根性痛
神経根が、実際に圧迫されているケースをどう理解したらいいのだろう。

加茂整形外科医院の加茂先生は、孤軍奮闘と言った感じで痛みの生理学的理解をホームページ上で啓蒙している。
私も大いに啓発され、勉強させていただいた一人である。また、数年前には加茂先生にカイロプラクティック業界のセミナーで講師をお願いしたことがあった。同業の者たちも痛みを生理学的に理解することを学んだと思いきや、根性痛の議論になるとまたぞろカイロプラクティックの原理主義が頭をもたげるようだ。

あの菊地臣一教授さえも、近著「腰痛」の中で、次のように述べている。
圧迫性神経根障害の病態は2つに大別できる.すなわち,知覚低下や筋力低下に代表される麻痺と疼痛(腰痛や下肢痛など)である。麻痺は神経根の伝導障害という病態として捉えられる.一方,疼痛の発生機序には,深く関与している組織として後根神経節(DRG)が注目されている

神経根の圧迫という現象に、麻痺と痛みという生理学的には全く正反対の病態があると言われても、???で頭の中は混乱するばかりである。

プラハのチャールズ大学で神経学を講じているKarel Lewit先生は1966年に「Manipuletive Therapy in Rehabilitation of Locomotor System」(邦訳「徒手医学のリハビリテーション」;2000年)という著書を著した。この本が東欧、ヨーロッパ、アメリカの医療関係者に影響を与え続け、第三版が刊行されるまでになった。このKarel Lewit先生は「根性痛」の項目の中で次のように記している。
まず最初に,神経の圧迫は単独でも不全麻痺や感覚消失を引き起こしはするが,痛みは起こさないことを指摘しておくべきだろう.  ......たとえ神経根がかかわっているという明確な神経学的徴候があったとしても,痛みはおもに痛覚受容器の刺激によって起こることを示唆している.


明らかに神経根が圧迫されているという神経学的徴候がみられても、そこに随伴している痛みは別の痛覚受容器からのものだと断言している。Karel Lewit先生は「トリガーポイントマニュアル」の共同執筆者Simons教授とも親交があったようだ。

加茂先生しかりで、世の中には力強いメッセージを送り続けてくれる先生方がいるものですね。
[PR]
by m_chiro | 2007-11-09 16:42 | 痛み考 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/7382715
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 心療整形外科 at 2007-11-11 07:18
タイトル : 根性痛
根性痛 あの菊地臣一教授さえも、近著「腰痛」の中で、次のように述べている。 圧迫性神経根障害の病態は2つに大別できる.すなわち,知覚低下や筋力低下に代表される麻痺と疼痛(腰痛や下肢痛など)である。麻痺は神経根の伝導障害という病態として捉えられる.一方,疼痛の発生機序には,深く関与している組織として後根神経節(DRG)が注目されている. http://junk2004.exblog.jp/5807271/ 「腰部脊柱管狭窄・診断サポートツールマニュアル」 医薬ジャーナル社 紺野...... more
Commented by junk_2004jp at 2007-11-09 22:42
こんにちは。お久しぶりです。HPのほうにはリンクしましたが、ブログの方には「リンク」がないのはなぜでしょうか?

これからもよろしくお願いします。
Commented by 一番弟子のプロゴルファー at 2007-11-10 18:05 x
今メールを拝見しました。明日は大変お世話になります。10時ごろには私も大宮に着く予定でおります。これからブログも参考にさせていただきます。BYモリモリ
<< ケラチノサイト細胞



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索