巨刺法の応用形❸ 右膝の歩行痛・屈曲障害
巨刺法の応用形❸ 右膝の歩行痛・屈曲障害

初診
昨年10月に長時間の正座後に右膝の具合が悪くなる。
次第に腫れてきて整形外科受診(X-rayで老化変性が診られる。水腫)
水を抜き、鎮痛薬の処方。
腫れたら水を抜くことの繰り返しで、歩行痛(特に歩きはじめが顕著)、正座ができない。

運動痛をみると、屈曲伸展で膀胱経ラインに痛みが出現する。
経絡に特有の痛みであるため、巨刺法の応用形を試みる。
タッチトークで刺激点を決める。応答は対側心経ラインの「小海」である。
「小海」を刺激しながら、膝の屈曲伸展運動を行わせると痛みが消失する。
そこで、「小海」部位を治療対象にした。
終わって、歩行させると痛みなしに歩けた。

2回目
3週間後に来院。
歩行痛はない。最初の治療効果が継続している。
正座はまだできない。
更に運動痛を探ると、膝屈曲位での外転運動で脾経ラインの膝の部位に特有の痛みが限局して現れる。
タッチトークすると対側の大腸経「温溜」で応答する。
「温溜」を押圧刺激しながら、右膝屈曲・外転運動を行わせると痛みもなく動かせる。
治療ポイントを「温溜」にとる。
治療後の膝屈曲外転運動を再現させると、痛みがなく運動できる。
更に、歩行の足の運びがよくなった。
後は、正座ができるようにあることだが、自宅でのエクササイズを指導した。
さて、今度はどう変化するだろう。

特定の運動痛が経絡上にみられれば、鍼を使わなくても巨刺法の応用形は1~2、あるいは3ポイント以内の効果的に少ない刺激で可能である。
タッチトークからの応答を用いると、ほとんど1ポイント、経絡混在のケースで2ポイントで効果があがるようになった。
その診たてが適切であれば、特有の痛みに有用性の高いシステム系の治療となるように思う。
私としては、刺激の手法を刺激器具を用いないで、徒手による方法によって精度を高めるように工夫したい!

[PR]
by m_chiro | 2017-04-14 09:28 | 症例 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/26582557
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< やっと桜が咲いたと思ったら、も... 私の女神が引退した?? >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索