自力歩行ができなくなったサッカー少年
小学4年生の男子が、左股関節部の痛みで自力歩行もままならなくなった。

なんでも4日前に「よさこいダンス」の練習があって、そのとき違和感があったらしいが、そのままダンスの練習をやり通した。

それから歩行時に痛み出したので整形外科を受診する。
X-ray(-)で、湿布薬を処方されて物療に通うように指示された。
翌日はサッカー練習も休んだ。

一夜明けて朝には痛みが軽減していたので、午後からサッカーの練習に出る。
練習の帰りに、また違和感がでる。歩行がおかしい.....。

その翌日の朝、起きると痛みで歩行ができない。
階段もお尻をつきながら降りてきて、学校には祖母に車で送り迎えをしてもらう。
友達の介助のおかげで、学校生活を過ごしたものの、歩行ができない。
再び整形外科へ。ところが休診だった。

それで私のところに連れてみえた。

左股関節が、ほとんど外旋・屈曲できない。
腸腰筋や鼠蹊部周辺の筋群に強いスパズムがある。
カウンター・ストレインを用いて、徐々にスパズムの緩解をめざした。
急性の強いスパズムだったので、少し手こずったが股関節の屈曲が8割程度は可能になった。

歩行させると、歩けた。
ちょっとは痛みが残るが、今日はこれで安静にするように…。

ところが、週末に2日間のサッカーの大会があるので「出てもいいか?」、という。

5日あるとはいえ、「様子を見て普通に歩けるようになったら、少しづつ運動をはじめてもいいが、完全回復しないうちに無理をしたらまた痛むから、今回は休んだら..、」と忠告しておいた。
よくこういうパーターンがあるが、これまでも忠告を守られたことはほとんどない。

気になっていたら、大会の翌日におばあちゃんが報告にみえた。
「いや~、次の日には魔法をかけらたようによくなって、ありがたかった!」

サッカー大会も欠場者が出ると、次の大会はトーナメントから外されるらしく、みんなに迷惑をかけられないからといって2日間出場したが、その後も大丈夫だった。

ひとまず安心したが、そんなわけでみんな無理するんだろうなぁ~。
一人の選手の欠場で、次の試合の出場権を失う規則なんて、どうかしている…。
[PR]
by m_chiro | 2017-02-28 17:25 | 症例 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/26462928
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 腰痛治療の「新ガイドライン」(... 右上肢の挙上で痛みのダンサー(... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索
タグ