべてが決められているのでしょうか?

そんな生命に関するさまざまな疑問の根源を考えてみたいと思います。
[PR]
by m_chiro | 2007-11-28 22:13 | BASE論考 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/7567346
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「今回は、脊柱管狭窄症の痛み?... 今回は、脊柱管狭窄症の痛み? >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索