左上腕の痛みに、陰陽交叉法を応用したら...
左上腕の痛みを訴える女性。
どんな状態で痛むのだろうか?
「….どんな時でも痛い!….」
動きには関係なく、思い当たる理由もなく痛いのだそうだ。
ホントでしょうか?
ベッドに仰臥位で上肢は伸展静止位、これでは?
「やはり痛い!」
では、右肘を曲げて見て、これでは?
「アッ、痛くない」
肘関節の屈曲位では痛みが消える。上腕三頭筋が関与するのかもしれない。

タッチトークを行うと、筋筋膜障害ではなく「ベクトル」で反応する。
ベクトルは運動系の経線情報にも関わる。優先順位を問うと、「右下肢」優先で「クロス・パターン」で反応する。
クロスパターン動態で抑制が起こる。クロールパターン動態はOKである。
経線の停滞部を見ると第一趾の脾経ラインが内果で停滞する。
その停滞部位を押圧して、足関節のアライメントを合わせて維持し、左上肢の痛みの変化を尋ねると、「アレッ、痛くない!なんで?」。
いろいろな方向に動かしてもらったがOKである。

そこで右足関節のアライメントを調整した。
これで左上肢の痛みが消失しているが、脾経のラインを追うと、右下腹部に停滞がある。
脾経の筋関連は大胸筋鎖骨部、内側広筋、上腕三頭筋、広背筋である。
そこで更に右下腹部の停滞部位にコンタクト(フロー状態になるCWスピン)して、他方手で右の脾経の脈を捉まえてモニターした。
脈が変化したところでリリース。
クロスパターン動態での抑制も正常になった。

起きて右上肢の動作痛を確認してもらう。
大丈夫のようだ。
陰陽交叉法のシステムを応用すると、運動情報系のトラブルにとても良く反応することがある。便利に使える。
[PR]
by m_chiro | 2017-02-17 12:37 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/26432611
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 右上肢の挙上で痛みのダンサー(... 米ガイドライン、60歳以上の降... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索